最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 数百年来の弱い太陽活動の中で突然起きた「太陽の大爆発」 | トップページ | NASA研究者、光速ロケット開発に取り組む »

2013年10月21日 (月)

宇宙人からの伝言 (12)

 

宇宙人からの伝言(12)

財務相理事会、銀行の破綻処理は大口預金者と投資家の負担で (6.28)
    

ゴールドマン・サックスが世界を支配しています(BBC 2011.9.27)
   

ロスチャイルドが世界の金融王になりました

世界の金融なんですが、ロスチャイルドの番頭であるモルガンとか、ヤコブ・シフ
とか、全部ロスチャイルドの番頭格の人たちがロックフェラーを押さえています。
実際にはロックフェラーは、ロスチャイルドの使い走りと思った方がいいのです。

「彼にはアメリカを任せている」と、ロスチャイルドは言っていますが、要するに親分
がいて全部監督しているということなんですね。FRB(連邦準備制度理事会)という
のはロックフェラーも入っていますが、モルガンとかヤコブ・シフとか、ロスチャイ
ルドとか、五つの銀行家が集まって、ドルの印刷をしている≪私銀行≫なんですね~。

だからこのFRBは、アメリカのドルが暴落しても、EUの同じ系列の銀行が印刷して
いるユーロですら、全く損失が出ないのです。東南アジアで作られるであろう≪朱≫
という共通通貨も、これも出所はFRBになるようです。もしくは、FRBという名前は
使わないかもしれませんが、モルガンとかロスチャイルドとか、そういう人たちが
作った準備委員会で印刷をするようになるようです。これによって、全世界の金融は
ロスチャイルド系が全部押さえるということになるので、ロスチャイルドは世界を
制覇することになります。

世界政府の樹立とEU大統領の誕生

争いはいつになったら終わるかというと、世界が一つになった時です。
その時に、北朝鮮サイドで韓国が併合されて、高麗連邦ができて終わりになります。
そんなに早い時期ではないと思います。世界政府ができるのが、EU大統領が決ま
れば、その後にそのまま横滑りのごとく、世界大統領が決まっていくと思います。

もちろん、これはかつてのローマ帝国の再来ですから、ヨーロッパの王家である
パプスブルグ家の許可が出た人ですね。誰かはわかりませんが・・。
リヒテンシュタインという国から出るという説、ルクセンブルグ家という説もあります。

まず、みんなが知っているような人が出てくるとは思います。全く違う人が出てくる
可能性も大です。その方の名前が突然浮上して、初代大統領になると思います。

任期は二年半。

同じ人が再任もできますが、二期までですから、合計5年間しかできないんですね。
いずれにしても、初代大統領候補はすでに水面下では選ばれているんじゃないかと
思います。近いうちに発表されますから、EU大統領が誰になるのか注目してください。

   「宇宙人の伝言 田村 珠芳 著」(TO文庫)より


現在の欧州理事会常任議長(EU大統領)はヘルマン・ファロン・パイ氏(ベルギー出身)


Herman.jpg G8.jpg
ファロン・パイ氏        2013年G8にて 向かって右端

2009年12月1日、ヘルマン・ファン・ロンパイが初代欧州理事会常任議長に就任した。
ファン・ロンパイは2009年11月19日に初代議長に選出されており、リスボン条約の
発効にともなって就任した。ファン・ロンパイは1期目の任期満了の3ヶ月前に行われた
欧州理事会にて再選され、2013年11月30日まで議長を務めることになっている。(wiki)


二期目の任期が11.30で終了しますので、数か月前に次期大統領が選出予定かな?
ということは・・その前にドルの崩壊、ユーロの崩壊がなければなりませんね。
最初のロイターのニュース動画は「欧州の銀行破綻後の処理について」です。(:_;)

◎ 6月28日   EU首脳会議(欧州理事会)(ブリュッセル)
◎ 7月19〜20日 G20財務相・中央銀行総裁会議(モスクワ)
◎ 7月8〜12日  米中戦略・経済対話(S&ED)開催(ワシントン)
◎ 9月5〜6日  G20首脳会議(露サンクトペテルブルク)
◎ 9月9~12日  欧州議会本会議(ストラスブール)
◎ 9月17〜18日  米国FOMC
◎ 9月17日〜  第68回国連総会(ニューヨーク)



EU首脳会議(欧州理事会)が先日行われたばかりです。理事会は年4回開催です。
今回、次期大統領が選出されたのか、次の理事会あたりで選出されるのでしょうか?

Wikiを読みますと、
「欧州理事会常任議長(EU大統領)は就任と退任の際に欧州議会に
対して報告を行なう」
とあります。欧州議会は8月(9月は2回分開催)を除いて毎月
開かれますので、10月という線も無きにしも非ずですが・・やはり7月~9月は怪しい。

以上は「MUのブログ」より


 








« 数百年来の弱い太陽活動の中で突然起きた「太陽の大爆発」 | トップページ | NASA研究者、光速ロケット開発に取り組む »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙人からの伝言 (12):

« 数百年来の弱い太陽活動の中で突然起きた「太陽の大爆発」 | トップページ | NASA研究者、光速ロケット開発に取り組む »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ