カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国、火星飛行をロシアと一緒に・・・NASAの歴史家 | トップページ | バチカンの「地質的な未来」 »

2013年10月24日 (木)

岩手県の尿検査、子ども9割からセシウム検出

岩手県の尿検査、子ども9割からセシウム検出

2012-03-02 21:30:28
テーマ:

岩手県が子どもの内部被ばくについて、尿に含まれる放射性物質を調査した結果、132人のうち119人の尿から放射性セシウムが検出され、最も値が高かったのは、尿1リットルあたり6ベクレル以上7ベクレル未満だったということです。


しかし、岩手県の専門家は、「健康への影響は極めて小さいと考えられる。調査を継続する必要はないと考えられる」という結論を出しました。

http://www.nhk.or.jp/lnews/morioka/6043413731.html




この尿検査の検出限界値は1ベクレルなので、9割の子どもが1ベクレル以上ということでしょう。


予想以上の多さに愕然としました…。


こちらの記事 にも書きましたが、尿中セシウム平均約1.23Bq/L以上の慢性被曝で、チェルノブイリ膀胱炎(前ガン病変)が発症しやすい、というデータがあります。


放射線被曝から子どもを守る会  多賀城

放射線被曝から子どもを守る会  多賀城

尿にセシウムが検出されるということは、飲食物や呼吸を通し体内にセシウムが入り、内部被曝した、ということです。


内部被曝量を軽減させる対策を取り、継続調査が必要な結果であると思います。


一体、何のための調査なのでしょうか。


将来の不安を減らすために、今できることを、あえて看過してどうするのでしょう!?

以上は「放射線被曝からこどもを守る・多賀城」より

東日本地域は、多かれ少なかれ放射能汚染されていますので、特に子どもは影響重大です。後日健康被害が予想されます。                     以上

« 米国、火星飛行をロシアと一緒に・・・NASAの歴史家 | トップページ | バチカンの「地質的な未来」 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県の尿検査、子ども9割からセシウム検出:

« 米国、火星飛行をロシアと一緒に・・・NASAの歴史家 | トップページ | バチカンの「地質的な未来」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ