カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 国、除染終了のまやかし、被ばく「自己管理」に怒り | トップページ | 早野龍五氏らによる「福島県内における大規模な内部被曝調査の結果」について »

2013年10月 3日 (木)

グローバリゼーションとユダヤ国粋主義

グローバリゼーションとユダヤ国粋主義


世界の覇権を狙うユダヤ国粋主義

◆7月31日

 アメリカの連邦準備銀行は民間企業と言っていい存在である。勿論あからさまにはそのような形態を隠す装いはしている。この中央銀行というものに対し、アメリカ人は過去の歴史から得たアレルギーがあったのであるが、ウィルソン大統領時代に、中央銀行という名称を使用しないで、わけの分からない、「連邦準備銀行」という名称の下、クリスマスで議員達が選挙区に帰る時期を狙って、法案を通して成立させたものであった。

 これはカプナーが指摘しているように、ユダヤ人がアメリカを乗っ取った瞬間であった。そしてアメリカの経済力と軍事力が世界を席捲し、覇権を唱えるようになったが、その内実はユダヤの覇権なのだ。そのユダヤの覇権はいつまで続くものなのか?その終焉の日は遠くないだろう。悪事は必ずばれるものだからだ。そして物事には必ずその「反射」が出てくるものだからだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●グローバリゼーションとユダヤ国粋主義
http://www.realjewnews.com/?p=838
【7月28日 By Brother Nathanael Kapner】

 世界覇権への戦いは見た目には争いあっている二つの勢力を一体化させ、国際的問題に取り組みさせている:グローバリゼーションとユダヤ国粋主義である。

 民族的差異の抹消を目的としたボルシェヴィズムは消滅したかもしれないが、グローバリゼーションというものがそれに取って代わった。

 この二つともユダヤ的事象で、一つの唯一の人種的・宗教的・民族的存在(ユダヤ人)を世界の頂点に据えるという、その触手はイスラエルの国境をはるかに越えている至上主義者の意思によって推進されているものである。

 イギリスのデイビッド・キャメロン首相がラビであるジョナサン・サックスのことを、「私のラビ」と呼び、キリスト教徒国家であった国の市民全ての「ラビ」であると呼んだことも、驚くべきことではないのだ。

「国家を代表して、私は特別な感謝を貴方に伝えるものである。数週間前に貴方がこのダウニング・ストリートに来られた際、私は貴方をネタニヤフ首相に紹介し、深く考えることもなく、貴方のことを私のラビと表現した。それはユダヤ人社会をはるかに越えて貴方がこの国に及ぼす影響の象徴でありました。この二十年間、貴方はユダヤ人の指導者というだけでなく、我々全ての指導者でもあったのですから」

 全ての反対勢力・・・君主政体のキリスト教王国、ヒトラーの国家社会主義、ナセルの汎アラブ主義やアサドの下でのその再生版、カダフィの下での汎アフリカ主義、あるいはロウハニの下でのイスラム教神権政体などは、ユダヤの軍事的腕力としてのアメリカ軍の標的に入っている。

 アメリカは1913年、ウッドロー・ウィルソンが国家の独立をユダヤ所有の連邦準備銀行(Fed)の副頭取であったユダヤ人のポール・ウォーバーグに明け渡した時、その主権を失ったのである。このウォーバーグがアメリカにロスチャイルド帝国を強化したのだ。

 それ以来、二つの大戦のための資金の調達をし、ユダヤ人国家のイスラエルの創設のための下地を作った;自らの落し胤であるIMFを通して第三世界の征服;アメリカの職を中国とインドに移転すること、はノンストップで進んでいる。

 何故アメリカ人はFedの議長の椅子を狙うイエレンとサマーズの間の争いに幻惑させられているのか?

 両者ともユダヤ人であり別のユダヤ人のバーナンキと取って代わることになるだけであり、彼ももう一人のユダヤ人であるグリーンスパンと取って代わった男なのだ。

 イエレンがその椅子をとるだろう。それはもう決定されていることなのだ。ユダヤ人であれ異邦人であれ女性がユダヤ的覇権の新しいちょうちん持ちであり、その覇権には、ユダヤの権力がユダヤ所有のFedに集中している。

 我々の職が海外に移転し、我々の経済は荒廃し、しかし我々の軍はユダヤの法定不換紙幣で資金が与えられている。アメリカが存続している唯一の目的は、ユダヤ国粋主義を海外に拡大するための戦争で死ぬ為に異邦人の若者を送るためである。

 グローバリゼーション、国際的経済的覇権の確立に力を添えるあらゆる梃子:外国為替取引、信用状、スウィフトなどは、彼らユダヤ人の手中にある。

 グローバリゼーションの力があらゆる民族的差異を消し去り、ただエルサレムを中心とするユダヤ国粋主義だけが、全能性をもって台頭するのだ。スカンクはどんな名前でよばれようが、臭いは同じだ。賢者は警戒するものだ。

 ボルシェヴィズムは死んだかもしれないが、世界平和に対する更に大きな脅威がそれに取って代わって台頭している。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上は「rockway express」より
イスラエル・ユダヤは今や世界の癌であります。治療いかんによればそれは世界の運命に係わることにつながります。今後の世界の戦争と平和はイスラエル次第となりそうです。以上

« 国、除染終了のまやかし、被ばく「自己管理」に怒り | トップページ | 早野龍五氏らによる「福島県内における大規模な内部被曝調査の結果」について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グローバリゼーションとユダヤ国粋主義:

« 国、除染終了のまやかし、被ばく「自己管理」に怒り | トップページ | 早野龍五氏らによる「福島県内における大規模な内部被曝調査の結果」について »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ