================================================
3.放射線障害の予防薬・治療薬

a.朝鮮人参の服用

朝鮮人参を放射線に被爆する数日前から服用すると、放射線障害を強く押さえる効果があります。1日の用量はO.5~3.Ogで、用法は粉末で頓服するか煎じて使用します。
エキス製剤を使用してもかまいません。

b.グルタミンの服用

アミノ酸の1種であるグルタミンを服用すると、腸の放射線障害をほぼ完璧に抑える事が出来ます。1日の用量は1.5~4.0gです。用法は1日数回に分けて、水に溶かし1時間以内に服用します。

c.体内に取り込まれたセシウム137の除去

セシウム137は体内に取り込まれた後も、体内で循環します。そのため胃で吸着剤と結合させ体外に除去する事が可能です。

使用される吸着剤は、フェロシアン化鉄で一般にはPB(プルシアンブルー)として知られています。

使用法は1g/1回で、3回/1日。水と共に服用し、3週間以上継続します。高度内部被爆者には10g/1日を8~10日間投与し、小児には3gを3日間投与した例もあります。副作用は特にありませんが、大量投与で便秘がみられます。

オウム真理教
================================================

放射線の影響について,かなり真剣に調べられています。

本当にやる気だったみたいですね。

以上は「メルトスルー」より

オウム真理教も米国CIAの操り人形でした。大きな事件の真相はいつも闇から闇です。それが今の日本の現状です。米国の属国で三流国なのです。      以上