カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« フクシマ救済起死回生情報 | トップページ | キッシンジャー「NWOを拒否する奴らはテロリストだ!」 »

2013年11月12日 (火)

福島第一原発で、作業員がまたしても謎の突然死

1年半で5人が死亡

福島第1原発で復旧作業に当たっていた50代の作業員が突然死したことを22日、東京電力が発表した。死亡した作業員は昨年8月から同原発で働いていた。東電が把握しているだけで現場勤務者の死亡は7人目となる。

作業員
累積被ばく線量25ミリシーベルト

亡くなった作業員は22日、午前9時ごろから作業を開始。汚染水貯蔵タンクの増設工事をおこなっていた。9時50分ごろ気分が悪いと訴え休憩所で休んでいたが、10時35分ごろ意識不明で倒れているところを別の作業員が発見した。

心肺停止状態で、いわき市内の病院に救急搬送され、福島県警の発表によると、同日午後に死亡した。累積被ばく線量は25ミリシーベルト、当日の被ばくは0.03ミリシーベルトだったという。

セシウムが心臓にダメージ

一般にはあまり公表されていないが、放射性物質による被ばくがもたらす病気はがんだけではない。セシウム137を吸い込んだり、飲食により体内に取り込んだりした場合、内部被ばくにより心臓が大きなダメージを受ける。

被ばく医療の専門家であるバンダンジェフスキー博士がベラルーシの子どもたちを対象におこなった調査によると、20ベクレル/kgの汚染で不整脈が増加しはじめ、74~100ベクレルでは、その割合が85%をこえる。体内に取り込まれたセシウムは心臓に蓄積し、放出される放射線がくり返し心筋の細胞を傷つけるためだ。

どちらかに間違いがある

1年半で7人が死亡する作業現場は異常というほかない。東電の発表によれば、いずれの死亡者の被ばく線量も政府が定めた限度内だったということになっている。

であれば、そもそも安全基準が間違っているか、作業員の被ばく線量をきちんと計測していないか、いずれかということになる。

外部リンク

◆東京電力
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/

◆福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第61報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu12_j/images/

以上は「日本農業システム」より

今後もこのような死亡者が続出するものと思われます。安倍政権や東電は知らぬふりでしらを切るものと思われます。国民無視の酷い政権です。   以上

« フクシマ救済起死回生情報 | トップページ | キッシンジャー「NWOを拒否する奴らはテロリストだ!」 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発で、作業員がまたしても謎の突然死:

« フクシマ救済起死回生情報 | トップページ | キッシンジャー「NWOを拒否する奴らはテロリストだ!」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ