カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 免疫機能の進化に学ぶ 2、免疫はどのように進化してきたのか? | トップページ | 福島はチエルノブイリのミニコピーではない、おなじ被害が起きる »

2013年11月26日 (火)

恐怖!日本は今、心不全パンデミック

恐怖! 日本は今、★心不全パンデミック★ 

心不全学会「東北大震災後に増加」

372. 2013年10月20日 19:57:49 : MVEswqjBG2
●【 心不全学会が東日本以降の不全急増現象を「心不全パンデミック」とよぶ!! 】
恐怖! 日本は今、
★心不全パンデミック★ 心不全学会「東北大震災後に増加」
NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2135773505739505501?&page=1

更新日: 2013年10月15日
起きている現象は??
●「心不全パンデミック」に襲われる宮城、福島
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/6b8d1935412b4aa589e06d12b4f56488

福島市内のある病院、狭心症が増加傾向に。

2010年は心不全143人、狭心症266人(震災前)

2011年は心不全199人、狭心症285人(震災後)

2012年は心不全84人、狭心症212人(震災後。ただし”半年間”のデータ。)

(http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/10/post_5401.html

「福島民報」2012/10/3..

●アンパンマン作者やなせたかし氏、心不全で死去 「手のひらを太陽に」等も
http://wan2o.com/archives/yanasatakasi-isan.html
やなせたかし心不全で死去!遺産相続は親族や事務所の社員・弟子?遺言書にはアンパンマンへ・・・寄付をするのかな? 「それいけ!アンパンマン」などの漫画や「手のひらを太陽に」の作詞で知られる漫画家のやなせたかしさんが13日に心不全のため東京都内の病院で亡くなりました。94歳でした。 やなせさんは高知県の出身で、大学を卒業後、百貨店の宣伝部に就職し、グラフィックデザイナーを経て漫画家としてデ…

●ボートレーサーの坂本誠治選手が急性心不全のため死去、36歳
http://bran7.net/archives/42419
ボートレーサーの坂本誠治選手が10月3日、急性心不全のため死去、36歳。香川県出身。9月29日までレースに出場しており、10月11日からのレースに出場予定だった。坂本選手は選手養成第82期生として1998年5月にデビュー。生涯成績は3223戦437勝。獲得賞金は2億2212万7586円。

●ゲームクリエーター飯野賢治さん高血圧性心不全で死去 「Dの食卓」作者
http://www.asahi.com/obituaries/update/0221/TKY201302210302.html
飯野賢治さん(いいの・けんじ=ゲームクリエーター)が20日、高血圧性心不全で死去、42歳。通夜は24日午後6時、葬儀は25日午前9時から東京都杉並区堀ノ内3の48の8の妙法寺で。喪主は妻由香さん。

●東北道で夜行バス事故 運転手死亡 事故前に意識を失い、急性心不全で亡くなった可能性
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/07/05/kiji/K20130705006152560.html
東北道で夜行バス事故相次ぐ 運転手2人死亡

●運転手は心臓の精密検査を 相次ぐ高速バス事故で国交省が再発防止策検討へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130709/plc13070912480007-n1.htm
バス会社が運転手に心臓や脳の精密検査や治療を確実に受けさせる仕組みを議論。
また運転手が意識を失う事態を想定し、運転手の異常を車内センサーで検知してバスを自動停止させる技術の実用化に向けた検討も進める。

福島原発事故後に相次ぐ心不全と脳卒中!流山市で女児が心不全!茨城や福島、宮城などで異常数が急増!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-605.html

●谷雅志・元フライデー編集長(58)が心不全のため死去
http://bran7.net/archives/41379
谷雅志・元フライデー編集長(58)が心不全のため死去 Posted 8月 11th 2013 谷雅志さん 58歳(たに・まさし=講談社編集総務局長、元フライデー編集長)10日、心不全のため死去。通夜は16日午後6時、葬儀は17日午前10時、東京都江東区富岡1の15の9の富岡斎場。喪主は妻幸子(ゆきこ)さん。 日本雑誌協会編集倫理委員会…

●前福島市長 吉田修一氏死去 - 急性心不全
http://archive.is/dCBwk

●アニメ・特撮研究家の伊藤秀明さん(ケッダーマン)が(心不全で)亡くなられました…
http://togetter.com/li/541470
サンダーバード研究家、ファンロードではケッダーマン・コ

●木下黄太@KinositaKouta
NHKの31歳、女性記者。東京。心不全で突然死。直前まで元気。飲み会なども出ていた。少し不整脈は元々あったが、入院などはなし。普通に仕事をしていた。【訂正:男性記者でなく女性記者。お詫びして訂正します。但し、独身で若い女性記者の突然死、周りはよりショックが大きいとそうです。】

●あの森田さんも・・・
http://ameblo.jp/mashiroryo/entry-11535405687.html

●児童、生徒の心電図異常増加…茨城
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=70617
茨城県取手市の市立小中学校の学校検診で、心電図に異常がみられる児童、生徒の数が、昨年度から増加していることが、生活クラブ生協取手支部など市内3団体の調査でわかった。
メンバーは福島第一原発事故との関連を懸念し、市に調査を要請するという。

●最近、40代の心臓の病が続発
http://bran7.net/archives/40907
2013年7月23、24日と2日連続で、高齢になってから発症する病とされている心不全の患者が40代で続発しているとの特集番組が民放とNHKの番組で放送された。

●おしどりマコ (アンケートで)福島の開業医からは『皮膚疾患、心臓疾患、血尿などの膀胱疾患が増えた』という共通の回答があり、『何十年も地域の開業医をしているが、体感で10倍に増えたと感じる』という意見もあった。

●心不全救急搬送、震災後2倍に…宮城県内
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=63934
東日本大震災後3週間に宮城県で心不全で救急搬送された件数が、震災前の2倍程度に増えていたことが、東北大の下川宏明教授(循環器内科)らの調査でわかった。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/image.jsp?id=63932

●心不全学会も黙ってはいない!
第16回日本心不全学会学術集会 挨拶にて
http://www2.convention.co.jp/jhfs16/greeting/index.html
集会長 下川 宏明 東北大学大学院医学系研究科循環器内科学教授
・心不全パンデミックへの対処を今集会のサブテーマに
・東北大震災後、宮城、岩手、福島で心不全が明らかに増加
・(他の?)大震災でも急性心筋梗塞、タコツボ心筋症などが報告されているが、
 心不全の増加は報告が無い (東北大震災限定)

●では、どんなことが話し合われていたのか??

http://www2.convention.co.jp/jhfs16/pdf/program_01.pdf
プログラム
★特別企画 2★ 慢性ストレス・”放射線障害と心不全”
「放射線被ばくと循環器疾患」、熊谷敦史、福島県立医科大学、災害医療総合学習センターなど・・・
「甲状腺機能低下症と重症閉塞性睡眠時無呼吸症候群の合併により、可逆性の左室機能低下を来した一例」、山口済、東京医科大学、循環器内科

●では、放射線と心臓にどんな関係が??
出典jp.123rf.com
では、放射線と心臓にどんな関係が??

●医師・病理学者:バンダジェフスキー博士によれば
医師・病理学者:バンダジェフスキー博士によれば
ゴメリ医科大学初代学長。チェルノブイリ原発事故の影響を調べるために、被曝した人体や動物の病理解剖を行い、体内臓器のセシウム137などの放射性同位元素を測定する(ウィキペディア)

●放射性セシウムが原因か?
http://chicksmbox.blogspot.jp/2012/03/blog-post_27.html
【バンダジェフスキー博士最終講演】2012.3.19 品川 【バンダジェフスキー博士”衆議院議員会館”での発言】
放射性セシウムは、体全体に入り込み、悪影響を及し続ける。
放射性セシウムは特に心臓に対して激しい攻撃をする。突然死が発生する。

●セシウムが心臓に悪い理由は?
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1649.html
解剖でセシウムが心臓に蓄積する事を証明したユーリ・バンダジェフスキー博士会見3/18(動画・内容書き出し)
http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/k/i/i/kiikochan/20120321153543401.jpg
セシウムが取り込まれると、それが心筋の細胞に蓄積する。
それによって(心筋細胞の?)代謝機能が失われ、(心筋細胞が?)エネルギー産出不能に。
そうなると、心臓の心拍が乱れ、死につながるような現象になる(=心臓停止)
お気に入り詳細を見る なぜセシウムは心筋に蓄積しやすいの?
http://onndannka.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/10bqkg-8f73.html
http://onndannka.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/09/02/photo_3.jpg http://onndannka.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/09/02/photo_3.jpg
セシウムは筋肉に蓄積しやすい。
再生能力が高い骨格筋細胞と違い、心筋細胞はほとんど分裂しないために
セシウム137が過剰に蓄積しやすい。
お気に入り詳細を見る 心不全パンデミックの真相(推測)
福島第一原発事故で放出された放射性セシウムが呼吸や飲食で体内に入る。

心筋に蓄積

心筋細胞の動きが鈍る

心不全(?)
お気に入り詳細を見る 参考:心不全ってなあに?

出典sinkin.hiroshima.med.or.jp
参考:心不全ってなあに?

心不全とは、病名ではなく、「心臓の働きが不十分な結果、起きた体の状態」

●セシウム137による不妊化、心疾患、心不全をはじめとする人体への影響まとめ - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130162797765531901
セシウム137の健康被害に関する専門家の発言などをまとめました。

●福島原発事故後に急増する突然死、急死、心不全、心筋梗塞、心疾患、脳梗塞に関するツイートまとめ - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2131334318252184601
福島原発事故後に急増する突然死、急死、心不全、心筋梗塞、心疾患、脳梗塞に関するツイートまとめのまとめ

●<影響>大阪で震災瓦礫の焼却 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2135281306483612301
http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20121113/17/1445267/8/315x420x176f459c61a7397d8a85aae2.jpg/300/600 http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20121113/17/1445267/8/315x420x176f459c61a7397d8a85aae2.jpg/300/600
震災瓦礫焼却に立ち会った埼玉県日高市の市長が、
翌日に心筋梗塞で倒れ、そのまま還らぬ人に・・・。
大阪は2月から毎日100トン燃やすらしいが、大丈夫??
チェルノブイリの放射能が広域拡散したのは山火事のせいだといいますが・・・。

●トウカイテイオー急死…25歳、急性心不全

http://race.sanspo.com/keiba/news/20130831/etc13083105050001-n1.html

以上は「原発問題」より

いよいよ現実的なことになってきたようです。くるものが来たということです。事前の予想より早く現実となって来ています。今後ますます健康被害が急増するはずです。以上

« 免疫機能の進化に学ぶ 2、免疫はどのように進化してきたのか? | トップページ | 福島はチエルノブイリのミニコピーではない、おなじ被害が起きる »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖!日本は今、心不全パンデミック:

« 免疫機能の進化に学ぶ 2、免疫はどのように進化してきたのか? | トップページ | 福島はチエルノブイリのミニコピーではない、おなじ被害が起きる »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ