日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51891948.html
<転載開始>
90才にもなる高齢で、いかにも悪魔顔のヘンリー・キッシンジャーは、いつになったら、神隠れするのでしょうかね?もちろん、神隠れしても、ヘブンではなくタックスヘイブンあたりでうろちょろするのでしょうか。
悪魔崇拝のデービッド・ロックフェラーもキッシンジャーも、他の悪名高いエリートやカルト教のリーダーたちも、どうして長寿が多いのでしょうか。イルミナティの連中は、どうも、この世に留まりたい気持ちが強いらしく、できれば不死身になり、永遠に地球を支配したいようです。そのためには何としてもNWOを創設したいようです。
ただし。。。このような問題の高齢者がいなくなった時点で、世の中、少しは明るくなるのではないでしょうか。時代が時代ですから、彼等は秘密裏にコトを運ぶことができなくなっています。そのため、あえてNWOを表に出して彼等の悪魔計画を公表しています。それに、まずいことに、悪魔同士は協調性がありません。非常に利己的ですから、必ず、組織は分裂していきます。
それにしても、NWO宣伝マンのブッシュ政権下でポチとしてブッシュの後を追い続けた小泉元総理は情けないほどの売国奴でしたね。民主党政権と同じくらい売国をしていました。その相手はどちらかというと中国、韓国ではなく、アメリカですが。。。特に小泉政権下で日本はNWOの連中に喰われ始まったのです。そして民主党政権下で中国や朝鮮半島に日本が食われ始めました。
悪魔崇拝のイルミナティのNWOを実現させないためにも、良識ある人々は、意識的にNWOを粉砕しましょう!!
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/07/henry-kissinger-those-who-reject-the-new-world-order-are-terrorists-video-2715804.html
(ビデオ)
7月19日付け:
米イルミナティの中心的人物、ヘンリー・キッシンジャーは、2007年5月31日にイスタンブールで行ったスピーチの中で、NWOを拒否する奴はテロリストだと言いました。そのすぐ近くでは、ビルダーバーグ会議が開かれていました。

(ビデオ)

何年も前から政府やメデォアは自由を愛する者をテロリストだと呼んできました。特にヘンリー・キッシンジャーはメディアを通して常にNWOニューワールドオーダーについて語り続けました。しかしNWOは全くの作り話だと考えている人々がいます。
何年も前からNWOは水面下で計画されてきたことであり、2007年に、キッシンジャーがついに公の場でNWOについて語ったのです。
キッシンジャーによると、NWOを嫌い拒否する奴らはテロリストだそうです。これは全くバカバカしいことです。NWOに賛成しない奴らがなぜテロリストなのでしょうか。実際、世界のテロリストはNWOの連中によって結成され支援されているのに。。。
私はもちろんテロリストではありませんし、そのような組織に関わりたくありません。
では、ここで、MIAC戦略報告書をご覧ください(1:44あたり)。
ここに書いてある内容は作り話のように見えますが、これは現実に起こっていることです。この報告書の中で特に関心を持った内容は、ここです。
・・・もしも、あなたがロン・ポール(反NWOの元共和党議員)を支持するなら、あなたはテロリストだということを示している、と書かれているのです。ロン・ポールは自由主義者であり建国の父の理念を順守しているだけなのです。
しかしキッシンジャーは自由主義者をテロリズムに関連付けています。私がここで訴えたいことは、米政府により、このような報告書が作成されただけでなく、連邦議員に対し、この報告書に従うように脅迫しているのです。連邦議員が憲法学を知らないなら、ロン・ポールはテロリストだと勘違いしてしまうでしょう。
ではこの文書をご覧ください(3:07あたり)。これはFBIのウェブサイトに載せられた文書です。その中で、特に、ヘイトクライム(憎悪犯罪)についての記述を取り上げますと。。。一部の宗教、人種、民族に反感を持ち、個人や団体に対して行われるヘイトクライムは、テロリスト行為と見なされ、直ちにMJTTFに報告されることになる、と書かれています。
つまり、このようなテロリスト行為を目撃した者はただちに警察に通報せよ、ということです。しかし現在、アメリカで起きている人種間のヘイトクライムを考えてください。ジマーマンの事件などをメディアが強烈に報道することで、アメリカ国内では、人種間の対立が生まれています。
現在、多くのヒスパニック系或いは白系アメリカ人が黒人から暴行を受けたり、殺害されています。ジマーマン事件に関して、ツイッターでは、多くのヘイト・スピーチが投稿されたり、ネット犯罪が発生しています。しかしこのような混乱は当局が仕組んだのです。黒人による白人へのヘイトデモやヘイトクライムが頻発しても、政府や警察は何も動こうとしません。実際に目の前でそのような事が起きていても、彼等は何もしません。放置しています。
現在、アメリカの各地で黒人の暴動が発生しています。カナダでも暴動が起きると、警察は暴動を扇動するのです。
本当のテロリストはNWOの連中なのです。それが誰なのか分かりますか。その1人は、ヘンリー・キッシンジャーです。テロリストの彼が我々をテロリストと呼ぶのはおかしいでしょう。

別の記事 <オバマはNWOのために働いている。>
http://www.rawstory.com/news/2008/Henry_Kissinger_Obama_should_act_to_0106.html
(概要)
2009年1月6日付け:
最近、ニクソン政権下で国務長官だった高齢のヘンリー・キッシンジャーがCNBCに出演し、「現在の経済危機により、オバマ大統領が一役買っているNWOの創設に最大のチャンスが訪れているということだ。」と語りました。
「オバマにとって最も重要なことは何だと思いますか?」とキッシンジャーに問いかけると。。。。
キッシンジャーは、「世界中で同時に激変が起きている時期にオバマが大統領になった。インドとパキスタンの紛争があり、ジハードの政治的運動がある。しかしオバマはアメリカの外交政策に新しい刺激を与えるだろう。その理由の一つに。。。オバマが大統領に昇格したということは驚くべきことであり、非常に称賛すべきことだからだ。この時期にやるべきオバマの任務はアメリカに対する全体的な戦略を構築することであるが、それはつまり、NWOの創設である。今が絶好の機会だ。経済危機などたいしたことはない。オバマ政権は非常に実力のある集団である。」と答えました。
NWOニューワールドオーダーという言葉は、1940年に既に用いられていました。当時、H.G.ウェルスが社会主義者による世界統一政府について書いた本のタイトル使われました。この言葉はウィルソン元大統領を含む歴代の米大統領によって使われてきました。ウィルソンは、世界政府創設の概念の先駆けとなった国際連盟を創設するために活動しました。ブッシュも、1989年のスピーチでニューワールドオーダーという言葉を使いました。
当時、ブッシュは連邦議会にて、「世界の国々が連携する新たなパートナーシップが始まった。今、我々は非常にユニークで驚くべき瞬間を体験しているのだ。このように混乱する時代に、我々の第5の目標であるニューワールドオーダーが表舞台に出ることになる。世界中が調和の中で繁栄し、生きて行ける時代が到来する。」と述べたのです。
選挙で選ばれていない政府機関が世界のエリート組織のトップに君臨していると信じる人々によって、ブッシュの言葉がインターネットで世界中に配信されました。キッシンジャーもまた、チャールズ・ローズのインタビューでニューワールドオーダーについて語っていました。
2008年のインタビューで、キッシンジャーは、「新しく誕生したオバマ政権は、このような重大な危機的状況下で、国際的なシステムを構築できる兆しを見せている。ジハードの危機により、全米国民が、国境を取り除き、各国の政治や軍隊をなくした後に初めて国際情勢が改善されるということを知ったのだ。今回の世界金融危機によりそのことが証明された。各国の政策は各国の国益を確保することしか考えていないために限界がある。」と語りました。