高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/56ddf27cd68d2cb463ea18ffacfdadbc
<転載開始>

福島第一原発が風化?



チェルノブイリ事故で当初3年間、放射能のことを気にして生活していた人は1000人に1人でしたが、3年後、爆発的に被曝症状が出てから、多くの人たちが放射能の危険性に気を付けきましたが手遅れでした!


放射能被曝はスロー・デス、つまり時間をかけてやってくる死、死は徐々に、二十年~三十年、ゆっくりとやってきます!原子力産業は、決してクリーンでもなければ安全でもありません!人類が扱ってはならない技術なのです!

福島第一原発事故は、これから30年間に推計5000万人の死亡をもたらすでしょう!日本国民大殺戮は、推計5000万人の人々の命を奪い去ってしまうでしょう!このような大殺戮が歴史上にあったでしょうか?

チェルノブイリから800キロ離れたウイーンで、4年~五年で、子供病棟の白血病患者が増加しました。その恐ろしさを知っているからこそ、欧州は福島原発事故に大きく反応しました!前例があるのにも関わらず政府や東電は、学ばないで、隠蔽するばかりです!

現在は、被災地や原発労働者間で、放射能被爆の初期症状である心筋梗塞が多発!白血病は3年以降で、白血病はピークが5年、がんが7年だ!放射能は危険極まりない必ずピークは来る!政府や、東電、医師は知っているが、隠しています!

被爆後、およそ3年後から体が疲れやすくなる原因不明の『ブラブラ病』患者が出始めます!白血病の患者も3年ほど経ってから確認され、7~8年後にがん患者が目立ち始めます!ただし『内部被曝』は少量の放射性物質でも影響が出るので、めんどくさくても外出時にはマスク必着をしてください!

もっとも、すでに臓器の成長が終わり、細胞分裂の総数が少ない成人は、
即座には放射能の影響に脅かされませんが、大量に被爆するといけません!
子供達がずっと早い時期に悪性の疾患に見舞われます!チェルノブイリの経験から早ければ一年後から四年後とわかっています。成人の潜伏期間は20年から25年です!

チェルノブイリ原発事故後、
1-5年で現れた子供達の症状のグラフ。
一位が極度の疲労。二位が衰弱。

若いはずの子供が極端に疲れたり弱ったりしていませんか?

 

子供たちの症状として、極度の疲労、衰弱、神経の不安定、胃腸の不調、頭痛、めまい、不眠、心臓付近の不快感などが、子供たちに見られたら、とにもかくにも医者へ!

福島県は予想通り心疾患で日本一になったようだが、本番はこれから、2016年には白血病が日本一になり、2018年には平均寿命日本最低となり、県民の数割が心不全・ガン白血病で死んでしまいます!その頃には、福島県は人の住まない荒廃した地域と成っていることでしょう!

『2年目位までは何も起きなくてみんな安心してた』ってキエフの市民たちは、安心していましたが、2年~3年~5年と市民に健康被害が出るように成って、あわてて非難しましたが、大半の市民が手遅れでした!

今までこんな事なかったのに、咳が止まらない方!風邪は治ったのに咳だけ続いてる方!咳と鼻血は被曝のよく知られた症状ですぞ!

医者は「風邪が長引いてますね」「ホコリに過敏になってるのかも」「色々なストレスが複合的に重なって」とか言う医者は被曝と気づいてて隠ぺいしています!

放射能の被害は色々な体の場所に被害が出る!

特に心臓と脳だ!

免疫の考え方が間違っている!免疫のある者は症状が出て苦しむ!免疫がない者は、症状は出ずに進行し、ある日突然死ぬ!今は免疫のない者がほとんどだから、症状は出なくて突然死が増えている!

多くの人々は、放射能被爆により取り返しのつかない悲劇が起こっているが、その悲劇に気がつかないし、気付こうともしないでいる!静かに進行して、ある日、突然、症状が出る!

これが、原発事故の放射能被爆の本当の恐ろしいところである!

 

気づいたときは、もう手遅れ!



死者は数千万単位!

政府や東電は、愚かにも放射能拡散策を採った!

放射能被爆者は100万単位じゃ済まないだろう!

長生きしたい人は、放射能対策マニュアルをよく読んで、免疫力を上げましょう!

邪魔しているのは、厚労省、原発被害も同じ!

死亡者が続出すると、日本人の9割弱が加入する生命保険、共済の類の払い出しが、いずれ追いつかなくなるから、国民年金同様、加入している生保の給付も当てに成らなくなります!

福島原発事故の規模は、国民が思っているより はるかに大きく甚大です!
5年後以降、関東を中心に物凄い放射能被害が起こります!

 

放射能が蔓延する今、女性が楽観主義にとらわれたら終わりですぞ!

母親たちが立ち上らなくては、男たちは仕事で、余裕がありません!

 

ウクライナでも、初めの1~2年は『デマを流すな!』と怒る人が沢山いましたが、今はそんな事言う人は一人もいません!

日本も、時間の問題ですぞ!

デマ、デマというやつは、売国奴の手先ですぞ!

「原発が爆発しても不安を煽るな!食べ物が汚染されても不安を煽るな!プルトニウムが検出されても不安を煽るな!子供の甲状腺に異常が出ても不安を煽るな!子供が甲状腺がんになっても不安を煽るな!」これが政府です!

『むやみに不安を煽るな』住民が不安になったら、避難したり訴訟起こしたり賠償金を請求したりするから、面倒なことになる!皆が放射能に鈍感でたいしたことないと思えば賠償金請求もきっとしないからな!

日の本の男子たるものが、大切な家族を被曝から守らずに国家の言いなりになっているとは、何たるざま!

原発事故後、国の言うことは信じちゃダメだと言って、すぐに家族全員を出国させた諸外国の外交官は懸命である!


長期的な視点で子どもの事を考えてあげなさい!

仕事が忙しいから、仕事がないからという理由で、子供達を見殺しにしてはならない!

周りが大丈夫だから、うちも大丈夫だと被爆を無視するのは、無謀ですぞ!

子どもが心から、お父さんありがとうと言うのは10年後、20年後!

人に合わせず、仕事より大切なことをいつも考えて行動してくれた!

だからいまこんなに健康だと感謝される父親に成りなさい!

仕事があるから、仕事が忙しいからと子どもの被曝知りながら知らん顔する父親は、父親の資格なし!

その仕事っていったい何?

何の為に誰の為にやってるのか?

日本人のパニックは異質性の排除に向かうとの予測がある。
「放射能は安全」と集団で思い込み、そのデマにすがって変わらぬ日常を過ごしている。なんか怖いけれど、私達だけは大丈夫だろうと?


放射性物質は食べても、飲んでも、吸っても遅効性の症状が多いから、東電は「原発事故で死んだ人はいない」なんて言えるんですね!言った時に手が震えていました!

2・3年先の話しだと思っていましたが、東京のがんセンターの友人が、この2、3か月でがん患者が恐ろしい数で増えたと話していました!

チェルノブイリでは五年後に爆発的に病気が増えました!
日本は二年でこれだけの発病者が出ています!まだ爆発的に増える時期ではありませんぞ!

チェルノブイリ原発事故から4年後。

白ロシアでは100万人が避難しましたが、我が国では余り避難していません!
心筋梗塞の次は、甲状腺ガン、そして白血病が増え混乱しますぞ

福島からなぜ人を避難させないかというと、それは東京を避難させないためだ!

東京の首都機能を保ち続けるために、福島を避難させずに封じ込めている!

これだと、だまされている東京都民も犠牲者になる!
海外の投資家向けの雑誌で、日本の証券会社が、なんと日本の一部の製薬会社を「買い推奨」しています!
理由は、今後子どもの癌が急増するだろうから「先行投資」なのだそうです。
きっと野村証券などのヤカラは株を集めてそうですね。
金融資本主義なんてカッコいいこと言っても、そんな人間達ですから。

初期甲状腺ガンがみつかった知り合いは日本の医師からは経過観察と言われ外国の医師には手術を勧められたそうです。

自分の国なのに、私たちが選挙で選んだ人たちが私たちを見殺しにしています!

本当に悔しいし情けない!
1億以上いる日本人は見殺しにするのか!


<転載終了>