カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 秘密保護法の矛盾が運用段階で大混乱を引き起こす | トップページ | 食事療法により癌を治す方法①現代医学に限界を感じ「食事」に可能性を見出した医師 »

2013年12月14日 (土)

原発情報3475

【原発】原発情報3475【放射能】

275 :自虐的自己破滅願望D型消極タイプRE系異星人破滅中納言(関東地方):2013/12/02(月) 13:29:26.28 ID:hy+g3SGn0
>>269
「病院へ逃れてきた十数人の人が10万cpmを超えガイガーカウンターが振り切れていた」(徳田毅)
衆院議員になる前の女性問題が、今週発売の一部週刊誌で報じられる
見通しであることを受けて安倍晋三首相に辞表を提出し受理された
徳田毅国交復興政務官の公式ブログより。
徳田議員は福島原発事故から約1ヵ月後の2011年4月15日に福島県南相馬市を訪問し
南相馬市立総合病院の及川副院長から、1度目の水素爆発後
原発の周辺から病院へ逃れてきた人々の放射線量を調べたところ
「十数人の人が10万cpmを超えガイガーカウンターが振り切れていた」という事実を
知らされたと報告し、当時の政府はそこまで深刻な状況だったとは発表していなかったため
「衣服や乗用車に付着した放射性物質により二次被曝するほどの高い数値だ。」
「知らずに、家に帰って子供を抱きしめた人もいたかもしれない。」
「南相馬市立総合病院で確認されているだけでも十数人が高い数値を
示していた深刻な状況が、政府には情報として上がっていなかったのだろうか。もし情報が上がっていなかったとしたら
官邸の情報収集能力と危機管理の観点から問題であり
情報が上がっていたのに意図的に正確な情報を伝えなかったのであれば
それは政府による情報操作であり、犯罪に近い行為」と厳しく批判している。
以上は「2ちゃんねる 」より
政府に都合悪い情報を公表したのが原因なのでしょう。徳田議員の辞任問題も!以上

« 秘密保護法の矛盾が運用段階で大混乱を引き起こす | トップページ | 食事療法により癌を治す方法①現代医学に限界を感じ「食事」に可能性を見出した医師 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発情報3475:

« 秘密保護法の矛盾が運用段階で大混乱を引き起こす | トップページ | 食事療法により癌を治す方法①現代医学に限界を感じ「食事」に可能性を見出した医師 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ