カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 腸のあまり知られていない顔 (2)腸管の免疫応答の仕組み | トップページ | 日本の同盟国、アメリカは大変な国となっています »

2013年12月13日 (金)

福島原発事故直後の衛星写真は秘密指定!

スクープ!福島原発事故直後の衛星写真は秘密指定!わざわざ、4800万円でアメリカから別の衛星画像を購入!特定秘密保護法案で隠蔽される!?  new!!

kottukaihimitu1121000.jpg
先日に「日本政府が作成していないと発表した福島原発事故の議事録、アメリカが情報公開法で公開!秒単位で情報を記載!」とお伝えしたばかりですが、また福島原発関連で新たな秘密情報が判明しました。
日本政府は東日本大震災直後から人工衛星で福島第一原発を撮影していたのに、「秘密保全」を理由にして、各省庁や対策機関にも画像を提供しなかったとのことです。

しかも、日本政府は人工衛星の画像を公表しなかった代わりに、アメリカから福島第一原発の画像55枚を4800万円で購入し、それを事故対応に使用。日本の情報取集衛星がありながら、他国から衛星の画像を買わなければならないのはどう考えても変です。
この4800万円は税金ですし、あまりにも無駄が多すぎます。

その上、今も日本が撮影した衛星画像は「秘密保全」という理由で非公開状態。特定秘密保護法案が成立すれば、このようなことが日常茶飯事になるでしょう。11月7日の国会答弁で森雅子法案担当相は「原発事故に関する情報は『特定秘密』の指定対象にならない」と言っていたわけで、これも嘘だったということです。
やはり、今の日本政府を信用することは出来ませんね。


☆◆【国会速報!】これはスクープ!福島事故写真は『秘密指定』のため4800万円でアメリカから購入!

*上記動画から一部抜粋
加藤副長官:約4800万円と承知しております。

赤嶺議員:4800万円の税金を使って画像を購入したというわけですね。であのー、日本の情報収集衛星は福島第一
原発事故の状況を上空から撮影しております。この商業衛星の写真はアメリカのものですね。何故アメリカから購入する必要があったのか?日本の情報衛星では不十分であったということですか?

加藤副長官:役所の中においては、その情報収集衛星の画像情報は活用した。今、ご指摘がありました東京電力に対しましては、情報収集衛星についての秘密についての保全措置が講じられていないということで、非公開という対応をとらざるをえない中で、商用衛星の画像を購入して、そうした原発の対応に活用したということでございます。

赤嶺議員:先ほどからの答弁を聞いていますと、福島原発事故を撮影した画像は秘密に指定されており、使えなかったということになるわけですね。
東電の事故対応に必要な画像。これを何故秘密指定したのですか?
加藤副長官:原発の対応に対しては、役所の中では活用していたということでございますが、東京電力に対しては情報収集衛星等に対する秘密について保全措置が講じられないということで、非公開の扱いにさせていただいたということでございます。

☆原発事故の衛星画像隠す 災害対応より「秘密保全」 政府の答弁とも矛盾 衆院特委で赤嶺議員追及
URL http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-21/2013112101_01_1.html

引用:
政府が東日本大震災の直後に福島第1原発の事故状況を撮影した衛星画像を、「秘密保全」を理由に事故当事者の東京電力に提供せず、事故対応に活用していなかったことが明らかになりました。20日の衆院国家安全保障特別委員会での日本共産党の赤嶺政賢議員の質問に政府が認めました。

内閣官房が運用する情報収集衛星の画像は現行の「特別管理秘密」に指定され、秘密保護法案が成立すればほぼそのまま「特定秘密」に移行します。森雅子法案担当相の「原発事故に関する情報は『特定秘密』の指定対象にならない」(7日、衆院本会議)との答弁とも矛盾します。

 赤嶺氏に加藤勝信官房副長官は「衛星で撮像した東日本大震災、福島第1原発事故の画像の判読・分析を行い、関係省庁に結果を配付・伝達した」と述べ、政府が撮影した事故状況の衛星画像の存在を初めて認めました。東電への開示について加藤氏は「秘密保全措置が講じられていないので非公開という対応をとらざるをえない」と説明。代わりに、民間企業から約4800万円で購入した商業衛星画像55枚を東電に提供したことを明らかにしました。
:引用終了


原発の闇を暴く (集英社新書)


カウントダウン・メルトダウン(上): 1


暴走する原発  チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと


第二のフクシマ、日本滅亡 (朝日新書)


福島原発の真実 最高幹部の独白


メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 (講談社文庫)


福島原発で何が起こったか-政府事故調技術解説- (B&Tブックス)


東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)


自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応

関連記事
以上は「真実を探すブログ」より
こんなバカなことをやるのは日本ぐらいなものです。日本の政治はまだ子ども扱いです。                                         以上

« 腸のあまり知られていない顔 (2)腸管の免疫応答の仕組み | トップページ | 日本の同盟国、アメリカは大変な国となっています »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故直後の衛星写真は秘密指定!:

« 腸のあまり知られていない顔 (2)腸管の免疫応答の仕組み | トップページ | 日本の同盟国、アメリカは大変な国となっています »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ