最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 免疫って何? 8、NK細胞の起源は~ | トップページ | 「自民党が恐れたのは、天皇の言葉と自民党の福島棄民との乖離が、顕在化することだった »

2013年12月 6日 (金)

放射性物質「森林から流出しにくい」調査結果

放射性物質「森林から流出しにくい」調査結果
10月29日 17時31分

放射性物質「森林から流出しにくい」調査結果
K10056465111_1310291816_1310291829.mp4

東京電力福島第一原子力発電所の事故によって、森林の落ち葉についた放射性物質は、雨水などによって土壌に移ったものの、森林からは流出しにくいという調査結果を、日本原子力研究開発機構がまとめました。

原子力機構の研究グループは、原発事故が発生した2か月後のおととし5月から2年余りにわたって、茨城県北部にある森林に専用の装置を設置し、落ち葉についた放射性セシウムがどのように移動するか調査しました。
その結果、放射性セシウムは事故からおよそ半年はおもに雨水によって、その後は、落ち葉が分解されたことによって土壌に移っていたことが分かりました。
しかし、その放射性セシウムが、深さ10センチの場所まで到達した割合は、毎年0.1から0.2パーセントに過ぎず、研究グループは、地下水によって森林から周辺地域に流出するおそれは低いとみています。
研究グループの中西貴宏研究員は、「土壌に蓄積した放射性物質は、深くまで移動しにくいことが分かり、除染の判断をするときなどの有益な情報になる」と話しています。

以上は「NHK news web」より

山や森林にはセシウム等の放射能が長くとどまることになり、除染もできないために心配は消えそうにありません。何れ地下水に溶け込み水道水となり飲み水で汚染されることになりそうです。既に水道水は汚染されています。             以上

« 免疫って何? 8、NK細胞の起源は~ | トップページ | 「自民党が恐れたのは、天皇の言葉と自民党の福島棄民との乖離が、顕在化することだった »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質「森林から流出しにくい」調査結果:

« 免疫って何? 8、NK細胞の起源は~ | トップページ | 「自民党が恐れたのは、天皇の言葉と自民党の福島棄民との乖離が、顕在化することだった »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ