カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本政府が一貫して「作成すらしていない」と発表していた福島原発事故の議事録が、実際にはアメリカが密かに議事録を作成していた | トップページ | 腸のあまり知られていない顔 (1) »

2013年12月12日 (木)

東京都への月間セシウム降下量、10月も引き続き全国第3位

東京都への月間セシウム降下量 10月も引き続き全国第3位 平方㎞当たり340万ベクレル(FGW) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/121.html

投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 02 日 18:45:00: igsppGRN/E9PQ

      

   

東京都への月間セシウム降下量 10月も引き続き全国第3位 平方㎞当たり340万ベクレル(FGW)
http://financegreenwatch.org/jp/?p=38811
12月 2nd, 2013 Finance GreenWatch

原子力規制委員会が公表したデータによると、10月1か月間に東京都に降下した放射性物質セシウムの降下量は、1平方㎞当たり3.4メガ(100万)ベクレルだった。1㎡に換算すると3.4ベクレルとなる。都道府県別の検出値の高さでは、従来通り、福島、茨城の両県に続いて、東京都のセシウム値の高さが目立っている。

公表されたデータは「環境放射能水準調査(月間降下物)」。2011年3月11日の東電福島第一原発事故直後に比べて、各県とも検出される値は低下しているものの、事故地の福島県から200km以上離れた東京都がほぼ毎月、第3位の値を示している傾向に変化はない。

10月の福島県の値は、4510メガベクレル(45億1000万ベクレル)で、ダントツの濃度。つまり福島県下では今もこれだけのセシウムが大気中から落ちてきているということだ。2位は、隣接する茨城県で50メガベクレル。東京都の値は、これら2県に比べて、2ケタ―4ケタ低いが、周辺の埼玉県(2.17メガベクレル)、千葉県(2.96メガベクレル)、群馬県(1.43メガベクレル)、栃木県(2.86メガベクレル)に比べて、頭一つ高い。

中部地方や西日本は大半が不検出。東京オリンピック開催までに、東京が「セシウム汚染度第3位」の銅メダルのポジションを返上できるかどうか。

http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8485/24/195_1129.pdf

以上は「阿修羅」より

福島原発からの放射能拡散はいまだに止まっていないのです。国民には真相を知らせず特定秘密に指定しようと躍起です。安倍政権は日本国民を滅亡させようとしているのです。信じられません。鬼の心を持った人物です。                  以上

« 日本政府が一貫して「作成すらしていない」と発表していた福島原発事故の議事録が、実際にはアメリカが密かに議事録を作成していた | トップページ | 腸のあまり知られていない顔 (1) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都への月間セシウム降下量、10月も引き続き全国第3位:

« 日本政府が一貫して「作成すらしていない」と発表していた福島原発事故の議事録が、実際にはアメリカが密かに議事録を作成していた | トップページ | 腸のあまり知られていない顔 (1) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ