カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • アメリカ破産
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • デジタルID
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 池田創価学会
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 英国のストーンヘンジは古代の遺跡ではない? | トップページ | 蚊型スパイ無人機の恐怖 »

2014年1月29日 (水)

米NSAが量子コンピユーター開発中か、暗号解読用と米紙

米NSAが量子コンピューター開発中か、暗号解読用と米紙

2014年01月03日 13:24 発信地:ワシントンD.C./米国 【写真】 【ブログ】
  • ブログに利用する
  •       
  •       
  •       
  •       
  •       
  • 楽天SocialNewsに投稿!
米NSAが量子コンピューター開発中か、暗号解読用と米紙           

米メリーランド(Maryland)州フォートミード(Fort Meade)にある国家安全保障局(NSA)本部内の脅威対応センター(Threat Operations Center)に掲げられたNSAのロゴ(2006年1月25日撮影)。(c)AFP/PAUL J. RICHARDS

   

関連写真1/1ページ(全2枚)

  • 米NSAが量子コンピューター開発中か、暗号解読用と米紙
  • 米NSAが量子コンピューター開発中か、暗号解読用と米紙
  • シリア電子軍、スカイプのアカウント乗っ取る
  • 懐かしのビデオゲーム、インターネット上でよみがえる
  • 北欧伝統のトナカイ遊牧、鉱山開発で危機に スウェーデン
  • カブール上空を覆う煙霧、秋冬に多発
  • 中南米人の高い糖尿病リスク、旧人由来の遺伝子変異が原因か
  • 次世代放送推進フォーラムが、4K映像の実証トライアルを実施
  • 小笠原諸島の新島、溶岩の流出で西之島と一体に
  • まるでクリスマスオーナメント、NASA公開の土星画像
  • ISS船外活動を無事完了、冷却装置を修理
  • クリスマスイブの「地球の出」から45年、アポロ8号撮影
  • 南極でダイヤの母岩を発見、採掘に向け注目集まる
  • 失言ツイート炎上で即解雇、米メディア企業の広報部長
  • グリーンランド氷床下に広大な湖、氷床融解の謎解くカギか
  • 無線で「力」を送受信、慶應大が研究開発
  • 豪政府、日本の捕鯨船団とシー・シェパードを上空から監視

【1月3日 AFP】米国家安全保障局(National Security AgencyNSA)が、どのような暗号でもほぼ解読が可能な「量子コンピューター」の開発に取り組んでいると、米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)が2日報じた。NSAの元契約職員エドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏が暴露した文書に基づく情報という。

 量子物理学の原理を利用して演算を行う量子コンピューターは、処理速度と情報セキュリティーの面で飛躍的な向上をもたらすと期待される次世代コンピューター。IBMなど世界のIT企業が研究開発に取り組んでいる。

 ポスト紙によると、スノーデン氏が暴露した文書には、NSAが量子コンピューターを使って世界各地の銀行や企業、医療機関、政府機関などで情報保護に使われている暗号を解読しようとしていることが示唆されていたという。

 この文書によればNSAは、電磁エネルギーを遮断する「ファラデーケージ( Faraday cage)」と呼ばれる大きな部屋の中で量子コンピューターの開発を進めているという。

 一方で同紙は、NSAが科学界に知られることなく量子コンピューターの実現に近づくことはないだろうとの米マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of TechnologyMIT)の専門家の見解も伝えている。(c)AFP

あなたの愛車今いくら?複数社の見積り比較!最高価格がわかる[無料]

iOS向け無料アプリ「AFPBB News」でも高画質な写真を配信中

関連記事

 

以上は「afp dd news]より

現在各国でこの未来の量子コンピユーターの開発でしのぎを削っています。 以上

« 英国のストーンヘンジは古代の遺跡ではない? | トップページ | 蚊型スパイ無人機の恐怖 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米NSAが量子コンピユーター開発中か、暗号解読用と米紙:

« 英国のストーンヘンジは古代の遺跡ではない? | トップページ | 蚊型スパイ無人機の恐怖 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ