カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« ついにPTSD利権が動き出す | トップページ | 拉致問題:被害者意識が増殖している »

2014年1月24日 (金)

ロシア、火星、木星へ向け超重量ロケット開発へ

ロシア、火星、木星へむけ超重量ロケット開発へ

特集: 宇宙関連 (367 記事)

 
22.11.2013, 09:29
印刷する 知り合いにメールで教える ブログに書く

юпитер планета пояс космос

© Flickr.com/wstera2/cc-by-nc-sa 3.0

   ロシアは次世代型の超重量宇宙ロケット、長期用月面基地の開発を計画している。ロスコスモスのデニス・ルィスコフ副長官が明らかにした。

   副長官は、宇宙分野でロシアの技術の優位性を維持するためには、積載量80-85トンのロケット運搬機を作る必要性がある。その目的は月、火星、木星、太陽系のほかの惑星など、高度の地球付近の軌道に対し、次世代型の宇宙機器を打ち上げることにある。

   ロスコスモスでは、政府にロケット運搬機プロジェクトを提案する作業グループが組まれた。

   インターファックス通信

同じテーマの記事

 

 

ヴォロネジ 火星への飛行向けエンジン実験が開始

 

以上は「THE VOICE OF RUSSIA」より

 

米国のNASAが予算不足のために意気消沈している間にもロシアと中国が宇宙開発に力を入れています。だいぶ差が小さくなってきているようです。日本人宇宙飛行士も今ではNASAでなくロシアのロケットで宇宙飛行をしている状況に代わって来ています。時代の移り変わりを感じます。                   以上

« ついにPTSD利権が動き出す | トップページ | 拉致問題:被害者意識が増殖している »

宇宙文明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア、火星、木星へ向け超重量ロケット開発へ:

« ついにPTSD利権が動き出す | トップページ | 拉致問題:被害者意識が増殖している »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ