カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ウクライナ騒動で起きた事(その1) | トップページ | アンドロメダ銀河の周囲で起きている異変 »

2014年1月30日 (木)

謎の生き物がマレーシアのビーチに漂着

2014年01月03日


謎の生き物がマレーシアのビーチに漂着

my-creature-top.gif

New Straits Times (マレーシア)より。


マレーシアのメディアに、上のような記事が出ていました。

調査が進めばイルカやクジラなどの何らかの海洋生物の遺体というようなことで落ち着くとは思いますが、それでも、ご紹介したのは、昨年以来、「海の生物の異変」が大変に多いことがあり、そういう中のひとつとして記録しておこうと思いました。

昨年は、11月には下の記事。

hookskate-2.gif

▲ 過去記事「アメリカで深海に棲息する超巨大エイが捕獲される」より。



10月には、アメリカ西海岸に次々とリュウグウノツカイが漂着したニュース。

orf-23.jpg

▲ 過去記事「カリフォルニアの海岸近くで体長 5.5メートルの巨大リュウグウノツカイが発見される」より。



などがありました。

今回のマレーシアの報道も写真と共に記録しておきます。




Mysterious creature washed up in Santubong
New Straits Times (マレーシア) 2013.12.28


謎の生物がサントウボンのビーチに打ち上げられる

正体不明の海の生き物の残骸が、マレーシアのサントウボンにあるパンタイ・パシール・パンダクで打ち上げが判明した。


santubong1.jpg



santubong2.jpg


生物はの長さは3メートル。

近所の漁師たちもこのような生き物は見たことがないと語る。

その後、警察に連絡されたが、現在、当局は、これがクジラなどの海洋生物の子どもや、あるいは分解した遺体かどうかなどの詳細についてはわからないという。





以上は「地球の記録」より

今は地球規模で地殻の変動が起きていますので、深海にすむ生物が出てきたものと思われます。                                         以上

« ウクライナ騒動で起きた事(その1) | トップページ | アンドロメダ銀河の周囲で起きている異変 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎の生き物がマレーシアのビーチに漂着:

« ウクライナ騒動で起きた事(その1) | トップページ | アンドロメダ銀河の周囲で起きている異変 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ