カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 2014年日中戦争勃発? | トップページ | 核使用で20億人飢餓の恐れ »

2014年1月 5日 (日)

驚くべきことに、このスペイン風邪も、じつはワクチンが原因だった

驚くべきことに、このスペイン風邪も、じつはワクチンが原因だったのです。   

      

<<                  作成日時 : 2013/12/29 14:29                  >>      

なるほど(納得、参考になった、ヘー)             ブログ気持玉 3 /             トラックバック 0 /       コメント 0

         

      
転載記事

https://www.facebook.com/satoru.utsumi?hc_location=stream

これまで、人類にとって知られている中で最も多くの死亡者数を出したインフルエンザは、1918年から19年にかけて世界中で大流行したスペイン風邪です。スペイン風邪といっても実際の発生源は、アメリカです。当時、各国は第一次大戦中でその流行を報じませんで した。そこで、当時中立国であったスペインが、その大流行の存在を報じたため、「スペイン風邪」と呼ばれるようになったといわれています。その犠牲者は、世界で4000 万人から5000万人と推定され、日本国内でも約40万人から50万人もの死亡者が出たといわれています。

驚くべきことに、このスペイン風邪も、じつはワクチンが原因だったのです。テレビや新聞のニュースでは一切報道されませんが、最近になってその原因の科学的な究明が進んでいます。そしてたくさん死んだのはアスピリンを飲んだからであり、すべてはマッチポンプとしてつながっています。

その結果、判明したのは、米軍内で接種されてきた腸チフスワクチンが体内で変異を起こして強力なパラチフス菌になり、それがインフルエンザの正体であることがわかったのです。そして、それが米軍内から発生していることを隠蔽するために今でもスペイン風邪と呼び続けています。このとき、インフルエンザにかかったのは、ほとんどがこのワクチンを接種された人達でした。

そして、最近話題になった豚インフルエンザですが、これは今から30年以上も前の1976年、同様に米軍基地内で突然発生しており、このときラムズフェルト国防長官が豚インフルエンザ・ワクチンを法的に全国民に強制接種しようと動きました。 政府は、テレビや新聞を通じて、国民にワクチン接種を受けるよう大々的な宣伝活動を展開し、その結果、指示に従った4600万人が接種を受けました。しかし、ワクチンが汚染されていたために4000人が神経麻痺などの深刻な健康被害に見舞われ、50人を超える死者が出たため、ワクチン接種は中止になりました。しかし実際には、政府がテレビや新聞で警告する大流行は現実には全く起きていませんでした。

あなたが知っている鳥インフルエンザももちろん似たようなものです♡

転載終了
以上は「中村 healthのブログ」より

最近はやりの鳥インフルエンザのワクチンも似たようなことになりそうです。ワクチン接種した人が最終的に犠牲になるようです。ちなみに小生は一切接種していません。それで一度も風邪を引いたことはありません。50年間引いていません。風邪をひかないコツがあります。                   以上

« 2014年日中戦争勃発? | トップページ | 核使用で20億人飢餓の恐れ »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2014年日中戦争勃発? | トップページ | 核使用で20億人飢餓の恐れ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ