カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 21世紀も「太陽が暗くなる時」を経験するのか? | トップページ | GHQ郵便検閲生々しく、再び「監視社会」へ! »

2014年1月 6日 (月)

インフルエンザ・ワクチンの常識:「劇薬・発がん性物質」「効かない」

インフルエンザ・ワクチンの常識>『劇薬・発がん性物質』『効かない』

★まったくと言っていいほど効かないのです。

 これはウイルスを学んだ者にとっては常識です。

 「打っておいたほうがいい」どころか害毒

★自然にインフルエンザに感染したほうが、

 ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られます。

 多くの人が知らず知らずインフルエンザにかかっているのです。

70. 2013年5月01日 09:44:11 : r1CE0m4Zow
放射能も怖いけどインフルエンザ・ワクチンも怖い

インフルエンザ・ワクチンの四つの嘘

1 「インフルエンザは死に至る病 だからワクチンが必要」の嘘

出典
危険なのはインフルエンザではなくワクチンだ

インフルエンザはかぜの一種です。「インフルエンザはかぜじゃない」というポスターは、インフルエンザ・ワクチンを打たせるための宣伝なのです。

2 「20~30パーセントは効く」の嘘

出典
危険なのはインフルエンザではなくワクチンだ

衛生研究所で確認した「やっぱりこのワクチンは効かない」

3 「ワクチンは重症化を防ぐ」の嘘

出典
危険なのはインフルエンザではなくワクチンだ

脳症とインフルエンザは別の病気です。脳症の原因はまだ明らかになっていません。厚生省では、1998年、研究班での調査では、ワクチン自体には脳症を防ぐ効果はない、との結果がはっきりでました。

4 「家族や他人にうつさないためにワクチンを」の嘘

出典
危険なのはインフルエンザではなくワクチンだ

結局、インフルエンザ・ワクチンで流行は阻止できないことがわかり、厚生省は1994年に集団接種をやめました。流行を阻止できないということは、すなわち、他人にうつしてしまうことは避けられないということです。

インフルエンザ・ワクチン、どうしてみんな打つのでしょう。

出典
インフルエンザ・ワクチンは効きません!  関係者には常識です - ∞いのちはつながっている∞ - Yahoo!ブログ

もちろん、効くと思っているからでしょう?

でも、まったくと言っていいほど効かないのです。
これはウイルスを学んだ者にとっては常識です。

「打っておいたほうがいい」どころか害毒

GettyImages
Photo by Jeffrey Hamilton / Lifesize

ワクチンは薬事法上の劇薬です

ワクチンや血液製剤など、ウイルスや生物の組織では知らないうちに活性化したりするなどいつなにが起こるかわかりません。汚染されている可能性もあります。ですから、自然に体に入ってしまうならしかたがないけれど、あえて、体に入れたいものではないということです。

ウイルスが活動しないように、不活性化するには、ホルマリンを使います。

ホルマリンはホルムアルデヒドという薬品の水溶液です。接着剤や防腐剤に使われる匂いのきつい薬品で、建築物などの素材の加工に使用されることが多く、揮発性の科学物質となって、俗にシックハウス症候群という、科学物質過敏症の原因ともなるものです。もちろん劇薬で、しかも発がん性物質でもあります。

インフルエンザ・ワクチンの副作用

インフルエンザ・ワクチンの副作用事故は今も起こっています

代表的なものとして
ワクチンに含まれている物質へのアレルギー反応
ギランバレー症候群
黄疸や肝機能障害
喘息発作を誘発

いらないものが多すぎる!!(インフルエンザワクチンの嘘)

出典
http://www.taoshiatsu.com/ja/%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8C%E5%A4%9A%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8B%EF%BC%81%EF%BC%81/

ワクチンを打てばインフルエンザに感染しないという話は、大間違いです!

そんな事は、まともな医師なら言わない事だし、あの悪名高き、厚生省でだって、WHOだって言ってませんよ。

「接種しておけば、感染しても悪化せず、軽く済む」という話、

聞いたことがありませんか?

実はこの話もかなり怪しいんです

何故なら、インフルエンザウィルスは、

人から人へ感染を繰り返すたびに、変異を繰り返し、

形や性質を変え続けています。

という事は、最初は「A型」のウィルスだったとしても、

感染の過程で、別な型のウィルスに変異している訳ですから、

たとえ限られた狭い地域の中であったとしても、

何種類もの型の違うウィルスが存在していることになりますから、

ワクチン開発の段階で標的とされた、

特定のタイプのウィルスにしか効かないワクチンが、

効いたというなら、ちょっとおかしいのです。医学的に。

GettyImages
Photo by Dynamic Graphics Group / Dynamic Graphics Group

インフルエンザ・ワクチンは効きません!

日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。

効かないということが。

効果がないので1994年には小中学生への集団接種も

中止されてしまったほどです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yume_kokoro_mirai/33174944.html

 


 

インフルエンザ・ワクチンは効きません!  関係者には常識です

http://blogs.yahoo.co.jp/yume_kokoro_mirai/33174944.html より

8.「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。

死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。
そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。
接種にはもっと慎重であるべきです。

9.効かないことを知っている医師も多いのですが、

患者離れが怖いから言えないのです。

10.インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。
皆さんも、マスコミやお友達の言うことを真に受けずに、

この本で真実を知ってください。


 本書には次のようなことも書かれています。

手洗い・うがいはじつはインフルエンザには効果がありません。

ウイルスはのどや鼻の粘膜についたとたんに感染してしまうからです。

対処法は日頃から健康に気をつけるだけ。


 
自然にインフルエンザに感染したほうが、

ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られます。

多くの人が知らず知らずインフルエンザにかかっているのです。

丈夫な体でいれば症状も軽くすみます。

インフルエンザは2,3日寝ていれば自然に治る「かぜの一種」にすぎません。

恐ろしい病気ではないのです。

インフルエンザにかかっても熱を下げてはいけません。

熱は体がウイルスと闘っている証です。

解熱剤タミフル脳症の原因と疑われています。

大人も打つのはやめましょう。

以上は「原発問題」より

小生はこの50年間一度もインフルエンザ・ワクチンを接種していません。その結果一度も風邪を引いたことがありません。                        以上

« 21世紀も「太陽が暗くなる時」を経験するのか? | トップページ | GHQ郵便検閲生々しく、再び「監視社会」へ! »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 21世紀も「太陽が暗くなる時」を経験するのか? | トップページ | GHQ郵便検閲生々しく、再び「監視社会」へ! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ