光軍の戦士達さんのサイトより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11734883120.html
<転載開始>

内部被爆で重症の人が助かる道に光が!

~アメリカ合衆国陸軍の放射線障害防止

対策を凌ぐものとは!


実は、記事の題名の通りのことが分かりつつあります。

ただ、今は公表するのは差し控えておきます。

それが整理出来たら、近い将来に記事にするつもりです。

恐らく、ものすごく重要な内容のものになるはずです。

今回は、それに関連して、予備知識として重要な項目を

整理するにとどめたいと思います。

皆さんは、以下の記事の内容を是非、記憶しておいて下さい。




アメリカ合衆国陸軍は、放射線障害防止に重曹を推奨

http://ameblo.jp/64152966/entry-11501651485.html ~より

一部引用

●海塩について:

あらゆる放射線被ばくを生き抜く秘訣は、海塩にあります。
あなたがもし、日本の原発事故による災害に直面しているか、
X線を受けた(病院や空港の検査)、あるいはガンの放射線治療
を受けた場合、海塩(ヨウ化した食卓塩ではないもの)入りの
お風呂に入り、体内に入った放射性物質を出しましょう。

●重曹について:

口腔ガンや咽喉ガンと診断された場合、
重曹を水に混ぜてうがいをすることで、
放射線を中和することが可能です。
重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。 

アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所の

ドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に

重曹を使用しました。
重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。
現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%の

ウラン除去に成功しました。 

●これだけでは信用できない、とお感じのあなたに:

では、もうひとつお知らせ。
アメリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に

重曹を推奨しています。

放射能は非常に有毒です。放射能暴露は、

たとえ微量であっても、有害です。
X線による被爆(病院と空港検査)または「放射線治療」と

呼ばれる全ての治療は、最も危険な放射能中毒の原因です。
X線と放射線ガン治療は、集中的で頻繁な被ばくとなるため、
放射性降下物よりも遥かに壊滅的です。

●お風呂や飲料水に重曹を:

放射性毒を体内から排出するためには、
お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。
毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、
そのお湯に浸かります。

海塩は放射能を体内から引っ張り出してくれるのです。

質の良い海塩を一つまみ、蒸留水に入れて、

毎日コップ数杯を飲みます。
これで、体内の放射性物質を除去するのに必要な
ミネラルと痕跡元素を補給できます。

●塩水が飲めないよ!などの場合:

アミノ酸のシステインが、電離(イオン化)放射線によって生成される
フリーラジカルを撃退して、身体への放射性物質の悪影響を防ぎます。
システイン、メチオニン、システィンと、その派生物は“硫化アミノ酸”
の仲間です。これらのアミノ酸は、炭素、水素、窒素と酸素に加えて、
硫黄を含んでいるため、上記の働きをします。


英語原文: http://presscore.ca/2011/?p=2211

以上、引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島・関東・東北の甲状腺異常・ガンへの予防と対処法

http://ameblo.jp/64152966/entry-11384255385.html

重曹で癌が治る可能性

http://taxi25ton.exblog.jp/17301623  

先日、心斎橋の歯医者に行ってきました。


全く保険の効かない歯医者ですが、歯のことならブラック・ジャック並
に何でもその日に治してしまうので20年来の行き付けの歯医者さんです。
ここの歯医者、博士号を持っており、癌の研究も熱心です。
最近はある患者さんの舌癌の治療を治し、肝臓がんの治療も
取り組んで治されました。
NHKやラジオ番組にたびたび登場する有名な歯医者さんです。
勿論、自分の悪性リンパ腫の事を言うと、びっくりされていたようで、
もっと早くここに来ていれば私が治してあげたのに~と、
おっしゃってくれました。
癌は、自宅で簡単に予防することが出来、しかも重曹で治ると聞きました。
その先生の話では殆どの癌は重曹で治るそうです。
余命数ヶ月といわれていた肺がんの患者さんは、この重曹で救われ
既に15年生きているとおっしゃってました。
自分は話半分で聞いておりましたが、敢えて抗癌剤は必要ない
ということでした。

何故抗癌剤が使われているのかというと、
医薬品が世界中で儲かるらしいからです。
現にその証拠資料や海外の資料まで沢山見せてくれました。
実際に全ての癌が重曹で治るというのを証明したイタリアの学者が
発見し発表したところ、暗殺され現在は軍に保護されているみたいです。

ほんとにこの重曹で癌が治るならあの抗がん剤はなんだったのでしょう。
抗がん剤は、体を痛め、高いお金を払い、寿命を縮め寸前の病気が
治ったとしても、可能性として抗がん剤を打ったが為に、癌リスクが
更に上がってしまい、更に癌のリスクを高めてしまう。
取り敢えず、この重曹でうがいを行い、

そして、20%薄めて少量飲ことを薦められました。

私が薦められたうがいの方法は、
小さじのスプーン一杯に、
ヤクルト1本分の量ほどの水で薄める事です。

かなり塩味の効いた味がしますが、
やるのとやらないとの差はかなり違います。
やっていると、鼻の奥の痰のようなものが時間と共に出てきて
鼻が気持ちよくなります。
興味のある方は一度試してはいかかでしょうか?

--------------- 以上、引用終わり -------------
$wantonのブログ

オリビアさんのブログより

【やはり重曹の効果絶大】
http://ameblo.jp/olivia0305/entry-11498264240.html

口内炎の重曹治療初めて2日でだいたい治りました♪
粘膜はほとんど補修完了(^_-)☆

これくらい大きく潰瘍状態になってしまうと、なかなか治りづらいですが、
今回は早く治りました~(^^ゞ

やはり、重曹恐るべし。
あなどれない、白い粉(笑)

管理人
このまま終わったのでは、消化不良になりますので、
ヒントのようなものを書いておきます。
やはり、放射能による内部被爆が酷い人は、
徹底的に体外に排出するのが一番です。
その為の大きな一つの手段が点滴です。
点滴を継続して、数週間以上続けて行く。
悪いものは、どんどんおしっことなって出て行く訳
ですが、それだけでも大きな効果があると考えられます。
ただ、それだけでは、もちろん不十分で、その点滴の中に、
何を処方するかという点が非常に重要になって来ます
点滴は血液を浄化する意味を持ちます。
血液は、血管を通して全身にくまなく流れています。
放射能の超微粒子が全身に回っているとしたら、
血液を通して浄化する以外には方法がありません。
その血液の中に、放射能を吸着する成分が含まれて
いたとしたら・・・
或いは、放射能の毒性を消す成分が含まれていたとしたら・・・
内部被爆で苦しんでいる人の身体は、劇的に改善されて
いくはずなのです。
無論、長期に渡って点滴を続ける必要があるでしょう。
ところが、既に、それに近いようなことを既に行なっている
病院があるらしい。
しかし、残念なことに、そういった医院は、ほんの数軒だけで
2ヶ月待ちといった状況らしいです。
人の命を救う道は、今の所、これしか思いつきません。
中途半端なことは、何をやっても駄目のような気がします。
やるからには、徹底的にやるって覚悟が必要でしょう。
血液を浄化しつつ、放射能を徐々に排出していく。
そして、放射能の毒性を弱めて行く。
さて、皆さんは如何思われたでしょうか。
最大のヒントは、点滴にあります。
今回は、これくらいで終わりにしておきます。
関連記事
ゼオライトの主成分・珪素を水溶性にして飲むと
    血管や体内から放射能を除去してくれる!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11591003360.html
<転載終了>