カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 動物性の栄養素はガンを促進する!? | トップページ | ホワイトハウスに寄せられた請願書の多くが無視されている »

2014年1月25日 (土)

チエルノブイリ訪問記 ①

チェルノブイリ報告記①

ウクライナのキエフの郊外にある、被災者の町を訪問した。
デスニアンスキー地区にある町である。
1986年4月26日、チェルノブイリ原発が爆発し、その年の8月、被災者をこの地に受け入れた。

4号炉が事故を起こした後、当時の政府は1号炉、2号炉、3号炉を稼働させた。
プリピャチにいた原発労働者らは、この町に住むことになった。
原発で2週間働き、100キロほど離れたキエフで2週間、休むという変則勤務制をとった。
そうすることで被曝量を軽減しながら、生活の保障をした。

Dsc08065001 被災者の町にある27年前につくれられたアパート群

被災者を支援する市民団体「ゼムリヤキ」の人たちと話すことができた。
彼らは、福島の人たちに同情している。
「原発事故から2年9か月たっても、まだ新しい住宅に住めていないのは精神的に大変だろう」と。
その通りである。
仮設住宅に住むのと、定住する住宅に住むのでは、まるで違う。

この町でも、アルコール依存症になった人や、数は少ないが、自殺をした人もいた。
ふるさとを失い、大好きだった家や家具を失った心の傷は深かったという。

それでも、被災した仲間の存在に、どれほど救われたか--。
このまちでの仲間との生活がなかったら、自分たちは乗り越えられなかったのではないだろうか、と話してくれた。

Dsc08051001
Dsc08036001 原発被災者を支援する団体ゼムリヤキの人たち

地域の健康づくり運動での経験からぼくは、健康で長生きの生活には、「生きがい」を持ち続けることと、「人と人とのつながり」が大事であると感じている。
被災者を救援する場合も、この2つは大事なポイントだと思う。
そのことを忘れて、お金で解決しようとしてもうまくいかない。
コンクリートの町さえできれば、町が復興すると思わないほうがいい。

ゼムリヤキの人々の話は、東日本の復興を考えるうえで大きなヒントになる。
キーワードは、「生きがい」と「人と人とのつながり」だ。

|

« つや姫 | トップページ | チェルノブイリ訪問記② »

「旅行・地域」カテゴリの記事

 

以上は「かまたみのる氏」ブログより

福島原発も同じようなことになります。より酷いものとなりそうです。    以上

« 動物性の栄養素はガンを促進する!? | トップページ | ホワイトハウスに寄せられた請願書の多くが無視されている »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チエルノブイリ訪問記 ①:

« 動物性の栄養素はガンを促進する!? | トップページ | ホワイトハウスに寄せられた請願書の多くが無視されている »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ