カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「神の数学」の考えてほしい問題 | トップページ | 原発ゼロは世界の潮流、世界も小沢氏を支持 »

2014年2月 5日 (水)

福島県、郡山市、中学2年生の女子が急性白血病で亡くなった

福島県郡山市、中学2年生の女子が急性白血病で亡くなった。

訃報を知った子供達はマスクをつけ始めた

郡山市の女子中学生が急性白血病で亡くなった
http://niwayamayuki.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-b733.html より
2013年4月16日 (火) 前桐生市議会議員・にわやま由紀のブログ

『先月(3月)、

福島県郡山市の中学2年生の女子が

急性白血病でなくなりました。

訃報を知った子どもたちはマスクをし始めたそうです』

【ふくしま集団疎開裁判のブログより】

http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2013/04/blog-post_3787.html

自分の息子と同じ年の女の子が、急性白血病で亡くなったというこのニュースに、熱い鉛の塊を飲み込むような思いだ。

郡山市教育委員会は、昨年11月に

暫定基準値を上回る新米がでたにもかかわらず、

地産地消で新米を食べさせ続け、

学校敷地内には測定不能になるような

ホットスポットがあるのがわかっていながら、

屋外活動制限を解除したそうですね。

教育委員会の、この、対応にもハラワタ煮えくり返りますが・・・

「子どもがだるくて学校へ行っても保健室にいる」

「5ミリ以下のしこりがある」

「A2判定」という体調悪化、診断が出てきて、

「死んだっていい」などど中学生が口走るような環境に、

子どもを置いておくことが、私には理解できません。

(転載おわり)

 


 

【注意】白血病の初期症状がインフルエンザの症状に酷似 

【1週間で約2倍…インフルエンザ患者急増140万人に(福島県がワースト1位)】

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/3f0e2f13e0c68e9ca4e04eeebf46412d

 

【自然放射線も含めて年約1msv地域に住む全ての人々に健康被害が生じる】

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n147816 からの情報
tamikotea2さん 2013/1/19

チェルノブイリの避難区域の設定

【チェルノブイリの長い影~チェルノブイリ核事故後の健康被害】

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/cherno10.pdf/$File/cherno10.pdf
で真のチェルノブイリの現実を学んでください。

特に、年間0.5ミリシーベルトのチェルノブイリでの
位置づけを再確認することです。

【放射線管理区域の10分の1(3700Bq/㎡)がデッドゾーン】
(A・ヤブロコフ博士)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n139257
にも記載しましたが、
チェルノブイリ専門家も総じて、
「3000Bq/㎡」(⇒50Bq/kgに相当)の土壌汚染
が、究極的には生死にかかわる健康被害の
大きな分岐点と指摘しています。

(ゴルバチョフ政権時の科学顧問)
【アレクセイ・ヤブロコフ博士「チェルノブイリの教訓」 】
(2012年12月15日〜16日 東商ホール、日比谷公園)
http://www.youtube.com/watch?v=17IoMbk6lVw&feature=youtu.be

特に、冒頭&最後の方でアレクセイ・ヤブロコフ博士
はチェルノブイリでも、空間線量に換算して、どれくらいの
数値から危険だと指摘していますか?

少なくとも、

自然放射線と併せても、
1キュリー/km2=3万7000ベクレル/㎡
⇒空間線量に換算すると、自然放射線も含めて、
年約1ミリシーベルト


の危険性をしっかり力説しているのでは?

アレクセイ・ヤブロコフ博士:

「偽りのないデータというのは、
1キュリー/km2
〔⇒空間線量に換算すると、自然放射線も含めて、
年約1ミリシーベルト〕に住むすべての人々に
なんらかの健康被害が出ていることです。」


【「年1ミリシーベルト」で避難の権利~チェルノブイリ法 】
http://www.youtube.com/watch?v=fYJnvX3C2Cg

 

【20120520 【東京講演会】「チェルノブイリ法」への道のり:その成果と課題】
http://www.youtube.com/watch?v=BxsPOnnKqUA

チェルノブイリ法の立法趣旨をしっかり学ぶべきかと。

「自然放射線と併せても、
年約1ミリシーベルト地域
に住むすべての人々に
なんらかの健康被害が出ている」
というのが偽りのない疫学データ

と(ゴルバチョフ政権時の科学顧問)
現ロシア科学アカデミー協会のトップ
アレクセイ・ヤブロコフ博士が断言している

毎日10Bqを取得した場合の全身放射能(ベクレル)

 

 
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
チェルノブ 急性白血病 自然放射線 シーベルト ゴルバチョフ 教育委員会 東商ホール 日比谷公園 ロシア科学アカデミー

以上は「原発問題」より

今やいろいろな病気が出てきています。健康被害は今後急増するものとなります。以上

« 「神の数学」の考えてほしい問題 | トップページ | 原発ゼロは世界の潮流、世界も小沢氏を支持 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県、郡山市、中学2年生の女子が急性白血病で亡くなった:

« 「神の数学」の考えてほしい問題 | トップページ | 原発ゼロは世界の潮流、世界も小沢氏を支持 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ