カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 妙に気になる皇室の動き | トップページ | 日米安保維持論、米世論で急減   1/2 »

2014年2月15日 (土)

「黙示録的」で「モンスター級」の嵐が押し寄せる2014年のイギリスの冬

2014年02月08日


「黙示録的」で「モンスター級」の嵐が繰り返し押し寄せる 2014年のイギリスの冬


uk-the-biggest-wave-01.gif

▲ 2014年2月6日の英国エクスプレスより。



英国に、昨年から続く悪天候の「頂点」が訪れようとしている感があります。

スーパーストームがやってくるということで上のような見出しの記事が多く並んでいるのですが、しかし、英国ではずっと悪天候が続いていて、上に「 23メートルの波」とありますけれど、すでに、ウェールズ地方などでは、下のように今年、何度もこのような大波を経験しています。

wave-wales-01.jpg

エクスプレスより。

どうでもいいですけれど、上の人たちは、のんびり見学とかしている場合ではないですね。


いくつかの英国沿岸部では、下のように、波によって、沿岸の道路や建物が破壊されています。

devon-01.jpg

▲ 2014年2月5日の magicseaweed より。



すでにこんな状態がしばらく続いている英国に、「さらに大きな嵐がやってくる」というのが、トップに貼った記事の内容なのです。

なんというか、こう・・・最近のヨーロッパの気候はまさに「黙示録の世界」というような言い方もできなくもなさそうです。

実際に、下のような報道のタイトルもあります。

d-von-get-the-tables.gif

▲ 2014年1月30日のノース・ディーヴォン・ジャーナルより。


上のは今から1週間ほど前の 1月 30日の記事で、また今週やって来るのです。こういう「この世の終わりのような嵐」が毎週のように直撃しているのが現在の英国なのでありました。



今度の嵐が「来る前」の悪天候の写真を何枚か貼っておきます。
その次の嵐はさらに勢力が強いスーパーストームなのだそうです。


uk1.jpg

▲ 2014年2月5日の magicseaweed より。



uk2.jpg

▲ 2014年2月6日のエクスプレスより。



uk7.jpg

▲ 2014年2月6日のエクスプレスより。




以上は「地球の記録」より

この程度で収まっているのはまだ良いのです。人間の生死を分ける酷い事態になる方向にあります。今からその覚悟は必要です。多分我々が生きている時期に起きるものと思われます。できれば起きてほしくはありません。                以上

« 妙に気になる皇室の動き | トップページ | 日米安保維持論、米世論で急減   1/2 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 妙に気になる皇室の動き | トップページ | 日米安保維持論、米世論で急減   1/2 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ