カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 悪魔のロックフェラーに旭日大綬賞を送る | トップページ | イルミナテイ教団:その起源や世界への影響(2/3) »

2014年2月23日 (日)

気候変動は「大量破壊兵器」

大雪の影響がまだ残る日本列島ですが、18日~20日にかけても「南岸低気圧」
がやって来るとの予報が出ています。今の地球では何処にも安全と言い切れる
場所はないようですので、油断せずに備蓄、防災対策を心掛けてください。

さて、以下の二つのニュースは海外報道で16日には知っていましたが、やっと
日本語訳が出ましたのでお伝えいたします。日本のメディアで報じられるかどう
かは疑問です。以前からオバマ大統領が気候変動について発言しておりました
が、今後経済危機が起これば、多分ですが、米国は食糧等の輸出を制限し、引
き込もるものと思われます。日本の政治家たちは地球規模の気候変動をどれ位
認識しているものか・・?甚だ疑問です。( ;∀;)

 

「厳しい冬」、ジェット気流の変化が原因か 米研究

北極地方の気温上昇は、高高度の寒帯ジェット気流のパターンに恒久的に影響
を及ぼしており、その結果、北米と北欧に平年より長くて寒い冬が訪れているとの
米国の科学者らによる研究報告が15日、米国科学振興協会(AAAS)の年次会
合で発表された。

北半球の高高度を高速で西から東に向けて流れている帯状の風であるジェット
気流は、冷たい北極気団が南からの暖かい空気と衝突する際に形成される。
衝突する空気の温度差が大きいほど、ジェット気流の流れは速くなる。

米ラトガース大学の気候専門家、ジェニファー・フランシス氏によると、ここ数年は
極氷冠の融解の結果として北極気団の温度が上昇しており、その結果、北極気
団が低緯度地帯からの空気と衝突する際の温度差が小さくなっているという。

同氏は「この20年間でジェット気流は弱くなっている。これは測定で示されている」
と指摘する。その結果ジェット気流は、極北では円を描くように地球を周回するの
ではなく、本流からそれた川のように曲がりくねって流れ始めている。

この蛇行した流れによって、凍るような極寒の気候が通常より南の地域に広がっ
たり、気温の上昇が通常より北の地域にもたらされたりして、そして最も憂慮すべ
きことは、この傾向が各地域で長期にわたって続くことだろう。

農業に大きな影響

今年の冬、米国では特に中西部と南部の州で著しい低気温に見舞われている一
方で、アラスカ(Alaska)州などの極北地域では異常な暖冬となっている。
このことは「気候のパターンが変化していること」を示唆しているとフランシス氏は
言う。「同様の事態がさらに続くことが予測され、発生頻度も増加することが予測
される」

米国海洋大気庁(NOAA)の気候専門家、ジェームズ・オーバーランド氏によると、
北極の気温は「地球の他の地域の2倍から3倍速いペースで」上昇しているという。
ただフランシス氏は、こうした変化が人為的な原因で起きているとするのは時期尚
早だとし、「さらに多くのデータを蓄積することで、気候変動の影響が見えてくるだろ
う」と述べた。

米国立雪氷データセンター(NSIDC)のマーク・セリーズ所長は、北極の気温の上昇
は極氷冠の融解に直接的に関連していると指摘する。同所長は、AAASの会合で「
海氷は、海洋とそれより冷たい大気とを分離する『ふた』として機能している」と語った。
だがこのふたが取り除かれたら、海水に閉じ込められていた暖気が大気中に放出され
ることになる。

この「温暖化」の傾向とジェット気流の変化は、特に農場が多数存在する米国の中緯
度地域で、農業に悲惨な影響をもたらすことが予想される。
セリーズ所長は「今後は、
極北地方で進行中の事態に関連している可能性のある、降水量と気温のパターン
における変化が確認されることになる」と説明した。(2.17 AFP)

 

気候変動は「大量破壊兵器」、米国務長官が各国に対策呼びかけ

ケリー米国務長官は16日、訪問先のインドネシアで、気候変動が「大量破壊兵
器」だと述べ、生活様式を破壊する懸念があると警告。各国が対策に取り組む必
要があると強調した。

ケリー長官はジャカルタの商業施設内にある文化センターで学生を前に講演し、
「インドネシアが世界で最も気候変動の影響を受けている国の一つであることは
明らかだ」と指摘。「生活様式が危険にさらされていると言っても過言ではない」
と述べた。

その上で大量破壊兵器について言及し、米国が自国の核兵器の管理に万全を
期すとしても、核兵器が武装勢力に渡ることを他国が防げなければ安全ではない、
と述べた。「気候変動も同様だ」とし、「最も恐ろしい大量破壊兵器の可能性もある」
と語った。
(2.17 ロイター抜粋)


関連記事
以上は「MUのブログ」より

現在地球上を襲っている異常気象はただ事ではないことに少しづつ気が付くようになってきているようです。ただ事ではないことはその通りです。今の人類始まって以来の「地球大異変」なのですから当然です。しかしこの「地球大異変」についての認識がまだまだ理解されていないように思われます。特に日本はいまだ鎖国の状況です。今地球を襲っている現象は宇宙からの影響が大なのです。視野の狭い安倍政権ではどうにもこうにもなりません。超豪華な天麩羅をごちそうになりいい気になっている御仁です。外では宇宙規模の大異変が起きつつあることには微塵も気が付きません。そういう国民は哀れです。選んだのは哀れな国民自身です。自業自得とはこのようなことなのです。  以上

« 悪魔のロックフェラーに旭日大綬賞を送る | トップページ | イルミナテイ教団:その起源や世界への影響(2/3) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気候変動は「大量破壊兵器」:

« 悪魔のロックフェラーに旭日大綬賞を送る | トップページ | イルミナテイ教団:その起源や世界への影響(2/3) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ