最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« セシウム検査で判明した子供の体内被曝の深刻度  10/10 | トップページ | 日本でも既に放射能による脳障害の兆候が出ている? »

2014年2月10日 (月)

「神の数学」 超々科学

上記題等は現代科学(物理学)が悩みに悩み、実証不能に喘いでいるものである。しかし『神の数学』を用いれば数は簡単に答えを引き出してくれる、しかも中学生並みの頭脳があれば誰にでも簡単に検証可能なものである。『神の数学』においては「宇宙次元の縮小モデル」になる「ある数表」を用いて多くの宇宙次元を描き、そこから答えを見出す、すなわち、それらすべてに該当する「数の走り」を見出し、それを読むのである、そのような誰にでも出来る甚だ簡単な自然手法を用いて答を見出す不思議な手法をとっているのである。
学者達が駄目なら我々の手で『神のパルス』を解いてみようではないか、少しの直観と洞察力、そして熱意、それがあれば十分である。とにかく、一筋縄ではいかぬ内容は目に見えている、すべては現代科学、哲学上の知識より遥か上にある『宇宙知』の真実であり、それを見出す事を行っているのである。しかし、今までの道筋はまだ序の口であり、現代科学と共論共証できるものではある。この後は、今までに見出した知を武器に次は『神の数学』の本丸である『神の方陣』を攻略し、その秘密を解き明かさなければならない大変な仕事が待っているのである。そこはもはや現代科学はタッチできない未踏、未知の世界であり、神の守域、神の牙城と言うべき領域であり、数の扱いにおいても、今までの四則計算はまったく役にたたないのである。それは易しい、だけど難である。しかし大変面白いものである。

① 「『相対性原理』(陰(あの世)と陽(この世)は反比例の原理でつながっている)」   (参照、全講座)
② 「『フラクタル理論』(今の科学では証明不能であるが、現実の自然原理である」   【超数学(6)、(8)、(9)】
③ 「『量子理論』(まさに色即是空そのものである)」     【超数学(9)宇宙次元表原図(№3、上下)(№4)】
④ 「『宇宙次元(時空)の本質は0である』(すべては0であるから現象として現れているのである)」
⑤ 「『超ひも理論』(実の世界と影の世界の存在)」      【詳細は「真理講座(9)、「超物理(10)」参照】
⑥ 「『宇宙創成の真実』(まづ意識が現れ、それがこの物理的世界を創ったのである)」     【超物理(1)参照】
⑦ 「原子におおける電子の運動図と宇宙次元のおけるエネルギーの作用運動図はどういう訳か同一基盤を有している」
    【詳細は『神の方陣』講座(2)(3)参照】
⑧ 「1次元、2次元、3次元~無限次元まで、どうやら重なった階層的宇宙次元構造が真実の姿である」
    【詳細は『神の方陣』中級講座(4)(5)(9)参照】
◎ まだまだその他多数あり?

超々科学

『超々科学』、それは人間の考え出した科学概念、その手法にあらずして、宇宙意識(神)がもっている宇宙自然の作用、仕組み、いわば「自然のもつ真のパラダイム(枠組み)」とそこにある「真の法則」を解き明かすものである。そのすべては『数』により語られ、『数』により答えが導き出されている真実物理象であると同時に数学的な概念を持つ自然知的な形態である。 またそれは「現代科学」とはまったく異なる図形、図象性を基軸にもち、それらにより自然真理が自然的に開示される姿を持つものであり、またそれはいみじくも「現代科学」とは別系的な位置にある一つの科学数理体系とも言うべきものである。
 それはいわば「現代数学」におけるトポロジ-と呼ばれる分野、すなわち数学手法により『見えない世界』、『量子的意識世界』、『宇宙普遍の数学世界』を探索、そして解明しょうとするものに大変似ているものであり、まさに自然の本質に迫らんとするものである。それは現代人の持つ文明に警鐘を打ち鳴らし、本来のあるべき自然パラダイム的な考え方に還ることを進言するものである。またこれは、この二十世紀末に日本に現れ出た「救世の叡智」とも言うべきものであり、世界万民に伝えなければならない「自然の心」でもある。くすしくもそれは久しく『古神道』の中に密かに封じられ、息づいていた超古代の日本民族が所有していた一つの「知の体系」であり、まさに「カタカムナ超古代文明」の超知と同一的な轍を持つものである。また同時にして古代日本に存在した驚くべき『宇宙の数理』の姿そのものであったのである。 その恐るべき内容については最後にある『神の数学の証言例』(1)を検証することにより、十分にお分かりになるはずである。 

これらの『超々科学』は『古神道』にある祝詞を母体として導き出されものであり、いわば、世界に誇るべき『日本の知宝』とも言うべきものでもある。またそれは同時に「古神道の中には『人類屈指の叡知』がある、「古神道は現代物理を先取りし、更にすすんでいる」、「古代日本人の思想は実に不思議である、三千年前になぜ彼等はあのような物理的世界観を整然とした幾何的構図の中に収めることが出来たのか」などと先人達が時代を通して喝破し, 驚嘆していたていたものであり、その先見眼の正しさを証明するものであもる。
そこにある『超々科学』の内容は次の通りである。貴方の鋭い直感と洞察力をもって追及照査の上、十分な検証をお願いしたい。
すべては日本発の超々学問であり、「古の知」の発現でもある。(心がうきうきするほど楽しく、感激するものである)

『神の数学』は「超科学」ではなく、『超々科学』であり、人類に与えられた救世の「数の理」である。

上記題等は現代科学(物理学)が悩みに悩み、実証不能に喘いでいるものである。しかし『神の数学』を用いれば数は簡単に答えを引き出してくれる、しかも中学生並みの頭脳があれば誰にでも簡単に検証可能なものである。『神の数学』においては「宇宙次元の縮小モデル」になる「ある数表」を用いて多くの宇宙次元を描き、そこから答えを見出す、すなわち、それらすべてに該当する「数の走り」を見出し、それを読むのである、そのような誰にでも出来る甚だ簡単な自然手法を用いて答を見出す不思議な手法をとっているのである。
学者達が駄目なら我々の手で『神のパルス』を解いてみようではないか、少しの直観と洞察力、そして熱意、それがあれば十分である。とにかく、一筋縄ではいかぬ内容は目に見えている、すべては現代科学、哲学上の知識より遥か上にある『宇宙知』の真実であり、それを見出す事を行っているのである。しかし、今までの道筋はまだ序の口であり、現代科学と共論共証できるものではある。この後は、今までに見出した知を武器に次は『神の数学』の本丸である『神の方陣』を攻略し、その秘密を解き明かさなければならない大変な仕事が待っているのである。そこはもはや現代科学はタッチできない未踏、未知の世界であり、神の守域、神の牙城と言うべき領域であり、数の扱いにおいても、今までの四則計算はまったく役にたたないのである。それは易しい、だけど難である。しかし大変面白いものである。

以上は「佐藤敏夫氏」ブログより

① 「『相対性原理』(陰(あの世)と陽(この世)は反比例の原理でつながっている)」   (参照、全講座)
② 「『フラクタル理論』(今の科学では証明不能であるが、現実の自然原理である」   【超数学(6)、(8)、(9)】
③ 「『量子理論』(まさに色即是空そのものである)」     【超数学(9)宇宙次元表原図(№3、上下)(№4)】
④ 「『宇宙次元(時空)の本質は0である』(すべては0であるから現象として現れているのである)」
⑤ 「『超ひも理論』(実の世界と影の世界の存在)」      【詳細は「真理講座(9)、「超物理(10)」参照】
⑥ 「『宇宙創成の真実』(まづ意識が現れ、それがこの物理的世界を創ったのである)」     【超物理(1)参照】
⑦ 「原子におおける電子の運動図と宇宙次元のおけるエネルギーの作用運動図はどういう訳か同一基盤を有している」
    【詳細は『神の方陣』講座(2)(3)参照】
⑧ 「1次元、2次元、3次元~無限次元まで、どうやら重なった階層的宇宙次元構造が真実の姿である」
    【詳細は『神の方陣』中級講座(4)(5)(9)参照】
◎ まだまだその他多数あり?

« セシウム検査で判明した子供の体内被曝の深刻度  10/10 | トップページ | 日本でも既に放射能による脳障害の兆候が出ている? »

思想・哲学_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「神の数学」 超々科学:

« セシウム検査で判明した子供の体内被曝の深刻度  10/10 | トップページ | 日本でも既に放射能による脳障害の兆候が出ている? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ