昨年2月15日にロシアのチェリャビンスクに巨大な隕石が爆発しながら落下しましたが、それ以降、アメリカを中心に様々なところに隕石が落下していると報道されています。
そして今回、イギリス北部で目撃された巨大な火の玉隕石は上空で爆発したあと粉々になって落下したもようです。これまでにないほど巨大な隕石だったようでビデオ投稿者も驚きを隠せません。しかも昨年ロシアに隕石が落ちた日と1日の差で落ちたもようです。
こんな巨大な隕石が大都市の上空で爆発炎上し破片が繁華街や住宅密集地に落ちたらたまりません。今回は少なくとも田舎に落ちたのでよかったと思います。

http://beforeitsnews.com/space/2014/02/meteor-strike-over-england-huge-daytime-fireball-brighter-than-the-sun-lights-up-england-skies-2475560.html
(概要)
2月17日付け:
真昼間に、太陽よりも明るく輝く巨大な火の玉(隕石)が、イギリス北部の上空で爆発しました。昨年2月15日にロシアに巨大な隕石が落下してから、いくつもの火の玉(隕石)が爆発しながら地上に落下しています。
これは、昨年、ロシアに隕石が落下した日と同じか翌日の16日に起きた可能性があります。

         以上は「日本や世界や宇宙の動向」より
このような隕石は今後ますます増えることになります。そのような宇宙の領域に地球が突入しつつあるからです。大きな惑星が突入したら人類の終わりです。しかしその可能性は
大変大きいのです。運次第なのです。                  以上