カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 2014年の予測 | トップページ | 竹中平蔵のアンダーコントロール »

2014年2月24日 (月)

鳥インフレ 当局また隠蔽か

      
印刷版   

2013年4月、H7N9型ウイルスに感染し、治癒し退院まじかの患者、安徽省の病院で (STR/AFP/Getty Images)

鳥インフル 当局また隠蔽か 市民ら証言

         

【大紀元日本2月13日】中国での鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者数は、当局が発表している数字を上回るとの情報が大紀元に寄せられている。感染が爆発的に増えた場合に備え、軍隊の対応態勢も整えているという。

 中国当局の12日の発表によると、今年に入ってからの感染者は、香港で確認された2人を含め196人で、うち39人が死亡した。一方、民間では実際の感染者数はこれを超えるとの声が根強い。

 大紀元に情報を寄せた北京市民の牛さんは、親戚が北京広安門病院に勤めている。この親戚の話によれば、同病院はH7N9ウイルス感染の患者を衛生当局に報告しなかった。「報告しないばかりか、外来担当の医師は怒られ『早くほかの病院に移せ』と指示された。後にH7N9の感染が確認され、救急車で感染症指定病院に移送された」。この患者は北京市が発表した2件の感染例に含まれていないという。

 牛さんが提供した情報によると、北京の一般病院でH7N9型ウイルスの感染が確認された患者は皆、感染症指定医療機関に送られ、一元的に管理されている。一般病院は衛生当局に報告せず、指定病院のみが当局に報告しているという。数字の操作が行いやすい仕組みとなっている。

 「2003年SARS(新型肺炎)が流行した時も同様に一般病院は報告せず、患者は感染症指定病院に移送された」。牛さんは今回の鳥インフルエンザの流行もSARSと似ているとの見方を示し、流行がさらに広がる場合に備え、当時と同様に「北京では軍隊も態勢を整えている」と太子党の友人の話として証言した。

 上海市浦東区にある病院の医師も、ウイルス検査に3000元(約5万円)が必要なので、多くの患者は負担できず検査をしていないと話している。「確認された感染者数は正確ではない」とし、北京市の牛さんが提供した情報同様、一般病院は報告しないよう上海の衛生当局から通達があった事を明かした。

 沈さんは、「人から人への限定的で非持続的な感染」が確認された浙江省に在住しているが同省杭州市簫山区で2件の家庭に感染があったと大紀元に証言した。しかし、当局は1件家族3人の感染しか報じておらず、もう1件の家庭の感染は認めていないという。沈さんは「市民らはみな、人から人への感染を恐れている」と話した。

(翻訳編集・張凛音)


(14/02/13 17:34) ソーシャルブックマーク:    twitterでつぶやき    はてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録  livedoorクリップに登録  Buzzurlに登録  del.icio.usに登録 


■キーワード
鳥インフル  インフルエンザ  H7N9  隠蔽 


■関連文章
  • 鳥インフル 浙江省で「人から人へ」 年明けから12人死亡(14/01/28)
  • 中国衛生当局、H7N9の人・人感染の可能性を「排除できない」(14/01/27)
  • 上海の医師が鳥インフルで死亡 感染相次ぎ ヒトからヒトへの懸念(14/01/21)
  • 4日間に3人 広東省で鳥インフル感染が相次ぐ(13/12/19)
  • H7N9型鳥インフル、香港で初の感染者を確認(13/12/03)
  • 北京市で2人目の鳥インフル感染者 全国61人死者13人(13/04/15)
  • 鳥インフル、毎年発生も報道されず 獣医師「今回は遺伝子変異でヒト感染」(13/04/10)
  • 鳥インフルで3人目の死者 ユーザーら、政府情報に疑いの目(13/04/04)
  • 鳥インフル 長江デルタに集中 感染源と感染者数が錯綜(13/04/03)
  • 上海の鳥インフルH7N9型 南京でも感染例(13/04/02)
  • 鶏肉から抗生物質 仕入れ先に北京吉野家も(12/12/26)
  • 鳥インフルエンザ発生 鶏15万羽を処分=新疆(12/07/04)
  • 公開が危険とされる鳥インフルの論文を発表=英ネイチャー誌(12/05/08)
  • SARS再来か 中国で飛び交う感染情報(12/02/24)
  • 鳥インフルエンザで2人目の死者  懸念されるウィルス変異(12/01/24)
  • 以上は「大紀元 日本」より
  • 鳥インフレ事態がそもそも細菌戦争のために開発されたもので困ったことです。このような悪事を働く連中を取り締まる組織が現在の国連などにはないのでなくならない事件です。以上

       
    トピックス
    中立装うも背後に北京 香港メディアの悲哀
    特別報道: 「610弁公室」トップが失脚 江沢民一派の裁きは間近
    欧州議会 中国「臓器狩り」停止求める決議を可決
    ドラマさながらの周永康事件 汚職 政変 暗殺 習氏の「背中の負傷」も関与か
    中国大手ポータルサイト「周永康氏を拘束」 政変に言及


    神韻芸術団 世界ツアー
    【神韻日本公演】会社代表取締役「もっと広く知られてほしい」
    【神韻日本公演】病院長「今まで感じたことのない感動」
    【神韻日本公演】著名雑誌編集委員「中国史ちりばめた演目が面白い」
    【神韻日本公演】ついに開幕 光と希望のステージ「皆きれい。心が洗われる」
    神韻芸術団 日本到着 専属日本人指揮者「最高の音楽を」
    【神韻ブログ】二胡の妙 心惹かれる音楽
    日本人が神韻を見る意義
    スパイダーマン製作者「ダンスは美しい。インスピレーションを受けた」
    特 集  More...
    天安門 車両炎上事件
    河北省300人陳情
    盲人弁護士陳光誠の脱出
    2012両会観察
    重慶亡命騒ぎ
    烏坎村の大規模デモ
    中国環境問題
    金正日死亡
    中国高速鉄道事故
    東日本大地震
    中東アフリカ民主化運動と中国
    神韻芸術団 世界ツアー   
    ウィキリークス
    グーグルvs中国
    中国の旧正月
    江沢民起訴案件
    ベルリン壁崩壊20年
    九評及び中共脱退 

     

    « 2014年の予測 | トップページ | 竹中平蔵のアンダーコントロール »

    健康」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフレ 当局また隠蔽か:

    « 2014年の予測 | トップページ | 竹中平蔵のアンダーコントロール »

    2020年9月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      

    -天気予報コム-

    ウェブページ

    無料ブログはココログ