カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 3.11後、岡山が移住先ナンバーワンに選ばれた理由 | トップページ | 脱原発一本化を拒否した共産党とは! »

2014年2月 4日 (火)

放射能による脳障害、日本でも既にその兆候が

放射能による脳障害,日本でも既にその兆候が

            
 

読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年末に引き続いて原発問題の現状を扱いたいと思います。
2011年3月11日の東日本大震災、そして津波による福島第一原発事故から3年目。メディアの変更報道、隠蔽報道によって、刻一刻と深刻化している状況すら捨象してしまうムードが形成されつつあります。

しかし、新しい年に踏み出すに当たって、私たちは自らを取り巻く現状を、先ずは正確に押さえ、その対処と今後の日本の針路を考えていく必要があると思います。

今回は放射能による脳障害について扱いたいと思います。

     にほんブログ村 環境ブログへ                                             

2012年から2013年に掛けて、以下のような事例が報告されています。

宮城県の学生の間で「脳の一部分が萎縮」する病変が発生している
ボランティアや震災情報に接することの多い仙台での生活で不眠やフラッシュバックなどPTSD様の症状があった約2割の学生に、恐怖や不安などを伴う記憶を消去する機能がある左眼窩(がんか)前頭皮質が震災前より減少している傾向が確認された。同グループの関口敦研究員は「体積が小さくなったことで恐怖を処理しきれなくなっている可能性が高い」としている。(毎日)

DV.gif

福島は前年比64%増加。宮城33%増加。
「配偶者間暴力、被災地で深刻=福島で6割超―児童虐待も過去最高を記録」(時事)

チェルノブイリでも同様の報告がなされている
原発作業員が脳障害や白血病で家庭崩壊
リンク

都内の患者を調べたところ、脳炎など重い症例の割合が、
これまでの報告よりも10倍以上高い (NHK)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF.jpg

平成24年の高速道路における死亡事故が激増しています。
今年に入ってから、NEXCO東日本管内の高速道路において死亡事故が、
前年同期比142%死亡者171%増加。
弊社発足以来、例のない深刻な状況になっています。(東日本高速道路株式会社)

これらが放射線によるものである可能性は否定できない。チェルノブイリでも同様の現象が放射能のせいではなく「ヒステリー反応」として抹殺されようとした経緯がある。

ではチェルノブイリでは何が起こったのか、これらの日本において現れた異変の原因を検証するためにも、改めて放射能による脳障害について紹介した「るいネット」の記事(開明の蔵娘「マチ」の天然ブログ より)を引用します。

%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA.jpg

チェルノブイリ事故の被曝者を診察してきた医師の記述です。
「最も酷い障害は、中枢神経障害です。ほぼ全員です。調べていて、あるときから医師のカルテが用成さなくなっていくという、私の恐怖、わかりますでしょうか。 」
         ↓
現地の医師も中枢神経障害になっていたそうです。
この医師の記述のうち、脳障害について書かれた部分を抜粋しました。
いろいろな日にちに書かれたものを寄せ集めています。

放射線障害を、癌と白血病だけだと思っている方が多すぎます。被曝で、あらゆる障害が起きますが、最も多いのは、知能障害で、程度の差だけです。

発癌も被曝障害の最大の障害ではありません。最大の障害は、成人なら、知能低下と性格崩壊、意欲の減退です。被曝は、細胞死とDNAの変異をもたらします。これは、被曝量と直線関係があります。中枢神経系は、再生しません。当然、脳の機能は低下します。脳は思考だけでなく、下垂体のようにホルモンも作り出します。甲状腺癌も滅多になりませんが、被曝で甲状腺機能が低下します。そして、TSHの出も悪くなれば、ぶらぶら病です。いずれ治る人もいますが、完全には治りません。知能も低下します。
 成長期の子供なら、この影響はもっと顕著に出ます。

 自覚がなくても、確実に、被曝の影響はでています。恐ろしいことですが、脳の異常は、その脳が気付けないのです。

では具体的のどのような症状が現れるのか?以下に列挙します

 

危機感の大きな減退。
 時刻感覚の減退。
 食欲の増大。
 ステップワイズな複雑な思考の回避。
 味覚の変化。
 感情の鈍化。
 開放感(遊び)への欲求の増加。
 転びやすい。
 計画性の減少。
 複雑な文の回避。
 単純ミスの増加。
 短期記憶力の減退。
 長期記憶の取り出しの失敗。
 甘えと自己主張の増加。
 他人の感覚への共感の減退。
 状況把握の鈍化。
 滑舌がわるくなる。

「甘えと自己主張の増加」「他人の感覚への共感の減退」はDVの増加と、「危機感の大きな減退」「単純ミスの増加」「状況把握の鈍化」は交通事故の増加等と明らかに連動しているように思われます。

では放射能はどのように脳に影響を及ぼすのか、以下にそのメカニズムを記した記述を引用します。

 Xe(キセノン)は、気管を通り、甲状腺を被曝させ、5%程度が血液に溶けるはずですから、脳底の血管と大脳表面の太い静脈に沿って、脳の機能を低下させました。Xeは直ぐに排出されますが、体内に取り込まれた放射性物質とXeで、その部分の脳の機能低下が持続し、時刻感覚の喪失や食欲の増進、不安感の欠如、短期記憶の長期化の阻害、などの症状が起きたと考えられます。X-rayによる癌の照射で、脳の機能が一時的に低下することが知られています。実際には、核種が体内にあるので、軽度では二、三日の頭痛程度で、量が多ければ、今でも続いていると考えられます。

 脳への障害は、第一歩は、脳内で血管の多い体積あたりの血液量が多い部分が、血液からのβ線で機能低下が起きてきます。神経線維の近傍で電離作用が起きれば、神経が偽信号を発生しますので、機能が低下するのです。Cs(セシウム)は、神経にも取り込まれやすいですし。この最初の症状は、基本人格の増強です。尊大な人はより尊大になり、神経質な人は余計に神経質になります。一方では、不安が減り、食欲が増進し、他人の感情への共感が減り、時刻感が失われてきます。合理的思考ができなくなります(もともと意識してそうしなければ大して合理的に推理などしてませんが)。それから記憶の長期化の阻害、一時健忘、速度感の喪失、一時的にボーとする。粗暴化。性欲亢進。重要度による物の重み付けの欠如。頑固。ルーチンへのこだわり。高齢者では、認知症の悪化。足が攣りやすい。刺激時に体が硬くなって、骨折捻挫をしやすくなる。初期は、興奮しやすくなり、後に刺激に鈍感になる。精神疾患の増加。遊びたがる。などがおきます。


では日本はチェルノブイリと比べてどのような状況にあるのか、筆者は以下の状況を指摘し、警鐘を鳴らします。

東京圏は、キエフ以上の数値が出ていますし、食品基準も甘いので、既に過半数に達したと考えられます。初期の大放出後、放射性物質の摂取をしなかった方には、一部、一過性の機能低下が見られました。既に、西日本でも該当する症状があると考えられるようになってきました。既に、注意した方々としなかった方々に差が出てきたわけです。

飲食物の基準値が甘いためで、さらにチェルノブイリの時よりβ線、α線核種の比率が高いので、今後の健康被害は、はるかに大きいと予測できます。同時に中枢への影響が大きいので、危機感が減少し、櫛歯状に人が減っても気にしない、という状態(現在のキエフ)のようになると考えられます。酒が強くなったと感じたら、中枢障害です。今後、食物での防衛をしなければ、皮質全体と、脳幹の抑制が進みますので、突然死が増えると思います。高度汚染エリアでは、甲状腺機能低下が始まっており(含む東京)、脳の抑制で、強い欝からブラブラ病への移行期も起き始めています。

%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3.jpg

放射線による影響は癌や白血病によると被曝時より約4年後くらいからから激化するようだ。つまり今年から来年にかけてさらに脳障害の報告が多発する可能性がある。
非常に酷い話だ。

しかし、このような事態を引き起こし、それに頬被りをしようとする政府、学者、マスコミへの不信を梃子に、自らの手で事実を発掘し、追求する、そのような自考志向の高まりを作り出す、我々は2014年をそんな一年としたいと思います。
本年もよろしくお願いします。

        以上は「自然の摂理から環境を考える」より
東京は2020年の五輪で放射能は安心かのような錯覚に陥っている方が大半ですが、これは大きな間違いです。いずれ健康被害が出て来て分かるようになるでしょうがそれでは遅いのです。これに気が付く方と気が付かない方の分かれ道です。                                                                            以上

« 3.11後、岡山が移住先ナンバーワンに選ばれた理由 | トップページ | 脱原発一本化を拒否した共産党とは! »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射能による脳障害、日本でも既にその兆候が:

« 3.11後、岡山が移住先ナンバーワンに選ばれた理由 | トップページ | 脱原発一本化を拒否した共産党とは! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ