カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 宇宙人からの伝言(11/14) | トップページ | 仰天!憲法の最高法規97条まで削除 »

2014年3月17日 (月)

誰でも出来る、高血圧を防ぐ体作り(1/2)

誰でも出来る、高血圧を防ぐカラダ作り

PRESIDENT Online ) 2014年2月8日(土)配信

2ページ中 1ページ目

前のページ | 1 | 2 | 次のページ

“太もも”を中心とした下半身の強化を説いた健康法が、幅広い男女から高い支持を得ている。静脈の血液を上半身に押し上げるポンプである“太もも”は「第二の心臓」と呼ばれ、健康や長寿の秘密が隠されている。また“太もも”などの下半身の強化は、肩こり・腰痛・高血圧・糖尿病・狭心症・便秘・不眠などの症状の改善につながり、さらに太らない体質を作りダイエットにも大きな効果がある。ヒット書籍『太ももを強くすると「太らない」「超健康」になる』の著者で、ウォーキングの第一人者、東京学芸大学名誉教授・医学博士の宮崎義憲氏が、手軽に出来る簡単体操を交えながら独自の“太もも健康法”を語る。興味深いのが血圧とウォーキングの関係です。

厚生省(現在の厚生労働省)は「1日に歩く歩数と血圧は反比例の関係になる」という調査結果を発表しています。

グラフを見ると、1日の歩数が2000歩未満の人の最大血圧は平均140ミリHgだったのに対して1万歩以上歩く人は130ミリHgで、その間のデータも歩数と血圧ははっきりと反比例の関係にあったのです。

つまり、ウォーキングには高血圧の予防効果があるというわけです。

高血圧の原因の一つとして考えられるのが血中脂肪の増加です。食物から摂った糖分は体内でエネルギーとして使われますが、運動不足や過剰に糖分を摂取してしまうと、エネルギーとして消費されずに余ります。この余った糖分は血中脂肪として血液中に貯蔵されたり、体脂肪に変化して体内に蓄えられます。

続きを読む : 血中脂肪が多いと血流が悪く

2ページ中 1ページ目

前のページ | 1 | 2 | 次のページ


関連ニュース

バックナンバー記事


以上は「president online」より
とにかく歩くことです。健康には歩くことが重要です。   以上

« 宇宙人からの伝言(11/14) | トップページ | 仰天!憲法の最高法規97条まで削除 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰でも出来る、高血圧を防ぐ体作り(1/2):

« 宇宙人からの伝言(11/14) | トップページ | 仰天!憲法の最高法規97条まで削除 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ