カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • アメリカ破産
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • デジタルID
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 池田創価学会
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 宇宙人からの伝言(6/14) | トップページ | 言葉も通じないのに助けてくれた日本人男性 »

2014年3月11日 (火)

iphonex?:この16年の「ウエアラブル・コンピュータ」の進歩は凄まじかったナ!

iPhone X?:この16年の「ウェアラブル・コンピュータ」の進歩は凄まじかったナ!

iPhone X



みなさん、こんにちは。

いまからかれこれ16年前の1998年に私は三菱財団からフリーの科学者として初の研究助成を受けた。これは拙著の

下巻

にも書いた。

その当時は、いわゆる「ウェアラブル・コンピュータ(持ち運びできるコンピュータ)」の研究が出始めた頃である。まだスティーブ・ジョブズがマッキントシュに返り咲いたばかりで、カラフルなiMac
やミニタワーデスクトップ型パソコン
が最先端の時代であった。

三菱財団のお陰でこれらを買えたのであった。それはそれはありがたいことで、私はいまでもこのOS8.5から始まったミニタワーにOSXを乗せ、昔のOS9まででしか動かない計算ソフト等を使って、個人サーバーの代わりにしているのである。

そんなおり、昔の知人に三菱財団のお金で「ウェアラブル・コンピュータでも買うか」と私は言っていたのだが、そのチャンスは訪れなかった。というのも、財団のお金を使う1年間に、私が想定したウェアラブル・コンピュータが誕生しなかったからである。

その前に、いわゆる「携帯電話」の方が進化し、それがさらに進化していったのである。

すると、ジョブズが「iPhone」を発表した。

(これが伝説のプレゼン。間のとり方、話の運び方、その組立て、すべてにおいて伝説である。)



あれから16年。

見渡してみれば、ウェアラブル・コンピュータを買うと言った私がそれを持たずに、我が家の息子たちや普通の皆さんの方が先にそれを手にしたというわけである。

ウェアラブル・コンピュータは、ジョブズが命名した「スマートフォン」という形で実現したのである。それからさらに「Mac Air」や「iPad」となり、まさにウェアラブル・コンピュータの時代に入ったのである。

私にしてみれば、何とも皮肉な結果に終わってしまったが、それが現実であった。


しかしながら、この革命は、課金システムにおいても革命を起こしたといえるだろう。

いまの子どもたちは、子供が通信費を支払うことが当然だという時代に生まれてしまったのである。しかし、我々が子供の頃は、通信費は家庭が支払う。電話台は電話線に課金された。だから、その電話が何台家庭内にあろうが、電話外線1本に対しての通話料で支払った。

ところが、現在では、携帯電話1つ1つに課金する。個人が何台持とうがそのすべてに課金するというとてつもない非対称課金システムが取られているわけである。これでは家系が破綻する。

素晴らしい技術革新の背後で、実はこれこそがジョブズが成し遂げた真の革命であったと私は考える。

また、ジョブズはインターネットのインターフェイスの革命という形で、利用者がアップルストアに直結する販売システムを構築した。利用者はすべてアップルを中央クラウドとして利用しなければならないという課金システムである。

これにより、iTunes、iBooks、などなどが誕生した。

そして、もうすぐ映像に関するものが出てくるはずである。iTVsか、iMoviesか、iTubesかわからないが、この世界の映像音楽等を統一するシステムを狙っているはずである。インターネット上のコンテンツを自由自在に操る、それもスマートフォンの上で操ることができるようなものであるだろう。

はたしてどうなるだろうか?

ジョブズが死んで、多少は進歩が遅くなったのかもしれないが、それは時間の問題だろう。

それにしても、1998年からのこの16年の進歩は凄まじかったですナ。

今度は脳内ウェアラブルでしょうか?それとも、マイクロチップ・ウェアラブル・コンピュータでしょうか?


いずれにせよ、身体によくなさそうだということだけは確かなようだ。
それにしても大学の先生たちは金回りが良いと見え、iPhone、MacPro、Macbook air、iPad全部持っているよナ。(借金を弱者に押し付けるなと言いたい。)

iPhone Xはそろばん型に近づいているような???
以上は「井口和基氏」ブログより
技術の進歩はすさまじい限りです。その速さは加速度的に増してきています。以上

« 宇宙人からの伝言(6/14) | トップページ | 言葉も通じないのに助けてくれた日本人男性 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙人からの伝言(6/14) | トップページ | 言葉も通じないのに助けてくれた日本人男性 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ