カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月に作成された記事

2014年3月31日 (月)

イスラエルは今週にもイラン攻撃を開始するのか?

イスラエルは今週にもイラン攻撃を開始するのか?


押収した”イランのミサイル”の前で演説するイスラエルのネタニヤフ首相

◆3月27日

 全世界のイスラエルの外交官に帰国命令が発せられているようだ。それが何を意味するのか?時あたかもマレーシア航空370便事件で盗まれたパスポートで搭乗したといわれていたイラン人二人の写真がフェイクだったといわれ、またイスラエルのテルアビブには、この370便とそっくりの航空機が格納庫に存在していると指摘する者がいて(http://www.thetruthseeker.co.uk/?p=93377)、これが9・11同時多発テロ事件のような航空機テロに使用され、戦争の引き金に利用されるのでは、という懸念が浮上している、という。

 もしもイスラエルが何か始めるとすれば、それはアメリカ軍も一緒、少なくとも、軍内のタカ派が一緒だろう。始まってしまえば、政府も軍全体もアメリカの国益を考えて行動せざるを得ない。それをイスラエルは狙っているのかもしれない。とにかくイスラエルのテルアビブにマレーシア航空370便とそっくりの航空機が存在している(いた?)ということには、不気味さを感じざるを得ない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●イスラエルは今週にもイラン攻撃を開始するのか?
By wmw_admin on March 26, 2014
http://presstv.com/detail/2014/03/25/355981/will-israel-kill-us-empire-this-week/
【3月25日 Kevin Barrett — Press TV】

 アメリカ帝国、より正確に言えば新世界秩序の銀行家帝国だが、は死の痙攣を始めたので盲目的に突進しようとしているように見える 

 ウクライナ、シリア、リビヤ、イラク、アフガンその他あらゆる場所で、この帝国の力は混乱している。クリミアを失ったこと、そしてシリアでの後退、これらは多くの敗退の最新の例に過ぎない。この災厄的状況の原因:自業自得による傷が継続しているのだ。

 この最悪の傷は帝国の狂気じみた過激グループによるものだ:イスラエル中心のネオコンたちだ。このグループには、ユダヤ好戦的国粋主義者とキリスト教アルマゲドン主義者の両方がいるが、不可能なプロジェクトに対する狂信的献身の重荷を背負っている:占領したパレスチナの地に持続可能な”ユダヤ国家”を維持すること。

 イスラエルに対する非論理的執着はこの帝国をして、イスラム教徒が大多数の国家に対する災害的攻撃を連続的に行わせてきた。経済学者のジョセフ・スティグリッツは2008年、イラク戦争のコストは3兆ドル以上であったと推定した。それ以来、彼は繰り返しその推定を上方に修正してきている。アフガニスタンその他の地で反イスラム教親シオニスト十字軍を投入することで、何十兆ドルを使ってきた。

 シオニスト・ネオコンの9・11戦争はアメリカと世界の経済を崩壊させた。2010年のワシントン・ポスト紙の記事で、スティグリッツは以下のように書いた:「この戦争がなければ、アメリカの世界における地位がもっと高かったというばかりでなく、わが国の経済もより一層強かったであろう。問題は、高値についたこの失敗から我々は学ぶことが出来るのか?ということだ」

 残念ながら答えはノーだ。オバマはイスラエルのネタニヤフ首相のイラン攻撃の命令に逆らってきているが、アメリカはシオニストの銀行家オリガルヒの命令を実行している。この銀行家オリガルヒが欧米勢力の背後に控えている実際の権力者である。そしてこれらのオリガルヒ、あるいは少なくともその中のタカ派が、今でも世界大戦に向けて圧力を掛けているのだ。 

 欧米銀行家オリガルヒは、巨額の貸付金を複利で各国政府に借りるよう圧力を掛けるので、戦争が好きである。そうすることで各国は永続的な債務の奴隷になる。イラン攻撃をしぶるアメリカのせいでいらいらしているオリガルヒのタカ派と彼等の前衛であるネタニヤフは、直接的ではないやり方で第三次世界大戦を始めようとしている。

 彼等はウクライナの正当な政府を、アメリカとロシアとの間の緊張を高めるためにファシストらによるクーデターで倒した。一国でのイラン攻撃計画を準備するために30億ドルを使ったネタニヤフは、絶大な権力を握り一速即発の態勢で自分の願う時に世界大戦の導火線に火をつけることが出来る。

 ネタニヤフがその導火線の火をずっと後ではなくまもなく、今週にでも点火するかもしれない、という兆候がある。3月23日ロイターが以下のように伝えた:

 「イスラエルの外交官は23日、かつてないようなストライキに打って出た。そのため世界中の大使館は完全に閉鎖された

 イスラエルの外交施設は閉鎖されたので、イスラエル軍もまた「かつてない攻撃を開始」するのだろうか?

 前大統領補佐官でアメリカ海軍大学院付き軍事ジャーナリストのバーバラ・ホネッガーは、イスラエルの外交官ストライキはカモフラージュだと考えている:「このロイター電が本当だとして、イスラエル大使館と領事館関係者を給料問題でのストライキのために召還したということは、イスラエルはシリアとイランに対する戦争を始めようとしている、と考えられる。それによってロシアとアメリカ、それにNATOを戦争に引き込むことになる。マレーシア航空機の”捜索”は、恐らくは海軍と空軍関係の必要資材を運ぶためのカバーである」と考えている。

 マレーシア航空370便事件は、別の目的に利用されるためであるかもしれない。

 イランに対する欧米の世論を煽るため。それは、マレーシア航空機が消失して以来、フォックス・ニュースその他のシオニストのプロパガンダ機関は”イランのテロリスト”を非難してきた。彼等は二人のイラン人に焦点を合わせている。二人のイラン人は370便に盗まれたパスポートで搭乗したらしいのだ。

 しかし今や、”二人のイラン人”という話は作り話になりつつある。

 ロンドン・デイリー・メール紙は以下のように報じた。

 「二人の搭乗者の写真は細工が成されたとの主張があって後、370便の運命についての隠蔽工作の恐れが大きくなっている。盗んだパスポートでマレーシア航空機に搭乗したという二人の男性の写真は、同じ脚をしていることが示されている。ボーイング777-200機が消失した三日後に示されたCCTVの映像は、緑のズボンに茶の靴のペアーを示している」

 イスラム教徒に濡れ衣を着せようといういいかげんなフォトショップの作業はシオニストの主催する自作自演テロ攻撃のいつものやり方だ。・・・略

 マレーシア航空370便に搭乗した二人のイラン人の明らかに加工された映像に、悪気のない言い訳があるのだろうか?それとも、これもイスラエルの敵に対する戦争を煽る意図がこめられているのだろうか? 

 もしもネタニヤフがイランを攻撃し、アメリカとロシアを戦争に引き入れることに成功したら、今週はアメリカ帝国の終焉だけでなく、文明の終焉を目撃することになるだろう。

 私としてはバーバラ・ホネッガーが間違っていることを期待する。しかし、帝国の狂気じみた過激グループが行き詰ったとしても、比較的理性的な欧米の指導者らが、いたとしてだが、ネオコンの最悪のやり方を暴露し、戦争好きな彼等の向こう見ずさに終止符を打つことをしなければ、彼等は将来いくらでも大騒ぎを起こす機会を持っていることも事実だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上は「rockway express」より
今のイスラエルは国際社会の癌であります。万一イランを攻撃して核戦争になれば大変です。その時にはこの癌は切除する必要があります。これは人類の悲願でもあります。以上

関東各地で地震雲の発見報告相次ぐ

関東各地で地震雲の発見報告が相次ぐ!竜巻型の雲が出現!形状が阪神淡路大震災前の地震雲と似ている! http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/621.html 投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 24 日 22:06:55: igsppGRN/E9PQ                関東各地で地震雲の発見報告が相次ぐ!竜巻型の雲が出現!形状が阪神淡路大震災前の地震雲と似ている! http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2098.html 2014/03/24 Mon. 21:15:31 真実を探すブログ 東京を中心に各地で地震雲の発見報告が相次いでいます。ツイッター等に出回っている写真を見てみると、3月19日に広範囲の雲で筋のような物が撮影され、3月24日夕方に竜巻型の地震雲が撮影されていました。地震雲にはある程度の規則があり、筋状の雲は本震が発生する1週間程度前に良く発見される傾向が多く、竜巻型は本震が発生する数日前に出現します。例えば、阪神淡路大震災の数日前に竜巻型の雲が撮影された話は有名です。 もちろん、必ずしも発生するわけでは無いですし、飛行機雲等との見間違いもあるため、一概に断言することは出来ません。しかしながら、飛行機雲は数分程度で消えるのに対して、地震雲は長時間形状を維持するという性質を持っています。また、飛行機雲は一本の線ですが、地震雲は複数の線が複雑に絡み合っている事が多いです。 今回の写真を見てみると、昼過ぎから夜にかけて同じ様な形状の雲が都内各地で撮影されています。形状に関しても、複数の線ような雲が絡み合っている事から、地震雲だと言えるでしょう。 GPSで地震予測をしている東大名誉教授の村井氏も「3ヶ月以内に巨大地震が発生する兆候を捉えた」と述べていますし、念には念を入れて、地震対策だけはちゃんとしておいて下さい。 ☆地震雲240p H 264 AAC ☆兵庫県南部地震の8日前に撮影された雲 URL http://e-pisco.jsedip.jp/unusual.html 今日夕刻、東京都稲城市上空で地震雲らしき雲が発生。 地震学者の4月首都圏地震説が 当たるのでしょうか、、 関東圏の皆さん、一応ご注意を、、 pic.twitter.com/EsBH9yAdMo — 風の音 (@TAMA2dayo) 2014, 3月 24                      拍手はせず、拍手一覧を見る  コメント 01. 2014年3月24日 23:35:22 : 2f4eqyymkM    地震雲だから地震でしょう 当たり前~~~~~       02. 2014年3月25日 02:41:21 : TGgfYEbPRU 太平洋岸のプレート境界で地震多発・・・。 http://www.iris.edu/seismon/

 

                                                                                                                                                   

Twitterで画像を見る

以上は「阿修羅」より

これは根拠のある地震予報になります。今後の地震予報として参考になります。以上

「天のしるし」現れる2014年(4)

「天のしるし」が現れる2014年(4)    イラン-01   

    イランの最高指導者ハメネイ氏(1939/7/15生まれの74歳) イヤルの月は悲劇の引き金を引く

イランのイスラム最高指導者アリー・ハメネイは、今もイスラエルの絶滅を目標 としている。その趣旨についてハメネイ側近の戦略家アリレザ・フォルガニは、 「イランは2014年までにイスラエルを攻撃しなければならない」 と語ったことも知られている。 またアメリカの保守系雑誌「ウィクリー・スタンダード」編集長ビル・クリストルは、 今年1月初めにイラン・イスラエル情勢を分析し、「イスラエルは2014年 中にイランに対し【リアル・アクション】を起こすに違いない」と発言 した。リアル・アクションとは、イランによる核兵器完成を阻止するための先制攻 撃の意味である。 イランと云えば昨年11月、核開発をめぐる交渉で初の国際合意(第一段階)が なされたとの報道があった。しかしこの合意はイスラエル側の猛反発を招いて いる。もしイランが核兵器保有を断念したとの確証が得られなければ、イスラエ ルが武力行使に踏み切る可能性は高い。 (参考) イラン核協議で歴史的合意、包括的解決に向けた「第一歩」    (2013/11/24) イラン核協議 来月も継続へ (2014/3/20)

イスラエルの絶滅を目標にかかげるイランがもし核兵器を持ったなら、それは イスラエルにとっては「生きるか死ぬか」の大問題だ。イランで核兵器が完成す る前に先制攻撃する可能性があると読む識者は多い。 先の国際合意の暫定期限は6か月。合意のあった2013年11 月から6か月後は、2014年5月ごろになる。再び中東で激動が始め るのだろうか。 また、ユダヤ人にとってイヤルの月は、苦い思い出の月でもある。この月には過 去の歴史において、ユダヤ人迫害や虐殺の出来事が多く起きている。1933年 にナチスがドイツで政権を掌握して最初のユダヤ人迫害に着手したのも、「イヤル の月」の14日だった。この日、ユダヤ人の書物が焼き払われたのだ。そのドイツ が連合軍の前に降伏したのも、「イヤルの月」の24日だ(1945年)。これはユダ ヤ人にとって解放の日である。 いずれにしても、今年は世界情勢から目が離せない。

キリストは、【時のしるし】(マタイの福音書16章3節)を見分けるようにいわれた。 もし5月から激動が始まったとして、その翌月の6月は、人類史上初の世界戦争 である第一次世界大戦が勃発した日(1914年6月28日)からちょうど100年目 にあたる時期でもある。 英米メディアは最近、今年2014年の世界情勢と第一次世界大戦前夜の類似 について論じている。1914年の大戦前夜も、ヨーロッパ中が表面上は比較的 平穏で、とくに大きな事件はなかった。 ところが、6月に突如として起きたサラエボ事件(オーストリア=ハンガリー帝 国皇太子暗殺)で放たれた2発の弾丸が、一挙に世界中を巻き込む大戦争に 発展していったのである。 現在において同様に、何かの弾みのような事件から、たとえば中東で戦争が起 きた場合、それが単に中東にとどまらず、世界戦争に発展してしまう危険性は常 にある。もし世界戦争が起きれば、それは第三次世界大戦だ。 私たちは今、とてつもない時代に差し掛かっているのかもしれない。 激動の中でも慌てず、右往左往しないで歩むためにも、天の神を信頼して歩む ことが大切である。天の神の教えに従って歩む者は、どんな時代にも、自分の 人生を力強く切り開いていくことが可能である。(月刊ムー4月号より) ※ このシリーズは今回で終了です。

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「第一次世界大戦勃発から100年」ということを、日本ではあまり報じていません が、ヨーロッパでは多くみられます。世界史でも学びましたが、「サラエボ事件」 が発端となりました。似たような暗殺事件があるかもしれません。 今回のマレーシア航空機不明事件は昨夜、マレーシア首相の会見で「インド洋 に墜落」と断定されましたが、わずか3分の会見で質疑応答はナシでした。 今晩の会見で質疑応答が設けられておりますので、注視したいと思います。 う~ん ただの航空機墜落事件でないことは確かだと思いますが、インド洋に墜 落したことが事実だとしましたら、事件を計画した者たちにとっては、目的達成と はならなかったのではないでしょうか。かといって、計画の内容を公表することに よって都合の悪い国があるのではないかと思います。マレーシア政府を責めても 仕方がないように思われますが・・。

関連記事 「天のしるし」が現れる2014年(4) (03/25) 「天のしるし」が現れる2014年(3) (03/25) 「天のしるし」が現れる2014年(2) (03/24) 「天のしるし」が現れる2014年(1) (03/23) 30年前の驚愕の予言者 (12/08) 秋にソメイヨシノ咲く (10/13) 25年前に予言されていた「恐怖の男」 (08/05) 【再掲】日本の立替えは?(出口王仁三郎) (07/28) 聖徳太子は八咫烏の原型 (03/18) イナゴの正体と聖書の予言 (03/10) 「死海文書の予言」と日本人 (02/16) ローマ法王退位で稲妻(動画) (02/13) ホピの予言と日本人 (12/02) クラウドは通信だ/KDDIwww.kddi.com 通信キャリアならではのサービス品質を、お得にワンストップで提供。

以上は「MUのブログ」より

欧米マスコミは嘘製造工場

欧米マスコミは嘘製造工場

Paul Craig Roberts

誰かが我々に嘘をついている。ニューヨーク・タイムズとガーディアンか、それともジュリー・ハイランドか?

ジュリー・ハイランドは、アメリカ政府によるウクライナ・クーデターで、意図的か、あるいは、無能さからか、暴力的な権力奪取の後に据えつけたナオナチ勢力について書いている。その言動と行動が、クリミアにキエフのクーデター政権からの独立を宣言させしめ、クーデター政権に反対する広範な抗議行動を、ロシア語が話されている東ウクライナで引き起こした、選挙で選ばれたわけではないこの政権を、アメリカ政府は“民主主義”と呼んでいる。もしそうであれば、それは選挙で選ばれなかった最初の民主主義だ。

ニューヨーク・タイムズや、イギリスのガーディアン、実際は事実上全ての欧米マスコミが、クーデター政権にファシストやネオナチ分子は皆無だという態度をとっている。ところが、インターネット(一部には私の以前のコラム記事からリンクしてある)で見られる、一本は暴漢が地方政府の大臣を脅し、もう一本は検事に暴行しているビデオを私は見ている。ナチのシンボルで着飾り、武器をもった極右のビデオもある。

嘘をついているのは欧米マスコミで、ジュリー・ハイランドは事実をありのままに語っているというのが私の考えだ。彼女の記事はここで読める。http://www.globalresearch.ca/the-fascist-danger-in-ukraine-resurgence-of-neo-nazism-denied-by-western-media/5372109
該当記事の日本語訳『ウクライナにおけるファシストの脅威。ネオナチ復興を否定する欧米マスコミ

四半期毎のご寄付のお願い

これは四半期毎のご寄付のお願いである。このサイトで情報と分析を継続して欲しいとお考えであれば、このサイトをご支援いただく必要がある。代替は売女マスコミ、別名プロパガンダ省なのだから、このサイトを支援いただくのは賢明なご判断だ。

Paul Craig  Robertsは、元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー  ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えていた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでい る。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the Westが購入可能。

記事原文のurl:www.paulcraigroberts.org/2014/03/11/western-media-lie-factory-paul-craig-roberts/
----------

クリミアの議長?、ポット出の人物で、ロシアの傀儡だと読める力作報道が大本営広報にあった。ごもっとも。

オバマ大統領と会談するヤツェニュク首相の記事も大本営広報にあった。いつも見慣れた宗主国参勤交代の画。ごもっとも。

その勢いで、是非とも、キエフ新政権成立前の、ヌーランド氏の『EUくそ食らえ』漏洩電話会話や、アシュトン氏ととリトアニア外務大臣との、狙撃手にかかわる漏洩電話会話や、キエフ新政権メンバー紹介記事を読ませて頂けるのを楽しみにしている。

嘘をついているのは欧米と日本のマスコミで、ジュリー・ハイランドは事実をありのままに語っているというのが私の考えだ。

この記事からリンクされているページの日本語訳を、『ウクライナにおけるファシストの脅威。ネオナチ復興を否定する欧米マスコミ』として別ページで公開させて頂いた。

ところで、最近、小生にはとうていお答えを思いつけない、ご質問を頂いた。

私たちは具体的にどのような行動をとればいいですか? まずは知ること、という答え以外に、何をすれば世界を変えることができますか? お考えをお聞かせください。

確信をもって、これだという方法・行動を知っていれば、下手な翻訳などせず、実行しているだろうと思う。そもそも良い情報源がほとんど皆無の状況では、頑張っておられる情報源の支援が必須だろう。

さしあたり、ポール・クレイグ・ロバーツ氏や、Global Research Instituteや、Information Clearinghouseに、ご寄付いただければ大変に有り難い。元記事がなければ、翻訳できないので。

日本ではIWJ講読を!

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

以上は「マスコミに載らない海外記事」より

現在の欧米のマスコミは報道内容の真偽よりも収入になる報道を優先しています。嘘の情報でも収入になればそちらの方を優先するのです。真実を報道して初めて報道の価値があるのですが今やそれは過去の事となりました。         以上

ウクライナ兵の11%のみクリミアを去る選択

ウクライナ兵の11%のみクリミアを去る選択


ウクライナ海軍の兵士ら

◆3月25日

 クリミアではわずか11%のウクライナ兵が、ウクライナに入りたい意向を示したという。しかし現在、クリミアとウクライナとの間の国境はキエフ当局によって一方的に閉鎖されてしまったため、これら兵士はウクライナに入ることが出来ないでいるようだ。

 つまりウクライナ当局は、クリミアに残っている自国の兵士の自由を奪い、自国に入国することを拒んでいる、と言うことになる。これに対する申し開きが、彼等にできるのであろうか?

 また11%のウクライナ兵しかクリミアを去るという意向を示さなかったということは、人種的にもウクライナ人であっても、ロシアに編入されたクリミアに留まり、ロシア国籍を与えられロシア人になることを選択した、ということだ。

 これからウクライナの極右政権が暴力的な全体主義的政策を進めていくようになれば、西のロシア系ウクライナ人であっても、あるいは生粋のウクライナ人であっても、クリミアに、あるいはその他の外国に逃亡しだす者たちも出てくることになろう。その時、欧米NATOはどうするのか?やはり国境を一方的に閉鎖するのであろうか?かつてのナチスが行ったように?
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ウクライナ兵の11%のみクリミアを去る選択
http://rt.com/news/ukrainian-soldiers-leave-crimea-577/
【3月22日 Russia Today】

 ウクライナ兵の9人に1人がクリミアを去る決意をした、と23日ロシア国防省が発表した。

 「3月21日付けで、1万8000人のウクライナ軍兵士の内2000人弱がクリミアを去りウクライナに向かいたい意向を示した」と、国防省の声明は語っている。

 ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相はウクライナへ向かいたい意向を示したこれらの兵士に対し、黒海艦隊に無害通航させる命令を下した。

 20日、プーチン大統領はクリミア軍にロシア軍内で今までのランクを維持したままで任務を遂行することを許す制令に署名した。

 クリミアのウクライナ兵は実際は三つの選択肢を示された:ロシアに忠誠を誓う、市民としてロシアのパスポートをもらいクリミアに留まる、クリミアを去る、である。

 しかしながら、ロシアのクリミアへの大統領特使であるオレグ・ベラベンツェフは、ウクライナ兵は、キエフのクーデターで作られた政府のためにクリミアを去ることが出来ないでいる、と語った。

 特使によれば、ウクライナ国境警備兵はクリミアとウクライナの間の国境を23日午後2時に、両側からの往来を一方的に閉鎖したという。

 「現キエフ当局によるこの挑発行為の狙いは、人々を強制的に国外に出させないことでクリミア当局を非難するためと、国境に意図的に緊張を作り出すためである」とベラベンツェフは語ったと、ロシア通信社が報じた。

 国境を閉鎖することで、キエフ当局は実際には、クリミアを去りたいだけの自国市民に「拷問」を強いていることになる、と彼は強調した。

 21日、クリミアとウクライナの一部であったセバストポリは、プーチン大統領が署名をすることで法令の完結をもって正式にロシアに編入された。

 これ以前に、ロシアの議員らは、クレムリンで18日に各関係者が署名することで、クリミアとセバストポリ市との間の国際条約を批准した。

 クリミアのロシアへの再編入は民主的に選出されたヤヌコビッチ大統領を追放した、キエフでの武装クーデターによって惹き起こされた。

 ロシア語を話す人々が大多数のクリミアの反抗は、新しい自称当局がロシア語の地位を無効にする法を作った後で始まった。

 そのためクリミアで83%のクリミア国民が参加した国民投票が行われた。そして96%の圧倒的多数がクリミアのロシア再編入に投票した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上は「rockway express」より
予想よりずいぶん少ない人数です。落ち着くべくところに落ち着いたようです。最大多数の最大幸福を追求するのが民主主義です。今や民主主義を大事にするのがロシアでありその逆が今の米国や日本です。いつの間にやら逆転してしまったようです。  以上

英国王室が破たん寸前?そしてバチカンは・・・・

英国王室が破綻寸前というニュースが、先月末あたりから海外で報じられて
います。バチカンも財政の透明化を目指して、「財務省」を創設するらしいです。
英国王室もバチカンも、遅かれ早かれ解体されるのですが、まだ時間はかか
ると思います。ウクライナの政変に始まったヨーロッパの暗雲・・世界経済クラ
ッシュへのカウントダウンはまだ始まったばかりです。

 

英王室が破綻寸前?議会が王族に節約を求める

その華やかさで世界中の注目を浴びるイギリス王室。しかしこの王室の運営費が
これまでになく逼迫していることがわかりました。イギリス王室は、360におよぶ所
有の宮殿や建物の維持費と、そこで働く数千人の人件費など税金で賄っています。
しかし議会は、王室の運営費が著しく減少し、現在、数百万ドル足らずしか残って
いないとする報告書を公開しました。宮殿の修復に多大な費用がかかる事が原因
に挙げられています。

一見豪華なバッキンガム宮殿も屋根は雨漏りし暖房システムには交換が必要、
宮殿のあちこちの石が崩れてきているなど多くの修復を要するといいます。
報告書では、王族に節約を求めると共に、バッキンガム宮殿にもっと観光客を
呼び寄せるなどして歳入を増やすよう求めています。

現在バッキンガム宮殿が一般開放されるのは1年に78日間で、年間を通して
開放されているアメリカのホワイトハウスに比べると大幅に少ない数字です。
しかし王室擁護派は、王室一族は毎年イギリスに数十億ドル規模の経済効果
をもたらし、エリザベス女王は消し忘れの宮殿の電気を消して回るなどすでに
かなりの倹約家だと主張します。

一方でエリザベス女王の個人資産は5億ドルにのぼります。一部では一族の
外遊費用を自分で賄うよう求める声も出ているということです。(1.30)

上記動画が削除された場合のことを考えて予備として・・。

 

 バチカンが「財務省」創設=お金の透明性向上へ改革
 

フランシスコ・ローマ法王は24日、バチカン(ローマ法王庁)の財政や資産
管理など経済活動を包括的に監督する「財務省」の創設を命じる教令を出
した。お金に絡む疑惑が絶えないことから抜本的な組織改革により透明性
を高める狙いがある。

新設される財務管轄組織は、外部の金融専門家を含む評議会の下でバチ
カンの予算、金融資産などを把握。不正の温床と批判が根強い金融取引
規制の国際標準化なども担当する。

従来、バチカンが保有する不動産などの資産管理は事務部門の「財産管理
局」が担当してきた。今後は新設組織に業務を移管し、同局は中央銀行の
役割を果たすという。

ただ、今回の改革では、マネーロンダリング(資金洗浄)関与の疑惑がくすぶ
り続ける通称バチカン銀行は対象外。カトリック教会への寄付金を管理する
同行の扱いは今後の焦点で、法王は廃止を含め検討している。
 (2.25)


 
関連記事

 

  • 以上は「MUのブログ」より
  • 英国王室はリーマン・ショック時に400~500兆円の資産をブッシュ政権に騙されて失っています。その付けが徐々に表面化してきたものと思われます。いずれにしても各国王族は、ほとんど損失を被っているためにいずれその存続は厳しいものとなります。  以上
 

米国は独立宣言を実行する段階に来ている

   

 

   

 

 

                            
 
 

米国はその独立宣言が革命を

求める段階にいるが、そのため米軍は

鎮圧訓練用の市街地を建設    

              
カテゴリ:カテゴリ未分類    
     アメリカ陸軍はバージニア州に軍事訓練用の町を作った。広さは約121万平方メートルで、5階建ての大使館、銀行、学校、地下鉄と駅、モスク、フットボールのスタジアム、ヘリコプターの離発着ゾーンなどがあり、地下鉄は実際に動かすことが可能で、客車のロゴはワシントンDCの地下鉄と同じだという。アメリカの都市、例えばワシントンDCでキエフのような蜂起があった場合、鎮圧するための訓練をするということだろう。

 すでにアメリカ軍は「政治活動家」を拘束する計画を立てている。この計画は「I/R(強制収容再定住)作戦」と呼ばれ、戦後、CIAやFBIが行ってきたことを考えると、ターゲットは戦争に反対、平和を求める人びとになるだろう。2001年9月11日の出来事を利用して「愛国者法」が成立、憲法が機能不全になっているアメリカでは近い将来、現実になりそうだ。

 強制収容所では心理戦を担当している軍人が「再教育」、つまり「洗脳」するらしい。アメリカの軍や情報機関では1950年代からマインド・コントロールの研究、「ブルーバード」、「アーティチョーク」、そして「MKウルトラ」と呼ばれている。議会が情報活動を調査した1970年代に重要な文書は証拠隠滅のために廃棄されたと言われているものの、その成果はどこかに保管され、研究も継続されているだろう。

 アメリカでは現在、銃の規制が叫ばれている。犯罪で使われたり、暴発や誤射で死者が出ているためだというが、この問題は1776年に採択されたアメリカの独立宣言と関係があり、「刀狩り」としての側面があることを忘れてはならない。

 独立宣言には次のような記述がある:

「すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造主によって、生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられているということ。こうした権利を確保するために、人々の間に政府が樹立され、政府は統治される者の合意に基づいて正当な権力を得る。そして、いかなる形態の政府であれ、政府がこれらの目的に反するようになったときには、人民には政府を改造または廃止し、新たな政府を樹立し、人民の安全と幸福をもたらす可能性が最も高いと思われる原理をその基盤とし、人民の安全と幸福をもたらす可能性が最も高いと思われる形の権力を組織する権利を有する」。

 いわゆる「革命権」だが、すでにアメリカはこの権利を行使すべき段階、つまり独立宣言が革命を求める状況になっている。政府がこの革命を阻止しようとすれば、武装蜂起をしなければならないということだ。銃規制には、この権利を庶民から取り上げるという意味もある。そうした意味で、「銃犯罪」は権力者にとって悪いことではない。人びとが治安を望むようになるからだ。    
以上は「櫻井ジャーナル」より
今の米国は独立宣言を実行するに値する状況に至っていることはその通りです。自由と民主が失われてしまったのです。米国よりロシアの方が自由のようです。スノーデン氏を見れば分かります。以上

日本の4300万人が住む56000キロm2以上が汚染された!!

   

日本の4300万人が住む56000キロ㎡以上が汚染された!!

EU-funded Study: Over 20,000 square miles of Japan potentially contaminated from Fukushima releases — Home to 43 million people (MAP)

Home to 43 million people

European Commission, Science for Environment Policy News Alert (pdf) (emphasis added): [...] The EU-funded study modelled the global spread of radionuclides of caesium and iodine from Fukushima [...] between March and May 2011 [...] It focused on radionuclides that were emitted as gases [...] The International Atomic Energy Agency defines ’contamination’ as the presence of a radioactive substance in quantities more than 40 kilobecquerels per m². [...] land area affected by radioactivity from both types of radionuclides above this threshold is approximately 34,000 km² of Japan, inhabited by around 9.4 million people. However, the estimate used for the iodine radionuclide emissions from the incident is considered to be an underestimate. A separate calculation which assumed source emissions that were five times greater, suggested that a relatively large and densely populated part of Japan – 56,000 km² [21,622 square miles] – would be classified as contaminated. [...] It should be emphasised that this refers to two radionuclides only, whereas additional ones are unaccounted for due to a lack of measurements. [...]

Modelling the global atmospheric transport and deposition of radionuclides from the Fukushima Dai-ichi nuclear accident (pdf), 2013 (emphasis added): Chino et al. (2011) estimate a total [131I] release of 150 PBq [...] results are considered by [the] authors to be lower estimates and to have an error of at least a factor of five. Winiarek et al. (2012) estimate the lower bound of the total activity of 131I released into the atmosphere [...] between 190 and 700 PBq [...] We estimate that the land area affected by the deposition of radioactivity in excess of 40 kBqm² is approximately 34,000 km². [...] this part of Japan is inhabited by 9.4 million people. The surface area that received a total deposition greater than 10 kBqm² encompasses parts of the Tokyo metropolitan area, and approximately covers 60,000 km2, being inhabited by 46 million people. We emphasize that this is based on the emission of 150 PBq 131I estimated by Chino et al. (2011), which might actually be a factor of five too low.

Discussion Paper (pdf): To test the potential of a larger source than 150 PBq 131I, we performed a sensitivity test by applying 5 times higher emissions, based on the emissions estimate uncertainty by Chino et al. (2011). [...] an area of 56,000 km², inhabited by 43 million people, would be contaminated by more than 40 kBqm², including the Tokyo metropolitan area. Although this large 131I source is speculative, it seems more realistic than the low estimate of 150 PBq [...]

ENENWES Published: February 13th, 2014 at 9:28 am ET
http://enenews.com/eu-funded-study-56000-square-km-japan-potentially-contaminated-fukushima-releases-home-43-million-people
=========================================

以下は,★阿修羅♪さんからの和訳部分の引用です。

=========================================
欧州連合-基金 研究:日本の2万平方マイル(56000キロ平方メートル)以上が潜在的に福島放出により汚染された、と発表した-4300万人が家に住む( 地図)

欧州委員会、環境政策ニュース警報のための科学( PDF)(重要点付加):[ ...] 欧州連合(EU)が資金提供する研究は、福島からのセシウムとヨウ素の放射性核種の世界的な広がりをモデル化した。[...]2011年3月と5月の間に[...]ガスとして放出された放射性核種に焦点を当てた [...] 国際原子力機関(IAEA)は「汚染」を、1平方メートル当たり40キロベクレル以上の量の放射性物質の存在として定義しています。

この閾(しきい)値を超える放射性核種の両タイプからの放射能の影響を受ける陸地領域は、日本の約34000キロ平方メートルで、約940万人が住んでいます。[...]しかしながら、事故によるヨウ素の放射性核種の排出量として用いられている推定値は過小評価であると考えられている。(それより)5倍大きい(放射性物質の)ソースの排出を推測する別個の計算は、56000キロ平方メートルが [ 21622平方マイルが] - - 汚染されたと分類している、そして、日本で比較的大きく人口密度の高い部分があることを示唆した。 [...]追加の放射性物質は測定値の欠落により計算外であるのに対し、この推定値は、2つの放射性核種のみを参照していることを強調すべきである、[...]

福島第一原発事故(PDF)、 2013年から世界的な大気の移動と放射性核種の堆積をモデリング(強調追加):茅野らは(2011)、150ペタベクレルの[ ヨウ素131 ] 放出合計量を推定した[ ...]結果は過小評価な推定であり、 少なくとも5倍の間違いがあると[その]著者らによって考えられている。 ウィニアレックらは( 2012 ) [...]大気中に放出したヨウ素131の総放射活性の下限を推定190から700ペタベクレルの間であると推定した[... ]我々は、1平方メートル辺り40 キロベクレルを超える放射性物質の沈着によって影響を受ける土地のエリアは、約34000キロ平方メートルであると推定している。 [...]日本のこの部分には940万人が住んでいます。 1平方メートル当たり10キロベクレル以上の総堆積を受けたエリアは首都圏の一部を包含し、約4600万人が住んでおり、 6万平方キロメートルをカバーしています。私たちは、これは茅野らによって推定された150ペタベクレルのヨウ素131放出(2011)に基づいていることを強調している、これは実際は5倍分低すぎるファクターかもしれない。

討議論文( PDF ):150ペタベクレルのヨウ素131よりも大きなソース(放射能汚染源)の潜在性をテストするため、我々は、茅野らによる不確実性に推定された排出量に基づいて、5倍以上の排出量を適用する感受性テストを行った。(2011年)。[...]56000キロ平方メートルのエリアには 、4300万人が住んでおり、首都圏を含め 1平方メートル当たり40キロベクレル以上汚染されているであろう。この大きなヨウ素131ソース(放射能汚染源)が推測的ではあるが、 150ペタベクレルの低い推定値に比べて、より現実的に思える[ ...]

こちらに欧州委員会ニュース警報を表示する( PDF

http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/396.html
=========================================





エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき(6/8)

「原発のメリット? デメリットだらけの疫病神だ」
エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき
――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人

previous page
6
nextpage

 原子力は危険だってわかっていれば、想定はできるはずですよ。実際に東京電力は震災前に、いまの想定では津波対策は不十分だって認識していたんだから。でも費用の問題で後回しにされていた。想定はできていたのに、対処をしなかった。

 避難誘導も何もできていなかったよね。屋内退避とか言われたって、何も知らされずに家でじっとなんかしていられませんよ、普通。

――JCO臨界事故の教訓は何も活かされていなかったんですね。

 活かすって、日本人は過去の教訓を活かすなんていうことができる民族じゃないんだよ。目の前の利益ばかりを追う民族ですよ。アメリカは活かしていたと思うよ。メルトダウンが予想されたらすぐに福島第一原発から半径80キロメートル以内は避難するように指示を出した。それが常識だよ。

 彼らの持っている前提っていうのは、まったく非科学的だ。だって、「全電源喪失が起きても短期間で復旧するから想定する必要はない」という認識なんだから。原子力防災指針には「原子炉は多重に防御されているから、住民避難が必要になるような事態は起こらない」となっている。科学的な精神があったら、そんな前提は持てないよ。

 原子力防災指針のなかには「仮想事故」っていう欄があって、最悪の事態を想定して、どう対処するのかっていうことを書くんだけど、そこには炉心溶融が起きて放射性物質が外部に大量に放出されるということが書いてある。でも、脚注がその下に書いてあって、そこには「これは仮想事故だから具体的な対策は必要ない」って書いてあったな。意味ないんだよ、まったく(笑)。対策をしたら、えらいカネがかかるから止めておきましょう、っていうことなんだよ。すべてにおいてそう。

即ゼロじゃなきゃ
新しいものは生まれない

――専門家のなかからは、原発は動かさざるを得ないという声が上がっています。

 何でですか? 原発動かしたら、本当に電気代安くなるんですか? 本当になるんですかね……。それは疑問ですよ。元に戻るんですか、電気代。電気代が高いのは全部原発が止まっているせいなのか。新しいことに挑戦する気はないのかね、この国は。

次のページ>> 東電のツケを払うのは国民。ぬくぬくしているのは債権者

以上は「diamond online」より

2014年3月30日 (日)

チリ北部沖合で地震急増、大地震の兆候か?

チリ北部沖合、1周間で300回以上の地震を観測!M5前後の中規模地震が40連発以上!地震学者「大地震の兆候かも・・・」 new!!

20140326225835tiroki.jpg
*チリ沖で発生した地震
先週からチリの沖合で強い地震が連日連夜発生しています。チリの地震観測所によると、この一週間で観測した地震の回数は300回を超えたとのことです。その内、40回以上の地震はマグニチュード5前後のかなり強い地震で、先週末に発生したマグニチュード6クラスの地震では停電が発生しています。

こんなに多数の地震が発生するのは異例の事態で、東日本大震災前の三陸沖と非常に似ていると言えるでしょう。アメリカ地質調査所の発表している地震履歴を見てみても、チリ沖が地震のアイコンで埋め尽くされるほどの事態になっており、チリの地震学者も「これは大地震の予兆かもしれない」と述べています。

東日本大震災の時は本震が発生する2日前に三陸沖でマグニチュード7の前震が発生し、その後はマグニチュード5クラスが数十回発生。そして、3月11日に本震が発生しました。今回もそれと類似していることから、当面は地震活動が収まるまで注意が必要です。

チリでは1960年に「マグニチュード9.5」という有史以来最大規模の地震を観測しました。マグニチュード9.5という数字は、東日本大震災の数倍に匹敵するエネルギーを持っている規模です。これが発生すれば、日本にも津波が押し寄せて来ることになるため、日本でも油断をせずに、チリ地震の動向に要注意しましょう。
*3月に入ってから太平洋一帯の電子数がずっと上昇しているのが不気味です。巨大地震の前兆かもしれません。


☆アメリカ地質調査所
URL http://earthquake.usgs.gov/

↓この1周間で発生した有感地震
20140326225635tirioki.jpg
20140326225556tirioki.jpg

☆チリ沖地震
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%AA%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87

引用:
1575年にチリ南部のバルディビア沖で発生。バルディビア地震を参照。
1604年にチリ北部で発生。
1737年にチリ南部のバルディビア沖で発生。
1837年にチリ南部のバルディビア沖で発生。
1868年にチリ北部アリカ沖で発生、アリカ地震を参照。
1877年にチリ北部イキケ沖で発生、イキケ地震を参照。
1906年にチリ中部で発生、M 8.6[1]。
1922年にチリ北部で発生、M 8.4[1]。
1928年にチリ中部で発生、M 8.3[1]。
1939年にチリ中部で発生、M 8.3[1]。
1943年にチリ中部で発生、M 8.3[1]。
1960年(昭和35年)5月にチリ南部のバルディビア沖で発生。チリ地震 (1960年)を参照。
2010年(平成22年)2月にチリ中部マウレ沖で発生。チリ地震 (2010年)を参照。
地震の概要[編集]

ペルー・チリ海溝では、ナスカプレートが南アメリカプレートの下にほぼ直線的に沈み込んでいる。このため、チリ周辺では数十年おきにM8以上の巨大地震が発生し、M9 以上の巨大地震は約300年間隔で発生している[2]。1960年の超巨大地震はMw 9.5に達し、有史以来最大規模の地震として有名である。
また、チリでの巨大地震では大きな津波が発生することがあり、太平洋に位置するハワイ諸島や地球の裏側に位置する日本列島まで津波が到達し、被害をもたらすことがある。
:引用終了

☆orangeflower08@orangeflower08
URL https://twitter.com/orangeflower08/status/448745945891471360/photo/1

引用:
南米チリの北部沖合で、過去1週間で小さな地震が「300回」も発生しているそうだ。地震学者が、これは大地震の予兆かもしれないと警告。137年ぶりの大地震になるのではないかと心配されている。
http://www.nbcnews.com/news/world/experts-chile-fear-catastrophe-300-quakes-hit-one-week-n61531 … pic.twitter.com/6tjQncNFJW
:引用終了

☆Unusual large number of tremors stirs fear in northern Chile
URL http://www.reuters.com/article/2014/03/25/us-chile-earthquake-tremors-idUSBREA2O1JN20140325

引用:
チリ北部では、最近発生した地震のあとで異常に多い地震が続いており、現地住民が落ち着かない日々を過ごしている。
チリ人は世界で最も地震が発生しやすい地域の一つに住んでいることから、国中で起きる普通の地震には慣れている。

しかし、チリ北部のタラパカ州では、3月16日に発生したM6.7の比較的強い地震のあと、異常なまでに多い地震が沿岸部にある州都イキケとピサグアの狭い地域で発生している。

チリ大学地震センターのマリオ・パルド所長は、「これはすでに異常だ」と話す。

「余震が多すぎて、M6.7の地震のみに関係しているとはいえない」

専門家によれば、300回以上発生した地震のうち、40回以上が体感できる強さだったという。いずれも損害を引き起こすほどではなかったが、週末に発生したM6.1の地震では停電が発生した。

(Reuters) - An unusually large number of tremors following a recent earthquake in northern Chile has unnerved local residents - emptying beaches, pushing up sales of emergency rations, and raising concerns about what may lie ahead for the copper-producing area.

Living in one of the world's most earthquake-prone zones, Chileans are accustomed to the regular tremors that ripple through their country, which has strict quake-proof regulations for construction.

But the far northern region of Tarapaca has undergone an unusually high number of tremors in a small area around the port towns of Iquique and Pisagua since a relatively strong magnitude 6.7 tremor hit on March 16.

"This is already unusual," said Mario Pardo, a director at the University of Chile's seismic center, on Tuesday. "There are too many aftershocks to be only associated with the 6.7 quake."

"This is an anomaly that has been extensive in terms of time and persistent in terms of magnitude."

Over 40 of the more than 300 tremors since the quake were strong enough to be felt by residents, according to experts. None have been large enough to cause damage, although a 6.1 tremor over the weekend caused an electricity outage.
:引用終了


☆NASAの電子数データ
URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

latest_rti20140326.gif

  以上は「真実を探すブログ」より
大地震の前兆の可能性が高いように思われます。日本も津波に注意が必要です。                            以上

「天のしるし」が現れる2014年(3)

政治、経済、歴史、スピリチュアル、良書の紹介 などを中心に主婦の目線で。
   ノア-01

第3神殿の建設は今年5月に始まる?

人類の歴史において、「イヤルの月」(太陽暦では5月前後)は巨大な変動が
起きた時であった。既述したイスラエル建国や、6日戦争だけではない。
イヤルの月はあの【ノアの大洪水】が始まった時でもあるのだ。

「それはノアの6百歳の2月(イヤル)17日であって、その日に
大いなる淵の源は、ことごとく破れ、天の窓が開けて、雨は四十
日、四十夜、地に降り注いだ。
(創世記7章11節)

イヤルの月17日に、大洪水が始まった。人々が「平和だ、平和だ」といってい
る矢先に突然大雨が降り出し、大洪水が世界を襲ったのである。

さらにイヤルの月は、イスラエル人にとってはエルサレム「第1神殿」の建設、
また「第2神殿」建設の始まった忘れられない時でもある。

「ソロモンがイスラエルの王となって第4のジフ(イヤルの旧名)の月、すなわち
2月にソロモンは主のために宮を建てることを始めた」(I列王記第6章1節)
これが第1神殿と呼ばれるものである(BC10世紀~)。

また第2神殿については、
「さてエルサレムの神の宮に帰った次の年の2月(イヤル)に、シャルテルの子
ゼルバベルとヨザダクの子エシュアはその兄弟である他の祭司、レビびとおよ
び捕囚からエルサレムに帰って来たすべての人々とともに工事を始め、20歳
以上のレビびとを立てて、主の宮の工事を監督させた」(エズラ記 第3章8節)
とある。

当時、第1神殿は新バビロニア王国の侵略によって破壊された状態だったが、
バビロン捕囚から帰って来たゼルバベルらは、イヤルの月に神殿再建に着手
した。これが第2神殿である。(BC6世紀~)。それは第1神殿と同じ場所に建
てられた。しかしこの神殿も、紀元1世紀にローマ軍によって破壊されてしまう。

以後、ユダヤ人は神殿を持っていない。だが彼らは将来、エルサレムに再建
される神殿を【第3神殿】と呼んでいる。

    モリヤ-01
     モリヤの丘(現在はイスラム教の神殿が建っている)

第3神殿の建設着手も、イヤルの月に起こるであろうか?その可能性は高い
といえるだろう。将来、第3神殿は第1神殿および第2神殿があったと同じ場所、
つまりエルサレムの旧市街にある【モリヤの丘】に建てられるとみられている。

モリヤの丘はイスラエルにとっても聖地であり、そこには岩のドームなどが建っ
ている。現在はイスラエルにありながら、イスラエル教指導者によって管理され
ている地なのだ。

現在のままでは、そこにユダヤ教の神殿を建てるのは不可能だ。
だから、もし第3神殿がモリヤの丘に建つのであれば、それは中東を激変させる
ような出来事が起こらなければならない。

ユダヤ教第3神殿の建設は、聖書の預言研究からすれば、キリスト再臨がさし
迫ったことを示す重要なしるしとなる。もし神殿建設が始まれば、単にユダヤ教
徒、キリスト教徒、イスラム教徒だけではなく、世界中を揺り動かす巨大イベント
となるだろう。(月刊ムー4月号より)

--------------------------------------------------------------------

「ノアの大洪水」が今年起こるわけではありませんので、心配しないてください。
ですが、大雨、洪水、津波、干ばつなどの水に関する災害は起きると思います。

さて、第3神殿の建設は今年始まるのでしょうか?かなり高い確率ではないで
しょうか。しかし建設しようとしても、モリヤの丘にはイスラム教の神殿が建って
いますので、先にそれを破壊しなければならないでしょうから、中東地域での
紛争は不可避になります。

それを知っているプーチン大統領、オバマ大統領、ローマ法王は、イスラム教
側とイスラエル側の和解に尽力してきたわけですが・・。以下の報道にみられ
るように、不穏なイスラエルの動きです。ウクライナ問題は、TVの解説者がい
うような陳腐なロシアの領土拡大などではなく、中東戦争不可避と判断したロ
シアが黒海から地中海、トルコへの中東上陸のためでもあるのです。(他にも
ありますけどね~)

イスラエル シリアを報復空爆 (3/20 NHK)

イスラエル軍は、隣国シリアにある複数の軍事関連施設を空爆したことを明らか
にし、前日にシリア側から受けた攻撃で兵士が負傷したことへの報復だとしてい
ます。(抜粋)

イスラエル首相が、軍にイラン攻撃の準備を指示

  (3/20 イラン・ジャパニーズ・ラジオ)
シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相が、同政権の軍に対し、今年のイラン
核施設攻撃に向け準備を継続するよう指示しました。イスラエルの新聞ハアレツが
19日水曜、伝えたところによりますと、イスラエルは、今年の予算の28億ドル以上
をイランへの軍事攻撃の準備のために割り当てているということです。(抜粋)

イスラエル外務省がスト 給与引き上げ求め、各国大使館も閉鎖

イスラエル外務省職員は23日、給与引き上げなどを求めて大規模なストライキを
開始、当局者は「(外務省の)オフィスを完全に閉鎖した」と述べた。世界各国にあ
る同国大使館も閉鎖された。
ロイター通信が報じた。ストは無期限とされ、5月に予
定されているローマ法王フランシスコのイスラエル訪問
などに影響が出ることも懸
念されている。(3/24 産経)

※ 5月にローマ法王がイスラエルを訪問する予定だということでお分かりでしょう。


関連記事
以上は「MUのブログ」より
現在の世界で今一番危険な国はイスラエルと米国です。この両国はどうにかして第三次世界大戦を起こそうと必死なのです。それをいまのところロシアのプーチン大統領が何とか食い止めているのが実情です。イラン・シリア・そして今度はウクライナでそのきっかけを作ろうとしているのです。                 以上
 
 

 

 

 

 

日本、米国に高濃度プルトニウム返還へ

2月 26 , 11:15 日本 米国に高濃度プルトニウム返還へ 日本 米国に高濃度プルトニウム返還へ © Photo: en.wikipedia.org 日本と米国は、日本が保有する高濃度プルトニウム約300キロの(核兵器40~50発分程度に相当)の米国への返還について最終的な交渉に入った。日本のマスコミが26日、伝えた。     オランダで3月に開催される核安全保障サミットで、プルトニウム返還に関する合意をまとめる意向だという。     日本は冷戦時代に、米国と英国から331キロのプルトニウムを受け取った。日本は初めプルトニウムの返還要求に対して、研究に必要だとして反対の立場を示していたが、米国が急激に圧力を強めたため、昨年末からプルトニウム返還に関する十分な協議を行うことで合意したという。     イタル・タス 国際, 北米・中南米, アジア・オセアニア, 日本関連, 米国, 政治 続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/2014_02_26/129182992/

以上は「ロシアの声」より

米国は日本の核武装を真剣に心配しだした証拠です。要は日本を信用していないのです。特に安倍政権の政治を見れば誰でも心配になります。「3.11テロ」はそのために起きたテロ事件です。この事件を単なる自然災害から起きたなどと理解しているようでは話になりません。国際政治の真の動きが見えてきません。  以上

プーチンは神への敬神で新世界秩序勢力に対抗

プーチンは神への敬神で新世界秩序勢力に対抗


敬虔なロシア正教徒であるプーチン大統領

◆3月20日

 このブログでは「新世界秩序(NWO)」について言及したことが最近多くなっていたが、やはりその点を指摘する人物が以下のように、まさにこのブログで指摘してきたような内容を総括したような記事を書いている。

 ここで重要なことは、このブログでも指摘したことだが、この新世界秩序勢力の背景はオカルト勢力であり、この記事の著者はそれをサタニズム(悪魔崇拝・悪魔主義)と呼んでいるのは正しい、ということだ。子供だましの話ではない。ヒトラーの話は象徴的である。彼の背後がそのようなオカルト勢力であったし、彼のカリスマ性はそのオカルト勢力によるものである。

 さて人間は神とサタンの間で、両者が取り合っている戦場のような存在だ、とロシアの文豪ドストエフスキーが語ったことがあった。誰でも根っからのサタニストでもないし、勿論聖人でもなく、その狭間を日夜揺れている存在であるから、サタニストとして終わるのか神への信仰(これは良心を大切にする、ということで置き換えられる)に立ち返るかは、最後まで決まってはいない。

 しかし、現在のところ世界で際立ってこの新世界秩序勢力に真っ向から対抗している存在は、ロシアのプーチン大統領であることは間違いない。彼に続く多くの人々がいることも確かだ。だから、新世界秩序勢力側は彼らのもくろみが成功するかしないかの瀬戸際に来ていることを知っているはずだ。それは世界の多くの人々が彼らの存在に気づき始めているからである。彼らの悪巧みが白日の下に晒され出しているからだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●プーチンは神への敬神で新世界秩序勢力に対抗
http://www.presstv.ir/detail/2014/03/19/355259/putin-puts-fear-of-god-in-nwo/
【3月20日 PressTV】

 クリミアの独立に際し、ヒラリー・クリントンはロシアのプーチン大統領は「新ヒトラー」だと言った。ズビグニュー・ブレジンスキーは、新しいヒトラーと言うだけでなく、ごろつき、厄介者、マフィア、ギャングそしてムッソリーニとまで言った。欧米の主流メディアはこの子供じみた呼び名に呼応している。

 何故、欧米の外交政策の推進者たちはプーチンをこれほどまでに恐れるのであろうか?

 それは、プーチンが欧米の侵略に立ちはだかっているからである-ウクライナだけではなく、シリアとイランでも。これらの国々やその他の国々を不安定化させようとする欧米の試みは、何十年に渡っている長期の侵略の最近の例に過ぎない:伝統的国家と価値の全面的な破壊、そして新世界秩序勢力による世界独裁支配体制の構築である。

 1953年のCIA-MI6のイランでのクーデター以来、欧米は正当なただし非協力的指導者らを転覆する同じやり方を使用してきた:まず最初に、国家経済を破壊する。それから、腐敗した軍将校らとごろつきどもを買収し、大通りで混乱を作り出す。その次に、(これは選択肢)狙撃手を雇って群衆に発砲させる-そして爆弾などをセットする。最後に、腐敗した部隊とギャングたちを送り標的になっている国の指導者らを倒し、支持者らを殺害したり投獄し、欧米の傀儡を指導者に立て、「秩序は復旧した」と宣言する。

 CIAは1953年、選挙で選出されたイランのモサデグ、1965年インドネシアのスカルノ、1973年チリのアレンデに対して行った。彼らは同じことをウクライナの正当な大統領であるヤヌコビッチに対して数週間前に行った。ネオコン政権転覆アパラチクであるヴィクトリア・ヌーランド(国務次官補)は、アメリカが50億ドルをウクライナの民主的に選出された大統領の政権を転覆させるために使ったことを認めた:そしてEU外相のキャサリン・アシュトンは、「ニュース」を議論し、マイダンの狙撃手はアメリカがスポンサーのクーデターの一部だと語った。

 ウクライナの人々は心配すべきだ。アメリカがスポンサーのクーデターが血なまぐさいものに急変する可能性があるのだ。・・・略
 シリアの大殺戮もまた、アメリカがすポンサーのクーデターであるということを理解すべきだ。

 NWO(新世界秩序)に操られるアメリカと西欧同盟国家はこれらのクーデター、軍事介入、不安定化キャンペーン、宣戦布告なしの戦争で何百万もの人々を殺害してきた。アンドレ・ブルチェクとノーム・チョムスキーの「欧米のテロリズム」によれば、殺害された人の合計は第二次世界大戦後で5000万人に上るという。この数字に拷問、虐待、不当逮捕、強制難民、あるいは欧米のテロリズムで生活を破壊された者たちの数を加えれば、犠牲者の数は数億人に上る。

 今日、アメリカのテロリズムとNATO同盟諸国は、傀儡政権を樹立することより、国家そのものを混乱に引きずり込むことの方に興味があるようだ。カダフィに対するCIA-NATOのクーデターは近代的国家としてのリビヤを破壊した。イラクの欧米支援の自作自演テロはイラクを分裂させている。シリアは欧米が支援するアサド打倒の謀略によって人々が殺戮の憂き目にあっている。ベネズエラもまた、CIA支援のクーデターの試みで不安定化させられている。

 簡単に言えば、新世界秩序-世界独裁体制を構築することに懸命な世界的銀行オリガルヒの影のグループは、抵抗する地上のどんな指導者でも打倒しようとしているのだ。ロシアのプーチン大統領はそれに抵抗している。それがため、欧米のプロパガンダ・マシンは彼の名を叫んでいるのだ。

 NWOの政権転覆陰謀に対抗することで最も成功しているロシアとイランは、それを神の名によって行っている。

 カトリックの知識人であるE.マイケル・ジョーンズによれば、1979年のイランの革命は、世俗主義による破壊に対する伝統的価値の世界的反動の開始を告げる一斉射撃であったという。1980年のロナルド・レーガンの選挙とポーランドの連帯運動の勃興のように、イランのイスラム共和国の台頭は戦闘的な世俗主義と無神論の20世紀の波に対する終焉と伝統的宗教のリバイバルを告げる画期的な出来事だった。

 プーチン大統領はロシアではその絶大な人気を誇っているのも、かれが伝統的宗教価値を守護しているためである。昨年12月の彼の国民に向けた大統領演説でプーチンは以下のように語った:「ユーロ・アトランチック諸国はキリスト者としての価値を含む、その根本から離脱した・・・子だくさんの家庭と同性パートナーシップ、神への信仰と悪魔への信心を同列にするような政策を追求している」

 プーチンの悪魔主義の引用は新秩序エリートたちに対する鋭い非難である。このエリートたちは確かに戦闘的世俗主義を打倒しようとしている社会に押し付けているが、彼らは隠れたサタニスト(悪魔主義者)なのだ。だれでもこれを疑う者は、「Lt. Col. Michael Aquino」の名前を検索エンジンで調べてみればよい。アキノ(Aquino)は、公然と自分がサタニストであることを認めた人物で、確かな筋から、大量の子供たちを虐待したことで非難されたのだが、彼はその子供たちに対する犯罪でアメリカ軍の心理戦争チーフに任命されることで報われたのだ。

 宗教と伝統に対するNWOの戦争の衝撃の軍隊はネオコンである。オペレーション・グラディオのテロリストであるマイケル・リーデンは以下のように説明する:「創造的破壊は我々のミドル・ネームだ。我々の内部と外国の両方で。我々は旧い秩序を毎日破壊する、ビジネスから化学、文学、芸術、建築、映画、政治そして法律まで。我々の敵は彼らの伝統を脅かすこの目まぐるしいエネルギーと創造性を嫌悪してきたし、歩調を合わせることができないことを恥じていた・・・我々は我々の歴史的使命を推進するために彼らを破壊しなければならない」

 プーチンは新世界秩序の「創造的破壊」をシリアとウクライナで阻止している。彼はNWOに抵抗する増大する同盟の一人である-単なる宗教的伝統主義者ではなく、南米で反帝国主義に触発されたウゴ・チャベスを含む、積極的な反グローバリズム主義者である。

 我々は、正義とか礼儀などの神聖な価値観を共にする者たちVSこれら一切の価値を破壊せんとする者たち、との間の壮大な戦いに直面している。
 新世界秩序勢力に神への敬神で対抗しているプーチン大統領に神の祝福があるように!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上は「rockway express」より
今世界を引っ掻き回している連中は「9.11テロ」「ロンドンテロ」「3.11テロ」等を引き起こした連中です。この連中がソチ五輪期間中を悪用してウクライナを暴力で政権奪取したんpです。 

福島、事故から3年、子供たちの健康の追跡調査が続いている

福島:事故から3年、子供たちの健康の追跡調査が続いている (RFI)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/792.html

投稿者 無段活用 日時 2014 年 3 月 15 日 19:08:39: 2iUYbJALJ4TtU

   

(Fukushima : trois ans après, la santé des enfants suivie à la trace: RFI)
http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20140310-japon-fukushima-trois-ans-apres-sante-enfants-cancer-thyroide/



日本原子力健康・医療


発表 2014年3月11日・最終更新 2014年3月11日09:01


福島:事故から3年、子供たちの健康の追跡調査が続いている


記者 クレール・アルスノー

福島原発の大事故から3年、既に27人の子供が甲状腺ガンの手術を受けており、別の32人に精密検査が必要だ。
DR

3年前の今日、2011年3月11日、福島はマグニチュード9の地震とそれに続く破壊的な津波に見舞われた。その時、山のような水が第1原発に襲いかかり、施設の冷却設備が全て使用できなくなる。大量の放射能漏れのために地域は居住不可能となった。それから3年、健康診断が進行中であり、子供たちの健康について高度のモニタリングが続いている。

福島原発や汚染地域では放射能の除去作業が続いている。合計13,000平方kmを1センチ1センチと洗浄していかなければならないという、超人的な作業だ。公的な数字によれば、全国で津波による死者が15,880人、行方不明者が2,694人となっている。福島県の当局者たちによれば、あの大事故の後、1,656人がストレスや合併症のために亡くなった。災害そのもののために亡くなった県民は1,607人で、それよりも多い。

子供たちを対象に

放出された放射性物質は大量だったとされ、それは現在も続いているが、放射線に直接結びつく死者は、公式には1件も報告されていない。しかし、放射性元素に被曝した後、ガンなどの病気が現れるまで数年を要することが、経験によって示されている。そのため、日本の保健機関は、事故現場の体系的なモニタリングを実施することになった。モニタリングは作業者や一般住民などの他に、特に子供たちを対象にしている。

確かに、放射線に最も脆弱なのは最も若い人たちだ。そのため、2011年の時点で汚染に晒された区域に居住していた子供たちと少年少女、約360,000人の健康を継続的に調査するために、疫学的な研究が進行中だ。この子供たちは皆、大事故が発生してから地元自治体が規制基準を発効させるまでの数週間に、食べ物によって放射性元素を摂取した。

そのため、彼らの1人1人が追跡調査を受けている。調査では、超音波検査や、さらに疑いある症例に対しては生体組織診断によって、特に甲状腺の評価などが行われる。福島医科大学が報告した2013年12月時点での最新の数字によれば、2011年4月から2013年9月までに、既に226,000人の子供たちが最初の超音波検査を受け、2014年4月までには全ての症例が見つかるだろう。この子供たちのうち、27人が甲状腺ガンと診断されて手術を受けた。また、別の32人がさらに精密検査を受けることになっている。

「福島効果」か否か


福島県では、子供たちは放射線被曝を抑えるために室内の砂場で遊ぶ。2014年2月28日、郡山にて。
REUTERS/Toru Hanai

福島県の保健当局者たちによれば、こうした甲状腺ガンの症例の原因は2011年の原発事故でないだろう。チェルノブイリでは被曝から4~5年経たなければ甲状腺ガンは発症しなったことを証拠に、彼らはそうであって欲しいと考えている。断定的というよりむしろ慎重に、放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)のジャン-ルネ・ジュルダン副部長は、この数字から結論を引き出すことは不可能ではないにしろ難しいと認める。「子供たちの甲状腺ガンのデータは事故前には1つも存在しなかった」と、彼は強調する。「そのため、現実の状況を『通常』の状況と比較することはできない。」

そのため、見解を述べるのは保留にして、まず、年を経て出た結果同士を比較しなければならないだろう。確かに、モニタリング計画では、被曝した子供たちは追跡調査の対象となり、事故後20年間は2年おきに、そしてその後は5年おきに検査が行われる。新たなガンの症例が恒常的に発生し続けた場合、「福島効果」は存在しないとの結論を導くことが可能となり、逆の事態が現れた場合はそこから必要な結論を導く必要があるだろう。

行動障害


事故に遭った発電所構内から50kmの児童公園にガイガーカウンターが設置されており、放射線量を計測している。二本松にて、2013年2月25日撮影。
REUTERS/Chris Meyers



しかし、放射線が影響を与えた可能性の如何について結論を出すために、福島医科大学の科学者たちは、子供たちから外科的に採取した腫瘍の遺伝子分析を既に始めたと言われている。それでも、いつか直接的な関連を証明できるような遺伝子の突然変異を分離できたとしても、それには時間がかかるだろう。それ以上確かなことは何もないと、この調査の責任者・鈴木真一教授は述べている。

子供たちの心の健康もまた、医療関係者たちの注目の対象となっている。東北大学(仙台)の研究者たちが実施した検察結果によれば、あの津波を体験した3~5歳の幼児の4分の1が行動障害に苦しんでいる。この問題は、突然暴力を振るったり、引きこもり・めまい・吐き気・頭痛などといった形で現れている。この症状に苦しむ子供たちの数は、2011年の大災害から免れた日本の他地域で認められる数と比較して、3倍近くになっている。


---------------------------------------


(投稿者より)

RFIサイトに掲載された記事です。誤訳があるかも知れません。ご容赦下さい。

ドイツZDF、同じくドイツARD、そして、フランス3のような告発調のレポートではありませんが、現時点で事実として把握できる範囲で、原発事故が人々の健康に及ぼす影響がまとめられています。

甲状腺ガンの数字ですが、2013年12月末時点では34件の手術が行なわれ、33人が甲状腺ガン(1人は良性腫瘍)だったと確定したとのことです。11日にこれを「報道ステーション」が扱い、話題になっています。

以上は「阿修羅」より

将来のある子どもたちは即移住させるのが一番です。モルモットにされてはかわいそうです。決定権者の子どもがいればどうするつもりなのか聞きたいところです。以上

武器輸出から、日米の国柄の一体化へ

武器輸出から、日米の国柄の一体化へ

知られているように、わが国はこれまで武器輸出三原則にしたがって、以下の国への武器輸出を禁じてきた。

1 共産圏諸国向けの場合

2 国連決議により武器等の輸出が禁止されている国向けの場合

3 国際紛争の当事国又はそのおそれのある国向けの場合

これは、1967年に、当時の佐藤内閣で決められたものだった。それが1976年に三木内閣によって、その他の国にも輸出を「慎む」として全面禁輸へ拡大した。

1 三原則対象地域については「武器」の輸出を認めない。

2 三原則対象地域以外の地域については憲法及び外国為替及び外国貿易管理法の精神にのっとり、「武器」の輸出を慎むものとする。

3 武器製造関連設備の輸出については、「武器」に準じて取り扱うものとする。

いずれも自民党政権によって決められたものであり、今から考えると隔世の感がある。

この後、民主党政権時代に野田佳彦が、武器輸出三原則の見直しに積極的であり、野田内閣で、2011年に官房長官談話を発表している。

1 平和貢献・国際協力に伴う案件は、防衛装備品の海外移転を可能とする。

2 目的外使用、第三国移転がないことが担保されるなど厳格な管理を前提とする(目的外使用、第三国移転を行う場合は、日本への事前同意を義務付ける)。

3 わが国と安全保障面で協力関係があり、その国との共同開発・生産がわが国の安全保障に資する場合に実施する。

民主党というのは、野党時代と与党時代とでは、まったく立ち位置を変える政党である。本質は第二自民党なのだが、それを露骨に現したのが上記の野田内閣の官房長官談話である。

2月23日に、野田佳彦が、「中道リベラルや穏健な保守の担い手がなくなったのが日本の最大の課題だ。中核になり得るのは民主党だ」と語った。

これはまったく筋金入りの嘘吐きの言葉であり、政権に返り咲けば、野田は、中国との開戦に安倍以上に前のめりになる可能性が高い。

今回、安倍晋三がやろうとしている武器輸出の新たな三原則(案)とは、以下のものである。これまでの原則である「3 国際紛争の当事国又はそのおそれのある国向けの場合」を削除してしまった。( )内は兵頭の注である。

ƒjƒRƒjƒR’´‰ï‹c‚QEíŽÔ‚ɏæ‚éˆÀ”{Žñ‘Š

1 国際的な平和及び安全の維持を妨げることが明らかな場合は輸出しない

(これは最近、珍しいほどの間抜けが作った原則である。武器の輸出自体が、「平和及び安全」を破壊し、戦火を拡大するのである。これだと永久に武器の輸出はできないことになる。

百歩譲って考えたところで、「国際的な平和及び安全の維持」は、日米が決める、都合のいい平和と安全になるだろう。

「積極的平和主義」の美名のもとに、紛争の一方の当事者に、戦争を終わらせるために「積極的」に武器を輸出するといった、屁理屈が横行することになろう

ちなみに安倍晋三の「積極的平和主義」とは、憲法9条の「積極的非武装平和主義」に対抗した、ふざけたキーワードで、その正体は「積極的武装戦争主義」である)

2 輸出を認め得る場合を限定し、厳格審査

(これも霞が関文学の死語である。霞が関文学で「限定」「厳格」といったときは、何もしないと語っているのと同じである。

どのように「限定」し、どのように「厳格審査」するのか、それが出てきて初めて議論になるのだが、たとえ出てきても、経済産業省が最終的に輸出の許可・不許可を判断するのだから、三菱などの軍需産業の意向に逆らう筈がない。

難しい案件はNSCで審議することになるが、その座長は三菱と縁戚関係のある安倍晋三なので、首相の一存で、簡単に輸出が了承されることとなろう)

3 目的外使用及び第三国移転について適正管理が確保される場合に限定

(これは笑い話の類いの原則である。「目的外使用及び第三国移転」など、輸入したがっている相手が、日本の条件に逆らう筈がない。もみ手をして丸呑みするであろう。

また戦争の現場では、負けた側の大量の兵器が、勝った側の戦利品となる。一度輸出した武器は、輸出国の「管理」など離れて戦場で拡散してゆくのである)

ブログランキング・にほんブログ村へ

この新たな武器輸出の三原則は、与党の公明党との協議にかけられる。文字通り、公明党の正念場になる。

自民党の安倍晋三は、これまで原発輸出、消費税増税、NSC、特定秘密保護法、と突き進んできた。公明党はそのどれにも賛成してきた。

安倍晋三は、これから解釈改憲で集団的自衛権を確立し、米国の傭兵となった自衛隊が海外へ派兵されることになる。

Japan navy 8

創価学会の「創価学会・概要」によると、「1930(昭和5)年の創立以来、日本では827万世帯、海外にも192か国・地域の会員が日蓮大聖人の仏法を実践し、各国の繁栄と平和を願い、活動しています」ということになっている。

公明党が集団的自衛権に賛成すると、自衛隊が、192か国に広がっている外国の創価学会員を、戦場で殺害するということも起きてくる。

公明党はこれでもいいのだろうか。

公明党はこれまで暴走する自民党のブレーキ役を自認してきた。しかし世間は必ずしもそのように見ていない。消費税増税、特定秘密保護法と、公明党はすべて最後は自民党のアクセルになってきた、というのが世間の見方だ。

言葉の本来の意味において、日蓮の教えを生きるかどうかが、公明党に問われている。

安倍晋三の政治は、金儲けのためには、原発も輸出するし、武器も輸出するという、卑しい、醜い政治である。美しい日本とは言葉だけのものであり、かれが実現しようとしているのは、放射能と戦火に塗れる醜い世界なのだ。

こういうのを戦後レジームの転換というなら、それは愚かな政治で国を滅亡させた戦前への回帰を意味しよう。けっして未来への賢い選択ではない。

外国に輸出した武器は、戦争に使われ、兵士ばかりか、老人や子ども、女性を巻き添えにして殺す。

burial dog

日本は、確かに直接的には戦場に出ない。しかし、間接的な戦争をやるのである。

武器売却の商人が「死の商人」と蔑まれるのは、他国の戦争を煽って、金を儲けるからだ。

ここでわたしたちは、もう一度憲法の前文と、第9条を読み返す必要がある。この国の原点復帰だ。

Nagasaki cremation boy

「焼き場に立つ少年」というこの写真は、報道写真家のジョー・オダネルが、1945年に長崎の爆心地で撮影したものだ。

かれはこの写真を撮ったときの模様を、次のように書いている。

「佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。

すると、白いマスクをかけた男達が目に入りました。

男達は、60センチ程の深さにえぐった穴のそばで、作業をしていました。

荷車に山積みにした死体を、石灰の燃える穴の中に、次々と入れていたのです。

10歳ぐらいの少年が、歩いてくるのが目に留まりました。

おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。

弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は、当時の日本でよく目にする光景でした。

しかし、この少年の様子は、はっきりと違っています。

重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという、強い意志が感じられました。

しかも裸足です。

少年は、焼き場のふちまで来ると、硬い表情で、目を凝らして立ち尽くしています。

背中の赤ん坊は、ぐっすり眠っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。

少年は焼き場のふちに、5分か10分、立っていたでしょうか。

白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。

この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に、初めて気付いたのです。

男達は、幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。

まず幼い肉体が火に溶ける、ジューという音がしました。

それから、まばゆい程の炎が、さっと舞い立ちました。

真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を、赤く照らしました。

その時です。

炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気が付いたのは。

少年が、あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、ただ少年の下唇に、赤くにじんでいました。

夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま、焼き場を去っていきました」

ブログランキング・にほんブログ村へ

この続きは、 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

米国の世界最大の太陽熱発電所、焼き鳥も大量生産していた

産していた(livedoor News)

米国の世界最大の太陽熱発電所 電気だけでなく”焼き鳥”も大量生産していた(livedoor News)

太陽熱発電所

太陽熱発電所

ラスベガスに近いモハーヴェ砂漠に建造され、最近稼働を始めた世界最大の太陽熱発電所で、愛鳥家にとってショックな事故が頻発しているそうです。

太陽熱発電とは、太陽光を反射鏡で集めて発生させた熱で蒸気タービンを回して電気を得る発電方法です。『ソーラー・システム』と言ったほうが通りのいい人もいるかもしれません。550℃あたりまで加熱・蓄熱が可能な溶融塩を熱媒にすることで夜間もタービンを回し続けることができるため、太陽光発電よりもずっと高効率で安定的な再生可能エネルギーとして期待されています。

モハーヴェ砂漠の『イヴァンパー太陽熱発電所』は、総出力40万kW・14万世帯の電力を賄うことができる世界最大規模のタワー型太陽熱発電施設として建設されました。同心円状に設置された30万枚以上の反射鏡をコンピュータ制御して中央のタワー上部にある集熱器を加熱しています。

本来ならば、環境を汚さずに大量の電気を生み出し、2100人もの雇用を創出してくれるありがたい施設になるはずだったのですが、ある問題が発生してしまいました。


太陽によって熱せられた反射鏡に近寄ってきた鳥たちが丸焦げになって死んでいるというのです。焼き殺された鳥の中には、ハヤブサ、カイツブリ、タカやスズメなど様々な種類がいたそうです。ある生物学者は、反射鏡が湖のように見えるために鳥が降りてきてしまうのかもしれないと分析しています。

電力会社は建設中の段階で、数十羽もの焼け死んだ鳥が施設周辺で見つかったことを報告しており、環境当局もその問題を把握していましたが、巨大プロジェクトの前には小さな問題として無視されてしまったようです。環境当局は今後2年間の調査をした上で解決策を検討したいとしています。

国家的巨大プロジェクトは、いったんゴーサインが出てしまうとあちこちの利権が絡んでいるせいで止めることが難しいのは、日本もアメリカも同じですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/8556164/

 

                                                                     

Filed under: 10.電力・エネルギー

以上は「finance green watch」より

この自然には人間だけでなくいろんな生物も一緒に共存しているのですね!他の生物の事も考える必要があります。今の人類はあまりにも自分がって過ぎるきらいがあります。やがてそれは人類に返ってくることになります。                 以上

アベノミクスで日本の富580兆円が消えた(2/2)

クレディ・スイスが衝撃リポート 「アベノミクスで日本の富580兆円が消えた」   

 

     

                             

      
クレディ・スイスのHPより
 経済アナリストの菊池英博氏が言う。
「今年上半期の貿易収支を見ると、約5兆円の赤字でした。過去最大の赤字幅ですが、これも円安の影響で、エネルギーなどの輸入コストが高騰しているせいです。極端な円安によって、フローで見れば所得の移転、ストックで見れば評価損が起こっている。円安で輸出企業が儲かったといっても、為替のおかげで輸出額が増えただけで、数量ベースでは増えていない。アベノミクスの異次元緩和と円安誘導によって、国民の富がどんどん海外に流出しているのです。円安は国力を失わせ、国民の富をいや応なく奪っていく。国民生活にとって何もいいことはありません」

 安倍首相が盛んにアピールするGDP成長率も、ドル換算すれば大幅マイナスだ。国力を失わせるだけのアベノミクスなんて、何の意味もない。   
 

         
関連記事

以上は「gendai net」より

エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき(5/8)

「原発のメリット? デメリットだらけの疫病神だ」
エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき
――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人

previous page
5
nextpage

 J-PARKに代表されるような、新しい原子力の利用を進めようということを訴えていました。原発と違って、直接J-PARKは村にカネをもたらさないんだけど、社会的な価値、文化的な価値、これはものすごく高い。これを村の宝にしようと。

 それを形にした構想が「TOKAI原子力サイエンスタウン構想」なんです。経済的な価値をすぐに求めるのではなくて、社会的な価値を大事にする。日本、アジア、世界で最先端の原子力の研究機関にしようということです。

――村上さんはJCO臨界事故をご経験されています。日本で初めての周辺住民の避難指示を出す事態になりました。あのような事故を経験してもなお、原子力関連施設を村の発展に利用しようと考えたのはなぜなのでしょうか。原子力関連の施設の誘致をいっさい止めるという判断もあったのではないでしょうか。

 それはしなかった。なぜかというと、原子力は東海村の文化でもあるんだよ。産業的な意味もあるしね。東海村の歴史のなかで、50年間、文化としてビルトインされている。原子力というのは、東海村にとってそういう存在なんだよ。

――文化というのはどういうことでしょうか。

「人」だよ。東海村は研究所を受け入れたという認識。まあ、それが実際はちょっと違って、村民が考えていたもの以外のものもワンセットで入ってきちゃったわけなんだけどな。当時の国は、研究所を作って、早く国内に第1号の原子力発電所を作りたがっていたからね。

 でもね、村民はだれも異議を唱えなかった。なぜかというと、それが東海村の発展につながるだろうと、みんなが思っていたんだ。実際に、日本各地からたくさんの新しい人が移住してきた。その人たちは東海村の人たちと融合していった。他の地域から来た人は、さまざまな文化を持ってきて、東海村の村民意識の向上に貢献してくれた。人の往来が生まれたことで、閉鎖的で排他的だった村が、だんだんと開放的な村に変わっていった。

 だから、「人」だって言っているんだよ。カネよりも人なんだ。

科学的な精神を持っていない
想定できたのに対処はしなかった

――JCO臨界事故での対応を思い返してみて、福島第一原発の事故対応について、どのように見ていましたか。

 変わらないなあ。全然、変わっていない。結局、準備が何もできていなかったよ。まったく想定していない。想定外だったんだよ、あの地震も津波も。1000年に1度の地震だ、とか言っているでしょう。都合がいいんだよ、1000年に1度っていう言葉は。

次のページ>> 彼らの持っている前提は非科学的なんだよ

以上は「diamond online」より

2014年3月29日 (土)

消えたマレーシア航空機とロスチャイルドの関係

消えたマレーシア航空機とロスチャイルドの関係

消えたマレーシア航空機に関してマレーシア政府はオーストラリア沖で発見された残骸はマレーシア航空機の一部であり、この飛行機は海に墜落した可能性が大きいと発表したようです、が。。。どうもこのような結論に達しているのには何か裏があるような気がしてなりません。
この飛行機の消息を絶つことで、一石数鳥を得ようとしていた連中がいるのです。
もちろん、それを指揮していたのはいつものロスチャイルドでしょう。
まず、飛行機をレーダーから消して飛行機の行先を分からないようにさせ、どこかに着陸させ、その後、乗客を監禁?(或いは地下の秘密実験室で開発させる?)した上で、この飛行機を(アメリカの)自作自演テロ攻撃に使おうとしていた。
次に、この飛行機には以下の記事の通り、ある半導体の特許権者である重要なエンジニアが乗っていました。彼らの消息を絶つことでロスチャイルドが特許権を独占できます。
その間、中国が南シナ海の監視を強化し(台湾を乗っ取る計画も同時進行)、南シナ海を占拠する。ちなみに中国はロスチャイルド配下。その上にバチカンが!
この飛行機事故を指揮したのはロスチャイルドであり、米政府、中国政府なども関与したと思っています。。。
ただ、この飛行機はテロ攻撃に使われることはないだろうと思っています。このように情報が洩れてしまうと、飛行機のテロ攻撃もそう簡単には起こせなくなったからです。
このように、様々な事件が明るみになると、イルミナティの(今回はロスチャイルド)残忍さ、強欲さが、悪い意味で超人的だというのが分かります。彼らは頭の狂ったサイコパス集団であり、邪悪な宇宙人に魂を乗っ取られてしまっています。

http://beforeitsnews.com/politics/2014/03/rothschild-takes-down-malaysian-airliner-mh370-to-gain-rights-to-a-semiconductor-patent-getting-rid-of-those-who-stood-in-his-way-2607888.html
(概要)
3月24日付け:

マレーシア航空機(370便)が消息を絶ったお蔭で、億万長者のジェイコブ・ロスチャイルドは重要な半導体の特許権を独占することができました。
これは単なる偶然ではないようです。
イルミナティのロスチャイルドはマレーシア航空機に手を出して、重要なKL03マイクロチップの特許権を独占しました。
アメリカ、テキサス州オースチンにある米半導体会社(フリースケール・セミコンダクターズ社 
Freescale Semiconductor)はロスチャイルドと特許権を共有していますが、飛行機が消息を絶つ前日に、軍のレーダーシステムに使う新型の電子戦用装置を開発した20人の社員(フリースケール社)がこの飛行機に乗っていました。

フリースケール社はマイクロプロセッサー、センサー、独立型半導体などの装置を開発している会社です。
ではなぜ、この会社の社員20人が共にこの飛行機に乗っていたのでしょうか

この飛行機の乗客239人のうちの殆どが中国やマレーシアの半導体工場で製造されるチップを開発していた人たちです。
彼らはこの分野に関して経験豊かで専門的知識が豊富なエンジニアです。彼らを失うということは会社にとって大きな損失となります。
フリースケール社のウェブサイトでは、会社が創設されたのは1972年であり、8ヘクタールの広さのある工場でマイクロプロセッサー、デジタルシグナルプロセッサー、統合RF回路などを検査、製造していると説明しています。さらに、航空宇宙と防衛関連のFR装置(戦場コミュニケーション、航空電子装置、HFレーダー、L&Sバンド、ミサイル誘導制御装置、電子専用装置、IFF)を独自に開発していると記されています。

この会社の株主はカーライル・グループであり、かつて、ジョージ・ブッシュSr(パパブッシュ)元大統領とジョン・メイジャー元英首相がこの会社の顧問をしていました。
さらにカーライル・グループ傘下の会社の元顧客に、オサマ・ビン・ラディンの家族が所有する建設会社(サウジ・ビンラーディン社)が含まれていたのです。

マレーシア航空機がレーダーから消えた後、さらに6時間も飛行していたとすると、グローバル・エリートらがこの事件に関与していたことは確かです。
(中略)
この飛行機が消息を絶った4日後に、ある半導体の特許が米特許局により承認されました。この特許品には5人の特許権者がおり、それぞれ20%ずつ共有しています。特許権者の1人が、上記の半導体会社(フリースケール社)の所有者だったのです。特許権者のうち、4人が中国人エンジニアで全員が蘇州出身です

特許権者は法的に後継者に富を譲渡すことで利益を修正することができます。しかし、特許品が承認されなければそのようなことはできません。飛行機が消息を絶った時、特許はまだ承認されていませんでした。
フリースケール社の特許(US650327)は存在していますが、この飛行機の乗客名簿にこの会社の特許権者の名前は載っていませんでした。

もし特許権を共有する一部の特許権者が死亡すれば、残りの特許権者の間で(死亡した特許権者の分を)特許権を分け合うことができます。つまり4人の中国人(特許権者)が死亡したなら、残りの特許権者が彼らの分も所有できるということです。残りの特許権者はフリースケール社の所有者だったのです。
では、フリースケール社を所有しているのは誰でしょうか。それは。。。ジェイコブ・ロスチャイルドです。彼はイギリスの億万長者であり、ブラックストーン社を所有しています。この会社がフリースケール社を所有しているのです。ロスチャイルドはドイツ系ユダヤ人であり、世界の金融界を支配しています。19世紀に銀行家、投資家としてヨーロッパ中で影響力を行使した一家です。
ロスチャイルドは証拠を隠して、この特許権を独占しようとしています。ロスチャイルドは富と権力をわが物にしたいのです。そのために飛行機の乗客を全員殺害したのかもしれません。これも彼の人口削減計画の一環なのかもしれません。常に最後には彼が世界の富と権力を獲得するのです。そして世界はそれに対して沈黙しています。

TO See Patent Upclose: http://truthnewsinternational.files.wordpress.com/2014/03/us008671381.pdf

核戦争だけでなく、経済戦争も避けたい米国の苦境

核戦争だけでなく、決済通貨としてのドルの地位を危うくする経済戦争も避けたい米国政府の苦境                   

カテゴリ:カテゴリ未分類    
     ウクライナの経済は破綻している。EUと「連合協定」の締結に向けた準備を停止、ロシアとの協議を再開するとビクトル・ヤヌコビッチ大統領が11月21日に発表した最大の理由もここにある。天然ガスの価格の30%値下げ、150億ドルの支援をロシア政府が提示し、それを受け入れたのだ。EUとの協定が導く先にはギリシャのような状況が待ち受けている。

 ロシアにとってウクライナは地政学的に重要な意味を持っている。1990年に東西ドイツの統一が問題になっていた際、アメリカの国務長官だったジェームズ・ベイカーはソ連の外務大臣だったエドゥアルド・シュワルナゼに対し、東へNATOを拡大することはないと約束、ソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領はそれを真に受けた。

 ところが、1991年にスロベニア、クロアチア、マケドニア、そして翌年にボスニア・ヘルツェゴビナがユーゴスラビアからの独立を宣言、それに対してセルビア・モンテネグロがユーゴスラビア連邦共和国を結成するのだが、そこからコソボが分離独立を図る。一連の独立を「西側」は支援、NATOは東へ拡大していく。そして1999年にNATOはユーゴスラビアを先制攻撃するのだが、その際、爆撃を正当化するために流された話はことごとく嘘だった。

 旧ソ連圏からのNATO加盟国は、1999年にチェコ、ハンガリー、ポーランド、2004年にブルガリア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、2009年にアルバニア、クロアチア。エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国にはNATO系の軍事訓練施設があり、ポーランドやリトアニアなどにはCIAの秘密尋問(拷問)施設が設置されている。

 グルジアでは「バラ革命」、そして到達したのがウクライナ。「オレンジ革命」でビクトル・ユシチェンコが大統領に就任するが、いずれも「西側」の支配層や、その同盟者であるオリガルヒが仕掛けたものだ。ウクライナを「西側」が制圧すればロシアを弱体化させることができ、世界支配が実現するのだが、逆にロシアが押さえたなら、ロシアの影響力はEU、そして世界へと広がっていくと考える人は少なくない。つまり「唯一の超大国アメリカ」は実現できない。ウクライナは重要な位置にある。

 軍事的に最も重要視されているのは、クリミアのセバストポリにあるロシア海軍黒海艦隊の軍港。クリミアが住民投票を経て独立、ロシアへ編入されたなら、ネオ・ナチを使ってクーデターを起こした意味が半減してしまう。

 ロシア軍が実際に軍事侵攻してくれば軍事的に対応することも可能だが、今のところロシアは演習で威嚇しているだけ。そこで「経済制裁」という声が出てくるわけだが、経済戦争になるとEUは勿論、アメリカも崩壊する。アメリカの財務省証券を投げ売りし、ロシアの石油や天然ガスを購入している国々に対し、ドル以外の通貨を要求するだけでもアメリカには致命的なダメージになる。

 立場上、アメリカ政府はロシアに対して強く出なければならないのだろうが、全面核兵器だけでなく、経済戦争も避けたいと考えているはず。イスラエルのモシェ・ヤーロン国防相はアメリカ政府を弱腰だと批判、それに同調している人もいるようだが、あらゆる意味で、そうしたことのできる状況ではない。ウラジミル・プーチン露大統領は「西側」の制裁を相手にしないとしているが、すでに「西側」が報復を恐れていることを理解しているから出てくる発言だ。ロシアのウクライナ救済策を取りやめるだけでも大きな影響が出ている。

 地政学的な重要性だけでなく、「西側」にとってウクライナには経済的な魅力もある。有名な穀倉地帯であり、東部には工業都市も存在する。そこで、モンサントカーギルなどのアグリビジネスやシェブロンのような巨大石油企業も食指を伸ばしてきた。EUと結びつくと、巨大資本の食い物になるということだ。

 シェブロンは11月5日、ウクライナ西部で石油と天然ガスを50年間、開発することでウクライナ政府と合意、昨年12月13日にヌランド次官補が米国ウクライナ基金の大会で演壇に登場した際、彼女の背後にはシェブロンのマークが飾られていた。

 ところが、11月21日、ウクライナ政府はEUと経済や政治などでの関係を強化する「連合協定」の締結に向けた準備を停止、ロシアとの協議を再開すると発表する。ロシア政府が天然ガスの価格を30%値下げし、150億ドルを支援すると提案、その好条件を受け入れたのだ。EUの実態を見てもわかるように、巨大資本は所詮、ターゲット国を食い物にするだけで、ロシア側の提案に乗ったのは当然だった。

 そして、キエフではビクトル・ヤヌコビッチ大統領に対する抗議活動が始まる。2月21日に平和協定が調印され、事態が収束に向かいそうになったところでネオ・ナチが狙撃を始めて死者が急増、クーデターを成功させたわけである。その「功績」で現在、キエフではネオ・ナチが主導権を握ったようだ。アメリカはアル・カイダに続き、ネオ・ナチというモンスターを育て上げた。

 その一方、キエフの暫定政権は「西側」との関係を強化する方向へ動いている。IMFが支援すると言われているが、カネを貸すというだけのこと。そのカネは支配層の懐へ入ってしまい、「西側」の金融機関へ還流していくのだろう。そして庶民は借金の返済を迫られ、緊縮政策を押しつけられる。

 いわゆる「オレンジ革命」を経て大統領になったユシチェンコにしろ、今回のクーデターで首相になったアルセニー・ヤツェニュクにしろ、銀行出身でウクライナ国立銀行のトップを経験している。「西側」の金融機関にとっては好ましいのだろうが、ウクライナの庶民にとっては最悪。庶民の不満をネオ・ナチが抑え込むことになりそうだ。「西側」の支配された状態で自由や民主主義を実現することは困難で、庶民が豊かさを実現することも不可能に近い。    
以上は「櫻井ジャーナル」より
ウクライナにおける欧米の自分がってな行動はうまく行くはずはありません。最終的には常識的な結論に落ち着くことになるでしょう。そうでなければ騒動はなくなりません。一部の利権者だけを優先させた政策はいずれ崩壊するのです。安倍政権の政策も同様です。以上

ウクライナにおける米国の駐在武官とウクライナの将校がロシア軍を装ってウクライナ軍を襲う謀議か

米国の駐在武官補佐官とウクライナ参謀本部の将校がロシア軍を装ってウクライナ軍を襲う謀議か                   

カテゴリ:カテゴリ未分類    
     エドワード・スノーデンの内部告発により、アメリカとイギリスが電子情報機関を使って全世界の人びとの通信を傍受、記録、分析していることを多くの人が知るようになったが、ここにきてアメリカの悪事が盗聴で明らかにされている。「西側」のメディアは知らない振りをしているが、インターネット上に広がった情報を消し去ることはできない。

 最近の例では、「アノニマス」と名乗る集団によるハッキングがある。彼らがハッキングで入手した電子メールの中には、アメリカの駐在武官補佐官ジェイソン・グレシュ中佐とウクライナ参謀本部のイーゴリ・プロツュクとの間で交わされたものも含まれていた。

 それによると、ロシア軍の軍服を着せた戦闘員にウクライナ軍基地を襲撃させ、ロシアがウクライナへ侵攻しているように見せかけようとしていた。ロシア軍の特殊部隊を装ってメリトポールのウクライナ空軍第25基地を3月15日までに、つまりクリミアで住民投票が行われる前に襲撃するよう、グレシュ中佐は指示しているのだ。

 この電子メールの真偽は不明だが、キューバへの軍事侵攻を正当化するために立てられた偽旗作戦「ノースウッズ」と基本的に同じだとは言える。(この作戦については、拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』を)

 昨年11月2日から9日にかけてNATO(北大西洋条約機構)が行った軍事演習「不動のジャズ」にウクライナも参加していることを考えると、少なくともウクライナ軍の一部上層部はNATO/アメリカの指揮で動いていると考えるべきだろう。

 シリアの化学兵器を「西側」が問題にしているときにもウクライナの名前が出てきた。カタール政府がイギリスのセキュリティ会社「ブリタム防衛」に対して送ったという電子メールなるものが公表されたのだが、それによると、シリアのホムスに化学兵器を持ち込み、ロシア語の話せるウクライナ人を使ってロシアに責任をなすりつけられないかとカタール政府は相談している。シリアでの工作にウクライナが出てくるのは興味深い。

 その後、イギリスやフランスはシリア政府軍が化学兵器を使ったとする主張を繰り返したが、国連独立調査委員会メンバー、カーラ・デル・ポンテは反政府軍が化学兵器を使った疑いは濃厚であり、政府軍が使用したとする証拠は見つかっていないと発言している。

 また、ジョージ・W・ブッシュ政権でコリン・パウエル国務長官の首席補佐官を務めたローレンス・ウィルカーソン退役大佐はこの件に関し、イスラエルが「偽旗作戦」を実行した可能性があるとしていた。

 「西側」の政府やメディアは触れたがらないが、インターネットでは広まっているものもある。例えば、アメリカのビクトリア・ヌランド国務次官補とジェオフリー・パイアット駐ウクライナ大使との謀議。ふたりはウクライナの閣僚に誰を入れるかと相談しているが、その後、ヌランドはパイアットに対して次のように語っている:

 「あなたにも話したか、ワシントンに話しただけなのか覚えていないんだけれど、今朝、ジェフ・フェルトマンと話した際、新しい国連のヤツの名前を聞いたわ。ロバート・セリーよ。この話、今朝、あなたに書いたかしら?」

 フェルトマントはアメリカ国務省の近東担当次官補や駐レバノン大使を務めた人物で、国連事務次長。イラン、シリア、ヒズボラを露骨に敵視していることで知られている。そのフェルトマンを国連の要職に就けた潘基文国連事務総長もアメリカ政府の傀儡だと言えるだろう。

 ヌランドはフェルトマンからセリーの話を聞いて喜んでいるのだが、その理由はEUのロシアに対する対応がソフトだと不満を持っていたから。そして、彼女は「EUなんかくそくらえ(F*ck the EU)」と口にしたわけだ。

 これ以上に重要な盗聴は、エストニアのウルマス・パエト外相がEUのキャサリン・アシュトン外務安全保障政策上級代表(外交部門の責任者)へかけた電話。2月25日にキエフ入りしたパエト外相は翌日、アシュトン上級代表に現地の状況を報告、その中で次のようなことを言っている:

 「全ての証拠が示していることは、スナイパーに殺された人びと、つまり警官や街に出ていた人たち双方、そうした人びとを同じスナイパーが殺している。同じ筆跡、同じ銃弾。実際に何が起こったかを新連合(暫定政権)が調査したがらないほど、本当に当惑させるものだ。スナイパーの背後にいるのはヤヌコビッチでなく、新連合の誰かだというきわめて強い理解がある。」としたうえで、「新連合はもはや信用できない」としている。なお、この会話は本物だとパエト外相は認めている

 そして、アシュトンの口から衝撃的な発言が飛び出す。「議会を機能させなければならない」と応じたのだ。暫定政権を潰すわけにはいかないということであり、そのために事実を明らかにすることはできないということだろう。

 クーデターの前までウクライナの治安機関SBUの長官だったアレクサンドル・ヤキメンコによると、狙撃の第1発目は、アンドレイ・パルビーなる人物のグループが制圧していたビルから発射されたという。

 パルビーは「ウクライナ社会ナショナル党(スボボダの前身)」というネオ・ナチの政党の共同創設者のひとりで、「オレンジ革命」では指導者のひとりだった。現在は国家安全保障国防会議(国防省や軍を統括する)の書記に就任している。

 ヤキメンコによると、スナイパーは10人編成のグループがふたつあり、狙撃部隊のメンバーにはウクライナの特殊部隊員も含まれていたようだが、ユーゴスラビアなど他国からやって来た傭兵が主力で、彼らはアメリカ大使館に住んでいたという。パルビーはアメリカの特殊部隊に接触しているとヤキメンコは信じている。    



以上は「櫻井ジャーナル」より
西側の報道と実際は真逆の事となっています。そのやり方がいかに汚いかが良く分かります。正義がどちらにあるかが良く分かります。報道は真実を報道してこそ価値があるのです。金儲けのためにあるのではないのです。                    以上

「天のしるし」が現れる2014年(2)

イスラエル-02 イスラエル-01
  イスラエルの独立宣言(1948/5/14)

ユダヤ史が激動する「イヤルの月」


イスラエル建国は、1948年5月14日だった。それはまた激動のスタート
となった日である。なぜならその翌日、第一次中東戦争が始まったからだ。
この戦争は1年以上、1949年7月まで続いた。

この5月14日はユダヤ暦でいうと【イヤルの月の5日】である。
ユダヤ暦は私たちが普段使っている西暦(太陽暦)とは異なり、月の暦である。
各月には、ニサン(第1月)、イヤル(第2月)、シバン(第3月)・・・というように、
名前がついている。日本の旧暦のようなものと思ってもいい。イヤルの月は、
年によって異なるが、西暦では4月から6月初めごろにあたる。

6日戦争の場合はどうだろう。6日戦争は文字通り6日で終わった中東戦争で、
1967年6月5日から10日だった。6日戦争の開始日(1967年6月5日)は、
ユダヤ暦では「イヤルの月の26日」だ。さらにイヤルの月の28日は、エルサレ
ム旧市街と神殿の丘が取り戻された日である。だからこの日を、ユダヤ人は「エ
ルサレムの日」と呼んで祭日としている。

この6日戦争の直接の引き金となったのは、エジプトがシナイ半島から、停戦
監視の国連緊急軍を撤退させた出来事だった。それは開戦準備のサインだっ
た。その日(1967年5月15日)もやはり【イヤルの月】の6日である。

     2014-05.png 

つまり、イスラエル建国の時も、6日戦争の時も、激動は【イヤルの月】に始まっ
た。2014年の【イヤルの月】は西暦の5月1日~29日にあたる
(イヤルの月は29日間)。日本では新緑の季節だ。

激動はそのころに始まり、翌月、また翌々月、さらには2015年くらいにかけて
も続いていく可能性がある。私は、2014年イヤルの月の激動は、単に始まり
に過ぎないだろうと見ている。

リーマン・ショックを予想した聖書の教え

イヤルの月に起きてきた激動について、『最新の資産防衛術は聖書に隠されて
いた』(扶桑社)の著者である松島修氏は、経済面から興味深い説を唱えている。

     リーマンショック 

投資を行っている人なら、2007年に日経平均や世界経済は高値をつけたのち、
大不況に突入したことをよく知っているだろう。アメリカではサブプライムローン問
題が表面化し、2008年9月には大手証券会社リーマン・ブラザーズが破綻。
これによって金融危機が決定的となり、世界同時不況へと波及した。

松島氏は、その世界的金融危機が起こる前に、「日経平均は2007年6月ごろに
最高値をつけ、そののち暴落して大不況に突入していくだろう」という予測をたてて
いた。それを事前に発表し、実際に会員の資産を守ったという実績をもつ。

その予測のもととなったのは、数年スケールの経済動向データではなく、歴史に
記された「6日戦争」だった。

6日戦争が起きたのは1967年6月。松島氏は、聖書によく出てくる【40年】という
サイクルに着目し、激動はその40年後の2007年6月ごろにやってくると予測した。
そして実際そうなった。それを知って聖書を信じるようになった投資会員も多い。

松島氏は、その次の激動は7年後の2014年6月ごろにやってくるだろうと予測し
ている。この【7年】という数字は、《旧約聖書》の【創世記】にヨセフの話に出てくる
「7年の大豊作と7年の大凶作」からきている。

     2014-06.png 

松島氏は日経平均が実質的な最高値をつけたのは2007年6月8日だったと見て
おり、来るべき激動はその7年後、2014年6月8日前後ではないか、としている。
そのころ、金融危機や経済危機、戦争、想定外の災害が多発するのではないかと
いうのだ。

多くのエコノミストは、2014年はおおむね順調に経済が回復していくだろうと楽観
的な見方をしているが、松島氏は「6月前後に痛い目にあうかもしれない」と、違う
見解を持っている。

聖書に学ぶ松島氏は、「激動の時代は、富が動く時でもある。知恵を使わなかった
者から、知恵を使って準備した者に富が移転する時代である。その明暗を分けるの
は知恵であり、その知恵は聖書から来る」とも述べている。(月刊ムー4月号)

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月8日前後ですか・・十分あり得る話だと思います。5月の可能性もありますね。
今後、ウクライナ情勢によってユーロが打撃を受け、中国の影の銀行、理財商品の
問題もその頃にはヒートアップしてくると思います。心の準備をしていない日本国民
や企業は何がなんだかわからなくなると思います。

もうすぐ消費増税が始まりますが、株高・債券高、円安を演出したい安倍政権として
は日銀に「追加緩和」を強く要請するかもしれません。長期政権を望む安倍政権とし
ては、ここで国民を再度「めくらまし戦法」で誤魔化すことが出来るのかどうか?

アベノミクスとは多くの国民にとってはほとんどメリットのない政策で、日本市場に群
がる外資を喜ばせ、儲けさせるだけのことですが、外資を通して戦争屋さんに資金が
流れているということはないのでしょうか?知っていて実行していたとしたら罪なこと
です。

「アベノミクスの行方(ジム・ロジャーズ)」
で、ロジャーズ氏が「20年後
に日本を崩壊させた人物として皆が気がつくことになるでしょう~」と述べていますが、
20年後というのは気の長い話だと思いますよ。彼もわかっているのでしょうが・・。


関連記事
以上は「MUのブログ」より

太陽が子供(惑星)を生む歴史的瞬間時の佐野博士

昨日の記事の序でに、佐野千遙博士について・・・

生活資本主義(?!)の必要性! その②』で、
佐野千遙博士について触れたので、
少しく、博士について書いてみようと思う・・・。
以前、
あれは、太陽が子供(惑星)を産む歴史的瞬間?!!』に、
ご登場して頂いた!!(カテゴリー佐野
千遙に幾つか・・)


 今回は、与沢関連でもなく、太陽の子惑星でもなく、その他いろいろである。


 博士の物理学は、実に分かり易い。ちょっとした理系の思考に慣れたものならば、さもあろうという話ばかりである。

 

ЧИХАРУ  САНО
Япония.  Профессор физики в Университете Санкт-Клеменса, Англия. Рассматривает фундаментальные проблемы физики с позиции новой научной  парадигмы, в основе которой лежит фундаментальный закон взаимосвязи  причины и следствия, закон творения Действительности и Бытия, и Принцип  Порядка, принцип организации и развития реальных систем в явлениях любой природы. Разрабатывет методы организации искусственного интеллекта.

千春佐野
日本。聖クレメンス、イギリスの大学で物理学の教授。原因と結果の関係は、創造の法則と存在のリアリティの基本法、及び秩序の原理に基づいて新たな科学的パラダイムの観点から物理学の根本的な問題を調べ、どのような種類の現象における組織と実システムの開発の原則。人工知能のRazrabatyvet組織法。



 とは言え、それを理論的に説明するとなると、世の中の頑迷な物理学者を前にして、総攻撃を受ける怖れがあるから、書く事は控えたい。 総攻撃に耐えられる頭脳はないからである。


 知りたい方は、是非、博士のブログに注目をして、探索してほしいものである。

O085510751332947273558


 ソマチットなどについて触れようものなら、即座に『詐欺師』呼ばわりされる怖れがある。誰とは言わない。しかし、博士は物理生命体と看破している。即ち、「負の質量を持った単極磁石」と定義しておられるが、納得のいく見解である。

 

 博士は数学者であり、物理学者であるが、素人感覚からすれば、最も学者の立場で唯物論からあちらの世界に切り込んだ希有な学者であると認識している。

 

 あちらの世界というのは、一般に言われる「あの世」の事である事は言うまでもない。

 

 あの世、この世と言うが、この世というのは、目に見える物質世界の事である。物質世界だけが全ての世界でない事は、論を待つまい。生命と言う言葉ですら、解明されていないが、その存在を否定出来ないことは、明らかである。

 

 生命を魂の存在とするのは、科学では認められていない。

 

 しかし、博士の理論からすると、単極磁石の理論を援用すると、成る程とすんなり物理学的にも理解されるから、不思議である。今、入力0(ゼロ)から、エネルギーを取り出すフリーエネルギーの研究とそのテクノロジーの開発に取り組んで居られる。

 

 その成果が、待ち遠しい。

 

 今、福島原子力発電所事変による、放射能漏出問題が進行しているが、現代科学のお手上げ状態が続いている。

 

 それは、

 

 現代科学が、エントロピー増大の熱力学の法則を信奉しているからであって、その反対のエントロピー縮小の生命工学というものに、目が向いていないからという見解は注目される。

 

 そもそも、ETV(UFO)なる存在も、その観点に立たなければ、理解出来ない話なのであるが、これを言えば、「ヲワタ」と、言われて言論停止となる類である。

 

 端的に言えば、ETV(UFO)は、この原理を援用した乗り物であるから、重力のコントロールも光速度以上の移動も可能となるのである。又、ある時には、瞬間に姿を隠す事も理屈が分かるのである。

 

 決して、空想理論ではなく、歴とした物理理論となるのはそう遠くはないと思われる。

 

 放射能問題であるが、これも解決をする道筋は見えている。

 

 よく言われる生体内原子転換、あるいは、生体内常温核融合などは当然である。生命体内に於いては、日常茶飯事の事であるが、その理論はかつてなかった。

 

 その方向性を見いだす事が出来るのは、博士の理論である。

 

 放射能(放射性物質)に対して、高速の電子銃を浴びせれば、エネルギー転換(電気出力)して、放射能は暫時、安定物質に変化するという特許もあるが、その発明者(ブラウン博士)は、殺された?!。

 

 同じ事が、博士の理論から読み取る事が出来る。

 

 是非、是非、注目されたい。

 
テーマ:

ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派論文審査員:ドクター佐野千遥

米国が東電の救援依頼を断るは「正統派」現代物理学敗北宣言を意味す!

私のYouTube動画は
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=RPT0HHN_8D0
に有ります。

米国がお手上げ状態の東電からの救援依頼を断った事は「正統派」現代物理学の敗北宣言を意味する。

読者様から下記のようなメッセージを頂きましたので、その御質問にお答えする傍ら、米国がお手上げ状態の東電からの救援依頼を断った事は「正統派」現代物理学敗北宣言を意味する事を明言し、新しい真の物理学体系とは何かを論じます。

XXXX様より

>初めまして。おはようございます。
>
>佐野先生が作り上げた新たな科学体系をぜひとも学びたいのですが
>何か方法はありませんか?
>
>ロシア科学アカデミーに留学すれば可能ですか?

XXXX様
佐野千遥

ロシア科学アカデミー自体は、そのトップがビルダーバーグ会議に出席し「正統派」現代物理学を信奉する輩です。

我々はロシア科学アカデミーの中の反対派のスミルノフ学派です。但し、このスミルノフ学派には最近ロシア政府からロシアの高校生・大学生のためにスミルノフ学派の物理学の教科書を作って欲しい旨の依頼がきています。

福 島原発に付き東電がお手上げ状態で、勿論日本政府が助けようがなく、海外に救援を依頼したところ、アメリカが断ってきました。このニュースを読んで、私は 「ほら見た事か!」と独り言を申しました。このアメリカが断ってきたという事は、誤れるエントロピー単調増大法則を信奉し、磁気を見ずエントロピー増大要 因の電気しか見ない結果、原子核を弄ろうとすれば必ず熱核反応になってしまい、本当の放射能除染なんぞ出来る能力を実は全く持っていない「正統派」現代物 理学自体の敗北宣言を意味します。

つまり米国がお手上げ状態の東電からの救援依頼を断った事は「正統派」現代物理学敗北宣言を意味する。

東電の海外への救援依頼に対してロシアのプーチンがトリチウム汚染水の放射能除染につき救援すると返答しました。確かに最近のロシア政府自体が「正統派」現代物理学を超えた何物かを持っているようです。

3.11 東日本人工大震災・福島原発破壊、人工竜巻、台風の進路変更、富士山噴火の企てに関与したアラスカ米軍のHAARPは現在完全に破壊されており、それを 遣ったのは宇宙人だとかの論も流れていますが、実際には「スカラー兵器」=重力波兵器に付きアメリカを遥かに凌ぐロシアが重力波兵器を使って地球を真っ直 ぐに貫いてアラスカ米軍のHAARPを破壊したと見るのが最も順当と言えます。

ロシアのこのトリチウム汚染水の放射能除去技術といえ、重力波兵器といえ、ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派のシャクパロノフの単極磁石を使った理学実験から派生した何らかの技術と見ることが出来ます。

ス ミルノフ学派の科学技術がその本家本元であります。私の恩師・A.P.スミルノフの数十年に渡るニュートンの動的作用反作用の法則=公理を軸とした一貫し た物理学論争・「正統派」現代物理学批判を綴った膨大なる研究論文を読破し、そしてスミルノフ学派のシャクパロノフが35年間に渡って行った単極磁石の理 学実験結果の報告論文を読破し、私・佐野千遥が独自の数学的視点から創り出した新しい物理学体系、即ち、メービウスの帯構造による単極磁力子生成をモデル 化しているニュートンの動的作用反作用の法則を根本的普遍公理として出発し、普遍公理からその非線型性故に物理学のあらゆる特殊分野の論証を可能とする高 度な数学的秩序性を持った反エントロピー数理物理学体系こそが、これからの世界を担う民衆の為の新しい物理学体系と言えます。

未来地球人 がタイムマシンに乗って太古の昔に残したカタカムナの物理学文書はスミルノフ学派と佐野の物理学と驚くべき類似性を示しています。これは何を意味するか? 答えは、間もなく「正統派」現代物理学派はスミルノフ学派と佐野に全面敗退し、未来の地球に於いてはスミルノフ学派と佐野の物理学体系が真の物理学体系と して認められている事を意味する。

そして佐野がこの新しい物理学体系から割り出した技術的ノーハウが「ウラン・プルトニウム低温解体消滅システム」であり「原子力を遥かに凌ぐ巨大発電システム」です。

原爆と「便所の無い」原発を作り出した「正統派」現代物理学を権威付け、支えてきたノーベル賞委員会を解体せよ!!<後略>【転載終了】

チエルノブイリの経験から、30年の間に5000万人死亡すると推測される

チェルノブイリの経験から、30年の間に5000万人が死亡すると推測される


テーマ:


健康被害が出るまで。




@kobayashiasao
チェルノブイリ事故で当初3年間、放射能のことを
気にして生活していた人は1000人に1人だと言われています。
しかし、3年後、爆発的に被曝症状が出てから、
多くの人たちが放射能に気を付け始めたのです。遅すぎました。


@geophysics
「被曝はスロー・デス(時間をかけてやってくる死),を招くのです。
死は徐々に,二十年も三十年もかけて,ゆっくりとやってきます。
原子力産業はクリーンでもなければ,安全でもありません。
それは殺人産業といっていいでしょう(マンクーゾ博士)」


@tokaiama
ちなみに今、進行中の民主党政権による「未必の故意」
日本国民大殺戮は、これから30年の間に
推計5000万人の死亡をもたらすだろう。
これはスターリンや毛沢東の大殺戮にも匹敵する
ナチズムを上回る歴史的大殺戮である


@wien555
チェルノブイリから800キロ離れたウイーンで、4年経ち、五年経ち、
子供病棟のベットが足りなくなるほどの白血病患者が増加していった。
その恐ろしさを知っているからこそ、欧州は福島原発事故に大きく反応した。
前例があるのにも関わらず学ばない日本人。前例があるのにも関わらず ...


@olivenews
白血病はまだでない。3年以降で、白血病はピークが5年、がんが7年だった。
これは必ずピークは出る。医師は知っておいた方がいい。
被災者のみんなが放射能障害を心配している中で、
「心配しなくていいよ」という医者では通用しなくなる。肥田医師


@olivenews
広島の場合、およそ3年後に体が疲れやすくなる
原因不明の『ブラブラ病』患者が出始めました。
白血病の患者も3年ほど経ってから確認され、
7~8年後にがん患者が目立ち始めました。
『内部被曝』は少量の放射性物質でも影響が出る。
ここが恐ろしいところです。肥田医師


@olivenews
すでに臓器の成長が終わり、細胞分裂の総数が少ない成人は、
即座には脅かされません。
そう言う訳で、子供の方がずっと早い時期に悪性の疾患に見舞われます。
チェルノブイリの経験から早ければ一年後から四年後とわかっています。
成人の潜伏期間は20年から25年です。ジーデントプフ博士


@b_utter
チェルノブイリ原発事故後、
1-5年で現れた子供達の症状のグラフ。
一位が極度の疲労。二位が衰弱。
若いはずの子供が極端に疲れたり弱ったりって?

@tokaiama
福島県は予想通り(バンダジェフスキーの指摘どおり)心疾患で日本一になった。
しかし本番はこれから、2016年には白血病が日本一になり2018年には
平均寿命日本最低となり、県民の数割が
心不全・ガン白血病で死んでしまうはずだ。
その頃には人の住まない荒廃した光景に変わっているだろう


@caesiumsanbot
『2年目位までは何も起きなくてみんな安心してた』って
キエフのお友達は教えてくれたよ!
みんな分かりやすい健康被害が出てからじゃないと避難出来ないんだね!


@AndreasDiego
ネバダ核実験場から250㎞のユタ州ビーバー郡
小学校教師メリー・メリングが、
53年から27年間に残した死者のリストには、
前立腺、結腸、リンパ、リンパ肉腫、脳腫瘍、肺、皮膚、
肝臓、子宮、卵巣、と並び、甲状腺障害は、
ほぼ10年後から12年後にピークを迎えていた。(広瀬隆)


@onodekita
産婆さんの声を聞くと、直後ではなく、2-3年後から急激に増えてくる。
卵子、精子は減数分裂をするから
あとになればなるほど、被害が著明に表れてくる。
特に卵子は、分裂の途中で止まったままで、
何年も何年も自分の番が来るまでじっとじっと待つ。
遺伝子の修復は恐らく何もしていない。


@2012wat
今までそんな事なかったのに、咳が止まらない方。
風邪は治ったのに咳だけ続いてる方。
咳と鼻血は被曝のよく知られた症状です。
医者は「風邪が長引いてますね」とか
「ホコリに過敏になってるのかも」と言うでしょう。
「色々なストレスが複合的に重なって」
とか言う医者は被曝と気づいてて言わないのです


@KinositaKouta
「放射能の被害は色々な体の場所に被害が出る。
特に心臓と脳だ。免疫の考え方が間違っている。
免疫のある者は症状が出て苦しむ。
免疫がない者は症状は出ずに進行し、ある日突然死ぬ。
今は免疫のない者がほとんどだから、
症状は出なくて突然死が増えているんだ。」


@dande_liyon
多くの人々は、取り返しのつかない悲劇が起こってからしか
その悲劇に気がつかないし、気付こうともしない。
それが、原発事故の本当の恐ろしさ。何ともやるせない。


@bullet358
東海アマさんも、死者は数千万単位と仰ってる。
バンダ氏の言葉を杓子定規に解釈すれば、死者は一億を超えるかも。
封じ込めをしたチェルノでも人口減。拡散策を採った日本。
100万単位じゃ済まないだろうなと思う。
長生きしたい人は、心してかかるべしだね。


@laforce381
昨晩、NHKで向精神薬の事をやっていました。
問題になって、沢山の被害を出してから国は動くのです。
独立した第三者組織増設が必要
邪魔しているのは、厚労省と操り人形の小宮山大臣なんです。
原発被害も同じだよん(ーー;)


@pacoblq
死亡者が続出すると、日本人の9割弱が加入する生命保険、
共済の類の払い出しが、いずれ追いつかなくなると思うから、
国民年金同様、加入している生保の給付も
当てにしないほうがよいと思う。生活のスリム化を。


『福島原発事故の規模は、国民が思っているより はるかに大きい』
(泣いて生まれてきたけれど)
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11353178976.html


【北ウクライナにおける晩発障害の現実】
http://www.olive-x.com/news_30/newsdisp.php?n=127081


「5年後以降、福島県を中心に物凄い(恐ろしい)事が起こります。」藤田祐幸氏
http://ameblo.jp/ropi1/entry-11345520073.html


終わる 放射能が蔓延する今、女性が楽観主義にとらわれたら終わり
http://bit.ly/NJJ8Jk

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@caesiumsanbot
ウクライナでも初めの1~2年は『デマを流すな!』
って怒る人が沢山いたんだって!
でも今はそんな事言う人はいないんだよ!日本も時間の問題だね!


@pinkuaroe
原発が爆発しても不安を煽るな。
食べ物が汚染されても不安を煽るな。
プルトニウムが検出されても不安を煽るな。
子供の甲状腺に異常が出ても不安を煽るな。
子供が甲状腺がんになっても不安を煽るな。
という事ですか。この国はそうやって終わっていくんですか。


@2012wat
危険デマをながすなという人は、
国の機関が発表するデータは本当だと信じてる人じゃないかな


@sayacyanRoseate
『むやみに不安を煽るな』→『住民が不安になったら
避難したり訴訟起こしたり賠償金を請求したりするから、面倒なことになる。
皆が放射能に鈍感でたいしたことないと思えば賠償金請求もきっとしない』
→『俺達は金が欲しいわけじゃないと言わせて放送するNHK』
(請求しずらくなるよ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@2012watさんのツイート

日本の男が大切な家族を被曝から守りもせず、
国家の言いなりなのはマザコンのせいじゃないから。
ツイートで見たが、世界一のマザコンと言われるイタリア人の旦那さんは
原発事故後、国の言うことは信じちゃダメだと言って、
すぐに家族全員を出国させた。
周りをみて行動する日本の男って世界一頼れない

本物の父の日は、毎日。
毎日、父としての義務を努めるべきです。
短期的な視点で子どもに尽くすのではなく、
長期的な視点で子どもの事を考えてあげてください。
仕事が忙しいからという理由で、周りが大丈夫みたいだから、
うちのコも大丈夫だと被爆を無視するのは、父親失格です。
最低な父親ですよ。

あえて言います。
子どもが心から、お父さんありがとうと言うのは10年後、20年後。
仕事=お金を稼ぐ=ぼく(わたし)のために一生懸命頑張ってくれている
で感謝されるより、人に合わせず、仕事より大切なことを
いつも考えて行動してくれた=だからいまこんなに健康だよ、
で感謝されるほうが本物です

仕事があるから仕事が忙しいからと
子どもの被曝を見なかった事にしてるお父さん。
その仕事っていったい何さ?何の為に誰の為にやってるのさ?
例えあなたが勝ち組と言われる大企業の社員だったとして、
会社はあなたの子どもなんてどーでもいいんだよ。
経団連のトップは海外に移住の準備は終えてるんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@huromu
日本人のパニックは異質性の排除に向かうとの予測がある。
「放射能は安全」と集団で思い込み、
そのデマにすがって変わらぬ日常を過ごそうとしている。
なんか怖いけれど、私だけは大丈夫だろう。といった具合。

@kazukazu721
本当に日本人が怖い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@cmk2wl
1971年 千葉の工場で、作業員がイリジウム192を拾って持ち帰った。
下宿を訪ねた5人とともに6人が被ばくし急性障害が生じた。
そのうちの1人は、右手の潰瘍と糜爛を繰り返し、
22年後に血管の萎縮による右第1指と第2指の拘縮と骨の萎縮、
病原菌による感染と疼痛が生じ、2本の指を切断。


イリジウム192による被曝。22年後。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@hanehibiki
タリウム混入事件は直ぐに髪が抜けたり
症状が出るから有罪に出来るんだね。
放射性物質は食わせても飲ませても吸わせても
遅効性の症状が多いから原発事故で死んだ人はいない…
って電力会社のおっさんは
顔をテレビで晒しても言い切れるんだね。

@3rinbow
中部電力の社員さん
「放射能で死んだ人いない。これからも出ない。」
と言った時に手が震えてました。嘘をつく動揺からでしょうか。
自らの意思で述べたのであれば悲しい人生ですね。
職務として当たったとしてもそれもまた哀れな事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@akarikirakira
北九州のがれき焼却について友人にメールを打つと、
「12月の時点の話だが、東京のがんセンターの友人が、
この2、3か月でがん患者が恐ろしい数で増えたと話していた。」
と返事が返ってきた。4・5年先の話しだと思っていたのに。


@aidamaru
チェルノブイリでは五年後に爆発的に病気が増えました。
日本は一年半でこれだけの発病者が出ています。
まだ爆発的に増える時期ではありません。


@cmk2wl
チェルノブイリ原発事故から4年後。白ロシアでは100万人が避難。
白血病が増え混乱。今回はMOX燃料ですから、もっと早いはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@hyodo_masatoshi
福島からなぜ人を避難させないか。
それは東京を避難させないためだという指摘がある。
東京の首都機能を保ち続けるために、
福島を避難させずに封じ込めているという指摘だ。
これだと、だまされている東京都民も犠牲者になる。

@SHINNOH
友人市議より「霞ヶ関のキャリア組。
かなりの割合で、嫁と子どもを海外移住させてるぞ。」
分かってはいたがリアルに聞くと生々しい。


@2012wat
★シンガポールの不動産関係者が、ここ1年で
超高級マンションの予約購入者の「職種」が変わったと言ってます。
原発事故前はIT関連や引退予定の大企業の役員が多かったそうですが、
ここ1年は霞ヶ関の人間が急増しているそうです。
逆にパチンコ長者なんかはいないとか。事実を知ってる人間が逃げてる


@stmatthew70
金持ちの移住先ですか ) 
日本の暮らし丸ごと輸出 ベトナムに東急田園都市 
:日経ヴェリタスセレクト: http://s.nikkei.com/NTac7u


@BiancaWhitake2
関東の某病院の循環器内科医師。
最近急性心筋梗塞死者増加をあっさり認めた上で慌てて海外逃亡。
期間は軽く数年途中帰国せず。
冠動脈解離は閉経前、若い女性の病気と説明してたにも関わらず
男性での冠動脈解離死亡報道の事実をぶつけたら
一瞬黙り慌てて誤魔化した。


@2012wat
海外の投資家向けの雑誌で
日本の一部の製薬会社を「買い推奨」してるのを知ってますか。
理由は、今後子どもの癌が急増するだろうから「先行投資」なのだそうです。
きっと野村証券などのヤカラは株を集めてそうですね。
金融資本主義なんてカッコいいこと言っても、そんな人間達ですから。
ねっ、勝間さん


@sma_sh
ちなみに、プロミスの会長が香港に移住したのは有名だが、
HOYAの鈴木洋CEOがシンガポールに移動。
ベネッセの福武総一郎会長はニュージーランドに移住。
サンスターの金田博夫会長はスイスの現地法人代表となることでスイスに移住。
我々は、避難場所があるのか。


@tokaiama
パナソニック本社機能一部を残しほぼ岡山市に移転、
社員千人が岡山市東部に移住。東部の物件が殆ど埋まった
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2369b4b4c3beaa75a8a19be0a8301dd4


「首都圏の新築マンション、9割が売れ残り?」
http://biz-journal.jp/2012/08/post_531.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@2012wat
★断言します。こういうのが日本中でおきます。
いまの政府はとんずらします。
すでに東電幹部や閣僚は安心な海外老後生活をプランしてます。
小さい子どもがいるお母さん、お父さん、バカにつき合ってはいけません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120614-00000012-mai-soci (リンク切れ)

@kyougenki
本当にそうですね。
初期甲状腺ガンがみつかった知り合いは日本の医師からは経過観察と言われ
外国の医師には手術を勧められたそうです。自分の国なのに、本当に悔しい。
1億以上いる日本人は見殺しになるのが好きなのか。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この情報を拡散すべきだと思う方は
↓ このボタンをクリックしてください。
ランキングが上がって多くの人に読んでもらえるようになります。
以上は「泣いて生まれてきたけれど」より
人はどうしても良い方に考えたがる傾向があります。しかし放射能汚染はそのような甘い期待には応えてくれません。冷徹な現実があるだけです。21世紀の思考を持たない人はこの辺で退場していただくしかないようです。前回のロンドン五輪で日本選手だけが開会式場から全員退場させられたのはそれを示唆していたのです。これに気付いた日本人は多くはありませんでした。自覚がないのです。いまだに日本人は鎖国状態です。情報鎖国です。北朝鮮とあまり変わりがありません。                  以上

アベノミクスで日本の富580兆円が消えた(1/2)

クレディ・スイスが衝撃リポート 「アベノミクスで日本の富580兆円が消えた」

                      

楽天SocialNewsに投稿!                         

         

                  

         

                                      

2013年10月22日 掲載
    
クレディ・スイスのHPより
 アベノミクスで日本の富の20%が消えた――!? 

こんな衝撃的なリポートが話題を呼んでいる。クレディ・スイスが毎年発表している世界の富に関する報告書「グローバル・ウェルス・レポート」の2013年度版だ。

 この報告書によれば、日本の富裕層はアベノミクスで激減。12年6月から今年6月までの1年間で、100万ドル(約1億円)の純資産を持つミリオネアの数は130万人も減ったというのだ。日本に次いで富裕層が減ったのはブラジルだが、減少数は約1万2000人だから、日本の減り方は異常と言える。

 日本全体の資産で見ると、なんと5.8兆ドル(約580兆円!)が失われたと書かれている。これは日本の富のおよそ20%にあたる。

 ショッキングな数字にはカラクリがあって、アベノミクスで大幅な円安に振れたためだ。日本人は資産を円で預金している人がほとんどだが、同じ1000万円でも、円の国際価値が下がれば、世界的に見た財産は目減りしてしまう。それで、富裕層の数も激減したのだ。

エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき(4/8)

「原発のメリット? デメリットだらけの疫病神だ」
エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき
――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人

previous page
4
nextpage

 新潟県妙高市と東海村が災害援助協定を結んだときに、東海村といろいろなデータを比べてみた。そうしたら、妙高市の人口は東海村よりも少し少ないけど、工業製品出荷額は東海村の5倍なんだよ。原発立地自治体は工業製品出荷額が少ない傾向があって、福井県敦賀市と隣の越前市を比較すると、越前市は敦賀市の約3~4倍ある。多様な産業が育っていれば、栄枯盛衰はもちろんあるんだけど、持続性が高まる。

 私は原発のことを疫病神だって言っているんだよ。一度受け入れると、いずれ悪魔に魂を売ったって思うようになる。一度、オイシイものにぶら下がってしまったら、もう何もしなくなる。簡単にメシを食える方法を覚えてしまったら、もう何もやらない。

――そうすると、東海村にも未来はないということなのでしょうか。今後、どうなっていくんでしょうか。

 東海村は大丈夫だよ。東海村は水戸市、日立市、ひたちなか市に近い。それに、東海村は実際は原発というよりも、JAEA(日本原子力研究開発機構)がある。それに常陸那珂火力発電所もある。こうしたものが村を支えている。原発だけじゃないよ。

 まあ、東海第二原発は廃炉にしたほうがいいよ。そのほうが、雇用は増えるんじゃないかな。

原子力は東海村の文化
カネじゃなくて人だよ

――「脱原発」の想いを強くして、積極的に発言するようになったのは、どのような経緯があったのでしょうか。

 私がはっきりと言っていかないといけないって思ったのは、福島第一原発の事故後、ろくに事故の原因究明ができていないにもかかわらず、すぐに再稼働へ動き始めたからです。本当にこの国はダメだと思いましたよ。きっかけは2011年6月18日の当時の海江田経済産業大臣の、原発の再稼働についての声明ですね。

――2005年、2009年の村長選挙の際、原発に依存しない村を訴えていましたが、その当時から疑問に思っていたんでしょうか。

 昔から疑問には思っていました。でもはっきりと「脱原発」って言うところまではいかなかった。東海原発の3号機、4号機の新設の話も出てきたけども、私はあの時点で原発に依存していると村の未来はないなと思っていました。原発それ自体に、将来がないなと。

 選挙のときは、相手の候補者の方は言っていましたね、私が反原発だって。原子力界や日立製作所労組、自民党県連、総出で原発推進派の相手の候補を応援していましたよ。でも私は勝ったんです。

次のページ>> 東海村にとって原発は文化なんだ

以上は「diamond online」より

2014年3月28日 (金)

3月28日より東海村でメルトダウンの実験を開始する

3月28日より東海村でメルトダウン実験、燃料棒を熔融させ福島原発事故を再現(3/23 産経新聞)

 日本原子力研究開発機構は、東京電力福島第1原発事故で起きた炉心溶融(メルトダウン)を分析するため、小型の燃料棒を実際に溶融させる実験を28日から始める。事故時の炉心溶融は不明な点が多く、原子力機構は「得られたデータで、福島原発の炉内の状況を推定し、事故を検証する」と説明。福島の事故のような将来の過酷事故対策にも生かされる。

 実験は茨城県東海村にある原子炉安全性研究炉(NSRR)で非公開で実施される。原子炉内の安全性を研究するため昭和50年に運用開始したNSRRは、福島の事故以降運転を停止していたが、昨年12月に再開。実験では、試験用の小型燃料棒1本(長さ約30センチ、100グラム)をステンレス製のカプセル(長さ約1・2メートル)に入れて、核分裂を引き起こし過熱させる。

 来年度までに3、4回の試験的実験を行い、本格的実験は平成27年度から2年程度実施。溶融は千度以上の高温で起こるとみられるが、放射性物質の構成によってばらつきがあるため、実験で溶融時のデータを集積する。将来的には、カプセル内にカメラを入れてどのように燃料が溶け落ちるかも含め、固まった後の燃料の状況も詳しく調べる。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140323/dst14032313090007-n1.htm
関連記事
以上は「東京江戸川放射線」より
本当に日本は馬鹿なことをする人種です。すでに福島原発事故でメルトダウンを起こしてしまい収集が付かなくなっているのにまだ敢えてメルトダウンを起こすとはなんと愚かな人間なのかとあきれます。世界中の笑いものです。原発関係者の間ではメルトダウンだけは絶対起こしてはならないことだとしています。今の人類の知恵では解決できない代物だからです。これが安倍政権の知能の程度です。いかに低いかが分かります。                          以上

「天のしるし」が現れる2014年(1)

        ThirdTemple.jpg  
                ソロモン神殿の想像図

「赤い月と黒い太陽」の続編になります。ウクライナ情勢、マレーシア機不明
事件は繋がっていると思われますが、明日から開かれる「核セキュリティサミット」、
「三種の神器が揃う」を考えますと、月末、あるいは4月から激動の時代に入りそう
です。前記事中でご紹介した「2014年ユダヤの大預言」より詳しくお届けします。

ユダヤの黙示録大預言成就は「イヤルの月」から始める!

ユダヤ暦の祭礼と月食、日食が重なる年、世界的な激動が始まる・・。
黙示録の時代がついに幕を開けた。5月にはユダヤ史において数々の転機が訪れ
「イヤルの月」がやってくる。ついに、第3神殿の建設が実行段階に移行し、中東
発の激動が世界を揺るがすのであろうか?

結論からいうと、激動は2014年、つまり今年の5月くらいから始まる可能性が高い。
なぜ、2014年に始めるのか?過去ユダヤに大事件があった年・・1948年のイスラ
エル建国と1967年の6日戦争(エルサレム奪還)と同様の天体現象が、2014年か
ら2015年にも起こるからである。その天体現象とは「ユダヤの大祭に合わせて月食
・日食が連続して起こる」というものだ。このような天体現象は、過去500年間に2度
しか起きていない。

一度目は、1948年の「イスラエル建国宣言」の時。1948年から1950年にかけ
て、ユダヤの大祭(過越の祭、仮庵の祭、新年)の日に合わせて月食・日食の連続現
象が起きている。

イスラエル国家再建(1948年)と月食・日食

   西 暦        ユダヤ暦         現 象   ユダヤの祭
1948年 4月23日 5708年ニサン14日   部分月食  過越の祭前夜
1948年10月18日 5709年ティシュリ15日 半影月食  仮庵の祭初日
1949年 4月13日 5709年ニサン14日   皆既月食  過越の祭前夜
1949年10月 7日 5710年ティシュリ14日 皆既月食  仮庵の祭前夜
1950年 4月 2日 5710年ニサン15日   皆既月食  過越の祭初日
1950年 9月12日 5711年ティシュリ1日  皆既日食  政治暦新年
1950年 9月26日 5711年ティシュリ15日 皆既月食  仮庵の祭初日
         
2度目は1967年の「6日戦争」(第三次中東戦争)の時である。
この戦争によってユダヤ人はエルサレムを取り戻した。この時も、1967年から196
9年にかけて、やはりユダヤの大祭に合わせて月食・日食の連続現象が起きていた。

6日戦争(エルサレム奪還1967年)と月食・日食

  西 暦           ユダヤ暦       現 象    ユダヤの祭
1967年 4月24日 5727年ニサン14日   皆既月食  過越の祭前夜  
1967年10月18日 5728年ティシュリ14日 皆既月食  仮庵の祭前夜
1968年 4月13日 5728年ニサン15日   皆既月食  過越の祭初日
1968年 9月22日 5728年エルル29日   皆既日食  政治暦新年前日
1968年10月 6日 5729年ティシュリ14日 皆既月食  仮庵の祭前夜
1969年 3月18日 5729年アダル28日   金環日食  宗教暦新年前々日
1969年 4月 2日 5729年ニサン14日   半影月食  過越の祭前夜
1969年 9月11日 5729年エルル28日   金環日食  政治暦新年前々日
1969年 9月25日 5730年ティシュリ13日  半影月食  仮庵の祭前々夜

イスラエル建国とエルサレム奪還・・・。これらはユダヤ人の2000年に及ぶ悲願中
の悲願が達成された時だ。実はこれらと同様の連続現象が2014年から2015年
にも起こる。

2014年~2015年の月食・日食とユダヤの祭
20140321-03.jpg 

だから、2014年にもユダヤに大事件が起きるのではないか、それはまた、単に
ユダヤの大事件というだけでなく、世界をも震撼させるような大事件となるのでは
ないか。そういうことを筆者は語ってきた。それは2014年の4月ごろから始まり、
5月の「イヤルの月」へとつながるのである。


関連記事
以上は「MUのブログ」より
 

駿河湾・海底で異変か!

日本の海底で異変か!?駿河湾で深海魚「ラブカ」が3匹も捕獲される!関東大震災前も魚の異常行動が発生していた! new!!

20140322221423rabuka.jpg
3月21日に駿河湾で「生きた化石」と言われている「ラブカ」という深海魚が3匹も捕獲されました。ラブカは極めて珍しい魚で、まとめて3匹も捕獲されるのは異例中の異例です。日本近海では今年に入ってからかつて無いほど多数の深海魚が捕獲されており、日本近海で何らかの異変が発生している可能性があります。

先月には茨城県で大量のボラが発生して大騒ぎになりましたが、このような魚の異変は過去の大地震前にも発生していました。例えば、関東大震災や東日本大震災は地震が発生する数週間ほど前から魚の異常報告が報告されています。ただ、今回の方があの時よりも圧倒的に数が多く、非常に不気味だと言えるでしょう。

東日本大震災のような巨大地震が発生する前には、プレートの地滑り現象が発生します。すると、巨大な岩盤同士がぶつかり合うことで、大量の電磁波などが地殻から放出されるのです。深海魚は目が見えない分、様々な高感度センサーを持っています。そのため、深海魚たちはこのような地殻の異変を感じやすく、大地震前になると異常な行動を多くすると言われているのです。

もちろん、絶対と断言できるようなものではありませんが、他にも今まで地震を当てた実績のある東大名誉教授の村井氏らも、「昨年頃から各種データで大地震を示唆する動きを捉えている」と述べているので、油断をすることは出来ません。念のために、防災対策の見直しや強化をしておくようにしてください。


☆駿河湾で深海のサメ「ラブカ」3匹発見・捕獲(14/03/21)


☆船だまりにボラの大群 大洗町の涸沼川

↓ボラに埋め尽くされる川
20140202091451bora03.jpg
20140202091432bora02.jpg
20140202091534boara06.jpg
20140202091514bora05.jpg

☆生きた化石「ラブカ」3匹捕獲
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140321/k10013153091000.html

引用:
深海に生息するサメで、「生きた化石」とも呼ばれる「ラブカ」が21日、駿河湾の沖合で3匹捕獲され、静岡県沼津市の水族館で展示されています。

このラブカは21日の朝、駿河湾に仕掛けられた水深160メートルの網にかかっているのが見つかったもので、沼津市の水族館「あわしまマリンパーク」に運び込まれました。
体が灰色の「ラブカ」は、いずれも体長が1メートル50センチほどのオス1匹とメス2匹で、水槽の中で尾ひれをゆらゆらと揺らすように泳いでいます。

水族館によりますと、「ラブカ」は「生きた化石」とも呼ばれる深海に生息するサメで、捕獲された例は少なく、詳しい生態は分かっていないということです。
また、環境の変化に弱いため、生きた状態で展示できるのは極めて珍しいということです。
:引用終了

☆関東大震災等で発生した前兆現象
URL http://www.namazu119.net/zenchou.html

引用:
•伊東市で漁具がまったく売れなくなった。相模湾でまるっきり魚が取れなくなったので漁具も不要になった。海の中が濁ってあぶくが吹いているようだった。
•川崎市北端の耕地付近の水田や小川で非常に多数の小ナマズが繁殖した。この様なことはこれ以前、以後一切ない。
•川口市で、震災の起こる前ナマズが非常に繁殖した。古老は地震の前後、地熱の上昇でナマズが繁殖するのではないかという。その後このようなことは無い。

•伊豆半島で海女が海底から盛んに泡が立ってるのを見た。その後、あわびが岩に硬く吸い付いて容易に取れなくなった。
•木更津浜で局所的に、くみ潮現象(満ち潮の途中に30分~1時間急に潮が引く。引き潮の途中に30分~1時間急に満ち潮が混じる)が発生した。
•隅田川でメダカやフナがたくさん水面に浮かび、パクパクしており、素手ですくい上げることができた。
•浅草三筋町で、イヌが2週間前からあちらでもこちらでも遠吠えしていた。近所の人たちは何か変事があるのではないかと気持ち悪がった。(別の地域でも同じ報告あり)

•鎌倉由比ガ浜と材木座の間を流れる川ぶちで、足元がムズムズするので下をつかむとハゼが5、6匹とれ、川底の窪みを両手でつかむと一度に10匹くらいとれ、結局4リットルとれた。
•東神奈川の海岸寄りの運河で、ハゼが異常に発生。
•ネズミが江戸川の市川橋の下の水道管を伝わって逃げた。昼は人に見えないように、また人が邪魔しても夢中で逃げ、夜も水道管を伝わって逃げた。これが見られなくなって、2日後大地震おこった。
:引用終了

☆地震と漁獲量の不思議な関係 起きた数と量、グラフが示す「似た形」
URL http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140131/dms1401310723004-n1.htm

引用:
昔から、魚と地震との関係についての言い伝えがある。このイカも話題になった。大地震が起きる海底で地殻変動など何かの変化があったことを魚が感じているのではないかということだ。

 岩手県の三陸地方には、イワシ(マイワシ)がよく捕れるときには大地震があるという言い伝えがある。1896年の明治三陸津波地震と1933年の三陸沖地震の2回の大地震の前は異常なくらいの豊漁だった。

 漁獲量と地震の関係を最初に指摘したのは物理学者の寺田寅彦である。伊豆半島・伊東沖の群発地震の毎日の数のグラフと、近くで捕れたアジやメジ(マグロの仲間)の漁獲量のグラフがよく似た形をしていることを発見した。

 近年、寺田の追試をした研究がある。1974年からの16年間に、相模湾一帯に分布している定置網27カ所の漁獲量のデータ全部を調べ上げたのである。この期間には、伊豆大島の島民全部が島外に避難した86年11-12月の噴火があった。伊東沖では、89年5月に始まった群発地震がどんどん盛んになって7月には海底噴火し、手石海丘を作った。こうした伊東沖の群発地震は、この期間で11回もあった。

 寺田が示したのと同じような例もあった。たとえば小田原と真鶴の間にある定置網では、伊東沖の群発地震とアジの漁獲量のグラフが並行していた。また、熱海のすぐ南にある定置網でのアジの漁獲量は、86年の伊豆大島の噴火の前後に起きた地震の数と並行しているように見える。これらのグラフを見せられれば、誰でも地震と漁獲量が関係があると思うほどである。
:引用終了


関連過去記事

☆大地震の前兆か!?全国で珍しい深海魚の打ち上げが相次ぐ!海鳥の大量死も!リュウグウノツカイ、巨大アンコウ、ダイオウイカ等々
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2069.html


☆Mrサンデーが地震予知を特集!TVに初公開されたGPS地震予測!串田氏や村井氏も登場!村井俊治「3月辺りに巨大地震の恐れ」
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1992.html


防災対策関連記事

☆【防災】大地震が発生したときの対処法 実は机に隠れるのは間違い!?非常用バックに入れるべき物
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-149.html


☆【大地震対策】外出時に持っておきたい防災グッズ!予備充電器、現金、飲水、食べ物、ミニラジオなど
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-79.html


2013年4月25日追加製造決定 ( セール価格 お一人様10袋まで ) 非常食 もどし水入り きなこ餅 【保存期間3年】 どこでもすぐに美味しいきなこ餅がいただけます。お水+餅6枚+箸・皿+きなこ2袋
以上は「真実を探すブログ」より
三宅島で噴火の前兆地震が急増しており、富士山での噴火の前兆現象も増加していますので関東大地震や富士山等の噴火も十分考えられる時期になりました。原発再稼働どころではありません。早く安倍政権を変える必要があります。原発再稼働の安倍政権では日本は滅亡します。        以上

身内もついに造反、日銀審議委も見放したアベノミクス

“身内”もついに造反 日銀審議委も見放したアベノミクス(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo163/msg/170.html

投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 21 日 07:16:33: igsppGRN/E9PQ

   

“身内”もついに造反 日銀審議委も見放したアベノミクス
http://gendai.net/articles/view/news/148859
2014年3月20日 日刊ゲンダイ

 “身内”の日銀審議委員も離反


クロダミクスも同時崩壊/(C)日刊ゲンダイ

 アベノミクスのインチキを挙げていけばキリがないが、ついに“身内”から“離反予備軍”が登場だ。日銀審議委員のひとりが、黒田日銀の異次元緩和に異議を唱えだしたのである。ハッタリがバレて、GDPの伸び率も物価上昇も思うようにならず、貿易収支の悪化がクローズアップされているアベノミクス。そりゃ、造反者が出るのは当然だ。

 実は黒田日銀総裁の異次元緩和の雲行きは昨年10月あたりから怪しくなっていた。「2年間で物価上昇率2%を達成する」ことをうたった展望リポートに対し、3人の審議委員が反対したのだ。この時、勇ましかったのが野村証券出身の木内登英氏で、「(2%達成は)容易でもないし、適当でもない」と切り捨てた。

 その木内氏が19日、大津市内で行われた講演でまたまた、“反旗”を翻したのである。
「物価目標の2%という水準は日本経済の実力をかなり上回っている」「将来的には再検討する余地がある」「おおむね1%か1%強くらいが実力に合った物価上昇ではないか」

 こう言った木内氏は返す刀で「高すぎる目標に邁進することで、量的緩和が非常に長期化してしまったり、あるいは追加措置が取られることになり、副作用が非常に積み上がってしまう可能性がある」とバッサリ、「(量的緩和の)追加の副作用が追加の効果を上回るのであれば、そうした政策は妥当ではない」と切り捨てた。

 安倍のブレーンである浜田宏一・内閣官房参与(エール大名誉教授)が14日、「日銀は日本国債買い入れペースを100兆円に倍増し、新規の長期国債の全てを買い入れることも可能」と言ったことに、猛反発したのである。

■マトモなエコノミストは付き合いきれない

 さあ、こうした動きを専門家はどう見たか。RFSマネジメント・チーフエコノミストの田代秀敏氏はこう言った。

「木内さんの発言は経済合理性からいえば、極めて妥当です。日本はバブル期でも物価は2%も上昇していません。当時と違って人口が減っているのに、2%なんて無理ですよ。異次元緩和の黒田日銀は関東軍のようです。広大な中国を制圧することなんてできないのに、無理な目標を立てて後戻りできなくなったところが似ているのです。無理な目標を立てれば、そこに向かって努力することが自己目的化してしまう。しかも、長期国債を買えば買うほど、出口戦略ができなくなる。買うのをやめれば、国債が暴落してしまうからです。日本の将来を考えれば、直ちに異次元緩和をやめてほしい。これが木内さんの本音だと思うし、マトモなエコノミストであれば、誰もがそう考えているはずです」

 木内氏だけでなく、日銀審議委員では白井さゆり氏、佐藤健裕氏も物価目標2%やそれに向けた異次元緩和に懐疑的だ。3人に共通するのは若いこと。木内氏、白井氏は1963年生まれ、佐藤氏は61年だ。あと何十年も生きるわけだから、さすがにゾッとしているのだろう。78歳の浜田の妄言に振り回されているアベノミクスの行く末が怖くなる。

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

コメント
 
01. 2014年3月21日 11:12:18 : 4f7EbWHE7I
> 「2年間で物価上昇率2%を達成する」ことをうたった展望リポートに対し、3人の審議委員が反対したのだ。この時、勇ましかったのが野村証券出身の木内登英氏で、「(2%達成は)容易でもないし、適当でもない」と切り捨てた。

日銀は毎月7兆円、年に約80兆円の国債を購入している。国債を買う金は日銀が印刷して作る日銀券である。
年に80兆円の紙幣を市中にばらまいて心配になるのは当然インフレである。それ故、黒田日銀は紙幣発行額をインフレ率が2%以下になるように制限を加えた。

> その木内氏が19日、大津市内で行われた講演でまたまた、“反旗”を翻したのである。
「物価目標の2%という水準は日本経済の実力をかなり上回っている」「将来的には再検討する余地がある」「おおむね1%か1%強くらいが実力に合った物価上昇ではないか」

木内氏の「物価目標の2%という水準は日本経済の実力をかなり上回っている」「将来的には再検討する余地がある」「おおむね1%か1%強くらいが実力に合った物価上昇ではないか」は意味不明である。

日本経済に実力が無ければ、年に80兆円の紙幣を市中にばらまけば確実にインフレになる。インフレにならないのは実力があるからであり、「物価目標の2%という水準は日本経済の実力をかなり上回っている」は素人の戯言である。

> 安倍のブレーンである浜田宏一・内閣官房参与(エール大名誉教授)が14日、「日銀は日本国債買い入れペースを100兆円に倍増し、新規の長期国債の全てを買い入れることも可能」と言ったことに、猛反発したのである。

年に80兆円の国債を購入して2%のインフレにならなければ年に国債を100兆円買うべきと言うのは、当然の事である。
マクロ経済学の専門家のエール大名誉教授でなくても分かる。
この発言に猛反発するとは、無知で無ければ精神状態がおかしい。

日銀が購入した国債への利子は国庫納付金として政府へ返還される。
したがって日銀が所有する国債は政府の負債にはならなくなる。
つまり、日銀が国債を買うことは政府および国民の利益になる。

> 木内氏だけでなく、日銀審議委員では白井さゆり氏、佐藤健裕氏も物価目標2%やそれに向けた異次元緩和に懐疑的だ。

マクロ経済学の基礎も分からない者が日銀審議委員とは呆れる。
さっさと罷免されるべきである。
日銀審議委員を採用するときは、マクロ経済学の試験を行って、合格者の内から任命すべきである。
マクロ経済学の基礎も分からない愚か者を日銀審議委員にすることは、今後は止めるべきである。


    
02. 2014年3月21日 12:15:31 : 4IIsvL27Pf
>>01さん

 マクロ経済学って本当に面白いんですね。

 例えば日銀が1000兆円の国債購入すればたとえば平均1%の利子として10兆円が国庫納付金となる。ならば政府に至急追加で1000兆円の国債を発行させ日銀が全量購入すれば20兆円の納付金となり、消費税も不要になりますね。ついでに1京円にすれば100兆円の国庫納付金になり、松下幸之助氏が主張していた無税国家が出来上がります。そして政府の負債はなくなるのだからこんなに良い方法はないですね。

 なぜ、こんな魔法みたいな良い方法があるのに本気で実行しようとしないんですかね。

 ついでに世界中が実行すれば各国家の負債も全部帳消しで、万々歳ですね。永久に地球経済は繁栄します。


    
03. 2014年3月21日 13:11:20 : 4f7EbWHE7I
>>02. 2014年3月21日 12:15:31 : 4IIsvL27Pf
> マクロ経済学って本当に面白いんですね。

マクロ経済学に限りません。
学問は全て面白いんです。
しかし、学問を理解するには国語を理解する能力が必要です。

> 例えば日銀が1000兆円の国債購入すればたとえば平均1%の利子として10兆円が国庫納付金となる。ならば政府に至急追加で1000兆円の国債を発行させ日銀が全量購入すれば20兆円の納付金となり、消費税も不要になりますね。

>>01
「年に80兆円の紙幣を市中にばらまいて心配になるのは当然インフレである。それ故、黒田日銀は紙幣発行額をインフレ率が2%以下になるように制限を加えた。」
と書きました。
「1000兆円の国債を発行させ日銀が全量購入すれば」「インフレ率が2%以下になる」は、不可能でしょう。
つまり、「1000兆円の国債を発行させ日銀が全量購入」は不可能でしょう。

> ついでに1京円にすれば100兆円の国庫納付金になり、松下幸之助氏が主張していた無税国家が出来上がります。そして政府の負債はなくなるのだからこんなに良い方法はないですね。

>>01の短い簡単な日本語文章も理解できなければ、マクロ経済学の理解は不可能だし、荒唐無稽な妄想に耽ることになります。

> なぜ、こんな魔法みたいな良い方法があるのに本気で実行しようとしないんですかね。
> ついでに世界中が実行すれば各国家の負債も全部帳消しで、万々歳ですね。永久に地球経済は繁栄します。

マクロ経済学はドラえもんの漫画のように面白いと思ったのですね。
マクロ経済学の本当の面白さを知るには、小学校の国語の勉強からし直す必要がありますね。


    
04. 2014年3月21日 16:04:32 : QBrYpzDGwo
       日銀が印刷した円札は、当座預金として日銀に保管されているようだ。これが市中に回ってしまうと次なる国債に充てる資金がなくなるので当座預金にしておくしかないのではないか。従って、市中に円札がばら撒かれることなく、政府にだけ金が入るということで、日本は益々政府の財布に頼るしかなくなる。よって、現政権と政府が土建産業や軍需産業にテコ入れする割合が大きければ他の福祉に使われなくなるだろう。インフレも招かない代わり非常に大きな政府となり、社会主義国のようにならざるを得ないのだろうか。
   小学生に戻れば、一郎、太郎、二郎がお店屋さんごっこをし、最初は均等に金を持って買ったり売ったりしていたが、次第に一郎だけが金を印刷してしまっている。これを卑怯だとして咎めるか、何でも買ってくれるし、ま、いいか、と他の友人が大目に見るか、紙幣は信用さえあれば幾らでも印刷出来るということか。
   まして、太郎も二郎も印刷し始めればそれはそれで、天下の回りものか。

    

05.  ひでしゃん 2014年3月21日 17:40:21 : dsqbUTCLpgzpY : XNAjgJBVjM
日銀が円の価値を棄損させることはビットコインと同じ運命になることだ
日本国債が無価値になる(金利は暴騰する)
担保されるものが何も無いということは無価値ということ
印刷された日銀券も同じ運命
ただの印刷物で広告紙と同じ
落とし紙にも使えない
誰も受け取らなくなったら流通できなくなる
金で担保された兌換券といっていたものがあった
これなら最終所持者は金と交換することで価値が担保される
担保したくないから政府は外した
今の日銀券は紙屑だ 
インフレ目標が達成されればその分将来の交換価値は減じる
インフレが続けば将来における現在価値は無限にゼロに近づいていく
日銀も財務省も博打は止めてもらいたい
節度のある金融政策じゃないと国民が迷惑するのだ

以上は「阿修羅」より

政策にはいろいろありますが、その中から一番良い政策を選ぶのはやはり時の総理の仕事です。その総理が甘い考えであるので良い結果はありません。益々悪くなるばかりです。結果が証明します。   以上

地球は巨大地震活動期に突入した

警告レポート 地球は巨大地震活動期に突入世界の、日本の「次はここが危ない!」
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/603.html

投稿者 taked4700 日時 2014 年 3 月 12 日 17:09:36: 9XFNe/BiX575U

            

    

活動期('04年以降の8年間)における巨大地震の発生状況
「活動期」だとされる'04年1月~現在の間に起きた巨大地震(M7.5以上)を図示している。下の「静穏期」の表と見比べると、発生数が格段に多くなっていることは一目瞭然だ。その数は、実に30件にものぼる 図)アトリエ・プラン(以下同)
**********************************

2012年5月にフライデーに載った記事のようです。阿修羅掲示板にはリンクだけが紹介されているようですので、改めて記事として投降させていただきます。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32529

警告レポート 地球は巨大地震活動期に突入世界の、日本の「次はここが危ない!」

4・11スマトラM8.6、
4・12メキシコM7.1、
4・17パプアニューギニアM7.0・・・
不気味に揺れ続ける地球。次の〝デンジャラス・ゾーン〟を専門家が読み解く!

 地球規模で巨大地震が頻発している。今年4月以降に発生したM6.0以上の地震だけみても、4月11日にインドネシア・スマトラ島沖のM8.6の地震で死者5人が出たのをはじめ、12日にメキシコでM7.1、17日にチリでM6.5、同日にパプアニューギニア沖でM7.0、21日にインドネシア・イリアンジャヤ沖でM6.9。5月に入っても、2日にメキシコ南西部でM6.3といった具合で、ほとんど毎週のようにM7前後の不気味な揺れが続いている。

http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/b/7/300/img_b7e64d12193bab3e5552cb5debd4cace505182.jpg
静穏期('68年から'76年の8年間)における巨大地震の発生状況 上の活動期と同じ期間を、静穏期の中で任意に取り出し('68年1月~'76年4月)、比較してみた。巨大地震の発生は、わずか7件と少ない
拡大画像表示

 本誌は昨年5月6日号で、「地球は巨大地震活動期に突入した」とするレポートがアメリカ地震学会で発表されたことを報じた。それは米地質調査所(USGS)のチャック・バフェ博士による、

「M7以上の大地震には発生しやすい活動期がある。まさに今がその時期にあたる。6年以内にM9クラスの超巨大地震が世界のどこかで起こる確率は63%」

 との戦慄すべき報告だった。博士は、1900年以降の世界のM7以上の地震記録を分析し、巨大地震が「'50~'65年」と「2004年以降」の2つの期間に集中していることを明らかにした。その研究を裏付けるような、このところの巨大地震の集中ぶりなのである。本誌は、改めてバフェ博士に話を聞いた。

http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/a/1/600/img_a10cc2858b3ee4a022f89e77d290246c152993.jpg

「近ごろの状況を見ても、やはり地球規模で地震が活発化していることは間違いありません。スマトラで'04年に起きたM9.1、'05年のM8.6の地震を皮切りに、地球は本格的に新たな活動期に突入しました。'10年のチリ地震(M8.8)、'11年の東日本大震災(M9.0)、今年4月のスマトラ沖地震(M8.6)の発生が、その事実を証明しています。この7年半の間に、M8.6以上の地震が5つ起き、うち2つはM9.0以上でした。それ以前の40年間が静かだったことを考えると、重要な変化が起きたことが分かります」

巨大地震は群れをなす

 1ページの上下の図は、活動期と静穏期の巨大地震の発生状況を示したものだ。これを見れば、近年の頻発ぶりが一目瞭然だ。米カリフォルニア大デイビス校の地震学者ジョン・ランドル教授も同調する。

「確かに、いま世界は巨大地震活動期に入っていると思う。『ランダムに起こっているだけだ』との反論もあるが、私はそうは思わない。M7.0以下の地震はこの20年を見るとコンスタントに発生しているが、M8.6以上の巨大地震は明らかにグループとなって起きている。1900年以降、M8.6以上の大地震は'50~'65年の間と'04年以降に集中している(上のグラフ参照)。大地震が、ある時期に群れをなして起こる証拠と言える。これは偶然ではない」

 ランドル教授は'10年7月30日付の自身のブログで、日本で早晩、大地震が起きると予測し、仙台をその可能性のある都市として挙げていた。それだけに彼の分析には説得力がある。ちなみに彼は「メキシコやカリフォルニア南部でM7クラスの地震が、ここ数年多発している。カリフォルニアやネバダなどでM7以上の地震が起きるリスクが、この30年間で最も高まっている」とも話している。

 巨大地震が集中するメカニズムについては不明な点も多いが、琉球大学名誉教授の木村政昭氏は「現在、世界的に海嶺の動きが活発化していることが原因ではないか」と推測する。海嶺とはプレートとプレートの境界に位置する大規模な海底山脈のことだ。プレートは海嶺で形成され、海溝に向かって移動し、沈み込んでいく。以下、左ページ上の図を参照しつつ、木村氏の解説を聞いていこう。

「地震活動期の開始は私としては1950年代からだと考えている。その頃から特に活発化しているのが、日本のはるか東、南米大陸の西に位置し、太平洋プレートとナスカプレートなどとの境界にある東太平洋海嶺です。この海嶺がプレートを西や東に大量に押し出して、その先のプレートと激しくせめぎ合うことになった。結果、各地で巨大地震が起きているのです。'50年代のカムチャッカ半島(M9.0、M8.2)、'60年のチリ(M9.5)、'64年のアラスカ(M9.2)、'07年のマリアナ諸島(M7.5)、'10年の硫黄島近海(M7.8)。昨年のニュージーランド、三陸沖(東日本大震災)もそうでした。日本列島の東側には南北に長い海溝があり、プレートの沈降の影響を強く受けるのです」

http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/3/6/600/img_36f983cdc88f1070b12633dabfd7c2fb892187.jpg

 実は、東日本大震災の前には、別の海嶺の活発化を示す現象もあったという。

「ユーラシアプレートと北米プレートの境界に位置する大西洋中央海嶺は、アイスランドの中央を南北に貫いている。同国の火山は'10年に大噴火しているのですが、その噴火は海嶺に影響されて起こったもの。これは大西洋中央海嶺が急速に活発化して、ユーラシアプレートを東へ押し出す力となっていることを示している。先述のように、太平洋プレートは東太平洋海嶺の動きによって西側への力が強まっており、ユーラシアプレートの力が伝わり東へ押される北米プレートとの境目にあたる三陸沖で、超巨大地震が起きたのだと考えられます」(木村氏)

 では、これから危ないエリアはどこなのか。東京大学地震研究所の古村孝志教授は、「地震活動期」という考え方自体には否定的だが、巨大地震が起こる可能性が高い地域については、こう指摘する。

「危険視される地域は例えばチリ。過去に観測史上最大のM9.5クラスの地震が起きた彼の地は、この先も高い地震リスクを背負うでしょう。チリで起これば、日本にも津波の影響がある。'60年のチリ地震の際には日本にも津波が襲って、142人が亡くなっています」

 一方、前出の木村氏は、やはり近年のプレートの動きが手がかりになると語る。再び上の図をご覧いただきたい。

「太平洋プレートの西側の活動が活発化しているのは厳然とした事実です。溜め込んでいるプレート間のストレスを全部出し切ってしまわないと、太平洋プレートは大陸の下に潜っていかない。太平洋プレートの境界で、しばらくのあいだ大きな地震が起きていないエリア、つまり、溜められたストレスが抜けていない地帯で超巨大地震が起こりかねません」

本当に危険なエリア

 これらを踏まえたうえで、木村氏はまず、「ミャンマーからネパールにかけては、長いあいだ地震がなく、危険だ」と見る。インド・オーストラリアプレートでは、スマトラで巨大地震が多発しているものの、ミャンマー~ネパールの地帯には空白域があるのだ。そして日本では、「伊豆から小笠原諸島にかけては長いあいだストレスが抜けていないので、特に警戒すべきだ」と語気を強める。

 日本こそトップクラスの危険地帯であることは専門家の意見が一致するところだ。『活動期に入った地震列島』などの著書がある元京都大学総長の尾池和夫氏は、「西日本は阪神大震災の後、およそ50年続くと言われる地震活動期に入った。そのうえ、日本列島全体でも数百年規模の活動期に突入しており、危険度は高くなっている」と見る。氏が発生を警戒するのは、静岡・御前崎沖から高知・足摺岬沖まで延びる海溝「南海トラフ」を端緒とした地震だ。

「南海トラフの巨大地震は20~30年以内に必ず起こる。トラフは活動期と静穏期を繰り返している。'48年のM7クラスの福井地震から'95年の阪神大震災までの間が静穏期。再び活動期に入った現在では、東海・東南海・南海が連動した地震が起こると、M9.1にも達するという予測もある。南海トラフに内陸が押されて内陸の活断層が動くケースも考えられるが、そちらは直下型だから非常に怖い。関西では京都、滋賀、奈良、和歌山は活断層の上にあるので特に危険だ」

 前出の古村教授も〝三連動地震〟を警戒する。

「1855年の安政の大地震では東南海・東海が発生した30時間後に南海が起こりました。1707年の宝永地震では3つ同時です。実は3地域の地震はバラバラに来るのではなく一気に来るのが通例なのです。それは100~150年周期で起きると言われていますが、1944年の東南海地震、'46年の南海地震以来は70年近くも起きていない。3つが連動する〝いつものパターン〟が来る日は刻一刻と近づいているのです」

 さらに首都圏が巨大地震に見舞われる危険も盛んに指摘されている。武蔵野学院大学特任教授である地震学者の島村英紀氏が言う。

「首都圏にはプレートが4つももぐり込んでおり、世界でも類を見ない危険な地帯。江戸時代の始めから幕末までの約250年間で、M7程度の被害をもたらす地震が30回も起きている。ところが、1923年の関東大震災以降は、M7どころか震度5の地震が3回しか発生していない。首都圏を直撃する地震は近づいているのです。東京都が新たに想定した死者数(4月18日公表)は約1万人ですが、これは津波による犠牲を含めていない。私は死者4万人以上にのぼると思います」

 巨大地震活動期に生きる我々の正念場は、むしろこれからなのかもしれない。

「フライデー」2012年5月25日号より

***********************************

 世界的に巨大地震活動期に入っているということ。   

以上は「阿修羅」より

現在の地球が巨大地震期に突入した原因は、それは現在、今の人類始まって以来の78万年ぶりの「地球大異変期」に突入したからです。地球南北地磁気の逆転現象いわゆるポールシフトのことですが、これが現在進行中なのです。そのために地球内部のマグマの回転が大きく変化してその影響で外殻の地盤が大きく動くのです。地球を大きくひび割れを起こしているプレートがギシギシ動き出してきたのです。普段は動かないところが動くほどに地球規模で地殻の変動が起きているのが現在なのです。これは最近まだ始まったばかりです。このような激変期に原発再稼働などは狂気の沙汰なのです。再稼働は二度目の福島原発事故が不可避となります。安倍政権は国民の命より一部の金儲けを優先する政治なのです。                                  以上 

土壌醗酵による放射能除染記者会見

土壌発酵による放射能除染記者会見

生体内の原子転換・・・
あるいは、生体内の常温核融合・・・
が唱えられて久しい!
ところが、『正統派』科学は頑迷である!
提供されたとする
ケッシュ技術も捨て置かれているのであろう・・・?!

 Dr.佐野千遙の話は、難しいのであるが、分かる者には分かる。そもそも物理学の『正統派』に毒されていない分、素直に分かるのである。

 素粒子論になると、いろいろの理論が交錯しており、複雑怪奇で何がなにやら皆目理解しがたくなるのであるが、要するに単極磁石の回転運動であるとするDr.の話は、直感的に分かるのである。

Cbef22b7254f8c52d47dce82291602a2



 つまり、陽単極磁石の磁性が陽子の元となり、陰単極磁石の磁性が運動して電子となるとの話までは、直感的に分かる。そのメカニズムは難しいが、電子がエントロピー縮小の働きを為すという事は実に面白い。

 電子銃が、核熱反応を止め、電気に変換するというのは、ブラウン博士の原子力電池の原理にあった。と同時に、光速を伴う電子銃が原子核内に侵入し、原子核内から病気の原因の取り除くというのは、新治療の黎明を感じる。しかし、上手く説明が出来る程、理解はしていない。

 とにかく、生体内ので原子転換・常温核融合反応などは、事実であろうから、理論的な解明が必要である。それが酵素の持つ正四面体の構造効果によるものとの見解は、高尾征治博士の量子水学説に通ずる話だ。

 彼らを、詐欺師扱いする無知な輩もあるが、笑止千万である。ソマチットについても、然りである。少々小難しい話であるが、転載しておきたい。

 

2013.10.22土壌発酵による放射能除染記者会見@福島県庁 No7

2013.10.22土壌発酵による放射能除染記者会見@福島県庁 No8




 

 
テーマ:

 

ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派論文審査員:ドクター佐野千遥

 

佐野千遥博士のyoutube動画は、下記のURLをコピペして御覧下さい。コピペして頂く以外に無いのは、私のアメブロ画面では「リンク」が作動しないためです。

 

http://www.youtube.com/watch?v=vY_fl4Cdbhw

 

http://www.youtube.com/watch?v=2rSCHuFXqmI

 

12月12日衆議院議員会館にて日本がん難病サポート協会名誉会長にスミルノフ学派Dr佐野千遥が就任

 

12月12日衆議院議員会館にて開かれた日本がん難病サポート協会主催「第4回統合医療研修会」に於いて、日本がん難病サポート協会名誉会長にスミルノフ学派Dr佐野千遥が就任した。

 

これは佐野千遥が物理学者であるにも拘らず、生物の発生、生命現象、生物の進化、生物の代謝活動、医学現象を新しい反エントロピー物理学を基に説明する事が出来る事に拠っている。

 

佐野千遥としては、先ず緊急事態である福島原発からの放射能が原因で東北・関東の幼児達に広範に発症している甲状腺がん(原爆症)の救済目的で、AWGの抜本的改良のプロジェクトとソマチットの研究開発を推進する意向である。

 

佐野千遥は又、癌一般に対し、「温熱療法システム」の開発を提起している。

 

1.甲状腺がん(原爆症)の救済目的でのAWGの抜本的改良のプロジェクト

 

電 子を光速度近くまで加速すると、ファラデーの単極誘導現象の結果その表面に巻き付いているN極系(=電気系)エーテル繊維が解れて外れ、電子の中に隠れて いた負の質量のS極単極磁力子=反エントロピー要員が如実に現れ、原爆症で秩序性が劣化している原子核に難なく飛び込み、原子核内部の秩序性を回復する事 により、病を原子核の内から治すのがAWGなのだが、AWG器機を使った症例には従来、効果が出た者と、出なかった者が居た。佐野はAWG専門ジャーナリ スト俊成正樹氏と共に効果が出なかった患者が居たその原因を検証して、現実には家庭用電力・電圧で電子を光速度近くまで加速する事が実現出来ていない事を 探り当てた。

 

機能的に似たような仕組みの物にセシウム、ストロンチウムのベータ崩壊放射能を本当に除染する為の「三菱重工の電子銃」なる 物が有るが、これも「電子を光速度近くまで加速して」セシウム、ストロンチウムの原子核に飛び込ます事により、ベータ崩壊を短時間で終えるように促進し て、非放射性元素へと核種変更させる事により、放射能を除染する、と謳っている。ベータ崩壊で原子核からベータ線として発射される電子の速度は光速度の 1/3程度であるが、「三菱重工の電子銃」の場合、実は亜光速には加速され切っておらず、ベータ線の電子の速度と同じ光速度の1/3までしか加速出来てい ない事が分かった。つまりベータ線の電子の速度と同じ光速度の1/3までしか加速出来ていないから、ベータ崩壊を促進する事までしか出来ないのである。 AWGに比べれば遥かに大型重装備の「三菱重工の電子銃」とても、光速度の1/3までしか加速出来ていないから、せいぜいベータ崩壊促進が出来るのみで、 スミルノフ学派のように放射性元素の原子核の低温解体消滅を実現する事が出来ないのである。

 

実際、電子を光速度近くまで加速するには素粒子研究所の巨大な加速器を従来必要としてきている。

 

そこで佐野はAWG発明者松浦ゆうじ氏と、西村明美氏に対し、家庭用電力・電圧のみで亜光速まで電子を加速する為に佐野独自の「トポロジカル超電導回路」と「S極単極スカラー磁場発生装置」の科学技術ノーハウを提供する用意が有る事を通達してある。

 

2.ソマチットの研究開発

 

佐 野千遥は、ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派シャクパロノフ博士の35年間のメービウスの帯と単極磁石の実験にも支えられて、負の質量を持った単 極磁石は、あらゆる反エントロピー・プロセスを体系的に統括し制御する「物理的生命体」とも言うべき物である事を論証した。

 

ソマチットは、DNAより遥かに微細な物で、強酸・強塩基によっても死なない、酷く温度を下げても上げても死なない、真空にしようが巨大な気圧を掛けても死なない、何億年もいき続ける等、「物理的生命体」と名付ける事ができる特性を持っている。

 

そこで佐野は、日本に於けるソマチット研究の権威である福村一郎氏と先頃会談し、福村氏と佐野の共著のソマチットに関する本を出版する約束をし、又このソマチットを研究開発して、福島の原爆症の幼児達に救済手段として一日も早く提供する事を提案した。

 

3.癌に対し3点機能を兼ね備えた「温熱療法システム」の開発を提起

 

宗像久男医師は「全ての癌細胞は42.5度以上にすれば必ず死滅する。」「温熱療法を本当に徹底すれば、2年間で日本から癌を一掃する事ができる。」と言っており、それを受けて佐野千遥は、現在使われている温熱療法装置が相当不完全な物である事に鑑み、

 

1)360度あらゆる角度から癌腫瘍に焦点を合わせて遠赤外線を照射できる仕組み

 

2)実時間処理で癌腫瘍の温度をセンサーで測定して表示する仕組み

 

3)実時間処理で癌細胞の死滅数の推移をセンサーで探索して表示する仕組み

 

の3点を兼ね備えた「温熱療法システム」の開発を提起している。これは既存の技術を基に開発し組み合わせれば実現可能なシステムであり、科学論文を書かねばならない種類の事柄ではない。

今回のブログは以上です。【転載終了】

死に至る牛肉がまたも流通

『死』に至る牛肉がまたも流通

カリフォルニア北部の畜産業者
ランチョ・フィーディング社にて
牛肉リコールがありました。
米農務省サイト:
当局は危険度『高』に設定し、
この牛肉を食べれば
「重大な健康被害もしくは、
死に至る可能性のある」
対象となる900万ポンド牛肉は
2013年1月から現在まで出荷された
牛肉となりますが、これが消費者に
流通したのかは明らかになっていません。
・・・
そもそも牛が病気になってしまう原因は
牛のえさ、抗生物質、ホルモンとなります。
毒が入って、牛の体内には腫瘍だらけとなり、
歩行が困難になります。
牛が病気になる理由:
私たちはその死ぬ寸前の『危険』な
牛肉を美味しいと食べているのです。
その牛に実態は2008年カリフォルニアで
撮影され世間をアッと脅かせました。
歩行困難な牛を虐待する畜産農家 :
(動物愛護家の方は絶対に見ないでください)
私たちはこのような牛肉を
美味しいといって食べているのです。
原始人食ではたんぱく質の摂取を
推奨していますが、決してこのような
悪質な肉を食べることは推奨していません。
牧草で育てられた牛(Grass Fed Meat)、
もしくは牛肉の場合は脂分の少ない
「赤身」を食べることを推奨します。
【自然治癒・健康の最新記事】

以上は「アメリカ経済ニュース」より

米国の牛肉は安いとのことでだいぶ食されているようですがやはり危険がありそうです。危ない肉は輸出に回すそうです。危険を承知で食すことになります。  以上

韓国とイスラエルが「滅亡」して、北朝鮮の北側に新しい国ができる?

韓国とイスラエルが【 滅亡 】して、北朝鮮の北側に【 新しい国 】ができるらしいぞ!!!

 

韓国とイスラエルが【 滅亡 】して、北朝鮮の北側に【 新しい国 】ができるらしいぞ!!!

posted by



16 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 14:05:53.66 ID:gCu4hh5c0

藤原直哉@naoyafujiwara 
イスラエルから北朝鮮、大連方面に続々と移民が来ている。
イスラエル滅亡を見越した動きだろう。

http://twitter.com/naoyafujiwara/status/434433485109866498 






※参考:イスラエルの滅亡というよりは移転という感じか?


イスラエルはなぜ、中国東北部に新天地を求めようとしたのか
http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu/e/739f1cf169fe5194f5cb2aaf3d465d9e

・・・
イスラエルの新転地への移動問題に関して、最も信頼できる情報筋からの情報がありましたので、それを先にお伝えしましょう。ただし、「あくまでも今の流れでいくとこのようなシナリオが予想される」ということを含んでおかねばなりませんが。

・イスラエル政府は国家そのものの移動を既に真剣に検討しています。検討を始めた時期は3年ほど前からです。

・長引く紛争に嫌気をさしている事も原因ですが、アメリカの軍事力や経済力の低下による先行きの不透明感が原因でもあります。

・中国は広大な土地があり、中国自体がユダヤ人の受け入れが国家の経済にプラスになると考えているようです。

・既に中国政府は基本的に受け入れを容認しています。中国にとっては700万人程度の人口の増加はほとんど問題にならない数です。

・ただし、あくまでも人の移住であってイスラエル政府機関や軍隊をそのまま受け入れるわけではありません。

・イスラエル政府は解体し、軍隊は米軍に併合されるような流れになります。

・ユダヤ資本がバックにある国民なので、移住後も経済的自立は可能です。

・しかし、イスラエルはこのままでは終わりにしようとしていません。いずれ国家として独立します。

・中国の国家分裂と重なる形で独自の国家として独立することを考えているようです。

・当然、アメリカに間借りしていた軍隊を戻し、独立国家としての軍隊を持ち始めます。

・中国は当初、経済的にメリットがありユダヤの経済力を享受する時期もあるようですが、実はユダヤ人にとって中国と言う大きなマーケットは莫大な利益をもたらすことになりそうです。

 
韓国の最新ニュースを配信 「韓国ニュース速報」
簡易版はこちら 「韓国ニュース速報 Lite」
以上は「news u.s」より
この計画は「3.11テロ」が起きる前からあったようです。それによれば日本も3分割されて、北はロシアに西日本は中国に日本は放射能汚染された東日本に集中する予定です。そして韓国と北朝鮮に中国の東北部を一つの国(大高句麗国)として建国する。その主導権はイスラエルになる。したがって日本は実質滅亡します。そのための下準備は着々と進んでいます。すでにイスラエル人は2~3万人程度北朝鮮に移住済みです。北朝鮮の核開発にはイスラエル人が協力しているのが実情です。このような極秘情報は仲々出てきません。しかし将来はどうなるか誰も分かりません。計画道り行くかどうか分かりません。                                 以上

エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき(3/8)

「原発のメリット? デメリットだらけの疫病神だ」
エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき
――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人

previous page
3
nextpage

メリットと言われることは
本当にメリットなのか

――しかし、村上さんは現役の東海村村長だったとき、原発立地自治体としてのメリットを受けてきました。いま「脱原発」を唱えていらっしゃいますが、これまでメリットを受けてきたじゃないかと指摘されることはないのでしょうか。

 そりゃ、言われますよ。何度も言われました。JCO臨界事故のときもマスコミから「東海村はメリットを受けてきたじゃないか」って。確かに、東海村は原発の中心だったし、原子力は村の象徴だった。ただね、メリットって何なんだってことですよ。メリットだって言われていることは、本当にメリットなのか。

 原発を作ると他の産業は育たないんですよ。もう、それはメリットじゃないよ。すべてが原発に一本化されてしまう。

 原発を作ると、その地域は持続能力を失っていってしまうということです。原発による繁栄はいずれ限界が来るものです。東海村にも昔、3号機、4号機を作ろうという話があった。結局は面積が足りなくて話は立ち消えた。でも、柏崎刈羽はどんどん作っているでしょう。今は7号機まである。

 あれは財政が苦しくなるたびに作っている。1機作ると、一時は固定資産税がたくさん入るけど、2年目以降、どんどん少なくなるからなんです。リプレースすればいいって言う人もいるけど、原発1機が廃炉になるまで40年近くかかる。自治体の財政はそれまで待っていられない。リプレースって言ったって、そんなに簡単にできません。

 それで事故が起きたら何もかも失ってしまう。原発による繁栄っていうのは、一炊の夢なんだよね。

 すべて、ありとあらゆる商売は、原発に依存することになる。街中の洋服屋、生活雑貨屋、旅館、飲み屋、すべてです。みんな努力しなくなるんだよ。だって、努力しなくても食っていけるんだから。原発からの発注っていうのは、極めて利益率が高いんだよね。みんな定価で買ってくれるんだから。そりゃ、努力しないよ。

 例えば衣料品店、村民の方を向いてません。作業着とか靴とか、原発作業員用のものを仕入れて売ればいい。黙っていても、売れる。こんないい商売ないよ。

 旅館もそう。原発作業員向けだから、雑魚寝で風呂は共同なんだよ。J-PARK(原子力を含む幅広い分野の最先端研究を行うための陽子加速器群と実験施設群の呼称)ができたとき、世界中から研究者が集まるから、個室にするとか、部屋を改装しなきゃダメだって言っていたんだけど、やらない。

「改装なんていい。作業員が来るから」ってみんな言いますよ。田んぼのど真ん中で宿屋が成り立つのは、必ず作業員が泊まりに来るっていうのがわかっているからね。あれ、回って来るんだわ、定期的に。

 以上は「diamond online」より

2014年3月27日 (木)

消えた機体

 

広域、深海・・前途多難なブラックボックス回収 マレーシア不明機

失踪後、インド洋に墜落したとされるマレーシア航空MH370便のブラックボックス
の回収は、最先端の装備をふんだんに動員したとしても、非常に困難な作業に
なりそうだ。

同機がなぜ規定の針路から大きく外れたのか、またどのように最期を迎えたのか
といった謎を解く鍵は、2つのブラックボックスにある。民間航空機は2つのブラック
ボックスを搭載することを義務付けられている。一つは速度や高度、方向を記録す
フライトデータレコーダー(FDR)、もう一つは操縦室内の会話や音声、管制塔と
の交信などを記録するコックピットボイスレコーダー(CVR)だ。

理論上、二つのブラックボックスはさらに約2週間、追跡信号を発信している。
可聴範囲は2~3キロだ。しかし、遠洋の捜索地域で同機のものと確認された残骸
がない現状で、発見するのは至難の業だ。(3/25 AFP  抜粋) 

異例づくしのマレーシア機の調査、かん口令違反も


マレーシア政府は消息不明となったマレーシア航空(MH)370便の調査に当たり、
過去の墜落事故の調査で用いられてきた規則を独自に運用しているようだ。
調査の初期段階では、情報が開示されない、開示が遅れている、発表した内容が
矛盾している、などの批判がマレーシア当局に寄せられていた。

しかし、今度は逆の動きが見られた。24日午後10時、外部の専門家がナジブ首相
に衛星データの新たな分析結果について説明した直後、マレーシア政府は急きょ記
者会見を開いた。首相は会見で乗員・乗客239人を乗せたMH370便がインド洋沖
に墜落したとの見方を示した。

米国家運輸安全委員会(NTSB)の委員長を務めたジム・ホール氏は24日夜、米C
NNテレビ(CNN)のインタビューでマレーシア当局の公式声明は信用できるかと問
われ、「残念ながらマレーシア政府にはこの調査を扱える能力はない」と批判的な
見方を示した。マレーシア当局は自らに対する特定の批判には応じていない。

不明機の機体とエンジンをそれぞれ製造した米ボーイングと英ロールスロイスは沈
黙を保っており
、継続中の調査については話せないとして質問への回答を繰り返し
拒否している。(3/25 WSJ 抜粋)
-----------------------------------------------------------------

ご紹介した記事はいずれも長いため抜粋していますので、全文は元記事をお読み
ください。みなさんも同様だと思いますが、マレーシア政府は英国の通信データを
解析した結果、「インド洋南西で墜落した」と断定しましたが、消息を絶って17日も
経ってから急にこの発表ってオカシクないでしょうか。

疑 問
① 情報を小出しにし、矛盾した内容も度々、17日目で急に墜落と断定。
② 墜落地点は、捜索や回収には困難極まる場所(その方が都合がいい?)
③ 乗客の家族が発信した携帯電話の謎
④ モルジブでの低空飛行の目撃証言はどう説明する?
   (普通の燃料の量ではモルジブ経由で墜落地点まではいけない)
⑤ 米国の軍事衛星の情報が出てこない(いつもお節介な国が沈黙している)
⑥ ボーイング社、英ロールスロイス社も共に沈黙を貫く
⑦ 事故当初からマレーシア機の燃料の量が発表されていない

お昼の情報番組「ワイド・スクランブル」では、連日「マレーシア機不明の謎」を
取り上げていますが、毎回ゲスト出演している元JAL機長の杉江弘氏が25日、
少々怒りを込めて以下の発言をしています。

(引用)
ゲストの杉江弘氏はマレーシア政府はレーダーから機影が消えた段階から、
逐一、航跡と墜落地点を知っていた可能性があると説明し、マレーシア当局の
対応の遅れなどを非難した。マレーシアのナジブ首相はこれまで交信手段トラ
ンスポンダーは「切断された」とはっきり口にしたが、エーカーズについては「機
能しなかった」と表現した。

杉江氏はエーカーズとの交信は一度は切れたが、マレーシア航空がその後30
分おきにデータを受け取っていた可能性があると説明した。MH370便のエーカ
ーズ遮断について、専門家は「パイロットはエーカーズをオフにするという発想が
ない」、「コックピット内でのオフは他に影響がでる」、「エーカーズのみオフは飛行
中は難しい」との疑問を呈した。
テレビ紹介情報より)

「トランスポンダーは切断された、エーカーズは機能しなかった」

杉江氏はここに注目しているのです。機能しなかったというのはどういう意味か?

◎ エーカーズ(ACARS ・ 航空機情報呼び出し通信システム) 

航空機の機体の情報や機材の不備など故障の原因となる情報
を定期的に送り続けるシステム
 

◎ トランスポンダー

航空機の位置情報や高度などの情報が伝えられる。パイロット
が意図的にスイッチを切ることによって、通信を途絶えさせるこ
とが出来る。


トランスポンダーは確かにパイロットの手で切ることは可能なのですが、エーカー
ズは違うと杉江氏は述べていました。エーカーズを切ると、空調などの機内のほ
とんどの電源がオフになってしまう、そんなことをするはずがない。

そもそも、エーカーズを切るという教育を受けていないし、そのような発想は元々
ない。そして、コックピットにスイッチがあるように素人は思いますが、走行中に
操作しようとすると、コックピットを出て、複雑な場所に向かわなければならないし、
そんな行動を客室乗務員に見つからずに出来るわけがない。もう一つの方法は、
飛行機が離陸する前に切ることだが、そんなことをしたら「通信をなぜ遮断した?」
と気づかれ、離陸できるわけがない。

「さすが!専門家は違うね~」と思いました。

また、杉江氏は「CNN他の欧米のメディアもガセネタばかり流し
ている。」(少々お怒りのご様子)

CNN他の欧米のメディアね・・過去の重大事件の裏でも、彼ら
の怪しい行動がありましたね~。機体本体が発見されないと
簡単に信用できない事件だなぁ~
。(´・ω・`)


関連記事
以上は「MUのブログ」より
謎の多い事件です。テロの可能性が強い事件に思えます。以上
  
 
 
FC2 Management
 

安倍総理以下の隠れ核武装派は目を覚ませ!

 

タイトル:日本に蠢く安倍総理以下の隠れ核武装派よ、核ミサイルや原爆は時代遅れの核兵器と知れ!
 
1.イスラエルは核攻撃テロのターゲットにされているのか
 
 2014323日、イスラエルの全世界の大使館がいっせいに閉鎖されました(注1)。給与値上げの無期限ストとオモテムキはそれなりの取ってつけたような理由がつけられていますが、本当の理由は別にあるのでしょう。大使館が閉鎖されればビザ発給が停止されますから、外国人のイスラエル入国ができなくなります。そこで、想定されるのはイスラエルに対する核テロ攻撃の気配が存在するのではないでしょうか。イスラエルは核テロ攻撃を常に意識している国家なので、自国への核テロ攻撃に過剰なまでに敏感なのでしょう。
 
 イスラエルはエルサレムにユダヤ教のみの第三神殿建設を行うようですが、このような行為は、イスラエルの宿敵イスラム教国が最も嫌がるものであり、イスラム教国のイスラム原理主義者からのテロを警戒しているはずです。
 
 今の米オバマ政権は、イスラエルの防衛に米軍を出動させる気はないとみなせますから、イスラエルは反イスラエルの中東イスラム教国からの脅威に晒されているのは確かです。
 
 米国民は9.11事件がイスラエルの過激派を含むネオコンの自作自演テロだったことを知っていますから、米国民の多くは米軍を中東に派遣してイスラエルを防衛することに納得していないと思われます。その米国民の世論を背景にオバマ政権の中東戦略が決まっていますから、イスラエルは非常に苛立っていると思われます。
 
2.米ニューメキシコ州の核実験場できのこ雲発生
 
 ネット情報によれば、2014314日、米ニューメキシコ州の核実験場にてきのこ雲が発生したようです(注2)
 
 一説によれば、行方不明のマレーシア航空機はインド洋のディエゴガルシア米軍基地に着陸し、同機に積載された小型核爆弾を米軍がニューメキシコの核実験場で処理したのではないかとのこと。
 
この情報はどこまで信用してよいかわからないものですが、ニューメキシコ州の核実験場でなんらかの原因によりきのこ雲が発生したのは確かのようです。
 
 この動きと上記、イスラエルの外国人入国停止措置は関係あるのでしょうか。
 
3.核兵器の小型化技術が発達し、テロリストのみで敵を全滅させられる時代となった
 
 本ブログでは、3.11事件の大地震・大津波は小型核爆弾で誘発された災害とみています。この震源域は元々、地殻に歪エネルギーが溜まっていた地域であり、そこに複数の小型核爆弾を使って、これだけの大地震・大津波が起こされたとみています(注3)。この仕掛け人はイスラエル過激派を含む米国戦争屋ネオコンだと疑っています、この勢力は9.11事件の仕掛け人でもあると思います。彼らは、一般人の予想を超える謀略を平気で実行する能力をもっています。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
4.被災者に攻撃者が特定できる核ミサイルや原爆が実際に使用されることは二度とない
 
 上記、米戦争屋ネオコンは、1945年に広島・長崎に原爆を落とした勢力とつながる勢力でもあります。日本への原爆投下は、彼らにとって、一大実験だったわけですが、日本に原爆を落とした勢力は、今日に至るまで、日本からの報復に怯え続けることになります。その経験を踏まえて実行された3.11事件(核を使用した津波兵器)で彼らが狙ったのは、核兵器の燃料プルトニウム生産工場・東電福島原発や青森の六ヶ所村核燃サイクル工場だったわけですが、彼らは日本の核開発は自分たちへの報復手段ととらえ、それを阻止する目的で津波兵器使用による3.11事件が引き起されたものと思われます。彼らは日本の支配層が密かに核武装を目指していることを知っており、それを脅威とみなしています、なぜなら、日本人はいつか広島・長崎原爆投下への仕返しをしてくると彼らは怯えて続けているからです。
 
 イスラエル過激派を含む米戦争屋ネオコンは、広島・長崎原爆投下の経験から、戦争が起きても、もう二度と核ミサイルや原爆を使用することはないでしょう、なぜなら、被災国からみて、核攻撃した相手がわかったら、被災国は、同じく核兵器で報復してくるからです。
 
 したがって、米戦争屋ネオコンは核兵器をテロリストに使用させ、自分たちが報復のターゲットにならないようにすると思われます。あるいは3.11事件のように、核兵器を津波兵器として使用し、被災者が攻撃者を特定できないよう工夫するはずです。
 
5.航空機テロに小型核兵器を使う方法が現実化
 
 今回のマレーシア航空機にほんとうに小型核兵器が積載されていたかどうか判然としませんが、この事件から連想されるのは、旅客機に小型核兵器を巧妙に隠して積載し、その旅客機をサイバーハイジャックして、強制的な遠隔操縦によって、航空機墜落事故の形でターゲットに向けて墜落させれば、被災者側には仕掛け人の正体がわからないということで、完全なステルス攻撃が可能になるということです。このような攻撃法なら、被災者側から仕掛け人が報復を受ける心配がないわけです。
 
 以上の見方から、小型核兵器が開発された現代では旅客機はネオコンにとって絶好のステルス兵器ということになります。
 
 行方不明のマレーシア機は北京に向かっていたわけですが、ほんとうに小型核兵器が積載されていて、全人代の行われていた人民大会堂に墜落していれば、中国の支配層を全滅させることができていたわけで、非常に効率のよい中国崩壊攻撃となります。しかしながら、現実には当該機は北京に到達できなかったわけで、実際に、北京は大被災を免れたわけですが、現段階では、マレーシア機を利用した北京での航空機テロがほんとうに仕掛けられていたのかどうか、判然としません。
 
 ところで1986年のチェルノブイリ原発事故はテロだった疑惑がありますが、もしそうなら、この事故も、ソ連崩壊を実現させるのに効率よい方法だったということになります。しかも、ロシア人には仕掛け人が特定できないという利点があります。
 
 ところで、安倍総理以下の日本の隠れ核武装派は北朝鮮と同レベルであって、核ミサイルや原爆が核兵器と思い込んでいるようですが、イスラエルや米戦争屋ネオコンが小型核爆弾を開発した今、核兵器はステルス兵器化していると認識すべきです。日本の隠れ核武装派は、3.11事件は核兵器がステルス兵器として使用されたという疑いを持たないのでしょうか、だから、日本はテロ攻撃のターゲットにされるということです。
 
注1:産経ニュース“イスラエル外務省がスト 給与引き上げ求め、各国大使館も閉鎖”2014324
 
注2:Great Game IndiaMH370 Mystery – Suspicious Cargo Destroyed in a Massive Explosion near 1945 Nuclear Bomb Test Site2014322
 
注3:本ブログNo.815東電福島原発を襲った大津波:日本政府は米国のもつ津波兵器技術の秘密を本気で調査すべき』2013117
  以上は「新ベンチャー革命」より
チエルノブイリの事故もテロで起きています。米国のHAARPによる地震テロです。「3.11テロ」も米国とイスラエルにより実行されたテロです。もちろん日本の核武装阻止が目的です。彼らは日本の核武装をもっとも恐れているのです。安倍政権が原発再稼働をやればまた二度目の事故を必ず実行します。彼らはそのように言っているので間違いないことです。次は西日本が目標です。これで日本は全滅になります。  以上

屈従:ウクライナ国会議員と暴漢、国営TV局会長を殴打し辞任させる

2014年3月21日 (金)

屈従: ウクライナ国会議員と暴漢、国営TV局会長を殴打し辞任させる

Russia Today
公開日時: 2014年3月18日 23:58
編集日時: 2014年3月20日 12:27

ウクライナ民族主義国会議員と助っ人集団が、ウクライナ国営TVの暫定会長に乱暴し、脅した。

彼らは、暫定会長を反ウクライナ的だと非難し、自分たちは新マスコミ規制当局のメンバーだと主張し、暫定会長に辞表を書くよう強制した。

ウクライナ国営テレビ会社暫定CEOアレクサンドル・パンテレイモノフの事務所が、言論と情報の自由委員会委員だと主張する連中に襲撃された。襲った連中の中には、ウクライナ・スヴォボダ党国会議員イゴール・ミロシニンチェンコや党の理論家、アンドレイ・イリェンコがいた。

大声の言い合いで始まったが、間もなく争いと化した。

出来事のビデオはオンラインに投稿された。

スヴォボダ党によるビデオからの静止画

NTUは国営で、ウクライナ最大の公共放送ペルシー・ナツィオナリニーを運営している。

スヴォボダ(自由)党員は、暫定CEOを怒鳴りつ、顔を殴り、局は愛国心が欠如していると非難し、激しく辞任を迫った。

“辞表を書け!” 座れ! 座れと言っただろう!”と連中の一人が怒鳴り、パンテレイモノフにパンチを浴びせ、押しつけた。

ウクライナで、うまい汁を吸いやがって!…紙とペンはここだ。直ぐ辞表を書け、けだものめ…お前はモスカル(ロシア人を意味する軽蔑語)くずだ!

会長は男にこう答えた。“私はロシア人ではない、私はウクライナ人だ。”ところが、それに対し、連中はこう対応した。“おまえがウクライナ人だと? このくず野郎! お前は俺たちの金で、モスクワの為に活動し、ウクライナ国民に嘘をついてきたんだ!

スヴォボダ党によるビデオからの画像

facebook.com画像/oleksandr.aronets

スヴォボダ党報道官アレクサンドル・アロネツは自分のFacebookページで、自分達が“ペルシー・ナツィオナリニー会長パンテレイモノフに辞表を書くよう強いた。”と書いている。証拠として、辞表の画像を添付している。

ヤヌコビッチ[大統領]時代、彼は情報政策でエゴール・ベンケンドルフ[元NTU CEOで、現在、TV局 'インテル'会長]の代理で、つまり彼は直接、ウクライナ人を洗脳し、改善が既に実行されつつあると説得し、人々が殺されていた時に、ロシア軍に関するTV番組を放送させていた。昨年、彼は会長だった”と声明にある。

スヴォボダ党は極右ウクライナ民族主義政党で、現在ウクライナ最大5政党の一つだ。ウクライナ政治におけるこの極右集団の存在感が広く高まるさなかこの出来事が起きた。

一方、多数のロシア語放送局がウクライナでは禁止されており、RTにサービスを提供していた衛星プロバイダーは、正体不明の武装集団に脅迫された。

つい先週、プロバイダーの50パーセント以上が、既に“国家の安全保障と主権の確保”目的としているとされる命令に従ったと、監視組織が報じた後、ロシア語TV局の放送マスコミを閉鎖するというキエフの“抑圧的な”動きを、欧州安全保障協力機構が批判した。

3月11日 11:00 GMTの時点で、ウクライナ全国のプロバイダーの50パーセントが、外国放送局を放送不可能にしており”残る業者もそれに続くよう準備中だと、ウクライナ・テレビ・ラジオ放送評議会は、ウェブで述べている。

民族主義過激派が、暴力と脅しで、個人に辞表への署名を強要したのはこれが初めてではない。先週、こん棒とハンマーで武装した覆面の極右過激派が市議会を急襲した。

記事原文のurl:rt.com/news/ukraine-forced-resignation-nationalism-674/
----------

昨日翻訳記事末尾に置いた衝撃的なyoutube映像、会長恫喝の光景、見えなくなっている。

調べてみると、まさに(スヴォボダ党報道官)アレクサンドル・アロネツ本人が著作権侵害を主張し、削除させている。(そう明記されている。)

22:00現在、別のソースのものとして、見られるようになっている。わけがわからない。少なくとも映像そのものはデッチアゲではないだろう。

Russia Today原文では、記事冒頭に、そのビデオが入っているが、うまくリンクが貼り込めない。

Russia Today元記事、rt.com/news/ukraine-forced-resignation-nationalism-674/ でビデオが見られる。是非ご覧になられるよう。わずか3分46秒。

この国では、暴力で脅さなくとも、会長や経営委員の皆様、首相の意を受け、自らウクライナ・スヴォボダ国会議員のような高邁な理想を推進してくださっている。つまり、宗主国ジャパンハンドラー様に不都合な情報は決して流さない。

こういう深刻な事実を全く報じることなく、「プーチン大統領が言う、ウクライナのロシア人に対する脅威など存在しない。」というのは、スヴォボダ国会議員が言う通り、報道ではなく、洗脳だろう。

おまえが日本人だと? このくず野郎! お前は俺たちの金で、ワ○の為に活動し、日本国民に嘘をついてきたんだ!

クーデター後のウクライナ、70年の占領後のこの国のレベルに、急速に追いつくため、無理が重なっているのではと思えるのが、メタボ・オヤジの妄想であって欲しいものだ。

« 欧米マスコミが伝えようとしないこと。クリミア・タタール人もウクライナ人もロシア編入に投票 | トップページ | ‘アメリカ・ネオコン’が代替メディア攻撃をいかに仕組んだかに関する新報告 »

マスコミ」カテゴリの記事

以上は「マスコミに載らない海外記事」より

今回のウクライナのクーデターは欧米の資金で動いたネオナチ主導のテロです。そのために偽新政権はまた欧米の言うことを聞かない方向になり混乱に陥る可能性が高いものとなりそうです。                                     以上

関東の子どもが危ない!7割の尿から放射能検出

関東の子どもたちが危ない!7割の尿から放射能検出!(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/757.html

投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 14 日 10:46:00: igsppGRN/E9PQ

   

関東の子どもたちが危ない!7割の尿から放射能検出!
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11795718552.html
2014-03-14 09:52:10NEW !  simatyan2のブログ

関東15市町で実施されている最新検査で、子どもたちの尿の
7割からセシウムが検出されていたことがわかったそうです。
http://dot.asahi.com/news/domestic/2013092500046.html

常総生活協同組合(茨城県守谷市)が、松戸、柏、つくば、
取手など千葉、茨城の15市町に住む0歳から18歳までの子どもを
対象に実施した尿検査の結果である。

「初めの10人を終えたとき、すでに9人からセシウム134か137を
検出していました。

予備検査を含めた最高値は1リットル当たり1.683ベクレル。

参考までに調べた大人は2.5ベクレルという高い数値でした。

いまも検査は継続中ですが、すでに測定を終えた85人中、約7割
に相当する58人の尿から1ベクレル以下のセシウムが出ています」
(常総生協の横関純一さん)

検査を始めたのは、原発事故から1年半が経過した昨年11月。

検査対象全員の146人を終える来年明けごろには、セシウムが

検出される子どもの数はさらに膨れ上がっているだろう。

これは非常に深刻な事態ではないでしょうか?

東京大学教授で医師の児玉龍彦氏によると、尿内のセシウム
濃度が1kgあたりたった6ベクレルを超えただけで、確実に
膀胱癌になるらしいのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/ishikawaryou1/6693614.html

尿中6Bq/kgの内部被曝は大変危険・児玉龍彦
セシウム尿中1kgあたり6ベクレルのレベルでは腎癌、
膀胱癌確実。

震災前の全国平均は0.2ベクレルだったわけですから、その数値
が上がってるという事は、つまり排泄するスピードが食品などで
新たにセシウムを取り込むスピードに追い付いてないって事です。

尿として排出されてるならいいじゃないか、と言う人もいますが
そもそもセシウムは筋肉にくっつきやすいと言われています。

つまり尿からセシウムが検出された人間は、常にこれの危険が
付きまとうことになるのです。

セシウムが筋肉に溜まることについては下のブログが詳しいです。
http://ameblo.jp/c-dai/entry-11222808303.html

吸収されてから排出されるまでに時間がかかるから、その間の体へ
の影響が問題なんですね。

例えば、かつて水俣病の原因となった有機水銀は、人体からの
排出速度はセシウムよりずっと早いのに取り返しのつかない事態
を招きましたよね。

つまり危険性という意味では下手な化学兵器を超えるのです。

ただ、「確実に膀胱癌になる」のですが

「すぐに膀胱癌になる」というわけじゃなく、

実際に癌が発症するまでは数年かかるという違いだけです。

いずれにしても今、子供たちが非常に危険な状態であるわけで、
今後も危険度が低くなることは無いと言うことです。

それでも原発再稼動を急ぐとはキチガイ沙汰としか言いようが
ないですね。

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

コメント
 
01. 2014年3月14日 14:17:22 : RPPySjuaX6
除染ができるとゆうのもまやかしではないだろうか?
子供達を始め住民は汚染地から移住させるべきだ。チェリノブイリの経験は生かされていない。土壌汚染のデータを公表し風評とゆうごまかし、食べて応援とゆうプロパガンダはやめるべきだ。

    
02. 2014年3月14日 14:22:04 : wJZnV3B0jk
販売している農産物や魚介類なども殆ど検査されず、我々は毎日食べている食品からもすくなからず放射性物質を摂取しているのではないか、と思う。加工品などはまして解らず、本欄なら政府がしっかり監督、検査を時々でもしなくてはならないと思うが何もしない、それで病気になろうが癌になろうが、原因を突き止められないのをいい事にしている。それだから平気で再稼動と言えるのだ。この国は無責任大国だ。

    
03. 2014年3月14日 19:10:29 : j21OLYLZjE
とりあえず下剤飲んどけ。
ドイツにラディオガルターゼ買いに行け。

    
04. 2014年3月14日 19:15:41 : vuKhz7tYYM
浣腸さしとけ。

    
05. 2014年3月14日 19:30:35 : FE0LbR7W4g
水道水が汚染されているからでしょう

    
06. 2014年3月14日 21:09:16 : DFZzGwfm0o
イチジク推奨、ビワも可

    
07. 2014年3月14日 21:22:06 : dXr8CviSMI
吐剤飲んどけ。
利尿剤飲んどけ。

放射性核種の体内汚染時の選択薬剤
http://www.remnet.jp/lecture/forum/sh10_04.html


    
08. 2014年3月14日 21:29:19 : DAMn5b5QAE
① 記事は、昨年9月23日発売の「週刊朝日2013年10月4日号」のものだ。

新しいデータが積み重ねられたならば、ともかく、今、昨年の記事を取り上げるメリットは何だろうか?

② >最高値は1リットル当たり1.683ベクレル。

矢ケ崎克馬琉球大学名誉教授によれば、尿中のCs-137濃度から、体内量を推計することができる。

1リットルあたり1.683ベクレルでは、体重が40キロ以下の子どもにおいて、心電図に異変が見られる値となる。

参考

1959年から1964年までの期間、中学生のCs-137の尿中濃度の推移。

平均値の最高 1964年2月 大宮の中学生 4.7175Bq/L

単位に関する注意 μμC/l → マイクロマイクロキュリー/L

1μμC = 1pCi(ピコキュリー) = 0.037Bq

http://www.kankyo-hoshano.go.jp/07/rsd_lib/1964_no_3.pdf
http://www.kankyo-hoshano.go.jp/07/rsd_lib/1965_no_6.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrr1960/3/2/3_2_120/_pdf

③ >東京大学教授で医師の児玉龍彦氏によると、尿内のセシウム濃度が1kgあたりたった6ベクレルを超えただけで、確実に膀胱癌になるらしいのです。

以下の論文によると1リットルあたり1.23ベクレルを超えるグループでは64%の人が膀胱がんを発症した。

Cs-137の尿中濃度と膀胱がん発病の割合。

グループⅠ 6.47±14.30Bq/L → 73%
グループⅡ 1.23±1.01Bq/L  → 64%
グループⅢ 0.29±0.03Bq/L  →  0%

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1349-7006.2003.tb01441.x/pdf

④ おまけ

ショッキングなデータを発見。

南タイのSurai Thani、Nakhon Si Thammarat、Songkhla、Trangに住む住民90人の尿サンプルを測定したところ、福島原発事故の影響による放射性物質が検出された。

測定が何時行われたかは不明。タイには原発は存在しない。

I-131 
範囲 0.35~7.74Bq/1日 
平均 2.40±0.78Bq/1日

Cs-137
範囲 0.28~7.38Bq/1日 
平均 2.41±0.92Bq/1日

Cs-134
範囲 0.20~9.93Bq/1日 
平均 2.66±0.84Bq/1日

http://www.scientific.net/AMR.770.104

以上は「阿修羅」より

これは当然な結果だと思われます。関東の水道水が汚染されているので当然であります。政府の汚染基準が甘すぎるのです。                     以上

「アンネの日記」毀損事件について

「アンネの日記」毀損事件について・・・!

「アンネの日記」そのものが、
偽造された疑いが捨てきれない!
ホロコーストの印象操作のためである!
そして、
今、反ユダヤの炙り出しに、
関連図書の毀損事件が起こされた?!
と見るのは、
正統な観点である!



 対立と分断統治のために、何でも在りなのである。そうでないなら、こんな事件は起こりようがないのである。

F67bd9b6



 残念ながら、ユダヤ人迫害事件は、同じユダヤ人(偽ユダヤ人)が画策したものである。何のためにそうしたのか? ユダヤ人をヨーロッパから追い出して、イスラエル帰還を促すためだった?!


 そうして、ユダヤ人問題を世界問題に格上げし、紛争の種火とする事であった。事実、中東問題は、世界の火薬庫として立派に成長した。第3次世界大戦が勃発するとすれば、ユダヤ=イスラムの虚構が準備されたのである。


 そして、今、又、俄に日本の地に於いて、ユダヤ人問題がクローズアップされる。ほとんど関心がないユダヤ人ととホロコースト問題が、試金石のように登場させたわけである。日本は正統ユダヤ人の集積地である。

Century0267

Soukakomatta

 


 そこにユダヤ人問題を焚きつけるのは、反ユダヤ人としてレッテルを貼って、偽ユダヤ人政策に反旗を促す人々を炙る出すためである。偽物が、本物に対抗しようとしているから、チャンチャラ可笑しいのであるが、ひょっとして、日本から正統ユダヤ人の証拠が出そろう局面が出現しそうだからであろう。(この事については、後日、追い追いと・・・)

1308_8




 偽ユダヤ人というのは、ユダヤ教に改宗したコーカサス地方のカザール(ハザール)人達の一部だ。白人である。正統ユダヤ人は、白人ではない。イエスは白人ではない。


 序でに書いておくとすれば、聖書の旧約に「ゴイム(奴隷)」思想はない。選民思想はあるかも知れないが、「ゴイム(奴隷)」思想は、タルムードなど、偽ユダヤ人が捏造したものである。


 偽物は、偽物を証拠に、偽事実を正当化しようとする。ホロコーストもそうなら、「アンネの日記」もそうである。こう言う類を、偽善者というのである。偽善者は、自作自演を本命として、勝手に問題を作り出す。9.11もそうなら、それ以前のクロアチア戦争も、湾岸戦争も挙げるに暇はない。

Da1263cas




 そもそも世界大戦からして、そうである。何としても第3次世界大戦を起こしたがっている。火種は多いに越したことはないから、中東でも、極東でも、ウクライナでも良いわけである。


 その手に乗らないことだ。


 「アンネの日記」など、今頃、そう読むものは少ない。どこかの工作員の手によるものであろう事は、素人でもすぐに察しが付く。


「アンネの日記」関連書籍破損被害 東京の5区3市で300冊超える(14/02/22) 



【転載開始】2014年2月22日土曜日                     

 アンネの日記破損事件はユダヤの自作自演劇 反ユダヤ勢力吊るし上げの始めの一歩 

このアンネの日記破損事件は、あの第二次世界大戦前のドイツで、隠れユダヤ勢力のナチスによって、ユダヤによって出版された本を山積みにして燃やした事件を思い出させますね。「本はすべてユダヤによって書かれたプロパガンダだ!」と隠れユダヤ勢力のナチスは山積みの本を焼いた。そう、あれは自分達がユダヤ勢力にも関わらず、反ユダヤ勢力の振りをして本を焼いたのだ。つまり自作自演。
 
リチャード輿水先生にCJA(隠 れユダヤ協会)から送られた手紙によると、ナチスはユダヤ勢力であった。だからナチスというユダヤ勢力は、ユダヤ人を虐殺してはいないし、ホロコーストは 存在しなかったと手紙に書いている。そしてナチスの強制収容所のガス室で殺されたのは、ユダヤ人達ではなく、反ユダヤの人々だったのだ。
公開されているCJAユダヤ組織からリチャード輿水先生に送られた電子メール
送信者 : Malachi Cohen <cjaoperative5763@yahoo.com>
日時 :  2006年11月12日 12:36
件名 : Silence
Shalom, Koshimizu-san.
シャローム コシミズさん
私の部下の一人が、貴殿が私のメールをホームページで公開していると教えてくれた。これは受け入れがたい
事 実であり、貴殿に対して行動を起こすことになる。これには、因果関係がある。貴殿は、このメールを貴殿のサイトに掲載することを許されない。今回が貴殿が 行為を取りやめる最後の機会だ。このメッセージに解答してくれ。貴殿がユダヤ人に対する名誉毀損を止め、我々がドリーデル・ヤムルケ作戦の継続を可能にす るのであれば、我々は貴殿が生存することを許す。もし、貴殿が我々の大義の毀損(?)を止めないのであれば、貴殿は、生涯、自分の命の心配をすることにな る。貴殿が知っているかどうかはわからないが、ホロコーストは、われわれにとっての敵を世 界から一掃するために、ユダヤ人が実行したものだ。そして、同時に、我々に対する共感を得るためのものだった。私は、この事実を貴殿に伝えることによっ て、貴殿が我々のすることに対して誤解を持たないようにししておきたいのだ。コシミズ、覚えておけ。我々は数百万人を殺した。我々が、さらにもう一人殺し たところで、誰も気付きはしない。
私の警告に留意しろ。貴殿のような知的なゴイム(非ユダヤ人)を処分しなくてはならなくなるのは、不名誉なことだ。

Malachi Cohen, Esq.
cjaの宣伝大臣 兼 Fuehrer
 
このコーヘン(ユダヤ人の典型的な名前)さん がリチャード輿水先生に送られた電子メールを見ると、ホロコーストは実際には、ユダヤ人の敵を一掃して殺すためで、ユダヤ人を虐殺したわけではない、と書 かれている。つまり、アウシュビッツなどのガス室で、殺された人々はユダヤ人ではなく、ユダヤ人の敵だ、という事だ。ユダヤ人がホロコーストで虐殺した何 百万人ものユダヤ人の敵を、逆に、ユダヤ人が殺されたと嘘がつけるのは、やはり、ユダヤ人だけだろう。彼らは加害者でありながら、自分達は被害者だと嘘を つく。彼らが創った歴史は、すべて嘘だと言っていい。もし、あなたが世界史の本など持っていたら、今すぐ、ゴミ箱に捨てたほうがいい。
 
 
 
もちろん、子供や若い人々の体は、食用に使われていたに違いない。そして、血は血のワインに加工され、多くの人々を殺した爬虫類人レプタリアン達の副賞に使われた。
 
ホロコーストは、われわれにとっての敵を世界から一掃するために、ユダヤ人が実行したものだ。
 
そう、このアンネの日記破損事件はユダヤの自作自演劇であり、日本で反ユダヤ勢力の吊るし上げをするための始めの一歩だ。今、世界から犯罪者として逃げてきたユダヤ人達が、日本に潜伏している。ビル・ゲイツ、ロックフェラー・ジュニアなどなど。そして、彼等は日本を植民地化し、日本での反ユダヤ狩りを始めようとしている。この自作自演アンネの日記破損事件で、B層の同情をゲットして、「反ユダヤの奴等は皆けしからん!」という風潮を作り、「反ユダヤの様な事を話している人を見かけたら、すぐに警察に連絡ください」などという事になり、ユダヤにちょっとでも都合の悪い様な事をブログに載せたり、話したりしている奴等を安倍の造ったFEMAキャンプにブチ込む。
そのために、CJA(隠れユダヤ協会)が創価学会カルト爬虫類人に命令して、図書館にあるアンネの日記というユダヤの書いたフィクション小説のページを破らせたのだ。
こ のアンネの日記というフィクション小説は、小学生だったら誰でも読まなくてはならない本だと、学校は両親達に連絡し、半強制的にその本を買わせた。私も ちょっと読んでみたが、驚いた事に、小学生には早すぎる性の描写があった。一見、真面目そうな本。でも、いったん本を開いてみると、東スポやらプレイ・ ボーイと変わらない内容の淫らな本だったのだ。ユダヤ達は小学生に、そんな淫らな本を読ませ、性教育をアンネの日記というフィクション・アダルト小説で小学生にしていたのだ。
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/50682/24661385

この記事へのトラックバック一覧です 「アンネの日記」毀損事件について・・・!

以上は「つむじ風」より

この事件は大変政治的な事件に思われます。日本を苦境に陥れて窮鼠猫を噛む行動に移させようとの狙いがうかがえます。要は日本を第三次世界大戦の起爆にさせようとの魂胆です。安倍政権ですからやすやすとその罠に嵌る危険性が高い状況です。田母神氏へ60万票を与える国民ですからその可能性は十分あります。この連中を早く処分するのも一つの選択ですがしかし善意の人の犠牲が多いので反対です。    以上

英国の洪水は始まりに過ぎない

  最近の大雨で陥没穴を引き起こした理由(2.18 BBC)
  

7.5メートルの陥没穴が開いた後、3軒の家がノースヨークシア通り
で撤退させられました。 2月2日ハイウィコムの自動車道の4.5mの
陥没穴、および先週のM2高速道路の中央分離帯中の同様の陥没
開口部、一連の同様の出来事の最新シリーズです。ヴァネサ・バン
クス博士は、英国地質調査所から、最近の豪雨がなぜ、陥没穴の
増加に結びついたかBBCに説明しました。


 何が陥没穴を引き起こし、英国を傷つけますか?(2.19 BBC)
 

地質学者は、長引く川の氾濫および雨天が今後数か月の間、英国
に現われ、より多くの陥没穴に結びつくだろうと警告しています。 


  20140219-02.jpg

英国の冬の嵐、地下洪水の危険性
(BBCより)

  20140219-01.gif   
結論をいうと、1か月以上も続く洪水は勿論、地下にも浸透しますが、地下水も飽和状
態のために、陥没穴の原因になったということです。英国地質調査所(BGS)の科学者
は、これ以上雨がない場合でも、増え続ける可能性があると言っています。以下がそ
の地下水の飽和状態を示す動画です。



英国の洪水 欧州沈没の脅威を警告 (2.16 VOR)

ブリュッセル自由大学教授で気候変動政府間グループ副代表を務めるジャン-パス
カル・ヴァン-イペルッセレ氏は、英国での洪水について「今世紀半ばまでに欧州の
一部が水に沈んでしまうという脅威を改めて証明するものになった」と指摘し、次の
ように続けた。
 
我々が現在英国で目にしていることは、単なる始まりに過ぎない。
警告と呼んでいいだろう。
今のところ英国での洪水は、海面の上昇によって
ではなく、集中豪雨による雨量のかなりの増加によってのみもたらされたものだが、
これらすべては、一つの事から来ている。つまりグローバルな気候変動と北極の氷
の溶解である。」

今後30年の間に、欧州は大雨・大雪そして川の氾濫、出水などに対する体系的
準備をする必要がある。現在海面は一年に3ミリ上昇しているが、ロンドンやアム
ステルダム、アントワープ、コペンハーゲンなど欧州の海岸、河岸部の大都市が
直接水に浸かってしまう脅威が現実化し始める2050年以降には、状況は実際
ドラマチックなものになるだろう。」

知らないほうがよかった 当たりすぎるヒトラーの怖い予言

◎ 1989年以降の予言

少数の支配者と多数の被支配者の二極化が進む。そして、人類が思い上がって
自然を犯すため、宇宙が人類に復讐を下す。地球に自然災害などの大異変が起
こる。世界の国同士われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合う。しかし、その
天変地異と混乱の中から「超人」が生まれる。「超人」は、世界や気候を、人間や
戦争を治めることになる。

◎ 2014年の予言


ヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に
荒廃。結局今の文明は砂漠しか残さない。しかし人類はそれでも滅びない。ドイツ
の一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。


関連記事
以上は「MUのブログ」より
現在の地球は78万年ぶりの「地球大異変期」を迎えていますので現在の異変はまだまだ序の口であります。2012年末に始まったばかりです。この異変は今後2,000~3,000年間にわたり続くものと思われます。まだ先が長いのです。以上

米国が東電の救援依頼を断るは「正統派」現代物理学敗北宣言を意味する

スミルノフ学派Dr佐野千遥が語る爬虫類人レプタリアン科学者達の敗北

O085510751332947273558

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/10/post_bb76.html


2013-09-07 00:28:35
 
佐野千遥
ロシア科学アカデミー自体は、そのトップがビルダーバーグ会議に出席し「正統派」現代物理学を信奉する輩です。
我々はロシア科学アカデミーの中の反対派のスミルノフ学派です。但し、このスミルノフ学派には最近ロシア政府からロシアの高校生・大学生のためにスミルノフ学派の物理学の教科書を作って欲しい旨の依頼がきています。
福 島原発に付き東電がお手上げ状態で、勿論日本政府が助けようがなく、海外に救援を依頼したところ、アメリカが断ってきました。このニュースを読んで、私は 「ほら見た事か!」と独り言を申しました。このアメリカが断ってきたという事は、誤れるエントロピー単調増大法則を信奉し、磁気を見ずエントロピー増大要 因の電気しか見ない結果、原子核を弄ろうとすれば必ず熱核反応になってしまい、本当の放射能除染なんぞ出来る能力を実は全く持っていない「正統派」現代物 理学自体の敗北宣言を意味します。
つまり米国がお手上げ状態の東電からの救援依頼を断った事は「正統派」現代物理学敗北宣言を意味する。
東電の海外への救援依頼に対してロシアのプーチンがトリチウム汚染水の放射能除染につき救援すると返答しました。確かに最近のロシア政府自体が「正統派」現代物理学を超えた何物かを持っているようです。
3.11 東日本人工大震災・福島原発破壊、人工竜巻、台風の進路変更、富士山噴火の企てに関与したアラスカ米軍のHAARPは現在完全に破壊されており、それを 遣ったのは宇宙人だとかの論も流れていますが、実際には「スカラー兵器」=重力波兵器に付きアメリカを遥かに凌ぐロシアが重力波兵器を使って地球を真っ直 ぐに貫いてアラスカ米軍のHAARPを破壊したと見るのが最も順当と言えます。
ロシアのこのトリチウム汚染水の放射能除去技術といえ、重力波兵器といえ、ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派のシャクパロノフの単極磁石を使った理学実験から派生した何らかの技術と見ることが出来ます。
ス ミルノフ学派の科学技術がその本家本元であります。私の恩師・A.P.スミルノフの数十年に渡るニュートンの動的作用反作用の法則=公理を軸とした一貫し た物理学論争・正統派」現代物理学批判を綴った膨大なる研究論文を読破し、そしてスミルノフ学派のシャクパロノフが35年間に渡って行った単極磁石の理 学実験結果の報告論文を読破し、私・佐野千遥が独自の数学的視点から創り出した新しい物理学体系、即ち、メービウスの帯構造による単極磁力子生成をモデル 化しているニュートンの動的作用反作用の法則を根本的普遍公理として出発し、普遍公理からその非線型性故に物理学のあらゆる特殊分野の論証を可能とする高 度な数学的秩序性を持った反エントロピー数理物理学体系こそが、これからの世界を担う民衆の為の新しい物理学体系と言えます。
未来地球人 がタイムマシンに乗って太古の昔に残したカタカムナの物理学文書はスミルノフ学派と佐野の物理学と驚くべき類似性を示しています。これは何を意味するか? 答えは、間もなく「正統派」現代物理学派はスミルノフ学派と佐野に全面敗退し、未来の地球に於いてはスミルノフ学派と佐野の物理学体系が真の物理学体系と して認められている事を意味する。
そして佐野がこの新しい物理学体系から割り出した技術的ノーハウが「ウラン・プルトニウム低温解体消滅システム」であり「原子力を遥かに凌ぐ巨大発電システム」です。
原爆と「便所の無い」原発を作り出した「正統派」現代物理学を権威付け、支えてきたノーベル賞委員会を解体せよ!!<後略>【転載終了】
ロシア科学アカデミー自体は、そのトップがビルダーバーグ会議に出席し「正統派」現代物理学を信奉する輩です
ロシア科学アカデミーってビルダーバーグやっている爬虫類人レプタリアンがやっているんだね。ビルダーバーグって、オランダのベルンハルト王子が創始者で、彼の主食は人間なんだって。オランダ王室のインサイダー情報によると、毎日オランダ王室に、檻にいれられた子供達がトラックで運ばれてきて、ベルンハルト王子に進呈されるんだって。彼は子供を食べる前に、レイプしたり、ソドマイズ(肛門レイプ)したりして子供を怖がらせ、子供の血に彼の大好きなアドレナリンが出るようにしてから、子供を裂いたり、切ったり、生きたまま焼いたりして食べるらしい。もちろん、王子だけでなく、王子の家族の王族みんなで食卓を囲むらしい。時々、王族同士で、どこの体の部分を食べるかで、すごい喧嘩する事もあるらしい。オランダ王室インサイダー情報によると、ベルンハルト王子は男の子の睾丸部分がとても好きで、この部分に関しては、必ず、ベルンハルト王子の取り分になるらしい。オランダ王室のお城の中には牢屋があり、たくさんの誘拐された子供達が入れられていたという。
その人食い爬虫類人レプタリアンのベルンハルト王子も、既に、International Tribunal into Crimes of Church and State (ITCCS) 教会と国家の犯罪に関する国際法廷で有罪になっている。だから、きっと今頃は、反対に牢屋に入れられている事だろう。長年、子供を誘拐し、檻に入れ、強姦したり拷問して、子供の肉を食べ血を飲んでいたオランダ王室の王子という名の爬虫類人レプタリアン犯罪者は、やっと捕まり犯罪者として取り扱われる事になった。
もし、天皇が欧州の王族貴族達と一緒に、子供達の肉を食べ血を飲んだのならば、遅かれ早かれInternational Tribunal into Crimes of Church and State (ITCCS) 教会と国家の犯罪に関する国際法廷で、天皇も裁かれる事になるだろう。そして天皇は皇居から牢屋へと送られる事だろう。

私は前法王ラツィンガーが悪魔儀式で女の子を殺すのを見た!

エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき (2/8)

「原発のメリット? デメリットだらけの疫病神だ」
エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき
――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人

previous page
2
nextpage

――震災が発生したとき、村上さんは現役の村長でした。原発行政はどのように変化すると考えていましたか。

 東海原発もあわやというところだった。私は女川から東海までの14機、すべてメルトダウンしてもおかしくなかったと思いますよ。それをなんとかして支えたのは電力会社の人たちの努力で、それは評価するんだけど……。

 とにかく、大きな地震が起きるような危険な地域に原発を平気で建てていてはいけないんですよ。原発は安全だっていう前提で、危機対応を真剣に考えることができない国は、原発は持っていけないんです。日本は、巨大な科学技術を持てるような、そんな国じゃないんです。

 それでも、再び原発を動かそうとするなんて、本当に呆れた国だね。原発を無くそうという国民の声を無視している。

地方経済の疲弊を盾にして
原発を維持しようとしている

――原発行政には、電源自治体に対する電源三法、原発からの固定資産税、雇用や人口増加など、さまざまな恩恵があります。それは地方経済を支える重要な役割として指摘されることが多いですよね。

 電源三法や固定資産税など、財政的な恩恵は確かにあるが、その恩恵を受けているのはわずか20程度の自治体です。地方経済、地域経済全体が、直接恩恵を受けているわけではないですよ。恩恵を受けているのは、大消費地の東京近郊の事業者の方です。

 原発を止めたら地方経済が大変なことになるって言っているが、それは地方経済の疲弊を盾にして、日本全体の問題である原発を維持するという、論理のすり替えだと私は思っている。

――メディアも含めて、そうした地方経済と原発の関係性を信じています。

 そうだね。でも、実際に電源三法で恩恵受けているのは立地自治体だけなんだよ。周辺自治体は雀の涙ほどのカネを落としてもらっているだけだ。

 東海村は恩恵を受けている。でも周辺の自治体にはないですよ。何の恩恵を受けていないと言ってもいいと思う。

次のページ>> 原発を作ると他の産業は育たない。それはメリットじゃないよ

以上は「diamond online」より

2014年3月26日 (水)

元外務省国際情報局局長、舛添偽知事の不正選挙

a                       25 分       

大拡散! やっと問題になりはじめた不正選挙

上記のHTTPクリックしてyou tubeをご覧ください。

  
    

公開日: 2014/03/16           

孫崎享のつぶやき  人為以外あり得ない
https://twitter.com/magosaki_ukeru/st...
ベストセラー"戦後史の正体"の著者で元外務省国際情報局長であり、テレビでも解説を­務める孫崎享氏が遂に日本の不正選挙システムについて明確に言及されました。ネット上­では、2012年の総選挙以来、日本で不正選挙が大規模に行われていて、それをマスコ­ミと教育で隠蔽しているという事は、証明され常識化されていましたが、今回、マスコミ­にも出演している著名人が日本に不正選挙が存在すると言及された事は非常に大きな意味­を持ちます。

こちらの孫崎氏のサイトもご覧下さい。
http://ch.nicovideo.jp/magosaki/bloma...

また孫崎氏の今回の情報元はゴーストライポンさんのブログによる分析です。
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-117...


日本の不正選挙追及はジャーナリスト リチャード コシミズ氏と氏の後援会グループ 独立党を中心に行われており、輿水氏のブログには、マスコミには隠蔽されているが実際­には大報が、集約されています。

nfo

以上は「tokaiAMA」より

米国の不正選挙はよくあることですが、それが日本でも行われるようになって来ています。これは民主主義の危機です。国民の意思が無視されることにつながります。  以上

ギニアで謎の病気発生、6週間で23人死亡

ギニアで謎の病気発生、6週間で23人死亡

AFP=時事 3月21日(金)10時13分配信    

【AFP=時事】西アフリカ・ギニアの保健省は20日、同国南部で正体不明の病気が発生し、6週間で少なくとも23人が死亡したと発表した。病気の正体については、まだ明確な特定には至っていないという。

カンボジアの子どもを襲う謎の病気、3か月で60人死亡

 同保健省で疾病予防を担当するサコバ・ケイタ(Sakoba Keita)医師は「、2月9日に発症例が初めて観察された発熱性の病気が、これまでに計36人で確認され、うち少なくとも23人が死亡した。死亡患者の中には、マセンタ(Macenta)の病院の院長と職員3人が含まれている」と語った。

 同医師は「被害が最も大きいのはゲケドゥ(Gueckedou)行政地区で、患者19人のうち13人が死亡した」と付け加え、「症状には発熱、下痢、嘔吐(おうと)が含まれ、一部の患者には出血もみられる」と指摘した。

 この病気の症状は、ラッサ熱、黄熱、エボラ出血熱に似ており、感染力は非常に強い。ゲケドゥには、病気の特定を目指して医療専門家チームが派遣された。

 ケイタ医師によると、検査用サンプル約30個が分析のためにフランスに送られており、分析結果は「48時間以内に」判明する見込み。また今後もさらなるサンプルの分析がセネガルの首都ダカール(Dakar)の仏パスツール研究所(Pasteur Institute)で行われる予定だという。

 現地では患者の隔離などの予防措置が講じられている。ブルキナファソからは高リスク地域の医療関係者と住民向けの衛生キット3000個が送られ、到着が待たれている。また、緊急医療援助団体「国境なき医師団(Doctors Without Borders、MSF)」のスイス支部は、医療物資100トンをすでに送っている。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:3月21日(金)12時30分

以上は

AFP=時事より

気候大変動に伴う新たな病気の可能性があります。または人口削減を狙う人工ウイルスも考えられます。いずれにせよ原因を早くつかみ予防策を講じてほしいものです。 以上

キエフ・ネオナチ犯罪政権には、NATOや日本がつながっている

キエフの暫定政権は犯罪組織が支配する体制のようになっているが、背後のNATOは日本につながる                   

カテゴリ:カテゴリ未分類    
     クーデター後、キエフはナチズム色が濃くなっているようだ。テレビ局のトップを挿げ替えるにしても、遣り方が暴力的。そうした様子が知られることにも無頓着だ。これまでも、右派セクターを率いているひとり、アレキサンダー・ムージチコ(別名サーシャ・ビリー)が検察官事務所に押しかけてスタッフに暴力を振るったり、武装解除を求めてきた暫定政権の人間を恫喝している様子がインターネット上に流れているが、今度はスボボダのメンバーらが、ウクライナのNTU(ナショナル・テレビ)のCEO(最高経営責任者)代行に辞表を書かせようと脅している場面だ。

 言うまでもなく、キエフでネオ・ナチがこれほど傍若無人に振る舞えるのは、暫定政権の内部で力を持っているからだが、その背景には「西側」が存在している。表面的にはネオコン(アメリカの親イスラエル派)が後押し、裏ではアメリカの特殊部隊と協力関係にある。

 暫定政権で大統領代行や首相を出している『祖国』はオリガルヒや「西側」の「国境なき巨大資本」を後ろ盾にしているが、オリガルヒの大半はイスラエル系で、ネオ・ナチを支援している「反ユダヤ」のネオコンに近い。キエフの政権では「反ユダヤ」と「親イスラエル」が同居している。

 ネオコンはウラジミール・ジャボチンスキーの系譜に属し、イスラエルの軍事強硬派と一心同体の関係にある。現在のイスラエル政府内で最も好戦的とも言われている国防相のモシェ・ヤーロンもウクライナ情勢に関し、アメリカ政府がロシアに対して弱腰だと発言、ネオコンやネオ・ナチと同じ立場だということを明確にしている。

 キエフで主導権を握ったネオ・ナチはスボボダを中心に右派セクターとしてまとまっているようだが、UNA-UNSOも注目されている。アフガニスタンで戦った元ソ連兵が中心になって結成されたというのだが、2006年頃、エストニアにあるNATO系の施設でメンバーが軍事訓練を受けていると言われている。1991年からチェチェンやグルジアなどでNATOの汚い戦争を担当、「NATOの秘密部隊」に属しているという情報もある。

 NATOに秘密部隊が存在することは1970年代から明らかになっていたが、公式に認められたのは1990年。判事の要求でジュリオ・アンドレオッチ首相はSISMI(イタリアの情報機関)の公文書保管庫の捜査もこの年の7月に認め、8月に部隊の存在を確認、10月に「いわゆるパラレルSID - グラディオ作戦」という報告書が公表されたのである。この後、NATO参加国には必ず秘密部隊が存在することも判明した。

 前にも書いたことだが、中でも有名なイタリアのグラディオは1960年代から1980年頃まで「極左」を装って爆弾攻撃を繰り返し、左翼勢力の評判を落とすと同時に、治安体制を強化する環境を整えていた。いわゆる「緊張戦略」だ。

 ジャーナリストのフィリップ・ウィランらによると、NATOへ加盟するためには秘密の反共議定書に署名する必要があり、「右翼過激派を守る」ことを義務づけていると言われている。NATOに新規加入した国も例外ではないだろう。

 NATOはアメリカとイギリスが中心になり、ソ連に対抗するだけでなく、西ヨーロッパを支配する仕組みとして組織された。ソ連が消滅してもNATOを存在させる理由はあるということだ。

 そして現在、NATOは全世界にネットワークを広げようとしている。中国が存在するアジアは特に重要で、ネオコン系のシンクタンク、PNACが2000年に公表した「米国防の再構築」でも強調されていた。1995年に国防次官補だったジョセフ・ナイが出した「東アジア戦略報告(いわゆるナイ・レポート)」も同じ戦略に基づくものだろう。

 すでに、太平洋には1951年からアメリカを中心とするふたつの軍事同盟が存在していた。9月1日にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの3カ国が結んだANZUS条約、その1週間後に安保条約だ。

 この2同盟に参加する国々がNATOと一体化する道を歩み始めるのは2007年。この年、安倍晋三首相がNATO本部の訪問、要するに呼びつけられたことが節目になっている。このうちニュージーランドは反核政策のために離脱しているので、日本はアメリカ、オーストラリア、インドと「日米豪印戦略対話」を開催することになる。安倍晋三政権が集団的自衛権に固執する理由もここにあり、NATOの拡大を推進している勢力はロシアや中国との核戦争を厭わない。彼らは核戦争で完勝できると信じているのだ。

 そして2008年、朝鮮半島では緊張緩和を目指していた韓国の盧武鉉大統領がスキャンダルで失脚、李明博が大統領に就任すると、日米同盟と米韓同盟が一体化していく。その翌年には韓国海軍の艦艇と朝鮮の警備艇が交戦する。

 韓国側は朝鮮が領海を侵犯したと主張しているが、朝鮮側は「国籍不明」の艦船が朝鮮の領海を侵犯したので押し返そうとしていたとしている。交戦の前月、つまり韓国の艦艇が1日に10回も領海を侵犯していると朝鮮は抗議していた。

 そして2010年、南北で境界線の確定していない微妙な海域で韓国の哨戒艦が爆発、沈没したのである。例によって日本では「朝鮮犯行説」が一方的に宣伝されていたが、ロサンゼルス・タイムズ紙はこの発表に疑問を投げかける記事を掲載している。

 例えば、(1)なぜ「朝鮮犯行説」を沈没から2カ月後、選挙の直前に発表したのか、(2)米韓両軍が警戒態勢にある中、朝鮮の潜水艦が侵入して哨戒艦を撃沈させたうえ、姿を見られずに現場から離れることができるのか、(3)犠牲になった兵士の死因は溺死で、死体には爆破の影響が見られないのはなぜか、(4)爆発があったにもかかわらず近くに死んだ魚を発見できないのはなぜか、(5)調査団の内部で座礁説を唱えていた人物を追放したのはなぜかといった具合だ。

 この年、「日中漁業協定」を無視する形で石垣海上保安部は中国の漁船を尖閣諸島の付近で取り締まり、日本と中国との関係は険悪化する。日本政府は田中角栄が日中共同声明に調印した際、尖閣諸島/釣魚台群島の問題を「棚上げ」にしたのだが、これ以降、この合意は存在しないと日本側は主張する。

 この出来事は2011年3月に「東北地方太平洋沖地震」と東電福島第一原発の大事故でうやむやになりかかるが、翌年の4月に石原慎太郎が「ヘリテージ財団」主催のシンポジウムで講演、尖閣諸島の魚釣島、北小島、南児島を東京都が買い取る意向を示し、消えかかった火を燃え上がらせている。

 日本をNATOに組み込むためには日本人に好戦的な感情を起こさせる必要があり、そのために政治家もマスコミも努力している。NATOを太平洋地域まで広げる大きな理由は、ロシア、中国、イランというアメリカの思い通りにならない国々を包囲し、窒息させることにある。こうした動きに中国が反発するのは当然。ウクライナの状況とも深く関係している。「西側」がロシアの軍事的な拠点であるクリミアの独立に強く反発している理由は言うまでもないだろう。

 ウクライナでネオ・ナチが台頭していることと、日本で安倍晋三や石原慎太郎のような人間がもてはやされることも根は一緒だ。    




以上は「櫻井ジャーナル」より
ネオナチの問答無用な行動は今の欧米に共通するようになっています。日本の安倍政権の行動を見ればよく理解できます。これを続ければいずれ大戦争になります。歴史は繰り返すことになるのでしょうか、人類は少しも進歩していません。    以上

超高線量の焼却灰、一部は肥料等として再利用している

超高線量の焼却灰、一部は肥料等として再利用されている!下水処理の関係者が暴露!石原環境相は汚染土を再利用する方針も示唆! new!!

20140312220951housyanou.jpg
少し前ですが、下水処理場等で働いた経験のある日向さんが、「せっかく放射能をとったのにそれを肥料にして食べ物にもどしているのだよ」と話し、下水処理場に溜め込まれている汚泥が肥料として使われていることを暴露しました。

前々から放射能に汚染された汚泥が肥料やコンクリートに再利用されていることは指摘されていましたが、この事は下水処理場の方も認めている事実です。下水処理場のホームページなどを見てみると、「浄化センターで肥料を製造」と書いてあります。処理場の焼却灰からは、東京でもキロ1000ベクレルを超えるような放射能が日常的に検出されているわけで、これを肥料等に使うのはあまりにも危険だと言えるでしょう。

しかも、石原大臣は先日の国会答弁で、中間貯蔵施設等に保管された汚泥も、将来的には再利用する考えがあることを明らかにしました。放射能対策の原則は「広げないこと」です。それなのに、この国の政府は積極的に放射能を「リサイクル」という言い訳で広げようとしています。既に一部はコンクリート等にも使われているわけで、本当にこのままでは不味いです。


☆東京放射能 下水処理関連の仕事の現場を知る日向さんの話
)

☆安倍首相、中間施設建設の地元理解に全力=石原環境相「汚染土は再利用可能」
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014031000561&j4

引用:
安倍晋三首相は10日午後の参院予算委員会集中審議で、東京電力福島第1原発事故の除染で生じた汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設について、「(汚染土が)高レベル放射性廃棄物と同程度の危険性を持つとの誤解を解くべく努力したい」と述べ、関係自治体の理解を得るために全力を挙げる意向を示した。
 石原伸晃環境相は汚染土について「30年間中間貯蔵をすると放射線量は間違いなく減衰する。公共用地への土砂として使用することが可能になる」と述べた。民主党の増子輝彦氏への答弁。(2014/03/10-18:21)
:引用終了

☆下水汚泥のリサイクル
URL http://business3.plala.or.jp/awg/hp_gesui/a_risai.html

20140312215445syoukyakubai04.jpg

☆放射性物質を含む汚泥焼却灰等の取り扱いに関する説明資料
URL http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/gesui/housyaseibussitsu/images/houshaseicolor.pdf

20140312215356syokuyabai01.jpg
20140312215414syoukyakubai03.jpg
20140312215324syoukyakubai02.jpg

☆厚生労働省 放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取扱いに関する考え方
URL http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001fs28-att/2r9852000001fti2.pdf

引用:
2.脱水汚泥等を利用した副次産物の利用について
(1)脱水汚泥等を再利用して生産する物については、受け入れる脱水汚泥等の放射能濃度を一定の濃度以下にすることや、他の原材料と混合・希釈すること等を考慮し、事業者等により市場に流通する前にクリアランスレベル以下になることが合理的に確保される物は、利用して差し支えない。7
(2)例えば、セメントを生コンクリートや地盤改良材として利用する場合には、生コンクリートや土壌と混練する段階まで管理されていることから、少なくともセメントが2倍以上に希釈されることを考慮し、セメントの段階ではクリアランスレベルの2倍の濃度まで許容されることとなる。ただし、セメントとして袋詰めで一般に販売される場合には、販売店に引き渡される前に、セメントの段階でクリアランスレベル以下とすることが必要である。
:引用終了

☆多摩の汚泥焼却灰 東京湾に埋め立て開始
以上は「真実を探すブログ」より
放射能の危険を知らない大臣が環境省を担当していること自体が狂っているのです。それを任命したのが安倍総理です。任命権者の安倍総理自体が狂っているので皆おかしくなるのです。こんな政権を許す日本国民も狂っているのです。こんな民族は滅亡しかありません。このままではだめです。以上

安倍政権は末期的症状

政治、経済、歴史、スピリチュアル、良書の紹介 などを中心に主婦の目線で。
 

まぁまぁ、安倍政権の常軌を逸したニュースには連日驚かされますなぁ。
「天ぷら会食」の次は宗主国批判ですか。それもわざわざ動画アップしてまで。
菅官房長官が「個人的見解であり、政府見解ではない」と、いうのは世界には通
用しません。この方は首相補佐官ですからね。

安倍政権は裏に軍産複合体やグローバリストがいるので強気なのかもしれませ
んが、世界は彼等だけで成り立っているのではありません。最近、WSJやロイタ
ーでも、安倍政権やアベノミクスに対する批判記事が頻繁にみられるようになり
ましたが、今度は経済専門紙のブルーグバーグの社説です。

過去に昭和天皇が、「日本は世界を敵に回してはいけない」と、ご発言されたと
いうことです。歴代首相の中で、ここまで世界を敵に回した人物は初めてです。
「対米従属からの脱却」は、何も相手を敵に回すことではないと思います。
相手が没落してから進めればよいのであって、もっと利口になれないものでしょ
うか。現実は厳しい。妻子を食べさせていくためには我慢しなければなりません。

鎖国しても食べていけて、エネルギーを確保できる自信があるなら宜しいですが、
そんな覚悟も勇気もなく、ましてや裏付けとなるモノもないのに「うすら寒い愛国心
だけを旗頭に掲げるのは止めていただきたい。どこの国の人でも愛国心はそれ
なりに備わっています。運動会じゃあるまいし、それを競って何になる?

日本のナショナリスト的愚行、米国は強い語調で叱責を

米政府が中国の海洋拡張主義を最近のアジアの緊張の原因と考えていることは、
米当局者からの最近の一連の発言から明らかだ。一方で、アジアにおける米国
の最大の同盟国である日本に対しても同様に、米国は率直に意見すべき時だ。

中国が尖閣諸島(中国名、釣魚島)上空に防空識別圏の設定を宣言して以来、
中国に対して強い姿勢で臨むことを日本は米国に求めてきた。米国と日本の間
に隙間風が吹く気配など見せれば、中国のさらなる横暴を促すばかりだと警告
してきた。米国側も同じ理由から、中国やその他のアジア諸国を刺激するような
日本の指導者らの言動に目をつぶってきた。

しかしこのような気配りは逆効果になりつつある。中国が昨年11月に防空識別圏
を設定した後、安倍晋三首相はA級戦犯14人を合祀した靖国神社を参拝。さらに、
安倍氏が推挙したNHKの経営委員らがあきれ返るほど時代錯誤の発言をしたに
もかかわらず、首相は異論も唱えず彼らから距離を置こうともしなかった。

このうち1人は1937年の南京大虐殺は起きなかったと発言。もう1人は戦時中の
従軍慰安婦問題で日本軍を責めるのはおかしいと言わんばかりの発言をした。
そのほか安倍氏とその一党は戦時中の日本の残虐行為を希薄化させるよう、
歴史教科書を書き直すことにも取り組んでいる。

これらすべてが諸外国に与える印象について、日本の当局者らは気にかけてい
ないようだ。中国および韓国との関係はほとんどこれ以上悪くなりようがないし、
両国で国家主義者が権力の座についている限り改善する可能性は低いと論じて
いる。これ以上日本が融和的な姿勢を取れば中国と韓国が屈辱的要求を際限な
く突きつけてくるだけだと、日本側は確信している。

オバマ大統領のアジア訪問

さらに悪いことに、日本は米国から支持を受けて当然と思っているようだ。
バイデン米副大統領が事前に自制を求めていたにもかかわらず、安倍首相は
靖国参拝を断行した。非公開の場でのこの対話の内容はその後、戦略的に漏
えいされた。恐らく、安倍首相の尊大な態度を白日の下にさらすためだろう。
日本の当局者らは裏で、オバマ政権の頼りがいのなさを非難する。日本への支
持を少しでも惜しむのは米外交の軟弱さの表れだと見なしている。

米国は反論すべきだ。それも通常より強い言葉で切り返すべきだ。4月のオバマ
大統領のアジア訪問は、中国政府の外交的冒険主義を容認しないことをあらた
めて表明する良い機会であると同時に、安倍首相の挑発がアジアの安定を脅か
し、日米同盟に害を及ぼしていることをはっきりと伝えるチャンスだ。

これで考えを変える安倍氏の側近は多くないだろうが、大方の日本人は米国の不
興をこうむることに対して敏感だ。ある世論調査によれば、安倍首相は靖国参拝へ
の批判的な反応に配慮すべきだと70%近くの日本人が考えていた。安倍首相は
過去に、国家主義的な野心に気を取られてか経済がお留守になり、辞任する羽目
になっている。国内から圧力をかけ続けることが重要だ。(全文は元記事で)

野中広務氏 政権運営「相当危険な状態」と懸念

野中元官房長官は参議院の調査会に参考人として出席し、安倍総理大臣の政権
運営に「相当危険な状態」と懸念を示しました。

野中元官房長官:「議会制民主政治は機能不全となる。きょう、
相当に危険な事態になっているのではないかと心配している」


野中氏は、安倍政権が外交・安全保障や経済政策で偏った立場のブレーンを集め
て政策を決めていると指摘し、懸念を表明しました。また、集団的自衛権の行使容
認に向けた安倍総理の手法についても、「非常にせこいやり方で、基本を間違った
やり方だ」と厳しく批判しました。さらに、「南京大虐殺はなかった」などと発言した作
家でNHKの経営委員も務める百田尚樹氏について、「『永遠のゼロ』を2回も読んで
涙を流した自分が悔しい」と述べて、国会に呼んで責任を追及すべきだという考えを
示しました。

党員集めのノルマ、不足なら罰金・・自民が方針

自民党は18日の総務会で、来春の統一地方選に向けた党勢拡大策として、全国会
議員が最低1000人の新規党員を集め、不足分1人につき2000円の「罰金」を徴収
する方針を了承した。党員集めの締め切りは2015年末。

同党は、衆参両院の国政選では勝利したが、地方選では川崎市長選(13年10月)
や福島市長選(同11月)など支援した候補が敗れている。執行部は、来春の統一地
方選を控え、支持基盤の強化を進める必要があると判断した。実際、党員数は12年
9月の総裁選時点では78万9348人で、09年総裁選時より29万2328人減った。

ただ、党内からは「カネを払って済むなら、根本的な体質改善にはつながらない」
(参院幹部)との批判や、衆院議員と地盤が重なる参院議員を中心に不満も出ている。


関連記事
以上は「MUのブログ」より
今の安倍政権はむちゃくちゃです。理屈では負けるので力任せで強引に政治を進めています。一種のやくざのやり方です。不正選挙で政権を取っただけのことはあります。              以上
  
 

我々が福島の最悪を恐れるべき50の理由

我々が福島の最悪を恐れるべき50の理由

ハーヴィ・ワッサーマン

2014年2月2日
Ecowatch.com

[本記事は二部シリーズの前編]

福島の行方不明の溶けた炉心と放射性を帯びた噴出物は秘密裏に悪化し続けている。

日本の厳しい独裁的検閲は、まんまと福島を世間の目から隠し続けることを狙った世界的大手マスコミによる報道管制と対になっている。

だからといって、実際の放射能を、我々の生態系や、我々の市場 … あるいは我々の体の外においたままにしておけるわけではない。

究極的な影響についての推測は全く無害から極めて終末論的なものに到るまで様々だ。

だが基本的な現実は単純だ。70年間、政府の核爆弾工場と民営原子炉は監視されない莫大な量の放射能を生物圏に放出して来たのだ。

人と生態系の健康に対するこうした放出の影響がわかっていないのは、そもそも原子力産業が、それを研究することを断固として拒否している為だ。

実際、公式推定では、核実験商業原子炉による被害の証明を示す責任は、加害者ではなく、常に被害者におかれている。

しかも、どのような場合でも、原発業界は事実上、常に損害を受けずに済んでいる。

この“まずいことは見ずにおく、被害は賠償しない”という考え方は、広島の原爆投下にさかのぼり、福島や、… 読者がこの記事のお読みになっている間にもおこりかねない来るべき大災害にも及ぶ。

一体なぜ、この伝来の放射能遺産が、我々が、海に対して、地球に対して、アメリカ経済に対して … 我々自身に対して、最悪に備えることを要求しているのかという50の前置き的理由は下記の通りだ。

1. 広島と長崎で(1945)、アメリカ軍は、そこでのいかなる放射性降下物の存在も、あるいはそれが何らかの被害を与えうることも、当初は否定していた。意味あるデータが存在しないにもかかわらず、犠牲者達(アメリカ人戦争捕虜の集団を含め)や支持者達は、公式に“信用をおとされ”、軽蔑された。

2. 同様に、ノーベル賞受賞者のリーナス・ポーリングとアンドレイ・サハロフが大気中核実験による、世界中の膨大な死亡者数について正しくも警告した際、彼等は公式に軽蔑され、はねつけられた … 彼等が世論という裁判所で勝利するまで。

3. 核実験の間と後(1946-63)、南太平洋やアメリカ西部の風下の住民達は、何千人ものアメリカ人“被爆兵士”と同様、彼等が受けた放射線に誘発される健康問題は想像上のものだと言われた … 彼等には全く反論の余地がないことが確認されるまで。

4. イギリス人のアリス・スチュワート博士が(1956年) 妊婦に対するごくわずかなx線線量でさえ、小児白血病の率を倍増させうることを証明した際、彼女は30年間、潤沢な資金を得た、原子力とマスコミ既成権力による嫌がらせで攻撃され続けた。

5. しかし、スチュワート博士の所見は悲劇的なほど正確であると判明し、放射能に“安全線量”はなく … 妊婦は、x線検査を受けたり、同様な被曝を受けたりしてはならないという保健物理学の合意を確定するのに役立った。

6. 400基以上の商業原子炉が、その潜在的な健康と環境に対する影響を測定する意味あるデータ無しに、我々の生態圏に投入されたいるが、いかなる体系的な世界的データー・ベースも、設立も維持もされていない。

7. 商業原子炉用の“許容線量”標準は、広島から5年後に始まった不完全な原爆研究から生み出されたものであり、福島や他の原発では、業界の金を節約すべく、常に一層手ぬるいものにされてきた。

8. 原子爆弾/原子炉放射性降下物は、体内に入って長期的被害を及ぼすα線とβ線放射体を生み出すが、原子力産業の支持者達は、それを、さほど致命的でない外部γ線/x線線量、飛行機での旅行や、デンバーでの生活等と、不当に同一視することが多い。

9. 長期的な排出評価の蓄積を拒否することで、業界はスリーマイル・アイランド (スリーマイル・アイランド)、チェルノブイリ、福島等々の健康に対する影響を、組織的に隠蔽し、業界が自動的に“疑問視されたもの”と見なす個別の独自研究に、被害者達が頼ることを強いている。

10. 業界が何十年も容赦なく否定してきたにもかかわらず、時計盤数字のラジウム塗布、原爆製造、ウラン採鉱/精錬/濃縮、廃棄物管理や、他の放射能にまつわる作業において、非常に多くの健康被害を受けてきた。

11. アルバート・アインシュタインと共に働いていたアーネスト・スターングラス博士が、原子炉放出物が人々に害を与えていると警告すると、不思議なことに、彼の何千部もの低レベル放射能に関する論文(1971年)が主要倉庫から消えた。

12. 原子力委員会(AEC)の最高医務責任者、ジョン・ゴフマン博士は、原子炉の線量レベルを、90パーセント低下すべきだと強く主張して、AECから追放され、公的に攻撃された。産業の創設者という立場にもかかわらず。

13. マンハッタン・プロジェクトのメンバーで、LDLコレステロールの先駆的研究の貢献者である医師のゴフマンは、後に原子炉産業を“周到に準備された大量殺りく”の担い手と呼んだ

14. スリーマイル・アイランド(1979年)では、排気筒モニタや他の監視装置が故障し、どれだけの放射能が放出されたのか、どこへ行ったのか、あるいは、誰に、どのように影響を与えているのかを知るのが不可能になっている。

15. だが約2,400人のスリーマイル・アイランド風下被害者と家族は、放射能がどれだけだったのか、あるいは放射能がどこに行ったのかを言うことができなかったにもかかわらず、彼等に損傷を与えるのに“十分な放射能”は放出されていないと述べた連邦裁判所判事によって、集団訴訟陪審裁判を拒否された。

16. スリーマイル・アイランド・メルトダウンの際、業界の広告は、そのような線量が、不本意に放射線を浴びた母親に生まれた子供の白血病の率を倍増させうるという事実を無視して、放射性降下物を、風下にいた全員に対する一回の胸部x線と同一視していた。

17. スリーマイル・アイランド風下での広範な死亡と損傷は、何百もの事例報告と共に、スティーブン・ウイング博士、ジェーン・リーと、メリー・オズボーン、修道女のロザリー・バーテル、スターングラス博士、ジェイ・グールド、ジョー・マンガーノ他によって確認されている。

18. スリーマイル・アイランド風下の農場や野生動物への放射能被害は、バルチモア・ニューズ、アメリカ農務省、ペンシルバニア農業省によって確認されている。

19. スリーマイル・アイランドの所有者は、少なくともダウン症を持って生まれた子供がいる一件を含む、被害を受けた家族の箝口令と引き換えに、損害賠償として、こっそりと少なくとも1500万ドル支払った

20. チェルノブイリの爆発は、膨大な放出物が、何百キロも離れたスウェーデンの原子炉上まで到来して初めて、世間一般に知れ渡った。つまり、スリーマイル・アイランドや福島と同様、一体どれだけ放出されたのか、あるいは一体どこに行ったのかは誰も正確には知らない。

21.  福島で継続している放射性降下物は、既に、スリーマイル・アイランドからのものを遥かに上回るチェルノブイリからのものを、遥かに上回っている。

22.  チェルノブイリの爆発(1986年)から間もなく、ゴフマン博士は、その放射性降下物で、世界中で少なくとも400,000人が亡くなるだろうと予想した

23. 2005年に、5,000以上の研究をまとめあげた三人のロシア人科学者は、チェルノブイリ事故は、世界中で既に約100万人を死亡させたと結論づけた。

24. 様々な政府、科学、人道団体によって確認された通り、ウクライナとベラルーシの風下で生まれた子供達は、いまだに突然変異や病気の膨大な被害をこうむっている。

25. 故意に低く見積もった主要なチェルノブイリによる推定死亡者数は、世界保健機関からのものであり、数値は、原子力産業を推進する為に作られた国際連合の組織である国際原子力機関に監督されている。

26. 何十億ドルもつぎ込まれたにもかかわらず、28年たっても原子炉業界は未だに、爆発したチェルノブイリ4号炉に対する最終的な石棺の設置に成功していない。

27. 福島の1-4炉が爆発した際、オバマ大統領は、我々全員に、どちらの主張にも証拠皆無にかかわらず、放射性降下物はアメリカに来ないし、誰も傷つけないと言った。

28. オバマ大統領がそうして以来、アメリカは、福島の放射性降下物を監視する統合システムも、その健康に対する影響を追跡する疫学的データー・ベースも設置していないが … 太平洋の海産物内の放射線レベル検査は中止した。

29. 福島の風下と、北米の子供達の甲状腺異常に関する初期の報告は、それが一体どれほどか知らないが“十分な放射”は放出されていないと語る原子力産業支持者連中によって再び否定された。

30. 福島に接近した米空母ロナルド・レーガン艦上にいた海軍軍人が報告した健康に対する衝撃的な影響は、放射線量は、それが一体何だったのか全くわからないまま、害を生じるには少なすぎると、業界と海軍により否定された

31. 福島のメルトダウン時に、沖で吹雪の中にいた海軍軍人達は、熱い雲がレーガン艦上を通りすぎ、スリーマイル・アイランド風下の死の灰による被爆者や、原爆を広島に投下した空軍兵が語っているものに良く似た“金属的な味”がしたと報告している。

32. レーガン艦上の海軍軍人は、被害を生じるのに十分な福島の放射能に被曝していないと否定されているが、日本(韓国やグアム同様)、余りに放射能が高すぎるということで空母入港は拒否された(現在サンディエゴのドックに入っている)。

33. レーガン艦上の海軍軍人は、海軍を訴えるのは禁じられたが、全ての責任を拒否して、スリーマイル・アイランド、核爆弾工場、ウラン鉱山等の所有者達に加わった東京電力に対し、集団訴訟を起こした

34. 福島でのオペレーション・トモダチ除染作戦でアメリカ軍が“学んだ教訓”報告は、“一般住民に不安を抱かせずに、航空機と要員の除染を行なうたとが新たな課題となった”と書いている

35. 報告は‘許可’の為の“本当の除染作業標準が設定されておらず”その為“軍関係者や地元住民への放射能汚染拡散の可能性”の危険を冒しているとして、除染を疑問視している。

36. それにもかかわらず、除染の際“放射性粒子を除去する上で、粘着テープと赤ちゃん用おしり拭きの利用は効果的だった”と報告している

37. 東京電力は組織犯罪とぐるになって、“危険な”現場作業の為に、貧窮化したホームレスや高齢者を採用して、自身の除染活動を行っているが、彼らの作業品質や、彼等の被曝状況は今や国家秘密だ。

38. そのようなデータが国家秘密とされる前に行われた公式推計によると、福島では毎日少なくとも300トンの放射能を帯びた水が海に注がれ続けている。

39. 知りうる限りの福島外部に流れ出る放射能の量と組成も今や国家秘密であり、独自の測定や、大衆の憶測は、禁固10年以下の刑を課される可能性がある。

40. 同様に、カリフォルニア大学(バークレー校) 核工学のエリック・ノーマン教授によると、“アメリカには、大気、食べ物や水の放射能の体系的な検査はない”。

41. 大気や水に放出される多くの放射性同位元素は濃縮する傾向があり、福島の放射能の極めて有害な塊は、拡散する前に、今後何世紀にもわたって、海全体に移動する。例え拡散したとしても、無害にはなっていない可能性がある。

42. 益々汚染されつつある生物圏の中で、既存の毒素との相互作用が、あらゆる生物に対する損傷を幾何学級数的に促進する可能性が高い相乗効果を生みだす為、放射能の本当の世界に対する影響は一層測定が困難になっている。

43. ヒトデ、イワシ、鮭、アシカ、シャチや他の海の生き物に起きている惨状として報じられているものは、存在しておらず、設置されようともしていない過去の実験に関する信頼に足るデーター・ベースや観測無しに、必ずしも断定的に否定することはできない。

44. x線の“わずかな”線量が人間の胚細胞を傷つけるという事実が、致死的な放射性同位元素の生物圏へのいかなる不自然な導入も、どれほど“拡散したとて”現在我々には分からない形で、入り組んだ地球生態に影響を与えうることを警告している。

45. 既に福島から広がりつつある“わずかな”線量が、既に海にある他の汚染物質によって強化された致死的な影響力で、イワシから、ヒトデやアシカに到る生物の極めて小さい卵に、徐々に影響を与えるのだ。

46. 原子炉放射性降下物からの無数の同位元素が、様々な生態学的環境の中で、今後何世紀にもわたって、全く異なる生物学的影響を与えるだろうから、バナナや他の自然源との線量比較は、ばかげたており、誤解を招く恐れがある。

47. ”黙示録さながらのもの”であれ、あるいは他のものであれ、人間や生態系に対する全体的影響に対する現在の否認は、福島が現在、生物圏に放出している放射性同位元素の極めて長い半減期の説明責任を、長期間、負うことなどできない。

48. 福島の影響が何世紀も広がる中、どのような証拠が現れようと、原子力産業は決して、いかなる被害を起こしていることも認めず、決してその被害に対する弁償を支払わされることはないことだけは確実だ(後編を参照)。

49. 原子力海軍の父ハイマン・リッコーヴァーは、地球の必須な外皮内の放射線レベルを上げるのは、ある種の自殺だと警告し、できることなら自分が開発を支援した全ての原子炉を“沈め”たいと述べた。

50. “原子力の利用を振り返ると”“私には人類は自ら破滅しようとしているように思え、この恐ろしい力を我々が制御し、廃絶しようとすることが重要だと1982年に彼は語っていた。”

秘密と欺瞞という鉄のカーテンの背後で福島が悪化する中、それが一体、我々やこの地球に何をしているのかを、我々は是非とも知る必要がある。

真実は、業界の嘘と、「具体的な黙示録状態」に対して高まりつつある恐怖のどこか中間にあると、つい言いたくなる。

実際は、答えはその先にある。

我々にとって害がないという、70年間の欺瞞、否認、悪から目をそらすことや、意味ある科学的研究の不足を特徴とする、大企業による口先だけの保証は、最新の原子炉災害で、ばかばかしさへと色あせてしまった。

福島は、毎日、膨大な法外な量の致死的な放射能を、我々の脆弱な生態圏に注ぎ込んでおり、これから何十年間もそうし続けるだろう。

5基の発電用原子炉が地球上で爆発したが、他に400基以上もあり、依然稼働中だ。

我々を最も脅かしているのは、不可避な次の大災害だ … そして更にその次の … そしてまた更に次の …

否認と、大企業特権による保護によって、前もって覆われた原発は、究極的な世界的テロのエンジンだ。

この話題に関する更なるニュースは、EcoWatchの福島のページでご覧願いたい。

--

ハーヴィ・ワッサーマンの次回記事は、福島が、いかに我々人間の自由と、物質的存在を脅かしているかについて。

ハーヴィ・ワッサーマンは、www.nukefree.orgを編集しており、サイトには、日本の国家秘密法廃止と、世界的な福島接収を呼びかける請願のリンクがある。彼はSOLARTOPIA! Our Green-Powered Earthの著者。

記事原文のurl:ecowatch.com/2014/02/02/50-reasons-fear-fukushima/
----------

選挙が終わっても、大本営広報部は、決して、国家戦略特区推進や岩盤規制撤廃という、宗主国・傀儡国家・企業支配層の狙いを解説したり、批判したりしない。ひたすら隠蔽する。原発問題と全く同じ対応をする方針に違いない。

飛んで火にいる冬の虫。甘利TPP相、TPP進展へ15日訪米。要人(用心?)消息は伝えるが、TPPの危うさを全く報じない。TPP、自慢できるほど素晴らしいものであれば、全面公開できるだろう。全関連国での完全報道管制、とんでもない正体を隠すために他ならない。

「前門の虎後門の狼」ということわざがある。原発反対の皆様、なぜか、「前門の虎」原発の脅威しか恐れておられない。国家戦略特区推進や岩盤規制撤廃について、大賛成なり、疑問を抱くなり、というこの重要な政策に関する詳しいご意見、支持者の皆様のブログで拝読した記憶がない。見かけやら、非民主的組織活動批判やら、自民党別動隊という、根拠不明なご意見はあちこちでみかける。自民党別動隊という意味では、「脱原発以外は、皆同じ」とおっしゃった、お殿様の応援弁士氏こそ、あてはまるだろう。

新自由主義と原発を推進する連中の攻勢を凌ぐ為に、悪罵を投げあっている余裕はないだろう。じわじわと庶民生活・伝来の日本文化を破壊し続けている「後門の狼」新自由主義・植民地化は恐ろしくないという不思議。

小選挙区も二大政党も、政党助成金も、郵政破壊も、国家戦略特区推進や岩盤規制撤廃も、小生とは全く違って裕福な皆様の生活には、何の悪影響もないことが理解できる。

新自由主義・属国化推進の方針は、テレビ・新聞にとどまらない。週刊誌も、日刊タブロイド紙もご同類。ひとまとめにして、大本営広報部と呼ばせて頂いている。

貧しいので、どれも全く購入せず、電車中吊り広告や、キオスクに貼り付けてある見出しのみでの判断ゆえ誤解している可能性なきにしもあらず。サラリーマン時代は、電車を待ちながら、あれこれ買って読んでいた。いぶかしく思いながら。

講読している新聞は、選挙結果について、ものまね芸人氏コメントを仰々しく載せている。いやいや読んだが、もちろん国家戦略特区推進や岩盤規制撤廃という主張には触れていない。イエロー・ジャーナリズムという英語を思い出した。

『神州の泉』は、2014年2月12日 (水)に書いておられる。

都知事選は「国家戦略特区」も争点とするべきだった

ハーヴィ・ワッサーマン(Harvey Wasserman)氏の共著『被爆国アメリカ 放射線災害の恐るべき実態』茂木正子訳 早川書房 1983年8月15日初版発行 2300円 現在は入手困難のようで、巨大書店を見ると、古書には偉く高い値段がついている。

ありがたいことに、英語原文pdfは公開されている。

原子力海軍の父であり、原子力発電所の父でもあるだろうアメリカ海軍のリッコーヴァー提督については、下記記事、ご参考になるかもしれない。

序文を書いたのは、ベンジャミン・スポック氏。日本でも一世を風靡した有名な育児書の著者。個人的には、育児方法は風土文化固有な部分が多かろうと思うので、松田道雄『育児の百科』派だ。こちらは『定本育児の百科』という文庫本三冊でいまでも手に入る。

モルモットにされた被曝兵士や、時計文字盤工場の工員の被害や、原子力海軍の父ハイマン・リッコーヴァーの言動なども、当然詳しく書かれている。

是非復刊、できるなら、チェルノブイリ、福島を含めて増訂して欲しい良書の著者による本文の指摘、耳を傾けるべきだろう。

翻訳書166ページには、ネヴァダ核実験現場近くで映画『征服者』を撮影していたハリウッドの俳優やスタッフ達が、被曝兵士同様、被害を受けたことが書いてある。

1954年、ジョン・ウェインやスーザン・ヘイワードが、三ヶ月の野外ロケに参加した。
それから四分の一世紀後、ジョン・ウェインもスーザン・ヘイワードも癌で死んだ。

そこを読んで思い出した本がある。出版時すぐ購入したが昔のこと。現在行方不明。
『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』

庶民生活破壊を長い間、じわじわと推進し続けてきた新自由主義の最後の一撃、国家戦略特区推進や、岩盤規制撤廃を支持する、というお殿様の政策は無視し、「脱原発」の為候補を統一しろと主張した有名人氏の著書だ。もし本の山から出てきて、何か気がついたことがあれば、後日ここに追記したい。

選挙後、早速各地で講演を開始しておられる。何度も拝聴したが、でかける気力今はない。

『被爆国アメリカ 放射線災害の恐るべき実態』のみならず、原発事故による被害、それを隠蔽しようとする体制の悪質な企みをあざやかに描き出している良書、他にもある。

  • フレデリック・ポールの『チェルノブイリ』講談社文庫や
  • ヤロシンスカヤ『チェルノブイリ極秘』平凡社

いずれも原子力村の戦略理解に必読テキスト、不思議なことに、絶版のままだ。

脱原発をテーマに、とつぜん名乗り出た小選挙区制度導入・国家戦略特区推進のお殿様、支援者の郵政破壊売国氏の人気を見れば、こうした本が復刊されれば、かなりの部数が見込めるはずだろうと思う。感情ではなく、事実に基づいて考えるのに重要な書籍。

万一復刊されたら、貧しいながら、それぞれ数冊購入し、知人にさしあげたいと、ずっと思っている。今の古本価格分払えば、定価なら何冊も買えるだろう。

« 日本では性的虐待加害者米兵の三分の二は服役していない | トップページ

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

以上は「マスコミに載らない海外記事」より

今の日本政府の方針では人類滅亡へと導くことになります。これではいずれ国際社会は日本を取り除くことになりそうです。もっとも「3.11テロ」はそのための攻撃でしたが運悪く失敗してしまったようです。日本にとっては奇跡のワンチャンスが与えられたことにもなります。しかしそのチャンスをみすみす無駄にしている安倍政権では未来が開かれません。一刻も早く政権を変えて打開策を講じないと時間がありません。      以上

東京・子供の突然死が10倍、白血球の数値の7割に異常

【東京】子供の突然死が10倍、白血球の数値の7割に異常。予兆は出揃っている。


テーマ:


@YUKIMIHOP
新大久保と高田の馬場の間で見つけました。 これが日本の怖さ。
工事現場と同じ扱いの放射線量の告知! 被曝中なう!!ですか?

@cyclochabumaro
ここにもジャパンスタンダード。危機管理能力0民族。

--------------------------

@ykabasawa
「東京の医師会で、子供の突然死が10倍になってる問題、
対象を広げれば広げるほどヤバいという話になっている。まだ非公式の話…」
元菅首相の政策秘書、松田光世さんの告発。
医者はなぜ黙ってるのか。
多くの人が既に免疫力落としているではないか。
薬が依然より効かないという声が周りでも多いです。
2012年3月29日

--------------------------

1月27日:追記

松田さんの情報源は木下さんのようで、事実の誤認があるようです。

正確には

@KinositaKouta
間違いです。去年の十二月から今年一月にかけて突然死して、
死因不明で、確認作業した0歳児から四歳児の都内の人数が、
おととし一年間と同数です。
絶対値が少ないため、確定的なことは言いにくいですが、
一ヶ月強と一年間が同じ。 2012/03/26

とのことです。

--------------------------

@miwakofujita
今日都内の地下鉄内で30代男性が意識を失う。
必死に奥さんが呼びかける声。次の駅で担架で運ばれて行った。
小さな子どもが心配そうに見てた。涙が止まりません。
2013年1月2日


@kazuppo616
東京の叔母の知人が原因不明で突然亡くなったそう。
結婚直前の30代の女性。初めて突然死を身近に聞いてしまって、
放射能の影響を考えずにはいられない。本当のことは誰にも分からない。
亡くなった人は二度と帰らない。


@fairy726
危険と共存しているのだと改めて痛感した出来事がありました。
職場の方の姪っ子…2歳10ヶ月で白血病で亡くなったとのこと。
都内在住。 楽観視出来ないと思います。


@4ninbuchi2ryo
気のせいかもと考えて、行きつけの漢方の先生に
「最近外で先生の目から見て被曝の影響がある子どもっていますか?」
と聞いてみた。答えは「みんなですよ。大人だってそうなんですから」だった。
東京都世田谷区。


@KinositaKouta
板橋区某中学一年生 春の心電図検診で異常
→再検査必須生徒は約25%
2012年5月18日


@takeonomado
不安を煽る気は無いけど、これだけの回数、日本、東京と海外を往復して、
帰国の度に季節に関係なく同じ症状が出れば、
放射能以外の影響は考えられないよ。
今回は意図的に大阪から入って天王寺区のホテルに二日間いたけど、
東京と同じ症状は出なかった。自分のアレルギー体質にある意味、感謝だ。


@eye_s_only
友人の都内皮膚科医より。
「頭皮炎」「顔面・腕の急激なシミ増加」 による来院が増えている。


@cmk2wl
野呂美加 東京にいたっては狂気が支配していると言ってもおかしくない。
自分が体験したことに口をつぐめば、他に被害者が出る。
汚染された栃木の笹を食べた母親熊の赤ちゃんが、
肺炎で死んでないでいる場合なの?人間の子供は大丈夫?
汚染地域から、どんな放射能も持ち出すな!
人間を引っ張り出して


@carapowa
昨夜は主人は職場の飲み会で遅くなるとのことでしたが
随分帰宅が早かったのでどうしたのかと思ったら、
「皆、咳がひどくて体調が悪いので取りやめになった。」
主人も調子悪く、早くに休みました。 職場は都内です。


「現在関東を中心に喉痛み,ドライマウス,鼻血,下痢,軽いせき,
微熱,味覚異常,嚥下痛,声がれなどの症状を訴える人が増えているようですが、
放射線治療を行った際にも同様の副作用が起こやすくなるそうです。
要するにこれらの症状は内部被曝の初期症状です」
http://t.co/EFDrsaU3


@Fibrodysplasia
昨年3月13日~4月中旬まで関西に避難し、その後、
横浜南部に居住したパターンだと、最初の放射性ガスを吸っていないわけだが、
それでも気管支喘息になるということは、
子供が首都圏に居住するのは無理だということだ。
移住後、だいぶ治ってきたので、
速やかに準備して移住した方が子供は長生きする
2012年08月10日


@kenshimada
首都圏の道ばたでも、
高濃度放射能汚染物質を吸い取った藍藻が普通に落ちている・・・
皇居外苑で11万6334ベクレルを検出する場所を発見。
http://www.bllackz.com/2012/09/blog-post_7.html
これが乾燥して舞い上がり、吸い込んでる現状。
止まらない咳はそれを排出する防御反応だと思う。


@daikichikyoudai
最近かおがひりひりすると東京のあねがいいます。
関西にきたらどうもないと(-_-;)水でしょうか?
食べ物にはきをつけてます。自宅は横浜、仕事は世田谷区です。

---------------------------------------------

@takeccommaa
昨日、子供の甲状腺、血液検査をしたお友達の話を聞いた。
首都圏10人子供を検査すると、
6~7人の子供の白血球の数値に異常が出ているそうだ。
つまりは骨髄が被曝でやられている。ちょっとすごい確率だと思うんだけど。


村上周三・東京大学名誉教授
東京の友達の話>子供たちの白血球の数値、7割に異常。
”甲状腺検査に厚生省の圧力”
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/32c71b3e2aac4e400e234ab2348d9f42

---------------------------------------------

@framboise731
生まれた時「この子は特別、運が強い」と曾祖母に言われた娘、
今回の甲状腺検査では基準値もぎりぎりクリアして「6,7人」には入らず。
でも「東京にい続けたらおそらく、これから悪くなるということですか?」
と聞いたら、先生は静かに頷いた。
私みたいにのう胞ぼっこぼこにさせたくない。急がねば。

@framboise731
先生の言ってたこともうひとつ
→「川沿いと清掃工場の近くに住む子は数値が悪い」。
「自分が見た子供たちのことしかいえないけど、
○人いて○人そうだったら、そうとしか言えない」と。ショックでした。

---------------------------------------------

@o0_0e
やっぱりな

@nakanakagoody
愛犬が体調を崩し、血液検査で白血球が倍以上増えていて
被曝の事実を突きつけられた時、初めて心の底から泣いた。
やっぱり東京は激しく汚染されてるよ。両親は酷いゲリ、
甥っ子は1日遊びに来ただけで鼻血出したし。
放射能を甘く見たら後悔するよ。

---------------------------------------------

@tokaiama
東京東葛地方や千葉、神奈川の大病院で聞いてごらんなさい。
甲状腺検診は、どこも満杯。橋本病の症状が激増。
関東、東北の病院は大繁盛なのに、誰の意図で隠蔽を続ける? 
→TV福島ユー報道局長大森真が
「今の線量では福島県民の健康に被害は全くない」とツィート

@hanakomiyama
パパさんすごい。なんでも知ってる。

@tokaiama
ウソだと思うなら自分で聞いてみな。
実際に病院に出かけた複数の人から直接聞いた話だ

@hanakomiyama
疑ってないよ。うちのママは、今年の初めに心筋梗塞で入院したよ@東京。
今まで心臓なんともなかったのに。甲状腺もやったよ。

---------------------------------------------

@onodekita
内部被曝だな。

@komatsunotsuma
風疹、止まらぬ猛威 11年の4倍、都市部で突出 
http://www.asahi.com/national/update/0910/OSK201209100002.html
2012年9月9日

---------------------------------------------

@tokaiama
日本の子供たちの未来にとって私は幼女少女たちの被曝を深刻に心配している。
被曝はまったく無症状のレベルで卵母細胞の遺伝子を破壊し、
長期間汚染地に住んでるだけで、すべての細胞遺伝子が壊れてしまう。
こうしてベラルーシでは25年後生まれる子供の95%が異常児になってしまった

@tokaiama
セシウムが生殖器官で被曝を与えやすいのは事実です。
セシウムそのものは人体に一様に分布しますが
ベルゴニー・トリボンドーの法則から
細胞分裂の活発な分裂ポテンシャルの高い細胞ほど
内部被曝の影響を受けやすく遺伝子が破壊されます。
主に精原細胞・卵母細胞です

------------------------------------------

「大気圏核実験で60年代に日本が浴びた放射能は福島から出たものより膨大」
というのは悪質な安全デマだった。
こんなにひどい!放射性降下物の月別推移グラフ

            ↓

『福島原発事故の規模は、国民が思っているより はるかに大きい』
(泣いて生まれてきたけれど)
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11353178976.html

------------------------------------------

@kiyomizu5
私だったら東京に住みません(カルディコット博士)ガン発症のリスク:
子ども達は、大人の10-20倍。胎児は大人の数千倍.
多くのエリア、福島県、その周辺、東京都、東京都南部でさえ、
高線量のガンマ腺が検出されています。http://t.co/ubJIUVGX


@Tanisennzo
⇒【年賀状販売下 “喪中の相談”急増】
葬祭業者が無料で相談に応じる東京・小平市のテレフォンセンター:
ことしも相談が急増していて最も多いのは親族が亡くなり
喪中はがきを出すべきかどうかを尋ねるケース
http://ceron.jp/url/www3.nhk.or.jp/news/html/20121107/k10013304421000.html


@AndreasDiego
111106 首都圏で福島エイズの症状。
「美容業を営んでおります。
今年の秋のイネアレルギー、お客様の
ほぼ8割に症状が見られました。
例年にはなく、今年初めて発症された方や、いつもは軽いのに
今年は症状が重い方ばかりです」
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/115.html


@ykabasawa
関東の企業の業績はこれからどんどん下がる気がしてならない。
テレビがやらないからと放射能による内部被曝のリスクも知らないまま、
危険食材も気にせず食べている。
疲れやすい、集中力が続かないなどの症状が積もり積もり、
パフォーマンスが頭打ち。そこに増税ですよ。多くの中小企業が潰れる。


@ohashimasaki
自分の生活空間が何百年も解決しない汚染に包まれてしまったときに
できるのは移住しかない。たとえそれが国や企業のせいだとしても、
彼らが何もする気がないのならば、身を切ってでも脱出しなければならない。
なぜなら、自分や家族の人生は一度きりしかないから。


@GO_WEST_PROJECTさんのツイッター
西日本への一時避難をお考えの方にとって役立つ情報です。
https://twitter.com/#!/GO_WEST_PROJECT




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この情報を拡散すべきだと思う方は
↓ このボタンをクリックしてください。
ランキングが上がって多くの人に読んでもらえるようになります。

にほんブログ村

以上は「泣いて生まれてきたけれど」より
今ではどこの斎場もいっぱいで順番待ちは常識になって来ています。そのためもあり葬儀は省略する直葬が40%もあるようです。それだけ亡くなる方が急増している証拠です。以上

エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき (1/8)

「原発のメリット? デメリットだらけの疫病神だ」
エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき
――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人

1
nextpage

日本原子力発電東海原発(廃炉中)と東海第二原発、その他の原子力関係の研究機関が多数立地する東海村で、2013年9月まで村長を務めていた村上達也氏。1999年9月に発生したJCO臨界事故では、日本で初めて周辺住民に避難指示を出し、その後も事故終息へ向けて取り組んだ経験を持つ。原子力関連産業を受け入れてきた立場にあったが、震災後は脱原発を積極的に訴えている。原発の酸いも甘いも知る村上氏に、原発を「重要なベース電源」とする方針を示した今の原発行政について、どのように考えるか話を聞いた。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン編集部 片田江康男)

この国はもう一度事故をやらないと
目が覚めない、情けないダメな国だ

むらかみ・たつや
1943年茨城県東海村生まれ。一橋大学社会学部卒業。常陽銀行ひたちなか支店長を経て、97年東海村村長に就任。13年9月、任期満了、退任。現在は脱原発をめざす首長会議世話人として活動。著書に『東海村・村長の「脱原発」論』(村上達也、神保哲生著、集英社新書)
Photo:DOL

――2013年末に公表されたエネルギー基本計画案で、原発は「重要なベース電源」とされています。東日本大震災で起きた福島第一原子力発電所事故の前の状態に戻りつつあります。どのようにご覧になりますか。

 この国は、まったくダメな国だと思う。原発事故が起きたことで、国民全体で脱原発という認識ができてきた。当然ながら国策として原子力をエネルギー政策の中心に据えてきた政府と事業者は反省して、新しいエネルギー政策を考えないといけないのに、それができていない。

 従来の利害関係にこだわって、元の形に戻そうというのは、まったく呆れたし、本当にダメな国だ。この国はもういちど原発事故をやらないと、目が覚めないんだと思う。情けない国だ。

次のページ>> 日本は、巨大な科学技術を持てるような、そんな国じゃないんです

以上は「diamond online」より

この方向が正しい考え方です。今の安倍政権の考え方は狂っています。取り巻きの御用学者も悪いのです。日本民族が消滅します。  以上

2014年3月25日 (火)

3月24日夕刻、地震雲?発生

@TAMA2dayo                                  4 時間           

今日夕刻、東京都稲城市上空で地震雲らしき雲が発生。 地震学者の4月首都圏地震説が 当たるのでしょうか、、 関東圏の皆さん、一応ご注意を、、

橋本市長は新帝王・小沢一郎代表のもとで大きな働きをする

橋下徹前市長は2016年7月、自民党解党に向けて、新帝王・小沢一郎代表の下で大きな働きをする門出だ

2014年03月24日 06時30分06秒 | 政治
◆大阪市の出直し市長選は3月23日、投票が行われ、即日開票の結果、任期途中で辞職した地域政党「大阪維新の会」共同代表の橋下徹前市長=大阪維新公認、日本維新の会推薦=が、政治団体代表の諸派、マック赤坂ら3新人を破って再選した。今回の選挙は、大阪都構想をめぐる対立をきっかけとして行われた。投票率は、最低だった。
 しかし、大阪都構想をめぐる対立はともかくとして、今回の選挙は、日本維新の会の前途を暗示している。日本維新の会は、橋下徹前市長の「カリスマ性」にあやかって、「国会議員になりたい」というだけの「権力亡者」の集まりにすぎなかったことが、明々白々となった。大阪都構想に対して、橋下徹前市長の強い志を理解している者は、ほとんどいない。ここに橋下徹前市長の危機感と嘆きの病源がある。
◆石原慎太郎共同代表は、「老害」以外の何ものでもない。実はいまや完全に「死に体」である。安倍晋三首相の祖父・岸信介元首相に可愛がられ、米国共和党と米CIAに利用され、奉仕してきたにもかかわらず、米軍横田基地の返還ないし、日米共同利用を公約したため、米国に警戒された。米軍基地問題を唱えるのは、保守政治家にとって本来は、タブーであった。それをあえて破ったのである。また、「日本政府は、大変な借金をしているので、アメリカの国債を売却すべき」とか、「日本政府は隠しているが、数百兆円に上るともいわれている」とか、「アメリカへの配慮から、売却など話題にするのも封印されている」とか自らの著書で訴えてきた。
 反原発、米国債、米軍基地の3つの問題は、日本の政治家にとってタブーであった。このうち、米国債、米軍基地の2つの問題について、舌鋒鋭く発言したので、無事では済まされなくなった。一説には、米軍横田基地に連れて行かれて、「ひどい目」にあったという。ここで石原慎太郎共同代表の命運は尽きたのだ。
◆だが、今後の日本の政治のあり方について石原慎太郎共同代表は、深く洞察して、長男である石原伸晃環境相に、一つの重要な「遺言」を与えているという。それは、「私は、これが最後だから日本維新の会に行く。これから保守本流の政党ができるから、お前は、自民党に残れ。その時がきたら小沢一郎代表のところへ行け」ということであった。
 石原慎太郎共同代表は、一見ると、小沢一郎代表と仲がよくないという印象を持たれているけれど、本当は、「左に非ず」である。小沢一郎代表が、世界支配層(主要ファミリー)から「新帝王」に指名されていることを薄々感づいているらしいのである。
 世界支配層(主要ファミリー)は、橋下徹前市長について、「小沢一郎代表に頭を下げて許しを乞うてくれば、助ける」と言っている。
 これは、世界政府樹立を目指して、安倍晋三首相が、第1段階(2012年~2014年)で「環境づくり」を担い、その後の第2段階(2015年~2017年)、第3段階(2018年~2020年)を小沢一郎代表が担うことになっている歴史的使命と役割を石原慎太郎共同代表が、知っていることを意味している。
 これらの現象は、自民党が1955年11月15日に結党して以来61年にして、2016年7月の参院議員選挙を機に、「解党」して、新たな政治状況が生まれることを暗示している。

※Yahoo!ニュース個人
以上は「
より
一寸先は闇の政界ですから、真相は分かりません。要は国民にとりより良い政治をしてくれることを望むところです。戦争よりは平和を取ります。               以上

今回の問題は欧米対ロシアという構図よりも、プーチンによる欧米覇権文化への挑戦である

「今回の問題は、欧米対ロシアと云う構図だけで見つめるのは近視眼であり、プーチンによる、欧米覇権文化への挑戦と云う枠組みで観察する必要性を強く感じる。」(あいば達也)

日経モスクワ支局の記者の視点は…、
(プーチンの今回のクリミア編入が)「政権基盤を強固にし、2000年から続く「プーチン体制」をさらに長期にわたり盤石にする狙いだ」というもの。
これはまことにズッコケた、というか、何も分かってない!というか、歴史の大きなうねりと国際政治が転換期に入った!(覇権の移動)という視点が欠けている。

そこへいくと、あいば達也氏の視座は流石でまことに冴えている。
「今回の問題は、欧米対ロシアと云う構図だけで見つめるのは近視眼であり、プーチンによる、欧米覇権文化への挑戦と云う枠組みで観察する必要性を強く感じる。」

そういうことなのだ。
欧米流の「利権収奪を狙う植民地主義」に対抗する「民族自立・自決主義」を実現することを、プーチンは本気で推進しはじめた。

然り!
「民主主義」を掲げながらも、実質は、暴力とテロと圧政でもって「後進国」を植民地化してきた欧米流の民主主義に対抗する「後進国ロシアの民主主義」のほうが本物!という時代が始まったのである。
(飯山一郎)

aiba_201310162006432c7.jpg

●ウクライナ問題を通して見えてくる、欧米文化圏の不遜傲慢支配のゆくすえ
2014年03月19日

 案に相違して、プーチン大統領が一気呵成の道を選択した。まぁ、この選択肢もあったわけで、以下の日経の記事のように、長期政権を睨んだ選択と云うよりも、現時点のロシア輿論を重視し、欧米勢力に対抗する道を選んだのだろう。強いロシアの復権は、プーチンの理念でもあったわけだし、現在のウクライナ暫定政権に、なんら民主的正当性がないことも、追い風になったという事だろう。国際法上云々でも理論武装が出来ているので、対抗し続ける選択になったのだろう。謂わば、安倍が目指す「戦後レジームからな脱却」の本家版と言える。ただ、プーチンは21世紀型を睨み、安倍は戦前回帰を睨んでいる点で、天と地ほどの相違を見せる。
 その選択が、正しかったと云う検証は歴史の中で行われるだろうが、今度はウクライナ東南部も奪われる、欧米諸国は口々に言い出す始末である。うっかりすると、ウクライナ全土をロシアが支配下に置く杞憂までし始めているのではないだろうか。アメリカの裏介入と云う最近の世界攪乱行動に楔を打つ意味でも有意義なプーチンの決断である。沈没する船から、真っ先に逃げ出すのが、現ウクライナ暫定政権の面々であったら、お笑い種である。姑息なバレバレな介入手段で、何をNATOは得ようとしたのか。アメリカ共和党ネオコンが民族主義ネオナチを利用し、キエフ騒乱を演出し、途中からオバマが抜き差しならない状況に追い込まれ、急遽の一策が電話で相談しようよでは、アメリカの凋落の象徴のようでもある。

 オバマやメルケルの右往左往は、昨日の野田佳彦叩きではないが、あのドジョウ男が右翼騒乱男・石原慎太郎の放火に慌てふためき、ガソリン入り消火器を振り回し、尖閣国有化しか道はないと思った罠とよく似ている。ダメな人間とか、国力が落ち目な国が、過去の幻影に捉われて、ミスにミスを重ねているように見えるのは、筆者だけか?この調子だと、中国の覇権意識も勢いを得るだろうし、他の多くに地域における民族独立の動きも活発化しそうな按配だ。


≪ 編入強行、米欧を無視 プーチン体制強化狙う
 【モスクワ=石川陽平】ロシアのプーチン大統領が18日、ウクライナ南部クリミア半島の編入を表明、編入の条約にも調印した。かつてロシア領だった同半島の支配回復で政権基盤を強固にし、2000年から続く「プーチン体制」をさらに長期にわたり盤石にする狙いだ。米欧の旧ソ連圏への勢力拡大に不信感を募らせるプーチン氏が、親ロ派住民の多いウクライナ東・南部に介入を拡大するかが次の焦点となる。
 「国際法ではなく、武力の法則に従うことを好む」。プーチン氏は18日の演説で、米欧が軍事介入でアフガニスタンやイラクを混乱させたと厳しく非難した。だが、半島全域に軍を展開したロシアも同じような行動をとり、米欧の警告を無視して一気に条約にまで調印した。
 ロシアは周到にクリミア半島の分離・独立を準備していた。欧米の複数の軍事筋によると、3月初めまでにクリミア半島全域に展開したロシア軍は精鋭の特殊部隊や軍情報機関の精鋭部隊が中心で、親ロ派の地元の自衛部隊を隠れミノに、衝突を避けながら素早く半島を掌握した。
 プーチン氏がクリミア編入を決断した最大の理由は、米欧への強い不信だ。同氏はウクライナで親欧米勢力による政変を資金支援し、実現に導いたのは米欧 だったとみる。4日の記者会見でも、リトアニアやポーランドなどの拠点で「(欧米の)指導官が(親欧米派過激グループを)訓練した」と批判した。
 プーチン政権が恐れるのは、親欧米派の政変がロシアにも押し寄せることだ。政権に近い政治評論家セルゲイ・マルコフ氏は、米欧の最終目標は「プーチン氏を打倒し、ロシアの戦略的利益を西側に売り渡すかいらい政権の樹立だ」と指摘。政権の不安を映し出した。
 プーチン氏は国内の都市部で起きた「反プーチン・デモ」も欧米が支援したと批判してきた。今回のクリミア編入の背景には、欧米によるロシアと旧ソ連圏への勢力拡大を阻むことで、18年の次期ロシア大統領選での自身の再選か、側近候補の勝利に道筋を付ける思惑がある。
 ロシアの世論調査によると、保守層が多いロシア国民の約8割がクリミアの編入に賛成した。ロシアでは欧米に屈しない強い指導者を求める国民感情も強い。「欧米の侵略」という神話が冷戦後も根強く残り、支配エリートも利権維持へ対米強硬論を支持する。
 今後の焦点は、プーチン氏がウクライナ東・南部への介入拡大に踏み切るかどうかだ。東・南部では、親ロ派住民が連邦制など自治権拡大を求める大規模なデ モを相次いで起こしている。衝突で多数の死傷者が出れば、ロシアが住民保護を理由に介入に乗り出す可能性が高まってくる。
 プーチン政権は今後も軍事介入の拡大をちらつかせて新政権を揺さぶり、欧米の勢力拡大を押しとどめる考えだ。新政権に対し経済的、政治的圧力を強め、中長期的に親ロ派政権の樹立を目指す戦略。クリミア編入と介入拡大の「脅し」が、最終的にロシアとの利益と判断している。 ≫(日経新聞)


 以上が日経の記事だが、内容は希薄なもので、西洋(欧米)的価値観こそ「善(真理)」の心理で物事を評価している。筆者は、この欧米価値観の世界支配に齟齬が明確に表れているとみている。堂々の軍事力による支配から、グローバルマネーによる、世界淘汰戦略はアメリカの、体力の限界から生み出された、悪賢い狐の戦略だともいえるだろう。インテリジェンスとマネーが世界を席巻する。その為には、人類の生きざま(哲学・文化・風習等々)や、民族の自立の心も、マネーと悪知恵と科学(欧米文化)に傅くべきだと云う傲慢な思い上がりから生れている。

 欧米各国のロシア包囲網が、中国の覇権主義や世界各地で燻る民族独立の動きを抑制(抑圧)する唯一の手段なのだから、何をしても許される(免罪符)、キリスト教の、祈りや善行を行うことで、過去の罪はチャラになる「免罪符(免償符)」の教えなのだから、正しいのだと云う欧米キリスト教圏の、傲慢な思い込みの思想の延長線にある。この思い込みな「善」が、海洋国家覇権に受け継がれ、世界支配が続いたわけだが、その時代が永遠に続くと云う信心が、欧米各国の傲慢を呼んでいるわけだ。

 欧米メディアはロシアの経済は早晩干上がると喧伝しているが、筆者はそれがプロパガンダである可能性は、かなりあると認識している。ロシアとEU各国の経済的ダメージが6対4であっても、その国家的影響力は、4対6に変わり得るものだと認識している。幸か不幸か、ナショナリズムと耐乏生活を何度となく経験しているロシアと、戦後右肩上がりの生活に親しんだ人々では、経済的ダメージに対する免疫力に絶対の差が生まれると考える。また、今回の問題は、欧米対ロシアと云う構図だけで見つめるのは近視眼であり、プーチンによる、欧米覇権文化への挑戦と云う枠組みで観察する必要性を強く感じる。
以上は「文殊菩薩」より
従来の英米主導の世界から、ロシア・中国主導の世界への転換点となりそうです。まだまだ紆余屈折はあると思われますが歴史はその方向に流れています。日本はどちらに入るのか転機にあります。                       以上

 

直径1メートル以上のヒヨウが降ったエリトリアの光景

2014年03月18日


直径1メートル以上のヒョウ(というより氷爆弾)が雨あられと降り注いだエリトリアの光景を見て思う「母なる自然の最後の勝敗」


雹(ヒョウ)の嵐が過ぎ去った後のエリトリアの首都アスマラ

eritrea-bighail.jpg

▲ 2014年3月14日のエリトリアの政府系新聞 Hadas Eritrea より。





エリトリアという、初めて知ったような気がする国の出来事から

上の白い塊はすべて降って来たヒョウだそうで、「降った」というより「落ちてきた」とか、そのような感じの何だかもうスゴイ光景ではあるのですが、この壮絶な出来事を最初に知ったのは、英国の BBC の報道からでした。

Eritrea: Hail storm dumps metre of ice on capital
BBC 2014.03.14

er-tv.jpg

▲ エリトリアのテレビ映像より。


エリトリアの首都アスマラにメートル級のヒョウが空から放り投げられた

奇妙な暴風雨がエリトリアの首都アスマラを襲い、おそらくはその地で記録されたものとしては最大の1メートル級のヒョウが降り積もった。

政府系新聞ハダスエリトリアが報じた。

嵐は 90分間続き、ヒョウが降り落ちた市内は氷で完全にブロックされた。地元テレビでは、水で埋まった道路と、氷につぶされた自動車の姿などの映像が流されている。

BBC のケニア・ナイロビ支局のジャーナリストによれば、この時期にヒョウが降ったことはあると思われるが、今回の嵐の強さと、そしてこのヒョウに住民たちは驚いているという。

アフリカ大陸の隅に位置するエリトリアは、2月から4月は雨の少ない時期(現地で「 belg 」と呼ばれる)で、 6月から 9月までが雨季となる。エリトリアの年間平均降水量は 61センチメートルだ。


以上が BBC の報道です。

エリトリアの「降水量 61センチメートル」というのが多いのか少ないのかよくわからなかったですので、比較として、東京の降水量を見てみますと、東京の年間平均降水量(1981年 - 2010年)は 126センチメートルくらいのようです。


ちなみに、トップの写真の記事が掲載されているエリトリアの政府系新聞は、写真下のリンクから PDF でダウンロードできますが、エリトリアの公用語の「ティグリニャ語」という、ちょっと対応不可の言語で書かれていますので、読むのは無理そうです。

haz.jpg

ハダス・エリトリアの紙面のトップページ。全部で12ページでした。


erilan.jpg

▲ エリトリア公用語のティグリニャ語。 Google 翻訳にもありません。


それにしても、このエリトリアという国。
まず場所からしてわからないのですが、下の位置にあるようです。

map_eritrea.gif

アフリカ大陸基本情報より。



この国がどんな感じの国なのかというのは、まあ、いろいろな側面があるでしょうけれど、下のような面もあるようです。

eri-ken.jpg

▲ 2012年5月3日の ロシアの声「世界で最も検閲が厳しい国」より。


上の記事によりますと、世界で最も検閲が厳しい国は、

1位はエリトリア、2位は北朝鮮、3位はシリア。続いてイラン、赤道ギニア、ウズベキスタン、ミャンマー、サウジアラビア、クウェート、ベラルーシ。


だそうです。

しかし、遺跡や自然など、観光的な場所も多い国のようです。





タイでも特大のヒョウが

ヒョウといえば、昨日、タイの東北地方でも、「巨大なヒョウ」が降ったことが報じられていました。

th-hail.gif

▲ 2014年3月17日のタイ MCOT より。


タイ東北部にあるルーイ県という場所で、ゴルフボール大のヒョウが降り続け、400世帯の家屋が被害を受けたとのこと。

中には、上の写真のサッカーボールほどもあるヒョウも降ったようです。写真では持っている人たちは笑顔なのですが、地元の方々は、上のようにヒョウを集めて楽しんだのだそうです。

「ムチャクチャに家屋に被害が出ているのに、まずは遊ぶ」というあたりはタイ人らしいということもありますが、何となく、これからの世の中の「生き方」をタイ人たちが教えてくれているような気もします。


そういえば、つい最近、インドでも降りました。




インドの雹

実は、3月に入ってから、インドのいくつかの地域では、「ヒョウがやたらと降る」ということが続いていて、死者も多数出ています。

india-hail-01.gif

▲ 2014年3月13日のインド英字紙 Indian Express より。


下の写真はヒョウが降り積もった農地で、非常に大規模な農作物被害を受けたことが、その後明らかになってきました。

crop-main.jpg

▲ 2013年3月18日の Indian Express より。


上のヒョウ被害の後、農民二人が、被害を悲嘆して自殺してしまうという出来事も地元メディアで報じられています。





大雪もまだ続いている

ヒョウの話が長く続きましたけれど、アメリカなどでは、首都のワシントン DC などで、まだ記録的な雪が降っているようです。下の写真は昨日 3月 17日の光景です。

snow-dc-201403.gif

▲ 2014年3月17日の米国ワシントンポストより。


この大雪により、連邦政府機関は閉鎖となったそう。

ちなみに、3月 17日は、アメリカでは「聖パトリックの祝日」という日だそうで、 Wikipedia によれば、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックという人の命日で、カトリックにおける祭日だそうです。今年は大変に珍しい「大雪の中の聖パトリックの祝日」となりました。


大雪といえば、インドのカシミール地方でも大雪が続いているのですが、雪に家がつぶされ、車もつぶされ、次第にどうにもならないほどの被害となってきているようです。

600棟の家が雪により倒壊したカシミールの村

Kashmir-Snow-Fall.jpg

▲ 2014年3月14日の Pakistan Ka Khuda Hafiz より。


日本は(今のところ)比較的穏やかな気候ですけれど、世界的に見れば、気候はさらにひどく荒れている感じがします。





母なる自然がおこなったこと

今回は気候の関係の記事のご紹介が中心でしたけれど、昨日の毎日新聞に、

温暖化:今世紀末6.4度上昇 洪水被害、年6800億円
毎日新聞 20014.03.17

という記事がありました。

それを見て「ああ、まだ地球温暖化という言葉は生きているのだなあ」と、むしろ妙な感慨を覚えながら、世界各地のヒョウと暴風雪の光景を眺めたりしていました。


そして、上の記事の見出しを見ていて、先日、カナダで起きた出来事を思い出しました。

地球温暖化の講演が大雪で中止になった」というものです。

ondan.gif

▲ 2014年3月14日の Patriot Post より。


以下のような記事でした。

気候の皮肉

カナダ・ケベック州マギル大学の生物学教授キャサリン・ポトヴィン博士( Catherine Potvin )が、3月12日にオンタリオ州のウィンザー大学で開催する予定だった地球温暖化に関する講演のスケジュールに、母なる自然から「偉大な皮肉」が投げつけられた。

講演会で博士は、熱帯地方での森林破壊と、工業化による気候の温暖化での荒廃についての集中的な議論をおこなう予定だった。

しかし、当日のオンタリオ州は記録的な大雪に見舞われ、「地球温暖化」の講演は中止に追い込まれた。

さらに皮肉なのは、この日の暴風雪の積雪が市の積雪量の記録を更新したことだ。

母なる自然はいつも結局勝つ。



この最後の「母なる自然はいつも結局勝つ」は、原文は、

Mother Nature always gets the last laugh.

とあり、「 last laugh 」というのを「結局勝つ」として、やや違うニュアンスかもしれないですけれど、いずれにしても「大自然の真実は負けない」というような意味でこのニュースは締めくくられていました。


これからの世界・・・。


先はわかりませんが、現時点では厳しい「雪や氷やヒョウ」の被害が世界各地を襲っています。

以上は「IN DEEP」より
1メートルとは大きいものです。人間に直撃したら即死になるでしょう。ほんとに信じられない現象です。                                以上

東京都葛飾区で毎時5..35マイクロシーベルト

東京都葛飾区で毎時5.35マイクロシーベルト!江戸川区の下水処理施設から2360ベクレル!東京都目黒区の掃除機からも1155ベクレル検出! new!!

20140312131902katusikaku01.jpg
政府は「東京の放射能汚染は大した事がない」と言っていますが、実際にはチェルノブイリの避難区域に匹敵するほどの放射能が検出されています。2014年3月10日に行われた東京都葛飾区立飯塚小学校付近での放射能測定によると、道路脇の植え込み付近から最大で毎時5.35マイクロシーベルトもの放射能を検出しました。

また、東京都が公開している「下水処理における放射能濃度等測定結果」でも、江戸川区の下水処理施設の汚泥焼却灰からセシウムを合計で2360ベクレルも検出しています。こちらの検査では一部から放射性ヨウ素も検出されており、現在進行形で放射能が降り注いでいることを裏付けていると言えるでしょう。
ちなみに、ヨウ素は今年に入ってから検出量がやや増加しています。福島県の放射能測定も似たような結果なので、福島原発由来の放射性物質である可能性が高いです。

他にも「みんなの測定所・ふじみーる」が関東各地の放射能を測定してみたところ、東京都目黒区の掃除機ゴミパックからもセシウムを合計で1155ベクレル検出しました。東京湾などでも現在進行形で高い放射能が検出されているので、このような場所でオリンピックを開くのは無理があると私は思います。
特に東京の東北方面はかなり濃い放射能汚染が発生しているので、そのエリアに住んでいる方は放射能には注意が必要です。


☆2014/3/10 東京都葛飾区立飯塚小学校
)

☆葛飾区立飯塚小学校
URL https://www.google.co.jp/maps/place/%E8%91%9B%E9%A3%BE%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E9%A3%AF%E5%A1%9A%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1/@36.1061099,139.9790274,8z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x5f13f4a7776e641b

20140312131827katusikaku.jpg

☆下水処理における放射能濃度等測定結果 試料採取日2月13日~25日汚泥焼却灰
URL http://www.gesui.metro.tokyo.jp/oshi/infn0807.htm

20140312131628suidou.jpg

ナチスと安倍政権

ナチスと安倍政権:赤川次郎さんが類似性を指摘/「禁じられた大人の遊び」
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/836.html

投稿者 gataro 日時 2014 年 1 月 04 日 09:05:16: KbIx4LOvH6Ccw

 

   



2013年9月27日金曜日

ナチスと安倍政権:赤川次郎さんが類似性を指摘


 『図書』誌、2013年10月号 p. 48 に掲載の「禁じられた大人の遊び」というエッセイで、作家の赤川次郎さんが、「ナチスの手口に学べという麻生副首相の発言は、原発事故に匹敵する『大惨事』」と呼んで、ナチスと安倍政権の類似性を指摘し、安倍政権を鋭く批判しています。

 赤川さんは、まず、ナチスの占領下のフランスで作られたナチスに協力的なヴィシー政権が、フランスの国是「自由・平等・博愛」に替えて「労働・家庭・祖国」をフランスの目標にしたが、このヴィシー政権の三つの柱は、そのまま安倍政権の目指す「美しい日本」に重なる、と述べています。

 次に赤川さんは、ヒトラーが経済的苦境への人々の不満を吸収して人気を高め、暴力への恐怖で人々を黙らせた点でも、「アベノミクス」という内容のない言葉で支持を受けた安倍政権はよく似ているとし、「人々を黙らせる」を思わせる、選挙演説中のプラカード没収事件についても述べています。

 上記の事件について、インターネットで検索してみると、2013年7月14日付け『東京新聞』朝刊「こちら特報部:ニュースの追跡」欄の「首相の考えを聞けないの? 参院選演説で聴衆のボード没収」と題する記事で報道されていたことが分りました。その記事のリード部分は次の通りです。

(続きを読む ⇒ http://foa9.blogspot.jp/2013/09/blog-post_27.html?spref=tw

   

 

     

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 

   

               
コメント
 
01. 2014年1月04日 09:54:14 : AVoYERExno
ハイルヒットラー;麻生太郎。

漢字も読めない馬鹿麻生に手を焼くな。
ヒットラーの政治手法で国民を欺けとは、許されん政治家だ。
吉田茂 売国奴政治家の孫だから馬鹿は仕方ないか?

麻生が、畑の違う宏池会出身だから不思議。
やはり、池田勇人が吉田茂の部下だったからかな?

米国に移住されること望みます。


    
02.  S.T 2014年1月04日 10:06:58 : TNEHs1z1b5edM : RNcqAH3jIw
プロパガンダは「ヒトラーの予言」を読めば実感出来るでしょう。
とくに下記の部分。

====================================
ヒトラーの予言 より
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha801.html
作成 2000.6

(部分転載開始)
●ところで、シュタイナーは晩年、「偽りへの衝動」について繰り返し警告を発していた。

シュタイナーは、これからは、ありとあらゆる「常套句」「スローガン」「嘘」あるいは「空虚なフレーズ」が社会にはびこることになるだろう、と予言した。人々は初めはその「見え透いた嘘」を笑うかもしれないが、やがて感覚が麻痺して、その中に取り込まれてしまうだろう。実際すでに多くの人々が、優れた人々さえも、そのような「空虚なフレーズ」を知らず知らずのうちに受け入れてしまっている、とシュタイナーは言った。

後のナチス政権が宣伝を巧みに用いて大衆を煽動したことを考えると、シュタイナーの警告が妥当であったことが実感できる。

そして、この警告は現在の我々の社会にも当てはまるといえよう。

(部分転載終了)====================================

気になるこういった予言の部分もある。

(部分転載開始)====================================
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html#05

ヒトラー率いるナチス・ドイツ軍は1939年9月1日午前5時、ポーランドに侵入して第二次世界大戦を起こしたが、実は、その前夜に、ヒトラーは側近にこう語っていたという。

「明日は輝ける魔の日だ。自分だけに許された“定めの日”だ。将来、この日、この時刻にまた大戦を起こそうとする者が東アジアに現れるだろうが、自分以外の誰もこの日を所有できない……」

(部分転載終了)====================================

日本なら日本と言うだろう。
日本の名前は出ていたので、ここだけボカしても意味が無い。
ただ、証言を出した人物が日本と言わずに「東アジア」と言ったのかは解らない。
でも言えるのは、明らかに「政治の乱れや緊張が生じる」事で国家間の不信を利用し仕掛ける国家が戦争というどさくさにまぎれて富国強兵を目指す意味なら、北朝鮮の可能性が強くなる。
しかしいずれにせよ、戦略はうまく進まないと言う意味なんでしょうね。

最後に言っておきますが、これはヒトラーの予言と言われている内容なので、この通りになるというものではありません。
こう書かないと「理解能力」のない人がデマだ!って言うでしょう。
ヒトラーの予言を聞いた人にインタビューし、こうして公開されている話なのでお間違えの無いように。

ただ、「偽りへの衝動」は安倍総理のフレーズをよく思い出して欲しい。


    
03. 2014年1月04日 11:33:29 : KJSEn7PoKM

 そろそろ日本から半島人を追い出そうではないか!

    
04. 2014年1月04日 13:30:55 : ovUVnyHD3M
それにしても「地球儀外交」という言葉を聞くたびに
チャップリンの「独裁者」でチャップリン扮する独裁者が
地球儀と戯れるシーンを思い出すな

    
05. 2014年1月04日 20:15:26 : FfzzRIbxkp
聴衆のボード没収は、もっと知ってほしいですよね。

選挙演説は有権者へのアピールなのに、その有権者(女性!)の持ち物を男どもが取り囲み暴力を使って奪い取ったのですから。

安倍政権は、
国会事故調の報告書の中身そのものに見えませんか?
日本の独特な利害関係と、規制の虜。特定秘密保護法は規制の虜そのものです!
原発事故から何も学んでいません。反省もしてません。
これじゃあ、原発事故は起こるべくして起きた。そして再び起きます。

まさに次の事件・犯罪・災害を準備しているのが安倍政権ではありませんか。

まさかのループかも。311を準備したのはもしかして。

自衛隊のHPから、2011年3月以前の訓練内容の記録が消えました。

情報が消えても、命を奪った罪は消えない。絶対に。


    
06. 2014年1月05日 09:14:40 : p2rcSIjvFU
国民に中国、韓国に対する不満が高まっている。
マスゴミ、評論家などにも。
ヒトラーがどうのと言う前に、その国民の不満を解消してくれ。
経済以上に、日本人としてのプライドが、ズタズタにされているのではないのか。


    
07. 2014年1月05日 09:18:04 : Fx0MAc3H3s
プラカード事件って
バカな安倍につくと回りの人間もバカに感染する!
って証拠でしょ(笑)

安倍信者みたいに
バカにはなりたくないから自分の頭で考えよう!っと


    
08. 2014年1月05日 12:26:46 : MpRo6xc3kk
同意

しかし、あれから70年たっても同じ手法で同じように
ダマされる我が国の民度に涙


    

  拍手はせず、拍手一覧を見る

以上は「阿修羅」より

嘘を平気で言うところはそっくりです。平成のヒトラーにされて利用され捨てられる運命なのです。ドイツのヒトラーも利用されていたのです。ユダヤに利用されていたのです。今の安倍政権も同じように利用されているだけです。「アンネの日記」破り事件などがこの時期に起きているのも気になります。暗示されている事件に思われます。 以上

オバマのTPP交渉担当官、大銀行から莫大な賞与を受領

オバマのTPP交渉担当官、大銀行から莫大な賞与を受領

オバマのTPP交渉担当官、大銀行から莫大な賞与を受領

公開日時: 2014年2月18日、17:12

Russia Today


ステファン・セリグ(ロイター / Mike Segar )

ホワイト・ハウスが大宣伝をしている、激しく論争されている貿易協定は、承認されればアメリカ大企業に広範な新たな権限を与えるものと予想されている。新たに公表された文書によれば、巨大銀行は現在この協定を画策している幹部に何百万ドルも支払った。

調査ジャーナリストのリー・ファングは、今週火曜のリパブリック・レポートで、ホワイト・ハウスに成り代わって、環太平洋戦略的経済連携協定で仕事をする為に転職した二人のバンク・オブ・アメリカやシティー・グループ元高級幹部が、何百万ドルものボーナスを得たことを報じている。

環太平洋連携協定TPPは、激しい論争の的となっている、アメリカと太平洋周辺の11ヶ国との間の貿易協定で、そうした諸国の代表によって極秘裏に交渉されている。しかし、漏洩したTPP抜粋や、ニュースをしっかり追っている専門家達の解説によれば、この協定は、大企業が外国の法律に反対することを可能にし、同時に、各国政府がこうした組織を規制する能力を限定するものと考えられている。

アメリカ合州国に本拠を置く二大金融企業が、バラク・オバマ大統領の目を引き、その後、TPP交渉に直接関与する職を与えられた元幹部達に膨大なボーナスを支払ったと、ファングが火曜に書いている。

元バンク・オブ・アメリカの投資銀行行員ステファン・セリグが、11月に、オバマ政権る加わるよう指名された後、900万ドル以上のボーナスを受け取ったことをファングは確認している。また、現アメリカ通商代表のマイケル・フロマンは、ホワイト・ハウスで働く為に、2009年に退職した際、シティー・グループから400万ドル以上を受け取った。リパブリック・レポートは、ファングの記事に含まれている金融情報公開によってこうした統計を入手した。

昨年11月、ホワイト・ハウスから、商務省の仕事、国際通商局のトップにならないかと、セリグが尋ねられた際、ニューヨーク・タイムズ“オバマ政権による、ウォール・ストリート銀行家の指名という稀な例”だと書いた。もし彼が、予想通り上院に承認されれば、直接、TPP最終形態の案出するアメリカ通商担当職員と仕事をすることになる。フロマンは昨年6月以来、アメリカ通商代表を勤めており、役所の公式ウェブサイトにある彼の履歴によれば、TPP論議を直接監督している。

ファングは、それ程多額のボーナスも、ウォール・ストリートでは決して並外れたものではないと、レポートで書いている。

公共政策に影響することに強力な誘因を持った多くの大企業は、元幹部が政府内の仕事に着いた場合、ボーナスを与えたり、他の奨励金をし払っている”と彼は書いている。

しかし、TPPは大企業や金融業界に深刻な影響を与えるものと予想されており、セリグとフロマンの任命は、既に広く議論されている貿易協定に対するウォール・ストリートによる影響の可能性に関する新たな疑問を引き起こす。

論争の的になっているTPP貿易協定は、彼等の事業利益を損なうと彼等が主張する法律や規制に対して、政府補償を要求して、臨時裁定機関に各国政府を訴える新たな権限を大企業に与える条項が入っている為、活動家をいらだたせた”とファングは書いている。“パブリック・シチズンが作成したファクト・シートは、国内裁判所や現地の法律を回避する為に、多国籍企業がTPP協定をどれほど利用する可能性があるかを説明している。協定は、期待される将来の利益を損なうと彼等が主張する、タバコ、処方薬や環境保護規制に対し、大企業が補償を要求して、政府を外国裁定機関に訴えることを[可能に]するだろう。”

アメリカの協定は、あらゆる種類の資金が、自由に国境を越え、遅滞なく動けるようにするのを命じるのみならず、TPPのような協定では、国家(つまり規制当局)が訴訟を起こすかどうか決めるWTO的制度と対照的に、民間投資家が、規制をする政府を直接訴えることを可能にする”とボストン大学のケビン・ギャラガー準教授はファングに語った。

WikiLeaksが昨年、TPPの一章の草稿を公表した際、秘密性に反対する団体が警告した。“主権ある国家の裁判所がそれに従うことが期待されていながら、人権セーフガードが皆無の超国家的裁定機関をも含む、具体的施策が提案されている

連中がこれを秘密にしているのも不思議ではない”とインターネット起業家のキム・ドットコムが当時、RTに語っていた。“アメリカ大企業ロビーイングによる何と悪辣な代物だろう 。TPPはアメリカ大企業による世界支配が狙いだ。他の何者でもない。

先月ハフィントン・ポストが入手した漏洩メモは、TPP論議に参加している他の環太平洋諸国11国による国際的な支持を、アメリカがほとんど失っていることを示唆していた。

記事原文のurl:rt.com/usa/tpp-fang-big-banks-577/
----------
メダル獲得、素晴らしいことだ。行方不明のダイバーの多くが助かったのも良いことだ。
しかし、そのいずれも、小生のような庶民生活には、悪影響も、好影響も与えないだろうと、何でも自分の利害・健康に換算する下衆なメタボ男は考える。大本営広報部は、メタボ老人のことなど頭にないのだから、自衛の発想、やむを得まい。

大本営広報部が「訪米交渉中」と報じるTTP、あるいは都知事選の間、徹底的報道管制を行なった、国家戦略特区、岩盤規制撤廃は、圧倒的多数の庶民生活に、ほぼ未来永劫、深刻な悪影響を与えるのは確実だ。発案・推進している連中を見ればわかる。

大本営報道最大の特徴、大事な話題は徹底的に隠すか、歪曲して伝え、そうでないものばかりを何度も繰り返し、大事なものごとを隠した洗脳報道をすることだろう。報道時間の長短、記事面積の大小は、その庶民生活に対する悪影響と反比例する。メタボ・カモ発案のマスコミ鉄則。麻生副総理のおっしゃる通り、気がつくと素晴らしいファシズム属国が成立していることになる。

近くのスーパー、野菜の数は減り、価格は高騰している。株価格や金価格には余り縁はないのだが。

TPP成立後、あるいはTPPの代りに、本来の狙いの「アメリカ日本自由貿易協定」が成立すれば、そういう状況が、日常茶飯事になるかもしれない。

野菜の価格にととまらず、日本の医療、教育を含むあらゆる制度の崩壊。与党政治家、大企業トップ、司法、マスコミ、労組等は、既に崩壊状態と言っても良いだろう。

1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故から数年後、1991年12月25日、ソ連は崩壊した。原発事故と、アメリカによる画策が功を奏したのだろう。しかし、今も強力な攻撃をうけながら、再度、独立を回復し、保っている。

数年後、世界の歴史本にこういう記述が載るという発想、妄想であって欲しいもの。

2011年3月11日の福島原発事故から数年後、独立国風の日本は消滅した。原発事故と、アメリカによる完全属国化の画策が功を奏したのだろう。

« アフガニスタン:去ったソビエト社会主義共和国連邦、留まりたがるアメリカ | トップページ | 攻撃にさらされているロシア »

TPP・FTA・ACTA」カテゴリの記事

以上は「マスコミに載らない海外記事」より

TPPは完全な開国政策です。国境がなくなることになるのです。日本人にはまだ無理なのでもう少し時間をかけて徐々に開国することが必要です。それなりの準備が必要なのです。急激に開放すれば風を引き肺炎を起こして滅亡することになるでしょう。  以上

「NSAの通信収集は違憲」米上院議員が提訴

「NSAの通話収集は違憲」、米上院議員が大統領らを提訴

2014年02月13日 18:35 発信地:ワシントンD.C./米国 【写真】 【ブログ】
「NSAの通話収集は違憲」、米上院議員が大統領らを提訴           

米上院で法案採決を前にスタッフらと話す共和党のランド・ポール(Rand Paul)上院議員(2014年2月12日撮影)。(c)AFP/Saul LOEB

   

関連写真1/1ページ(全1枚)

【2月13日 AFP】米国のランド・ポール(Rand Paul)上院議員は12日、米国家安全保障局(National Security AgencyNSA)による通話記録収集が合衆国憲法修正第4条に違反するとして、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領らを相手取りワシントンD.C.(Washington D.C.)の連邦地方裁判所に訴訟を起こした。議員らは訴訟を通じて、NSAによる通話記録収集の秘密プログラムを止めさせることを目指している。

 2016年大統領選挙の共和党候補の一人に数えられているポール議員は、「電話を所有している全ての米国人」を代表して、保守派による草の根運動ティーパーティー(Tea Party、茶会)と共にこの「歴史的な」民事訴訟を起こしたと述べ、同様のものとしては過去最大規模の集団訴訟になる可能性もあると表現した。

「人々は容疑なく、裁判所の令状なく、そして個人の特定なく、自分たちの通話記録が収集されていることに強い怒りを示しており、この国では非常に大きく、かつ広がりをみせる抗議のうねりがある」と、ポール議員は両手に携帯電話を掲げながら、連邦地裁前で記者団に語った。

 原告側は、NSAによる市民の「メタデータ」の収集が憲法修正第4条に違反しているとして、連邦最高裁まで争う考えでいる。被告はオバマ大統領、ジェームズ・クラッパー(James Clapper)国家情報長官、キース・アレグザンダー(Keith Alexander)NSA局長、ジェームズ・コミー(James Comey)米連邦捜査局(FBI)長官。

「私はNSAに反対してないし、スパイにも反対していないし、通話記録を見ることにも反対していない」とポール議員は強調。「私はただ、あなたたち(当局者)に裁判所へ行き、特定の人物の名前を挙げ、令状をとるようにしてほしいのだ」と述べた。

 ポール議員によると、訴訟に加わる意志のある30万人の署名がすでに集まっているという。議員らは、メタデータ収集プログラムの中止と、これまでに収集した記録の破棄を目指している。

 訴訟を受け、米司法省は声明で「少なくとも15人の判事が判断したように、(米国愛国者法の)第215条に基づく通話メタデータ(収集)プログラムは合法であると確信している」と述べた。(c)AFP

50歳の旦那。すでに限界?医薬品原料メーカー/協和発酵バイオ

世界のおもしろ動画ニュースも公開中≪AFPBBNewsチャンネル on YouTube≫

関連記事

  • NSA、1日2億件の携帯メッセージ収集か 英報道

    2014年01月17日 09:55 発信地:ロンドン/英国

  • 米英、携帯アプリからも情報収集か 米紙報道

    2014年01月29日 16:05 発信地:ワシントンD.C./米国

  • オバマ大統領のNSA改革案、米世論調査の7割が不信感

    2014年01月22日 17:41 発信地:ワシントンD.C./米国

  • 以上は「AFP bb news」より

  • 崩壊状況の米国にもまだ正常な人も存在している証拠です。しかし結果は悲観的です。                                     以上

宇宙人からの伝言(最終回)

         FRB_201307302028467f7.jpg
                       FRB(連邦準備制度理事会)

         b91365339e.jpg
                             バチカン

終わりに

1日にも早くNESARA宣言をしてほしいと望んでいますが、そのためにはアメリカの
崩壊がなければ、新しいアメリカは生まれないようです。そして、日本も官僚組織が
壊れることが条件のようです。
そのために、日本は壊れることが条件のようです。
アメリカではすでに250行くらい銀行が破綻していますが、日本はまだこれからです。

2007年から始まったサブプライムローンの破綻による金融崩壊も、2008年のリーマン
ブラザーズの破綻で二幕目を迎え、2009年のドバイの国家破綻で三幕目を迎えました。
石油成金ドバイは観光で生き延びようと、超高級ホテルの建設のため、世界中から
資金を集め、日本のゼネコンも参加していました。

しかし、2008年のリーマンショックで建設が止まり、2009年支払い不能となったの
です。これによりアメリカドルは暴落しました。株も暴落しましたが、今は各国の資金
注入が持ちこたえ、新興国の成長で何とか一定水準を維持しているかの状況にあり
ます。FRB(連邦準備制度理事会)は外債の償還時期を迎えても、支払うことが難しく
なります。ドバイと同じように破綻宣言するしか道は残されていないでしょう。

FRBが破綻すれば、バチカンも破綻します。バチカンはすでに破綻状態になってい
ます。アメリカからの献金が入ってこなくなっているのです。資金のやりくりが
できなくなり、バチカン銀行の頭取が枢機卿から銀行側に変わりました。
銀行側は資金繰りのため、手持ちの銀行を売却しました。アンブローシア銀行を
手始めに、サンパウロ銀行なども手放しました。映画「ザ・バンク」はこの有り様
を描いたものです。

バチカンが破綻すれば英王室も共倒れです。やはり、三幕目は大きな見せ場となる
ことでしょう。「黄金の国・ジパング」は、四幕目のどんでん返しで登場するよう
です。
果たして最後のフィナーレはどんな場面が用意されているのでしょうか。 

 地球の金は宇宙から 起源は「中性子星の衝突」?

  

地球上に存在する金は、はるか昔の宇宙で起きた天体の衝突から生まれた・・。
大量のガンマ線を放出する「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象の発生源を科学者が
探る中で、そんな研究結果がこのほど報告された。ハーバード・スミソニアン天体
物理学センターのエド・バーガー氏らのチームは先月、ガンマ線バーストを観測。
ガンマ線バーストが起きた位置は地球からの距離は39億光年と、これまでに観測
された中で最も近い部類に入る。

バーストの持続時間は0.2秒にも満たなかったが、その後しばらくの間、赤外線
などを含む「残光」が観測された。研究チームは残光を、一生を終えた星の残がいで
ある「中性子星」同士の衝突で放出された物質が、放射性崩壊を起こす際に発した
赤外線とみる。バーガー氏は、残光の観測が「ガンマ線バーストと中性子星の衝突を
結びつける証拠になる」と主張する。(CNN 7.26)


いずれも現在地球に住んでいる、銀河連邦の宇宙人も、宇宙連合の宇宙人も、
惑星連盟の宇宙人も、いよいよその時が近づいているため任務に余念がありません。
筆者が出会った宇宙連合の宇宙人は地質調査師で、地球のゴールドの調査にきたと
いっていました。地球のゴールドは現時点で700兆円分もあるそうです。
一番埋蔵量の多いのは日本だそうです。他にパプアニューギニアやミンダナオ島
にも貴重な鉱物があると言っていました。

一方、銀河連邦の宇宙人は医師で・・
「動物は子どもを生むと、へその緒や胎盤を食べて免疫力と栄養をつけて子育てする
んだよ。自分のへその緒がとってあるなら、命にかかわる病気になったら、それを
食べるといい、エジプトの古代王朝の時代はこれを医療にとり入れていたんだ。」
と言っていました。

惑星連盟の宇宙人は・・
「三次元(地球)はまやかしの世界だね。病んでいるよ。良くも悪くも地球人はわかり
やすいのが特徴だね。自分の住んでる土星は、とっくに五次元へアセンションしており、
今では太陽系のリーダーとして、土星の輪の中に惑星連盟の宇宙母船が滞空している。」

ものすごくたくさんの宇宙人がすでに地球にきており、色々な組織に入り込んで、
地球のアセンションへ向かって協力しているのだといいます。外宇宙からもたくさん
きているのだそうです。宇宙船もたくさん地球を取り巻いており、地球を見守っている
から何も心配することはないということでした。安心して宇宙の意志に任せましょう。

   「宇宙人の伝言 田村 珠芳 著」(TO文庫)より



関連記事