以下は,石渡としお後援会さんからの引用です。

============================================
東海村原発、危機一髪!

5月20日、長生村にて東海村村長村上氏の講演が行われました。

マスコミも政府もほとんど報道していませんが、東海村原発ですが実は爆発寸前でした。

ここからは、村上東海村村長のお話です。

「昨年3月の大震災で、東海村は震度6強で、5.4mの津波を受けました。原発の電源は断たれ、非常用電源3台のうち、1台が津波でダウン、原子炉内が高圧になり危険でしたのでベント(原子炉内の高圧ガスを抜く)を170回行いました。

幸い海辺に6.1mの防護壁を1日半前に完成していました。

70cmの差で津波を防ぐことができて2台の非常用電源が動き出しました。

防護壁の完成がなかったら福島原発同様に爆発したでしょう。

危機一髪でした。」

如何ですか!マスコミや政府はこういった事実を報道しましたでしょうか?

もし東海村原発が爆発したら、本町内の住民も避難を余儀なくされたかと思います。

それだけではなく、この故郷に2度と戻れなくなったかもしれません。

ところで今問題になっている福島第一原発の4号機の使用済み核燃料プールの状態は世界を脅かす究極の破局の原因となる問題です。

余震によって崩壊し、水漏れを起こして爆発すると、5時間後に東京は住めなくなります。

在日の米国人は2日で日本から避難する態勢を取るなど神経質になっています。

これは元スイス大使の平田光平さんのお話しです。

政府はこの危険な原発をベトナムに2期輸出が決定しています。

しかもベトナム政府の進める導入可能性調査にかかる20億円は日本政府の丸抱え。しかも総工費1兆円は日本側が低金利で融資も決定している。

日本でダメなら海外でてなことでしょうか。

東海村等々の上記の内容は、何ともショッキング的なお話しだと思いませんか。

特に福島第一原発はこれが現在進行形の話題だけに無気味なことです。

東海村村長村上氏
東海村村長村上氏

2012年5月28日 9時16分18秒 (Mon)
http://www5.hp-ez.com/hp/ooami/page4/bid-246076
============================================

170回もベントしたって。

千葉にホットスポットができるわけです。

マスコミがスルーしているので拡散お願いします。

追伸

通常SR弁は圧力容器内の圧力が規定値を超えた時にその圧力で自動解放し格納容器内に圧力を逃がす弁のことだ。http://inventsolitude.sblo.jp/article/59457421.html  東海第二原発の停止に至る過程で放射能が環境に放出されたことは疑いがない【2011/3/12に東会村近辺で強い放射能漏れの可能性】

追伸2

LIVE IN HOPE          @vegaliveinhope        

茨城県常陸太田市の真弓に設置してあるモニタリングポスト。いつもその小学校の先生方が数字を見ているから異変に気づいた。震災後に通常時の約10,000倍の放射能を記録したのを。(東海第二原発の停止) http://wp.me/p3zyjC-2uG  @urasimadoctor

追伸3

わたしはこの↓可能性もあると考えています。
チッソ千葉工場劣化ウラン延焼疑惑を再考する(その3)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6743871.html
以上は「とある原発のメルトスルー」より
安倍政権は国民に真相を知らせない方針で「特定秘密保護法」を制定しました。その中には放射能汚染に掛かる情報も含まれているようです。もちろん内容も知らせない酷い政権です。主権在民を否定する政権です。国民が主人なのです。政治家は国民に奉仕する人であり国民を見下ろす人ではありません。何かひどく誤解している政権です。国民より偉いと勘違いしているようです。一刻も早く交替させねば日本民族が滅びます。これは冗談ではなく現実に目の前にある日本の危機です。日本国民を守る政権に交替さねば滅亡します。                                       以上