東日本大震災:PTSD症状訴える学生 脳の一部分が萎縮

東日本大震災で心的外傷後ストレス障害(PTSD)のような症状を訴える学生の脳の一部分が、震災前と比べて萎縮していたことを、東北大加齢医学研究所の川島隆太教授らのグループが、脳の画像診断の比較で突き止めた。また、脳の別部分の体積が震災前に小さかった学生ほど、症状を訴えやすいことも判明した。川島教授によると、画像診断でPTSDの診断ができる可能性を示したのは初めて。

震災前、磁気共鳴画像化装置(MRI)で脳の画像を撮影していた東北大生42人(男性33人、女性9人、平均21.7歳)について、11年6〜7月に再撮影した。

ボランティアや震災情報に接することの多い仙台での生活で不眠やフラッシュバックなどPTSD様の症状があった約2割の学生に、恐怖や不安などを伴う記憶を消去する機能がある左眼窩(がんか)前頭皮質が震災前より減少している傾向が確認された。同グループの関口敦研究員は「体積が小さくなったことで恐怖を処理しきれなくなっている可能性が高い」としている。

研究結果は米精神医学誌電子版に掲載された。【竹田直人】

脳の一部分が萎縮

毎日新聞 2012年05月22日 22時22分(最終更新 05月22日 22時38分)
http://www.peeep.us/1ee8e7be
=============================================

以下は,るいネットさんからの引用です。

=============================================
以下、リンク参照
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11541228749.html

福島は前年比64%増加。宮城33%増加。
「配偶者間暴力、被災地で深刻=福島で6割超―児童虐待も過去最高を記録」(時事)

チェルノブイリでも同様の報告がなされている
原発作業員が脳障害や白血病で家庭崩壊
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65740743.html

都内の患者を調べたところ、脳炎など重い症例の割合が、
これまでの報告よりも10倍以上高い (NHK)

平成24年の高速道路における死亡事故が激増しています。

今年に入ってから、NEXCO東日本管内の高速道路において死亡事故が、前年同期比142%死亡者171%増加。

弊社発足以来、例のない深刻な状況になっています。(東日本高速道路株式会社)

これらが放射線によるものである可能性は否定できない。
チェルノブイリでも同様の現象が放射能のせいではなく「ヒステリー反応」として抹殺されようとした経緯がある。

放射線による影響は癌や白血病では約4年後から激化するようだ。2015年くらいからさらに脳障害の報告が多発する可能性がある。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=285549&g=131208
=============================================

あなたから知能がなくなる日。被曝で知能低下、回復不能になる
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7463711.html

放射能の脳への障害
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7447229.html