カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 中身のないロシア制裁は精彩ない | トップページ | 「NSAの通信収集は違憲」米上院議員が提訴 »

2014年3月25日 (火)

宇宙人からの伝言(最終回)

         FRB_201307302028467f7.jpg
                       FRB(連邦準備制度理事会)

         b91365339e.jpg
                             バチカン

終わりに

1日にも早くNESARA宣言をしてほしいと望んでいますが、そのためにはアメリカの
崩壊がなければ、新しいアメリカは生まれないようです。そして、日本も官僚組織が
壊れることが条件のようです。
そのために、日本は壊れることが条件のようです。
アメリカではすでに250行くらい銀行が破綻していますが、日本はまだこれからです。

2007年から始まったサブプライムローンの破綻による金融崩壊も、2008年のリーマン
ブラザーズの破綻で二幕目を迎え、2009年のドバイの国家破綻で三幕目を迎えました。
石油成金ドバイは観光で生き延びようと、超高級ホテルの建設のため、世界中から
資金を集め、日本のゼネコンも参加していました。

しかし、2008年のリーマンショックで建設が止まり、2009年支払い不能となったの
です。これによりアメリカドルは暴落しました。株も暴落しましたが、今は各国の資金
注入が持ちこたえ、新興国の成長で何とか一定水準を維持しているかの状況にあり
ます。FRB(連邦準備制度理事会)は外債の償還時期を迎えても、支払うことが難しく
なります。ドバイと同じように破綻宣言するしか道は残されていないでしょう。

FRBが破綻すれば、バチカンも破綻します。バチカンはすでに破綻状態になってい
ます。アメリカからの献金が入ってこなくなっているのです。資金のやりくりが
できなくなり、バチカン銀行の頭取が枢機卿から銀行側に変わりました。
銀行側は資金繰りのため、手持ちの銀行を売却しました。アンブローシア銀行を
手始めに、サンパウロ銀行なども手放しました。映画「ザ・バンク」はこの有り様
を描いたものです。

バチカンが破綻すれば英王室も共倒れです。やはり、三幕目は大きな見せ場となる
ことでしょう。「黄金の国・ジパング」は、四幕目のどんでん返しで登場するよう
です。
果たして最後のフィナーレはどんな場面が用意されているのでしょうか。 

 地球の金は宇宙から 起源は「中性子星の衝突」?

  

地球上に存在する金は、はるか昔の宇宙で起きた天体の衝突から生まれた・・。
大量のガンマ線を放出する「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象の発生源を科学者が
探る中で、そんな研究結果がこのほど報告された。ハーバード・スミソニアン天体
物理学センターのエド・バーガー氏らのチームは先月、ガンマ線バーストを観測。
ガンマ線バーストが起きた位置は地球からの距離は39億光年と、これまでに観測
された中で最も近い部類に入る。

バーストの持続時間は0.2秒にも満たなかったが、その後しばらくの間、赤外線
などを含む「残光」が観測された。研究チームは残光を、一生を終えた星の残がいで
ある「中性子星」同士の衝突で放出された物質が、放射性崩壊を起こす際に発した
赤外線とみる。バーガー氏は、残光の観測が「ガンマ線バーストと中性子星の衝突を
結びつける証拠になる」と主張する。(CNN 7.26)


いずれも現在地球に住んでいる、銀河連邦の宇宙人も、宇宙連合の宇宙人も、
惑星連盟の宇宙人も、いよいよその時が近づいているため任務に余念がありません。
筆者が出会った宇宙連合の宇宙人は地質調査師で、地球のゴールドの調査にきたと
いっていました。地球のゴールドは現時点で700兆円分もあるそうです。
一番埋蔵量の多いのは日本だそうです。他にパプアニューギニアやミンダナオ島
にも貴重な鉱物があると言っていました。

一方、銀河連邦の宇宙人は医師で・・
「動物は子どもを生むと、へその緒や胎盤を食べて免疫力と栄養をつけて子育てする
んだよ。自分のへその緒がとってあるなら、命にかかわる病気になったら、それを
食べるといい、エジプトの古代王朝の時代はこれを医療にとり入れていたんだ。」
と言っていました。

惑星連盟の宇宙人は・・
「三次元(地球)はまやかしの世界だね。病んでいるよ。良くも悪くも地球人はわかり
やすいのが特徴だね。自分の住んでる土星は、とっくに五次元へアセンションしており、
今では太陽系のリーダーとして、土星の輪の中に惑星連盟の宇宙母船が滞空している。」

ものすごくたくさんの宇宙人がすでに地球にきており、色々な組織に入り込んで、
地球のアセンションへ向かって協力しているのだといいます。外宇宙からもたくさん
きているのだそうです。宇宙船もたくさん地球を取り巻いており、地球を見守っている
から何も心配することはないということでした。安心して宇宙の意志に任せましょう。

   「宇宙人の伝言 田村 珠芳 著」(TO文庫)より



関連記事
 
FC2 Management
 
 

« 中身のないロシア制裁は精彩ない | トップページ | 「NSAの通信収集は違憲」米上院議員が提訴 »

宇宙文明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙人からの伝言(最終回):

« 中身のないロシア制裁は精彩ない | トップページ | 「NSAの通信収集は違憲」米上院議員が提訴 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ