カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 病気の時代:太陽活動での地磁気の乱れが誘発するもの | トップページ | エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき(8/8) »

2014年4月 1日 (火)

米NSA,マルウエアを大規模に活用、日本にも拠点か (1/2)

米NSA、マルウエアを大規模に活用 日本にも拠点か

2014年03月14日 10:58 発信地:ワシントンD.C./米国 【写真】 【ブログ】
米NSA、マルウエアを大規模に活用 日本にも拠点か           

米ワシントンD.C.(Washington D.C.)のジョージタウン大学(Georgetown University)で開かれた会議で発言するキース・アレグザンダー(Keith Alexander)NSA局長の姿を映し出すモニター(2014年3月4日撮影、資料写真)。(c)AFP/Brendan SMIALOWSKI

   

関連写真1/1ページ(全1枚)

【3月14日 AFP】米国家安全保障局(National Security AgencyNSA)が、世界中の無数のコンピューターから自動的にデータを収集するマルウエア(悪意のあるソフトウエア)を開発しているとする報告が13日発表された。

 ニュースサイト「インターセプト(The Intercept)」 のために用意された報告は、マルウエアによってコンピューターをひそかにハッキングするNSAの能力は飛躍的に拡大したと指摘している。

 同報告書はNSAの契約職員だったエドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者が暴露した米情報当局の機密文書に基づいており、機密文書を最初に公表したジャーナリストの1人である英紙ガーディアン(Guardian)の元記者グレン・グリーンウォルド(Glenn Greenwald)氏が共同執筆している。

 報告によると、「TURBINE」というコードネームを持つこの自動データ収集システムによってNSAは世界中の無数のコンピューターにマルウエアを「埋め込んで」感染させ、国外のインターネット網や電話網からのデータ収集を可能にしているという。こうしたマルウエアは当初、通常の盗聴では監視できない数百の標的の通信を傍受するためのものだったが、NSAではこれを「産業規模」にまで拡大し、要員による監視を減らしつつ情報収集する能力を拡大させた。 

  • 1
  • 2

« 病気の時代:太陽活動での地磁気の乱れが誘発するもの | トップページ | エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき(8/8) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米NSA,マルウエアを大規模に活用、日本にも拠点か (1/2):

« 病気の時代:太陽活動での地磁気の乱れが誘発するもの | トップページ | エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき(8/8) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ