カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 棄民政策がもたらす福島の荒廃 | トップページ | 内閣法制局長官って何者? »

2014年4月26日 (土)

6都県で母乳から放射性物質を検出

6都県で母乳から放射性物質を検出!セシウムの最高値は11.5ベクレル!尿中のセシウム濃度が6ベクレルで腎癌、膀胱癌確実と指摘する有識者も! 

20140329192204akatyann.jpg
「母乳調査・母子支援ネットワーク」が母乳に含まれている放射性物質を検査してみたところ、多数の母乳から放射性物質が検出されている事が判明しました。検査した母乳は2011年から半年の間に集められた母乳で、東北や関東の9都県に住む授乳中の母親356人が対象になっています。発表された検査結果によると、最も高い値は福島県郡山市に住んでいる女性で、一リットルあたり11.5ベクレルというような値を検出したとのことです。

この値は極めて危惧するべき値で、チェルノブイリ事故で対応をしたバンダジェフスキー博士が警告をしていた数値に匹敵します。また、東京大学教授の児玉龍彦氏も「尿内のセシウム濃度が1kgあたりたった6ベクレルを超えただけで、確実に膀胱癌になる」と警鐘を鳴らしていることからも分かるように、体内の放射性物質濃度が10ベクレルを超えるのはかなり危険です。

前にも尿のセシウム検査で子供たちから高い値が出ていましたが、着実に放射能性物質が体内に入り込んでいるということなのでしょう。政府は未だに「一キログラムあたり100ベクレル」という基準値を守っていますが、このままでは、多くの方が数年後に放射線障害等を発症してしまう事になります。政府は基準値の厳格化と放射能検査の徹底化を今直ぐにでもやるべきです。少子高齢化対策にもなりますし、政府は長期的な視野に立って、国民を守ってほしいと思います。



☆6都県、母乳から放射性物質 国調査より広範囲に 原発事故後半年 [福岡県]
URL http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/77531

引用:
2014年03月24日(最終更新 2014年03月24日 01時44分)
2011年3月の東京電力福島第1原発事故直後から約半年、名古屋市の市民団体が東北・関東9都県に住む授乳中の母親356人の母乳を調べたところ、8・1%に当たる6都県の29人から放射性セシウムやヨウ素を検出した。国の研究チームが実施した同様の調査より広範囲で確認されており、識者は「今回の結果を踏まえ、行政は継続的な健康調査をすべきだ」と指摘している。
 市民団体は「母乳調査・母子支援ネットワーク」。事故直後から11年9月まで、調査希望の母親を募集し、母乳の成分を民間の研究機関に依頼して調べた。

~省略~

県別では、155人が調査対象となった福島の14人(セシウム13人、ヨウ素1人)が最多。セシウムの最高値は福島県郡山市の女性=当時(30)=から検出した1キロ当たり11・5ベクレルだった。国が年間1ミリシーベルトを超えないよう設定した食品基準値は牛乳1キロ当たり50ベクレルで、今回はこれを下回った。
 母乳には母親の体内に蓄積した放射性物質と、摂取した食物などに付着した同物質の一部が移行するとされる。国の調査を受け、日本産科婦人科学会などは「授乳を続けても問題ない」との見解を出していた。
:引用終了


☆20120315母乳&乳幼児の尿県別集計表
URL http://bonyuutyousa.net/blog/wp-content/uploads/2012/03/20120315%E6%AF%8D%E4%B9%B3%EF%BC%86%E4%B9%B3%E5%B9%BC%E5%85%90%E3%81%AE%E5%B0%BF%E7%9C%8C%E5%88%A5%E9%9B%86%E8%A8%88%E8%A1%A81.pdf

20140329190645yousomo.jpg

☆セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度
URL http://dot.asahi.com/wa/2013092500046.html

引用:
入手したショッキングなデータをまず、ご紹介しよう。常総生活協同組合(茨城県守谷市)が、松戸、柏、つくば、取手など千葉、茨城の15市町に住む0歳から18歳までの子どもを対象に実施した尿検査の結果である。

「初めの10人を終えたとき、すでに9人からセシウム134か137を検出していました。予備検査を含めた最高値は1リットル当たり1.683ベクレル。参考までに調べた大人は2.5ベクレルという高い数値でした。いまも検査は継続中ですが、すでに測定を終えた85人中、約7割に相当する58人の尿から1ベクレル以下のセシウムが出ています」(常総生協の横関純一さん)

 検査を始めたのは、原発事故から1年半が経過した昨年11月。検査対象全員の146人を終える来年明けごろには、セシウムが検出される子どもの数はさらに膨れ上がっているだろう。
:引用終了

☆内部被曝の真実と尿検査「低線量被曝でも危険」児玉龍彦



☆しゃべる赤ちゃん 天才2ヶ月



関連記事

☆食べ物で放射能被曝対策!ビタミン療法、スピルリナ、リンゴペクチン!放射能対策まとめ
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-90.html


封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤
以上は「真実を探すブログ」より
生活の場がすでに汚染されているので当然食品も汚染されています。その結果乳児もその汚染された母乳を飲むので心配です。健康を害するのは時間の問題です。安倍政権は真相を国民に知らせずに国民を見殺しにしているのです。                                    以上

« 棄民政策がもたらす福島の荒廃 | トップページ | 内閣法制局長官って何者? »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6都県で母乳から放射性物質を検出:

« 棄民政策がもたらす福島の荒廃 | トップページ | 内閣法制局長官って何者? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ