カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「緊急」インターネット史上最悪の危機発覚、すぐ各自対策を! | トップページ | 貧乏な人とは、無限な欲があり、いくらあっても満足しない人の事だ! »

2014年4月14日 (月)

国の放射線測定のデタラメを暴く(7/8)

週刊朝日

安倍政権信任でいいのか?

国の放射線測定のデタラメを暴く 福島55地点 実測値と徹底比較

週刊朝日 2014年02月14日号配信掲載) 2014年2月5日(水)配信

8ページ中 7ページ目

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 次のページ

規制庁の担当者
放射線知識ない

 実際、工事がほとんど効果を上げなかったことは、本誌の独自測定結果を見ても明らかだ。効き目のない工事に1億5千万円の税金が使われ、その後は何一つ抜本的な対策が取られていないのである。

 こうした状況に国はどう答えるのか。現在、モニタリングポストを管理している原子力規制庁監視情報課担当者に尋ねた。

──携帯型測定器で調べた結果、モニタリングポスト(以下ポスト)は低い値を示すことがわかった。

「ポストは『グレイ』という単位で測っていて、携帯型測定器の単位の『シーベルト』とは違う。比較できない」

──原子力規制委員会のウェブサイトに、双方は同じものとして換算してある。それにシーベルトのほうが高めになるとしても、40~50%の違いは大きいのではないか。

「科学者グループが測定した話は聞いていないのでわからない」

──それでは、なぜ調整工事をしたのか。

「自治体や住民から放射線量が低く表示されるのではないかとの問い合わせがあったからだ。調べたところ、バッテリーの位置など周辺環境の違いによって、10%ほどの変動幅があることがわかった」

──ポストを設置するときに気がつかなかったのか。

「ポストは適切に校正はされていたが、遮蔽の影響などに関しての知見が十分蓄積されていなかった」

続きを読む : ──調整工事をして正しく表…

8ページ中 7ページ目

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 次のページ


バックナンバー記事

以上は「週刊朝日」より

« 「緊急」インターネット史上最悪の危機発覚、すぐ各自対策を! | トップページ | 貧乏な人とは、無限な欲があり、いくらあっても満足しない人の事だ! »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国の放射線測定のデタラメを暴く(7/8):

« 「緊急」インターネット史上最悪の危機発覚、すぐ各自対策を! | トップページ | 貧乏な人とは、無限な欲があり、いくらあっても満足しない人の事だ! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ