カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ウクライナ人とロシア人の間の曖昧な境界 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(1/5) »

2014年4月 2日 (水)

恐怖新聞より怖い、福島民報?、永久保存版

恐怖新聞より怖い福島民報?? 低線量被爆のほうが人道主義的見地からみた、健康上、問題ありです。
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/145.html

投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2014 年 3 月 24 日 18:21:27: 4hA5hGpynEyZM

 

   

Twitterで画像を見る   


こういう記事を見るにつけ、本当に日本は終わっちゃったね、と落胆します。 放射線物理と生物学何度でも言いますが、放射能が人体に対して何らかの影響を及ぼすとき、低線量の被爆ならなんら健康被害がないといった、しきい値というものは、絶対に存在しません。

政府がいっている20ミリ以下なら大丈夫という科学的根拠は存在しません。 かたや、故市川名誉教授のガラス線量計を用いたムラサキツユクサを観察することで、低線量であっても、その突然変異率は、通常(より高いという意味)線量下と全く同様の比例線上に位置し、ICRPや政府、原子力規制委員会のいう、しきい値論を否定しています。

それにも増して、低線量下では、以下の二つの悪い可能性も市川さんの他の研究によって明らかにされています。

① 低エネルギー状態の被爆のほうが、高線量に比べて受けるダメージが明らかに大きい。

② ガンマ線由来の散乱放射線等の影響も危惧される。

       だいたい、金銭勘定のための放射線防護の会議である

ICRPの決定を、自然科学の人間の健康に当てはめようとする発想が、

おかしいですね。 

日本政府や原子力規制委員会はやっぱり、

低線量被爆がオツムにきてしまったのでしょうか。

だから、結局は低線量の被爆のほうが健康上の危険性は遥かに高いことになり、この投稿にある新聞記事が、おそらく、チェルノブイリで起こった、年次別疾患別発現数のグラフ同様、あと2年以内に“恐怖新聞”化する恐れは十二分にありますね。

関連投稿

市川定夫決定版 その1 その2 その3 完結編 (原発はいますぐ廃止せよ)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/478.html
 

 

     

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 

   

                                   
コメント
 
01. 2014年3月25日 01:23:34 : RPPySjuaX6
原発推進の現日本政府、原子力規制委員会(規制とは名ばかり推進委員会)、その背後にある経団連、銀行、原発企業や原発企業の株を持つ大手の銀行、電力会社とその広告費にたかる電通やマスコミ、日本全体が原発マネーとゆう汚れた底なし沼に沈んでゆく。

    
02. 2014年3月25日 02:29:26 : TGgfYEbPRU
原発労働者の 5年で 100mSv(20mSv/年)の基準は一定時間に集中的に被曝し一定時間のインターバルが存在することが前提・・・。
例えると、転んで膝小僧を擦り剝いたけど一定時間経つと回復するってのと一緒・・・。

低線量でも四六時中被曝し続けるのは、擦り剝いてカサブタが出来たそばからカサブタ剝がして行くのと一緒・・・。

DNA の傷ついた細胞が有っても、一定時間の猶予が有れば傷ついた細胞は死滅して正常な細胞が増殖する・・・。
常に細胞の DNA が傷つく環境では、死滅と増殖のサイクルが追いつかなくなって死滅させるべき(アポトーシスを起こす)細胞が残り、それが増殖して癌となる・・・。


    
03.  初心に帰る 2014年3月25日 02:52:47 : inYWYT8X1fasw : wgkF71md2A

>放射線物理と生物学何度でも言いますが、

放射線物理と生物学の正しい理解に関して、何度でも言いますが、

の、誤りです。 すみません。


    
04. 2014年3月25日 03:49:14 : XUd48KYCio
福島から人がいなくなると、倒産しちゃうからね。


    
05.  茶色のうさぎ 2014年3月25日 08:10:39 : qtmOTsgWNIsK2 : XFvaIKI2yo

20ミリまでは原発は容認と云う数字のCMによる洗脳トリック作戦だね!
原発は安全だの数字の土俵に上げようとする推進派の巻き込み作戦だね!

年1ミリでも1ベクレルでも危険。内部も外部も自然も人工も危険。どんなαβγ線でも危険。

100ベクレル以下なら安全と思っているバカ連中!(福島の農協漁協)


    
06.  初心に帰る 2014年3月25日 10:15:13 : inYWYT8X1fasw : wgkF71md2A

もうその兆候が現れています。

>青森で1630人中21人の、5.1ミリ、20.1ミリ以上の甲状腺の結節やのう胞がみられたといいます。.でもこの調査でより特筆すべきは、遠く離れた長崎においても、1369人中8人の同様の結節やのう胞が見られた点ではないでしょうか。(甲状腺結節性疾患有所見率等調査http://www.jabts.net/koujyousen-jigyou/kakka_ken/index.html)北九州で行われているがれき焼却だけが原因とは考えにくいのでは。 それともう一つ気になったのが、A2評価5ミリ、20ミリ以下の結節やのう胞が、青森で57.6%、山梨で69.3%、長崎で58.2%それぞれ全体に対してあった。 で、考えるに、チェルノブイリで、7年経過してあまりにも大多数の子供の甲状腺異常で180キロ半径からの退避があったのであれば、それより汚染度の高い、その上、石棺で覆われていない、大気と地下水、海水等への放射能の垂れ流しを続けている、フクイチ由来であろうA2評価は、決して問題のない、いずれ良性化して消失するであろう群ではなくて、成長途上のガン予備軍であろうと思考するほうが論理的に思われます。

フクイチ原発事故による健康問題を通じて、現日本政府を思考して、政治の右、左思想を考え直す。
http://www.asyura2.com/14/senkyo163/msg/123.html

より一部抜粋


    
07.  茶色のうさぎ 2014年3月25日 11:00:46 : qtmOTsgWNIsK2 : XFvaIKI2yo
>06さんへ。
本日の別スレ、西岡・・ホルミシス効果・・・も読んでね。

 工作員ならば、それはスクリーニング効果の影響ですよ心配ありません!


    
08.  初心に帰る 2014年3月25日 11:38:01 : inYWYT8X1fasw : wgkF71md2A

私は投稿者です。ホルミシス効果が期待できるのは天然放射能由来のものに限定されるのは、同じく市川さんの研究をみてもおわかりいただけますね。

人工由来の放射能はいずれにしても、低線量下でも、変異原性や遺伝子異常に伴う、突然変異をもたらします。 そこに何らプラスの効果はありません。

お勉強しましょう。

 


    
09.  初心に帰る 2014年3月25日 11:50:47 : inYWYT8X1fasw : wgkF71md2A

また、それらにホルミシス効果があるにせよ、それを大幅に上回る多様他種の核種が、有害な放射能をばら撒き続けるのが原発、問題の本質はここ、ホルミシスを声高に叫ぼうと、明らかに、論理的に負の結果の方がはるかにそれを凌駕している。


    
10.  茶色のうさぎ 2014年3月25日 12:44:06 : qtmOTsgWNIsK2 : XFvaIKI2yo
>08さんへ。誤解のないようにね。

福島の山下医師がスクリーニングで、いま甲状腺に自覚症状も無く治療の必要のない通常人までもカウントしています、と言うことへの批判のつもりですよー!

政治問題ですが、国会前の世界的反原発運動と福島の帰還復興除染食べて応援問題とは別問題と考えてます。


    
11. 2014年3月25日 13:41:04 : ZIBPwgO9FQ
ICRP(国際放射線防護委員会)は原子力ムラの一員といわれますが、追加線量年
1ミリシーベルトの線は譲りません。だから緊急時20ミリシーベルトといっても
1年間その割合で被曝してもいいとは言っていません。避難している間の被曝について
言っているのです。だから、年1ミリシーベルト以上はICRPでさえ避難です。

もっともICRPの基準は内部被曝についてはあてはまりません。ですが、これはほかの
機会に。


    
12.  茶色のうさぎ 2014年3月25日 14:21:46 : qtmOTsgWNIsK2 : XFvaIKI2yo
そこで必要となるのが内部被曝をどう防ぐかですね。
天然ウランだって恐ろしいですね。鉱山の人などは肺がんが多いいですね。
物理学的な半減期と生体的な半減期は取り込んだ物質により別のようですね。
野呂美加さんの話によるとベラルーシからの子供たちは北海道で療養すると1ケ月ほどで元気になって帰国するそうです。
セシウムは療養すると半減期が70日ほどで体外へ排泄(便尿)するとICRPの資料で見た覚えがあります。
セシウムの半減期は物理学的には30年で生体学的には70日ほどと考えていいみたいですね。
しかし問題は骨の中のストロンチウムですね、一生墓場に入っても取れないみたいですね。
だれか勉強になるコメントをお願いします。

    
13. 2014年3月25日 14:40:27 : pbrZeAVFgg
ラジウム温泉に入るのは好きだがセシウム漬けの環境は嫌だからな。

    
14. 2014年3月25日 17:30:44 : xZSMBmLy3U
原子力規制委なんか所詮原発再稼働のための組織です。
だから、自分の健康を守るためには彼らの言うことを信用しないことです。

第一、福一を収束出来ないのに原発再稼働するなんてキチガイ沙汰でしょうが!!
いくら安全基準を厳しくしても重大事故は起きるのですよ。
重大事故が起きれば収束出来ないのですよ。
こんなんで原発再稼働していいのですか?

原子力規制委員会なんか廃止して直ちに廃炉担当省を設置しなければならないのです。


    
15. 2014年3月25日 18:53:15 : jnaGcYEN5I

確かに低濃度被ばくの方が「早く」症状が出やすいという説もあるらしい。
でも、だからと言って高濃度被ばくが安全なわけじゃない。
「早く」症状が出れば、避難の決意が起こるし、治療できる程度の健康被害で済む。
高濃度被ばくは、ある日突然爆発する時限爆弾を体に抱えるようなものだそうだ。
つまり「俺は健康だから、影響ないよ~」と言ったその夜に死ぬことだってあるということ。

    
16.  茶色のうさぎ 2014年3月25日 19:16:46 : qtmOTsgWNIsK2 : XFvaIKI2yo
そーだよね、温泉に24時間使ってるバカはいないねーー影響はあるよね!
市川先生は内部を心配してますね、自分でも自信がなかったのかなー実験中?
カリウム40等は自然界にありOK、なぜならば進化論だから?滞留と放出と循環?実験途中だった?
しかしαβγ線のことは不明だったのかな?それらを続いて研究して行くのが私達のICRPの洗脳だね!
細胞と遺伝子の修復時間は1~2日で良いのかなーー?私は生物?植物?ひとManサピエンス?おのづと違うよねーーー?
放射線医学は確立されて無いのだからご自由にECRRもまきこみたいね。
ちょと眠ってまたくるーー児玉先生もいねーー修復と回復時間のグラフがーーあるの?乱文失礼ねむーー

    
17.  茶色のうさぎ 2014年3月25日 22:37:51 : qtmOTsgWNIsK2 : XFvaIKI2yo

 また。といれ、かえり、じじいだよーー。  はげ、うさぎちゃんよりーーはやくしにますぼくわ。

    
18. 2014年3月26日 04:05:23 : mYnG0wiuY2

 情報統制が今もあるとおもいます。

 甲子園もプロ野球もサッカーもスケートも大事だが家計と同様に国の税金の使われ方が最優先されるべき。 (ごまかして ないか?)

 甲子園へ行きたいが家計の都合で行けない。だが払いたくないNHK視聴料は強制(強制ならば払いたい先は他にある。)だ。
 


    
19. 2014年3月26日 04:50:05 : hNF223n6IY
元巨人投手角盈男氏が前立腺ガン
http://bran7.net/archives/45262

以上は「阿修羅」より

将来の原発被害訴訟で有力な証拠新聞になります。永久保存版です。以上

« ウクライナ人とロシア人の間の曖昧な境界 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(1/5) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖新聞より怖い、福島民報?、永久保存版:

« ウクライナ人とロシア人の間の曖昧な境界 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(1/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ