カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカ人が切実に世界に訴えています | トップページ | 日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(2/5) »

2014年4月 3日 (木)

福島の作業員は突然死ぬ、しかし報告されない現実

おしどりマコ:福島の作業員は突然死ぬ、しかし報告されないと看護師は言う-政府捜査官が私を追っている(EN)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/161.html

投稿者 ナルト大橋 日時 2014 年 3 月 25 日 17:37:05: YeIY2bStqQR0.

   

記事元

Japanese Journalist: Fukushima workers die suddenly but it’s not reported, says nurse at plant — Gov’t agents following me for surveillance (VIDEO)
日本のジャーナリスト:-福島の作業員は突然死ぬ、しかしそれは報告されていない、と原子力発電所の看護師は言う-政府捜査官が私を追っている(映像)

Published: March 21st, 2014 at 12:26 pm ET By ENENews
公開:2014年3月21日、午後12:26 ET ENENewsによる

Fukushima Voice, Mar. 21, 2014: On March 4-7, 2014 [...] an international conference was held, 25 minutes outside of Frankfurt, on “Effects of Nuclear Disasters on Natural Environment and Human Health,” co-organized by the German chapter of the International Physicians for Prevention of Nuclear War (IPPNW) and the Protestant Church in Hesse and Nassau.  Mako Oshidori, a Japanese comedienne and a freelance journalist, was part of the press conference on March 6, 2014. The Ustream video in Japanese can be found here [...] Mako Oshidori was enrolled in the School of Life Sciences at Tottori University Faculty of Medicine for three years [...] Mako Oshidori herself discovered a TEPCO memo telling officials to “cut Mako-chan(‘s question) short appropriately.”
福島の声、2014年3月21日:2014年、3月4-7日[...]国際会議が開催された、フランクフルトの(郊)外にて(車で)25分、「自然環境や人間の健康に対する原子力災害の影響、」について、核戦争防止のための国際医師団(IPPNW)のドイツ総会、そしてヘッセン、ナッソーのプロテスタント教会によって共催された。おしどりマコ、日本のコメディアンでありフリーランスのジャーナリストは、2014年3月6日にあった記者会見の一員であった。日本での視聴ビデオはここで見つけることができます[...]おしどりマコは、3年間鳥取大学医学部生命科学研究科に在学した[...]おしどりマコ自身が、「マコちゃん(の質問)は適当なところでカットして下さい。」と当局に告げた東京電力のメモを発見した。

Transcript of Oshidori’s presentation by Fukushima Voice, Transcription by Takashi Mizuno/Translation by @YuriHiranuma, Mar. 21, 2014: [...] government agents began following me for surveillance. I heard about it from researchers who were my friends as well as some government officials. I will show you a photo I secretly took of the agent, so you know what sort of surveillance I mean. When I would talk to someone, a surveillance agent from the central government’s public police force would come very close, trying to eavesdrop on the conversation. [...]
福島の声によるおしどりのプレゼンテーションの写し(文字おこし) @ヒラヌマ・ユリによる翻訳/ミズノ・タカシによる写し(文字おこし)、2014年3月21日:[... ]政府の捜査官が監視のために私を追い始めた。私はそれを私の友人である研究者からだけでなく、ある複数の政府関係者から聞いた。私(おしどりマコ)はあなたに、私が密かに撮った監察官の写真を見せますので、あなたは私がいかなる種類の監視であると意味するかを知ります。私が誰かに話すとき、中央政府の公共警察からの監視捜査官が非常に接近してくるだろう、会話を盗聴しようとしている。 [... ]

I would like to talk a little about my interview of a nurse who used to work at Fukushima Daiichi nuclear power plant (NPP) after the accident. [...] He was a nurse at Fukushima Daiichi NPP in 2012. He quit his job with TEPCO in 2013, and that’s when I interviewed him.  As of now, there are multiple NPP workers who have died, but only the ones who died on the job are reported publicly. Some of them have died suddenly while off work, for instance, during the weekend or in their sleep, but none of their deaths are reported. Not only that, they are not included in the worker death count. For example, there are some workers who quit the job after a lot of radiation exposure, such as 50, 60 to 70 mSv, and end up dying a month later, but none of these deaths are either reported, or included in the death toll. This is the reality of the NPP workers.
私は事故の後、福島第一原子力発電所(原発)で働いていた看護師のインタビューについて少しお話したいと思います。 [...]彼は2012年に福島第一原子力発電所の看護師だった。2013年に東京電力での仕事を辞めて、そして私が彼をインタビューしたときです。今のところ、仕事中に死亡した原子力発電所の作業員は多数います、しかし仕事中に突然死亡した者だけが公的に報告されます。彼らうちの数人は仕事がオフの間、例えば、週末や睡眠中に、突然死亡している、しかし彼らの死のいずれも報告されていない。それだけでなく、彼らは作業員の死亡数には含まれません。例えば、50 、60から70ミリシーベルトのような多量な放射能被曝の後に仕事を辞め、1月(つき)後に死んでしまう数人の労働者がいますが、しかしこれらの死亡は報告されていない、あるいは死者に含まれていません。これが原子力発電所作業員の現実です。

Watch Oshidori’s presentation here (Japanese only)
ここでおしどりマコのプレゼンテーションを見て下さい(日本語のみ)
   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

コメント
 
01.  函館の犬。 2014年3月25日 19:26:13 : bhbAK3m6MJQx2 : qSXOllDoSs
恐怖政治のなにものでもない。自分たちに都合の悪いことは超法規的に潰す。長州のバカ脳みそがやりそうなことだ。
福島県と茨城県境の鮫川村の焼却炉(高濃度放射能廃棄物)が3月18日再稼働した。去年の8月に稼働したが、わずか10日で爆発。その後中止していたが周辺に何の説明もないまま急に再稼働した。隣接する福島県いわき市、茨城県北茨城市は激怒である。
マスコミの報道はなし。原発に狂ってる奴らは、はっきり言って人間のクズである。報道機関を操り、司法も操る。

    
02. 2014年3月25日 19:58:17 : 39HuzqnW7g
やっぱり、原発で人が死んでいるという看護師さんもいるんだな。
コメディアンという本来の職業を中断してまでも、取材に取り組んでいるオシドリマコさんの発信を無視してはいけない。
テレビは一体、何をしているのか。

    
03. 2014年3月25日 21:50:19 : Ezl2LJ9Lwg

テレビがどうとかじぇねーよ。
テレビを基準にしている愚民が問題だろ。
早く滅びた方が言い。

    
04. 2014年3月26日 05:40:10 : pJ09VM6cqF
自分で判断し行動できない羊の群れといわれる一般大衆、約75%の人間は肌の色に関係なくダマスゴミの報道を信じるのは仕方ないことです。

羊の群れと言われる一般大衆は目で見たものやダマスゴミ、権威の有る人間の話を殆んど鵜呑みにして疑わない、ハッキリ言えば知性が高くはないと思います。

それを逆手に取りダマスゴミは噓の洗脳誘導が簡単でき、事実国民が茹で蛙状態にされてるのにTVの風評被害報道を真に受け気にもせず何でも食っている人間が私の回りも多いです。

そういう人に説明しても、瞬間的には驚くけれど直ぐに忘れて産地も見ずに胃袋に放射能を溜め込んでいます。

今じゃ殆んど風化してるのを説明するたびに感じます。

03さんが愚民と言われるのはそうなんですが、しかし彼らに本質を見極める能力がない以上、ダマスゴミTVの責任は余りにも重いです。


    
05. 2014年3月26日 05:47:33 : 8fXqxxYwsT
04さんへ

そのとうりで基本的に大衆は羊の群れです。
今の政治形態は羊の群れが羊飼いを選んでいる事です。
これを解決するには愛と知性に権力を
与える天才政治を採用する事とです。
天才政治で検索をしましょう。


    
06. 2014年3月26日 08:38:52 : 4WhiSbycG6
なんとかしたいです。
一般のひとがもっと、関心を持ってもらうようにいたい。
特に若い世代は、被爆は年少な人ほど進行がはやい。
ねとウヨだけに凝り固まらず、健康や、環境も意識してほしい。


    
07. 2014年3月26日 10:56:40 : pJpMRAljgw
自民党の支配下にない政治団体、宗教団体はもちろん警察の監視下にある。それ以外で
もおよそ人が集まれば同様の監視をうける。昔の特高とちがうのは、拷問、殺害がない
ことくらいだろう。

当然のことながら、こういう仕事をしている警察官(主に公安だが)は暗い顔をして
いる。怖いよ。こんなのにつけねらわれる恐怖は体験した人しかわからない。学生
運動とか宗教団体で不穏な事件をおこすところがある。これらの多くは警察のスパイに
疑心暗鬼になって自ら瓦解してしまうそうだ。


    
08. 2014年3月26日 11:03:51 : 9L5qHJyxOU
オシドリマコさんありがとう。

以上は「阿修羅」より

原発再稼働の安倍政権の姿です。今では特定秘密保護法で放射能の観測数値の報道がめっきり少なくなりました。あっても少なく修正された数値のみです。実際の数値は隠ぺいです。海外ではこのような安倍政権の嘘報道は知れ渡っています。このままでは2020年の東京五輪は不可能です。                             以上    

« アメリカ人が切実に世界に訴えています | トップページ | 日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(2/5) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の作業員は突然死ぬ、しかし報告されない現実:

« アメリカ人が切実に世界に訴えています | トップページ | 日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(2/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ