カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本征服計画のために創価学会を利用せよ  (1) | トップページ | 九州・川内原発・再稼働か、いよいよ列島完全破壊モードへ »

2014年4月15日 (火)

日本でネトウヨ・ブームに忠告

新ベンチャー革命2014225日 No.863
 
タイトル:日本でネトウヨ・ブーム:2014年ウクライナの反露クーデターと2013年ボストン・マラソン偽旗テロの反露チェチェン人との関連性を大胆に推理する
 
1.最近の日本でメジャーになりつつあるネトウヨ的国民
 
 このところ、日本の若者のストーカー犯罪や通り魔事件が増えています、その犯人像は決まって、マジメ、おとなしい、無職、引きこもりといったキーワードで説明されます。要するに、今の日本の犯罪は不良モノによるものよりも、ごく普通の人によって引き起こされることが多いということです。
 
 その風潮と並行して、日本にはネトウヨが増えています。先日行われた東京都知事選にて、ネトウヨを支持層とする田母神氏が61万票も取ったことから、ネトウヨの存在がメジャーになりつつあります。さらに、あれだけ、米オバマ政権や中韓とうまく行かない安倍政権の支持率が下がらないのも、マスコミの世論調査の偏向のせいだけではなく、ネトウヨ的国民が増加しているせいではないかと推測されます。
 
2.弱肉強食社会に突入した脱工業化社会・日本
 
 現在の日本社会は新自由主義経済が主流で、企業のグローバル化が進行しています。そのような社会では弱肉強食化が起こり、格差が拡大します。そして、多くの人々は、人生の早い段階から社会の勝者と敗者の色分けが決まってしまいます。メダル争いが厳しいオリンピック競技でもわかるように、一般の競争社会でも、勝者はごく一部の限られた層にとどまり、大多数は敗者にカテゴライズされます。
 
 上記のような社会環境にて、敗者意識にとらわれた若者は未来に希望が持てなくなり、毎日が地獄となります。
 
 先進社会になればなるほど、そして、企業競争のグローバル化が進めば進むほど、非情にも、格差は拡大する一方で、厳しい競争に勝ち残れる人には飛びぬけた才能や能力が求められるのみならず、人一倍の努力も求められます、その結果、大多数のごく普通の能力の人、また、大多数のごく普通に平均的なレベルで努力する人は、下手すると敗者になってしまいます。
 
 これは米国や日本のような経済先進国を含む脱工業化社会の宿命とも言えます。工業化社会は普通の人でも幸せになれる社会でしたが、脱工業化社会では、普通の人のレベルでは幸せになりにくいわけで、飛びぬけた能力の人や、親の代からの資産継承者(安倍総理、麻生副総理、石破自民幹事長など)のみが幸せになれると言えます。
 
3.世界中で台頭するネオナチは弱肉強食社会が生んだ鬼子
 
 華やかなソチ・オリンピックの陰で、ロシア隣国・ウクライナで反露クーデターが起きていますが、本ブログ前号No.862で指摘したように、ウクライナの若者の一部がネオナチ化して暴動に参加していると思われます(注1)
 
 一方、日本においても弱肉強食化が進み、ウクライナ同様に、若者の失業率が高く、不満層が拡大しています。そして、ウクライナではその一部が反露化し、当然ながら、反共右翼化(ネオナチ化)しているようです。片や、今の日本でもウクライナ同様に若者の不満層が拡大、その結果、ネトウヨが増加しているわけです。彼らは右翼思想日本人というより、おのれの不満を第三者(在日など)への敵意に転換して溜飲を下げている人間でしょう。同様の層は中韓にもいて、両者共鳴・反発しているわけです。これこそ、極東分断統治戦略をもつ米国戦争屋ネオコンの思惑どおりなのです。
 
 ところで、本ブログでは、安倍政権は上記、米国戦争屋ネオコンに操られているとみなしています。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 その米戦争屋ネオコンは戦後、持続的に極東分断統治戦略の基づく対日プロパガンダを実行してきて、日本に親米右翼(ネトウヨ含む)を大量生産することに成功しています。そして、現・安倍政権はネトウヨに支持されています。
 
4.今回の都知事選にて、米国ジャパンハンドラー連中はネトウヨに目を付けた
 
 さて、今回の都知事選にて米戦争屋ジャパンハンドラーは、日本でネトウヨがメジャーになっていることに気付いたと思われます、そして、彼らは欧米先進国と同様に、日本でも、ネトウヨをコアとするネオナチ育成に関心を持ち始めたと思われます。早速、彼らは日本の親米右翼団体を使って日本でのネオナチ育成を開始したのではないでしょうか。そして、米戦争屋の対日工作組織と水面下でつながっていると疑われる親米右翼の指導者が、田母神氏の知名度を利用して、ネオナチ組織化に着手しているようです(注2)
 
5.ボストン・テロで犯人にされた反露チェチェン人とウクライナ・ネオナチの共通性
 
 ウクライナ・反露クーデターにてウクライナのネオナチ系若者が動員された可能性が高いと思われますが(注1)、彼らを利用しているのが米戦争屋ネオコンCIAだとすると、2013415日に起きたボストン・マラソン・テロ(注3)が思い出されます。
 
 本ブログでは、このテロは米戦争屋ネオコンCIAFBI含む)による偽旗テロとみなしています(注4、注5)
 
 ボストン・テロの特徴、それは、クラフト・インターナショナルという民間傭兵派遣会社の関与が疑われる点と、犯人に仕立てられたのが在米の反露チェチェン人若者兄弟である点です。
 
 このチェチェン人若者と、今回、ウクライナ暴動に動員された反露の若者(ネオナチ系)には共通性があります。いずれも、米戦争屋ネオコンCIAに利用されていると疑われる点です。
 
 上記、チェチェン人は東欧のイスラム教信者で米戦争屋ネオコンが東欧で偽旗テロ作戦を実行する際の、テロ実行犯役に利用する対象と思われます。
 
 今回のソチ・オリンピックでも、米戦争屋ネオコンは事前に、東欧系イスラム過激派にテロ予告させています。
 
 ところで、米戦争屋ネオコンCIAはキューバのグアンタナモ米軍基地内にイスラム教系アラブ人の収容所(注6)をもっていますが、本ブログの読みでは、このキャンプは、中東で彼らが偽旗テロ作戦を実行する際の、テロリスト役アラブ人を洗脳したり養成する場所とみなしています。
 
6.今回の東京マラソン2014では、マラソン・テロの代わりにアンネの日記テロが行われた(?)
 
 先日、223日、東京マラソンが行われましたが、幸いテロはありませんでした。その代りか、アンネの日記破損テロ(本の大量引き裂き)事件(注7)が起きています。
 
 しかしながら、近未来、日本でもボストン・テロのような偽旗テロが実行される危険があります。そのときは、犯人に在日の人が仕立てられる可能性があります。そうすれば、ネトウヨ以外の一般日本国民に対しても中韓に敵意を抱かせることが可能です。こうして、極東戦争が誘導されるわけです。
 
 われら日本国民はこのようなワナに嵌らないよう、常に用心しなければならない時代に突入させられています。
 
注1:本ブログNo.862ロシア・プーチン、ウクライナでの反露クーデターを許す:欧米でのネオナチ台頭と日本の右傾化との関連性を読み解く』2014224
 
注2:本ブログNo.858国民支持率の高い(?)安倍総理はいよいよヒトラー崇拝者になるのか:80年代、ネオコンに踊らされたイラク・フセインと同じワナに嵌められる危険が現実化している』2014218
 
注3:2013年ボストン・マラソン爆破事件
 
注4:本ブログNo.745ボストン・テロは多目的偽旗作戦だった?:チェチェン人犯行シナリオの矛盾が噴出』2013421
 
注5:本ブログNo.747ボストン・テロの爆発現場に残された大量血痕はなぜ鮮やかなのか?:日本の政官指導層はお人好し日本国民の想像を絶することを平気で実行する連中に牛耳られていると知れ!』2013428
 
注6:グアンタナモ湾収容所
 
注7:本ブログNo.861世界的に有名な「アンネの日記」が無残に引き裂かれる!:極めて陰湿で不気味な事件のウラを読む』2014221
  以上は「新ベンチャー革命」より
今の極右・安倍政権はこのネトウヨを有効利用して憲法改正をして戦争のできる国にしようとしています。改正は難しいので解釈改憲でとりあえずやろうとしています。その先は勿論徴兵制です。放射能汚染処理や米軍の先遣隊も務められると思っているのです。死んだら靖国に祭ってやる意味で靖国参拝を強行したのです。いつの時代でも決起盛んな若者がいるものです。人は使いようですが戦争ではない方法もありそうです。以上

« 日本征服計画のために創価学会を利用せよ  (1) | トップページ | 九州・川内原発・再稼働か、いよいよ列島完全破壊モードへ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本でネトウヨ・ブームに忠告:

« 日本征服計画のために創価学会を利用せよ  (1) | トップページ | 九州・川内原発・再稼働か、いよいよ列島完全破壊モードへ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ