Nスペ

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0425/
==================================================

報道ステーションが東京の汚染をスルーしたこと以外は高評価だったのとは対照的に,NHKスペシャルは評価のほとんどが批判のようです。

「福島の甲状腺がん33人」 報道ステーション
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7581186.html

報道ステーション せっかく取材したのに東京の汚染は全面カットだった!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7630199.html

その批判の中にはメルトスルーしてできないはずの燃料の取り出しをできるかのように報道していることが指摘されています。

NHKは完全にメルトスルーしていることを知っているにもかかわらず,燃料を取り出せると報道しているのです。

NHKが太平洋大放流地下水を「汚染される前の地下水」と報道
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7604239.html

Greenpeace Japan @gpjTweet

NHKスペシャル「廃炉への道」での言葉「私たちの社会がもたらした困難…」には異議あり。なぜなら、原発を作った日立、東芝は「原子力損害の賠償に関する法律」により一切の責任を免れており、しかも他国に原発を輸出しようとさえしているからです。 http://act.gp/150QcHC 

@naka8952

NHKスペ「原発廃炉への40年」。燃料デブリは炉心を貫通して格納容器の底に堆積している。その格納容器は各所が破損して冷却水が漏れ続けている。まずは格納容器を補修し、水で満たしてから燃料デブリを取り出す。「その方法は想像もできない」と米国の専門家。それでもやるしかない超困難な作業。

@cnvvlty

NHKスペシャル シリーズ 廃炉への道1「放射能“封じ込め”果てしなき闘い」のひとつだけ評価できることは、メルトダウンのおかげで三菱、日立、東芝、他ゼネコン各社は、支払いが確かな廃炉事業という仕事を30年以上に渡って確保できたらしいことがよくわかったこと・・・

インターナショナル @mike20000000g

NHK「廃炉への道」を見た。東電の廃炉方針にとんでもない間違いがある。スリーマイルをモデルに、冠水、デプリ取り出しが可能と考えている。メルトダウンではなくメルトスルーしており、冠水はできない。チェルノブイリがモデルで、地下石棺化しかない。

原発はいますぐ廃止せよ @kokikokiya

NHKスペシャル|シリーズ 廃炉への道 第1回放射能"封じ込め"果てしなき闘い NHKスペシャルの番組公式サイトです。 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0420/index.html  :まったく下らんかった、見る価値なし。NHKとしての新たな視点もなし、ヤブロコフだろう。

HOHSHU( 打倒!暴政 ) @tsghoh

NHKスペシャル、廃炉への道。果てしない闘い。燃料デブリの所在も判らず、汚染水は増え続け、その貯蔵さえ不能になりつつあるというのに、原発周辺の避難区域解除して、住民の帰還と町の再開必要を匂わせる。 どの方向を向いて番組を作っているのか。ふざけた番組だ。

Ⓜペッコ @pecko178

廃炉への道世界で初めてデブリの取り出しに成功したスリーマイル原発。チェルノブイリでも廃炉は出来ず… 放射線量が下がるまで100年待つチェルノブイリ。福島はそれ以上かもね。

ちほたん(・0・)☆不正選挙は無効だ!! @chihointokyo

スペシャル| 廃炉への道 第1回放射能"封じ込め"果てしなき闘い http://bit.ly/1i1xUj9  ”避難した住民を帰還させるという、人類史上例を見ない試みは果たして...” ナニコレ?嘘で固めた情報をばら撒き、避難先での支援保証もなしに実験で人を返すな!

Twitterで画像を見る

2号機オペフロは最大880mSv/h

アマちゃんだ @tokaiama

よくも真っ赤な嘘を放送できるな 糞NHK 核燃料が原子炉の底にあるだと ふざけるな 地下深く沈んでなければ どうして基礎より深い地層から猛烈な放射能がでるのか

ペッコ @pecko178

みなさん、おはようございます。 昨夜のNHKドラマ「廃炉への道」ご覧になりましたか?え?ドラマじゃない?アタシはてっきりドラマだと思いましたが。 高濃度汚染水誤送、まずは東電社員から。http://www.minpo.jp/news/detail/2014041915199  今日もヨロシクお願いします。