カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 40才のデコトラ社長が心筋梗塞で急死 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(5/5) »

2014年4月 6日 (日)

ついに米国民も警戒しだしたイエローストーン



2014年、超火山イエローストーン噴火で世界崩壊 (4/3 VOR)

米国の地震学者らはイエローストーン火山に注意を傾注している。
この火山は28日に目覚め、この4日間で60回鳴動した。

最後の揺れは震度4.5で、付近の動物たちが逃げ出した。すべての近隣地区から
住民が避難するには至っていないが、いつの時点で事態が急変するとも知れない、
CNN。もし大噴火があれば核爆弾に匹敵する威力となるという。米国は全土が灰
で覆われ、地球の気温は21度下がる。視界はどこでも20cmが限界になるという。

火山噴火の不安があるイエローストーン国立公園から逃げる動物たち(RT)


今日の「ロシアの声」の記事を読んでビックリ仰天!今年中にイエローストーン
火山が噴火するんですか?(´・ω・`) 記事中で触れているCNNのニュースを
やっと見つけました。

チリで大きな地震があったので、アメリカ国内ではマスコミも国民も警戒している
ようです。国立公園内から逃げ出す動物の動画は昨日、In Deepさんのブログ
で拝見しましたので、みなさんと同様に知ってはいました。主人も、「動物が逃げ
出すようならヤバイわぁ~」・・なんて言うし、マジにビビる大木。

さて、環太平洋火山帯を「Ring of Fire」と呼ぶそうで、馬蹄の形をしています。
日本のマスコミの悪い点は、単発的に大地震の報道はしますが、そうでもない
前兆的な地震のことは全く触れません。例えば、今回のチリ地震も突然起きた
わけではなく、1週間前には300回を越す地震がありましたし、先日のカリフォ
ルニア近郊での地震にも触れず仕舞い。

そのくせというか、首都直下型地震や南海トラフ地震の報道はわんさか・・。
(国土強靭化計画のためでしょう)
〇〇プレートの話は聞きますが、「環太平洋火山帯が活発化している」という話
は聞いたことがありません。なんなんですかね?「どうせわからないだろうから」
と思ってバカにしてるんでしょうか?(苦笑)

  ring of Fire

  イエローストーンの地下
  ring of Fire-01jpg

ところで、あまりにも的確な26日「ロシアの声」の記事です。
「人類の破滅を招いた米イエローストーン火山、眠りから覚める」です。
数日後には本当にイエローストーン国立公園でM4.8の地震が発生。
オイオイ・・ロシアは予言者集団かい!いやいやこれにはきっと裏がある・・。

外国語がわかるIn Deepさんが、情報ソースを探したそうですが、どこにも見
つからなかったそうです。そうなのよね~私も少しチャレンジしてみましがナシ。
これって、日本語ニュースサイトの「ロシアの声」だけに伝えたのかもしれません。
仮に米国西海岸で大地震が発生しましたら、日本の太平洋沿岸に多大な被害
が及ぶわけです。ロシアは何かを知っているのではないでしょうか?

さて、CNNのニュース動画にも出てきますが、過去の西海岸での大地震です。

◎ サンフランシスコ地震(1906/4/18) M7.9

◎ ロマ・プリータ地震(1989/10/17) M6.9

◎ ノースリッジ地震(1994/1/17) M6.7

◎ サンフェルナンド地震(1971) M6.6(wikiはなし) 

この4つの大地震の中で、最も死傷者を出し、サンフランシスコに壊滅的被害を
もたらしたのが1906年のサンフランシスコ地震です。4月18日・・?(?_?)

サンフランシスコ地震   
         地震により壊滅したサンフランシスコ市街


関連記事

以上は「MUのブログ」より

このイエローストーンの噴火は必ず噴火します。後は何時噴火するのかという時期の問題だけです。その時期も最近は噴火の前兆現象が次々に現れてきていますのでいよいよかと思われてきているのが現実です。どうか噴火しないで欲しいものですが自然が相手なものですから人間の希望など少しも考慮しません。最近の人間の行儀が悪いのでかえって人間に天罰を与える良い機会と思っている可能性もあります。以上

« 40才のデコトラ社長が心筋梗塞で急死 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(5/5) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに米国民も警戒しだしたイエローストーン:

« 40才のデコトラ社長が心筋梗塞で急死 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(5/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ