カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ナチス・ドイツ | トップページ | いかにしてウクライナは分裂するか »

2014年4月 4日 (金)

カナダの海岸でセシウム検出


 

昨晩、BBC記事で「北米の科学者が福島の放射性物質が北米大陸に到達して
いるかどうか追跡している」との記事を見つけました。日本語訳の記事も見つけ
ましたのでご紹介します。

「Ocean science meeting2014」 (海洋科学会議2014)

実は2月23日~28日までハワイのホノルルにおいて「海洋科学会議」というの
が開かれているのです。そこで発表されたようなのですが、セシウム134と137が
カナダの海岸で検出されたのです。比較的最近流出したものと考えられています。
ちょうど、汚染水の数値が今年になって上昇しているので合致しますね~。
まぁ、こうやって国際会議の議題にもなり、継続して海水のサンプルを調査して
いるのですから、今すぐにではないでしょうが・・そのうち大きく報道されるでしょう。

福島の放射性物質、北米西海岸に〜バンクーバーで
セシウム検出
(2.26 usfl.com)

事故を起こした東電・福島第1原子力発電所から流出したとみられる放射性物質が、
カナダの西海岸に流れ着いたことが分かった。米国地球物理学連合(AGU)
の海洋科学会議
でこのほど、ベッドフォード海洋学研究所(カナダ)の研究員が
報告した。

クリスチャン・サイエンス・モニターによると、バンクーバーの海岸でこれまでにセシ
ウム134とセシウム137が検出された。濃度はカナダの飲料水の安全基準を大幅
に下回る。セシウム137の半減期は30年だが、セシウム134は2年と短いため、
比較的最近流出したものと考えられている。

ウッズ・ホール海洋学研究所(マサチューセッツ州)のケン・ベセラー上席研究員に
よると、福島第1原発から流出した汚染物質は太平洋を渡って今年米西海岸に漂
着する可能性があるが、複雑な潮流の動きなどで濃度が変わり、コンピュータ・モデ
ルだけでは予想できない可能性が高い。

ベセラー氏は8カ所から海水標本を採取しているが、セシウム134はまだ検知され
ておらず、今後検知されたとしても太平洋を横断して北米西海岸に漂着するまでに
汚染は大幅に薄まるため、海洋生物に大きな影響を与える可能性は低いとみている。

氏は、いずれにしても観察の継続が重要と考えており、海水標本の分析を続けるた
めインターネットを通じて多くの人に協力を呼びかけている。

北米の科学者は福島プルームを追跡します(BBC)

北アメリカの西の海岸を襲うと予定されている福島からの水の放射性プルーム
の有望な目盛りは、次の2か月に知られているべきである。

20140227-02.jpg 
福島からの放射性核種の可能性が高い進行を予測するために使用されている

悩める日本の発電所からの汚染の唯一の分のトレースは、これまでのカナダ
大陸海域で記録されている。汚染物質が太平洋電流に東方に分散、これは増
加します。しかし、科学者であっても、ピーク測定は安全当局によって設定され
た制限内に十分にあることを強調している。

2011福島の事故以来、研究者海洋ベッドフォード研究所はバンクーバー、ブリ
ティッシュコロンビア州のほぼ2000キロ真西を実行しているラインに沿って水を
サンプリングしています。(以下省略)

        20140226-01.jpg
         水サンプルを収集している市民科学プロジェクト



関連記事
以上は「MUのブログ」より
ついにその時が来たかということです。今後とも太平洋は放射能汚染でますます汚染されその先には太平洋の魚は食べられなくなるということです。これもすべて日本の責任にされることです。「3.11テロ」を引き起こしたのはそもそも米国とイスラエルなので本来は汚染の責任は米国とイスラエルが負うべきです。以上
 

FC2 Management
 

« ナチス・ドイツ | トップページ | いかにしてウクライナは分裂するか »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナダの海岸でセシウム検出:

« ナチス・ドイツ | トップページ | いかにしてウクライナは分裂するか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ