カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 福島原発事故:被曝線量を公表せず、想定外の高い数値で | トップページ | 国の放射線測定のデタラメを暴く(4/8) »

2014年4月10日 (木)

理研発表のSTAP細胞、研究班トップが存在を主張

理研発表のSTAP細胞、研究班トップが存在を主張

理研発表のSTAP細胞、研究班トップが存在を主張

  理研の研究グループの発表したSTAP細胞の論文をめぐって、ここ3ヶ月不正の是非を問う論議が繰り広げられてきたが、9日、論文の筆頭著者の小保方晴子氏が記者会見にのぞみ、細胞は実際存在していると主張した。

  小保方氏は実験結果を200回以上も調べて確認したと主張している。

   リアノーボスチ通信
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_09/270981838/
以上は「the voice of russia」より

今やSTAP細胞は世界的な話題になっています。要はSTAP細胞が存在するのかどうかが大事なのです。存在の有無を至急確認することが大事です。論文の書き方が少し違うとかなんだかは次の問題です。存在すれば世紀の大発見です。もっと慎重に調査するべきです。以上

« 福島原発事故:被曝線量を公表せず、想定外の高い数値で | トップページ | 国の放射線測定のデタラメを暴く(4/8) »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理研発表のSTAP細胞、研究班トップが存在を主張:

« 福島原発事故:被曝線量を公表せず、想定外の高い数値で | トップページ | 国の放射線測定のデタラメを暴く(4/8) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ