カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 40才のデコトラ社長が心筋梗塞で急死 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(5/5) »

2014年4月 6日 (日)

UFOはウクライナを見守る!そして・・・ISSでは

UFOはウクライナを見守る! そして・・・ISSでは?!

宇宙人を信ずる信じないに関わらず・・・
又、ETV(UFO)を認める認めないに如何に関わらず・・・
存在するものは、存在する!
そして、
その出現の頻度は、
時を追って、引きも切らない?!



 これは何を意味しているのであろうか?


 言うまでもないことである。WAKE UP!以外に、理由はないであろう。無益な争いを繰り返す地球人類に対する、警告である。

Bp6


 争いは、何らかの収奪をその目的としている。収奪は、競争のはき違えであり、エゴ以外の何物でもない。本来、宇宙は豊かであり、無限の供給がその原理であることを隠しているからである。


 宇宙は、創造が原理であり、それを隠して、奪うことが覇権であるとの間違った認識が、争いを生むのである。フリーエネルギーで訪れるETV(UFO)が、自らそれを証明している。

20140308111436715



 それを否定するのは、あるいは隠すのは、覇権理由が根底から崩れることを意味する。


 これが警告であり、WAKE UP!の目的である。


  ウクライナとロシアの確執は、歴史的カルマであるが、それに乗じて戦争を起こそうとしている勢力が存在する。それは西側にも存在するが、ロシアにも存在する。常に、戦争は双方に巣くった戦争勢力が存在するから、起こるのである。


 この事は、歴史的必然であり、戦略そのものである。戦争戦略を警告する。そうETV(UFO)は警告している。こう考えることが出来るかも知れない。


 気象衛星に写る葉巻型宇宙母船が、執拗な議論の対象となったが、もう、そんなレベルなどどうでも良いことである。歴然たるフリート(艦隊)の出現。しかも、それを撮したのは、ISS(国際宇宙ステーション)の定点観測ビデオだ。


 撮したと思ったら、その定点観測は、中止された。又、隠された? この繰り返しである。
 

【転載開始】3月 12 , 12:34
UFOがウクライナを「監視」(ビデオ)

   ウクライナのコロステン上空でUFOが目撃された。

   3月6日、UFOが撮影され、7日、インターネット上に投稿された。なおこの情報源に関する情報は少なく、信憑性が疑わしいという。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_12/269023452/

 

НЛО наблюдает над Украиной -2 (UFOはウクライナを見守る-2)

Cigar-Shaped UFO Over Korosten, Ukraine On March 6, 2014(既載のものと同じ

【転載終了】


Massive UFO Fleet Heading Towards Earth 2014 HD Available




【転載開始】キターッ!!!もう隠せない!地球に到着したUFO船団。ISS Live を終了に追い込む!

 
2016-03-14 17:41:01 | 最初に読んで下さい
 

448bbec08a3c32e3993690805af65c36



来ましたヨ~~~~!!!!(" ゚〇゚)!(" ゚〇゚)!(" ゚〇゚)! 

 

我らの友軍が、銀河連邦のフリートが、次々に到着しています。ISS のカメラに堂々と姿を現しています。

 

上記は、3月10日の ISS の映像です。ポータルのようなところから、次々に現れています。現在、この NASA の ISS Live は停止しているようです。そして、この一文が。

 

ISS Live will be retired in two weeks. ISS Live は2週間以内に終了します。

 

これってもう、この UFO 船団の映り込みを隠せなくなったと、白状しているようなものでしょう。若田さん始め、ISS の飛行士たちは、とっくにスペース・ファミリーと交流しているはずです。確か、UFO がドッキングしている映像も流れましたよね。

 

139191598655093510227_sddefault


Cobra が最新情報で言っていた通りですね。

3月12日付 隔離された地球 エンドゲーム

物理的次元では、イベントの準備はすべて調っています。銀河連合の宇宙船が、大編隊を組んで地球を取り囲んでいます。約50億もの物理的宇宙船がクローク して(姿を消した状態で)、LEOの配置についています。(訳注:LEO  low Earth orbit  地球低軌道。海抜160~2000㎞の高度)

さらに、銀河連合のクロークした物理的宇宙船1億2千万機が、カーマン・ラインと、(訳注:カーマン・ライン 海抜100㎞。宇宙とのボーダーライン) アームストロング・リミットとの間に。(訳注:アームストロング・リミット アームストロング・ラインともいう。大気圧が急激に下がり、人の体温である 37℃で水が沸騰する高度。場所によってまちまちだが、およそ海抜19㎞付近の高度)

クロークした銀河連合の宇宙船は、対流圏内と地上にもいます。その数と戦略上の配置は、今のところ高機密情報に指定されています。(訳注:対流圏 地表から約10~20㎞)


50億機。ヘ? 1億2千万機。ハ? (◎_◎) ン!? よくぶつからないワネ~。笑) まあ、3次元ではないから。それにしても、もうかなり地上に近いところにいるんですね。。もし、これが一斉にデクロークしたら、それこそ、「宇宙船天空に満つる日」ですね。

そして、乗員はこの、さらに何百倍、何千倍もいるでしょうから、それなら確かに、シェルダン・ナイドルの言う「完全意識への復帰訓練の師として、地球人一人一人にメンターがつきます」という情報もうなずけますね。

ディスクロージャーが着実に進んでいます。無視しようと、否定しようと、刻々と、「その時」は近づいてきています。もう誰にも止められない。

26000年待っていたプロジェクトの最終段階が始まったのです。もしかしたら、政府もマスコミも今頃、内部では大騒ぎではないですか。目くらまし事件がたくさん起きそうですから、皆さん、気を付けて下さいね。

一般人の中には、そろそろ怖がる人も出てくるかもしれませんね。「理由はわからないけれど、何かが起きそう」という予感が、ある人には不安として、ある人には高揚感として、集合意識の中でじわじわ大きくなっていますから。

さあ、これから、ライトワーカーの出番ですね。深呼吸して、光をいっぱい取り入れて、自分の中心をしっかり確認しておきたいですね。【転載終了】

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/50682/24690382

この記事へのトラックバック一覧です UFOはウクライナを見守る! そして・・・ISSでは?!

コメント

発明関連の記事が載っているが、日本で発明が多く可能なのは、天皇家がバックアップしているからだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/常陸宮正仁親王
そもそも、発明というのは古代テクノロジー(一旦宇宙に行って逆輸入されている場合を含む)を開示しているにすぎない場合が大きい。この場合、文化大革命主義の中ロマルキストから弾圧にあうので、あとは、発明を推進する側の天皇家との力関係ということになる。
義宮殿下が目を光らせているからこそ、日本での発明が可能なのである。

社民党政権(ロシア台湾)になって、まず中ロが行ったのが阪神大震災で、JAL123便生存者川上慶子さんへの攻撃でした。
「赤い星の飛行機がぶつかってきた」
と証言されれば、彼らは都合が悪いわけです。
http://ja8119.iza.ne.jp/images/user/20140317/2320399.png

ストレンジ・クォークの話が載っていて興味深いですが、
放射能除去等に使える有益な反ストレンジ・クォーク兵器というのもございまして、
例えば
http://new.atmc.jp/
の放射能分布図の青森県を見ていただきますと、三戸から十和田、六ヶ所といった、米軍三沢基地から同心円状の区域の放射線が極めて低いのがおわかりいただけるかと思いますが、これは、除染ストレンジ・クォーク兵器を使用しているためです。
日本政府(中ロイラン巣窟)にも、圧力はかけていますが、全く聞き入れようとはしません。

日本人に対し、支援を行っているのは米国及び米軍のみであるのが現状です。除染ストレンジ・クォーク兵器は、金額もたいしてかかりません。

« 40才のデコトラ社長が心筋梗塞で急死 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(5/5) »

宇宙文明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UFOはウクライナを見守る!そして・・・ISSでは:

« 40才のデコトラ社長が心筋梗塞で急死 | トップページ | 「日米同盟と原発」と「再稼働推進論」の背後にあるもの(5/5) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ