カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 気候変動で北極海の哺乳類が病気に? | トップページ | ウクライナ人とロシア人の間の曖昧な境界 »

2014年4月 2日 (水)

スリランカの民家を隕石が直撃

         
 
 

2014年02月21日


スリランカの民家を隕石が直撃

sli-met-001.gif

▲ 2014年2月17日のスリランカの英字メディア Hiru News より。


スリランカので、「民家の屋根を隕石が直撃した」というニュースがスリランカの英字メディアで報じられていました。


隕石の落ちた家の屋根

slim-01.jpg


現地の映像ニュースもあり、それを見ると、大変小さな隕石だと思われるのですが、それでも落ちた家の中はかなりの惨状でしたので、今後の参考のために載せておきたいと思います。

映像は、YouTube にあります。

スリランカのラガラ( Ragala )地区というのは、下のあたりです。

ragala-map-01.gif



隕石で開いた穴自体はそれほど大きなものではなく、報道には穴の大きさは詳しく書かれていませんが、50センチ以下くらいではないかと思います。

外から見た穴

ana-1.jpg



屋内から見た穴

ana-2.jpg


隕石は台所のあたりに落ちたようなのですが、家の中はひどい状態で、また、台所の鉄製品が高熱で溶けている様子が伺え、隕石の熱がわかります。


隕石の落下した部屋の中

house-1.jpg



house-2.jpg



熱で一部が溶けた携帯電話

cell-01.jpg



隕石の落ちた家の家族

f-1.jpg


こういうことが頻繁に起きるようだと、なかかな危険な日常になるとも言えそうですが、こういうこともサイクルですので、こういうことが頻繁に起きることはまたあるのかもしれません。

下は中国の宋の時代に記録された 11世紀から 12世紀までの 10年ごとの隕石の数ですが、100年程度でずいぶんと変化していることがおわかりかと思います。


中国の宋の11世紀から12世紀までの隕石数

met-02.gif

▲ In Deep 「良い時代と悪い時代」より。出典はフレッド・ホイル著『生命はどこから来たか』。



時代は少しの変化なのか、突然の変化なのかはわからなくても、変わってはいくもののようです。



以上は「地球の記録」より
この出来事は世界のどこでも起こり得ることです。今はそういう時期なのです。以上

« 気候変動で北極海の哺乳類が病気に? | トップページ | ウクライナ人とロシア人の間の曖昧な境界 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スリランカの民家を隕石が直撃:

« 気候変動で北極海の哺乳類が病気に? | トップページ | ウクライナ人とロシア人の間の曖昧な境界 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ