カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「プーチンの”スノーデン”というカード」 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第1回 プロローグ »

2014年5月21日 (水)

串田氏の地震情報更新:7月頃に収束か?

串田氏の地震予測情報が更新!巨大地震の前兆は終息傾向が続く!完全終息は7月頃になる可能性も! new!!

20140430154314kusidasi.jpg
*串田氏の発表したデータ
電波の乱れを観測して地震の予測をしている地震専門家の串田嘉男(くしだよしお)氏が、新しい地震予測を発表しました。4月29日に串田氏が発表した「長期前兆No.1778続報No.064」によると、全体としては終息傾向が続いているようですが、完全に終息するのはもう少し時間が必要とのことです。
現在の推移で計算をしたところ、7月より前に終息する可能性はほぼ無く、串田氏は「7月中旬以降に終息する可能性がある」と述べています。

串田氏の地震予測は、電波の異常が途絶えた直後に大地震が発生するという手法です。そのため、電波の異常が消える時期(終息)を予測することが非常に重要で、今回は5年以上も異常電波を継続して観測しています。異常電波の長さは地震の規模を示していることから、相当な規模の巨大地震を探知している可能性が高いです。
串田氏は琵琶湖周囲でマグニチュード7.9前後の巨大地震が発生すると予測しており、行政や各種メディアにも警告を発しています。


☆長期前兆No.1778続報No.064
URL http://www.jishin-yohou.com/1778_zokuhou_No064.pdf

20140430154229seionnka.jpg

☆長期前兆その後 – PHP新書「地震予報」フォローページ
URL http://www.jishin-yohou.com/99_blank003.html

引用:
長期前兆No.1778は、初めて体験する特殊前兆形態であるため、2012年12月下旬近くまで、前兆が継続するか終息するかを観測しないと、対応地震発生が近いのか、あるいは現在推定されている時期から第5期前兆群に入り、さらに長期に渡り前兆が継続する可能性となるか、判断できない部分があります。両方の可能性は否定できませんが、変化が観測された場合には、上記で報告いたします。更新されていない場合は、現状、最終更新報告内容と変わらない見解であるとご理解下さい。

※PHP新書「地震予報」内に書かれた、推定領域内の自治体への報告については以下のとおりです。

2012年10月15日、推定領域内の主だった自治体へ電話で概要を説明。10月16日資料・報告書を先の自治体へ発送致しました。報告自治体は13箇所で、主だった自治体のみです。但し、各自治体へ説明も致しましたが、私(串田)は、国の研究機関の人間でも、大学所属の研究者でもなく、一般民間人の観測研究者であり、私の報告は私個人の責任において行ったもので、受けとられた各自治体には一切何の責任もありません。一民間人からの情報提供のひとつとして処理して戴いて構わないことを伝えてあります。従いまして、自治体に対し、皆様からの問い合わせ等はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

私の解析が間違っており、最終的な結果が、推定した内容と全く異なることになった場合には、全て私の責任であります。推定領域内の皆様方、自治体の皆様方に対し、多大なる心配をおかけしたことになりますので、その際は、心より深く謝罪いたします。ただ、規模の大きな地震発生の可能性が「否定できない」データを観測しておりますことから、念のため、ご迷惑にならない程度の範囲内でも防災点検や防災準備をして戴けたらと、お願い致しました。
:引用終了

☆テクノ・ギャラリー (47)地震予報!可能性への挑戦


☆北海道大学 森谷武男博士 凄すぎる地震予知(2008年十勝沖地震)


以上は「真実を探すブログ」より
6月27日頃を予想していましたが、これを延期されたようです。このまま発生しないで済めば良いのですがそうも行きません。来るものは時間が来れば必ず来ます。             以上      

« 「プーチンの”スノーデン”というカード」 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第1回 プロローグ »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 串田氏の地震情報更新:7月頃に収束か?:

« 「プーチンの”スノーデン”というカード」 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第1回 プロローグ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ