カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 三菱重工、放射性廃棄物の無害化も! | トップページ | 千島学説:第20回、生命、細胞、血球の起源② »

2014年5月12日 (月)

「穀雨」に映る戦慄の風景

 汚染水タンク初の海上輸送 まもなく陸揚げ(14/04/17)
 

汚染水対策の凍土壁 安全上の指摘相次ぐ(4/19 NHK)

東京電力福島第一原子力発電所で汚染水対策として計画されている建屋周辺
の地盤を凍らせる「凍土壁」について、原子力規制委員会の会合で安全上の問
題点を指摘する意見が相次ぎ、規制委員会は引き続き詳しく確認していくことに
なりました。
    fukushima-03.jpg

福島第一原発で増え続ける汚染水対策として国と東京電力は、汚染水がたまっ
た原子炉建屋の周囲の地盤を凍らせ、「凍土壁」と呼ばれる氷の壁で囲むことで
地下水の流入を防ぐ計画で、ことし6月の着工を目指しています。

凍土壁の対策を進めるには原子力規制委員会の認可が必要で、国と東京電力
が先月、計画の審査の申請していて、18日に有識者が参加した規制委員会の
会合で議論が行われました。

この中で更田豊志委員は、凍土壁によって、建屋周囲の地下水の水位が下がり
過ぎると、逆に汚染水が漏れ出すおそれがあることや、地盤沈下が起きないかな
ど安全上の問題点を投げかけました。


また専門家からも「停電で凍結装置が止まったらどんな影響が出るのか」とか、
「リスクをもう一度整理する必要がある」といった疑問や意見が相次ぎ、規制委員
会は引き続き、詳しく確認していくことになりました。(引用終了)

  a0007_002250.jpg

明日は暦の上では「穀雨」。すべての「いのち」を潤す雨が降る
季節。この日を特別な思いで迎えるようになったのは、3年前の
福島第一原発事故からだ。

水蒸気が雨粒となって山野に届き、地中で磨かれ、川となり、
海に注ぎ、また大気に帰る。その大いなる旅の途上にある水を
核で汚すことの大罪は、年を経ても、いや年をかさねるごとに
深く重くのしかかる。

森林地帯を浸食しながら、際限なく細胞分裂を繰り返し増殖する
巨大な汚染水タンクの群れが、私たちの時代の風景だ。戦慄を
抑えられない。
(2014/4/19 北海道新聞 卓上四季より抜粋)


関連記事
以上は「MUのブログ」より
今の日本の対策ではいずれ大事故が起きるでしょう。解決する能力がないのです。当の東電にももちろん安倍政権にも人材がいないのです。無能な安倍政権を許す国民も悪いのです。このような民族はいずれ滅亡するのです。  以上FC2 Management

« 三菱重工、放射性廃棄物の無害化も! | トップページ | 千島学説:第20回、生命、細胞、血球の起源② »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「穀雨」に映る戦慄の風景:

« 三菱重工、放射性廃棄物の無害化も! | トップページ | 千島学説:第20回、生命、細胞、血球の起源② »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ