カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 被爆甲状腺障害の初期症状 | トップページ | 消費税増税の陰で国家公務員の給与が4月より8%アップ、安倍内閣が昨年11月に決めていた »

2014年5月14日 (水)

日本とロシアを電力ケーブルが結ぶ

日本とロシアを電力ケーブルが結ぶ

日本とロシアを電力ケーブルが結ぶ

   東京で行われた日ロ投資フォーラムでは両国の共同事業として重要かつ大規模なものであるサハリン経由の電力ケーブル敷設が話し合われた。これは一体いかなる事業なのだろうか。

   海底に数本のケーブルを敷設し、ロシアから日本に電力を送るという構想だ。フォーラムでロスネフチ社のイーゴリ・セチン代表は、「サハリンから北海道まではたった40キロだ。それゆえ、電力需要のある日本の地域へ送電するための強力な発電クラスターを作ることができる。」と語っている。

   三年前の福島原発事故以降、日本は積極的に新しい電力源を模索している。ビジネスにとっても一般市民にとっても、海外からの電力輸入事業は利益のあるものだと専門家らは見ている。全ロシアケーブル産業学術研究所のユーリー・オブラスツォフ研究員は次のように指摘している。

   -地球上から海を取り除くことはできませんが、それに適応することを人間は学びました。海を渡ってロシアから日本へ送電することは唯一の選択肢だといえるでしょう。島国にとってそれは唯一の方策です。日本はこの分野において世界でも先進技術国のひとつです。技術的には破損しえない、特殊なケーブルを敷設するのは非常に有効な手段です。沿岸を船舶が航行する場所には土壌深く埋められます。錨で傷つかないためです。それ以外の区画においては悪影響を受ける要素はありません。

   ロシアもこの分野において事業実績を持っている。アジア太平洋経済協力サミット2012ではルースキー島にユニークな技術を導入して高圧電線が敷設された。東ボスポラス海峡には総延長18キロの電力ケーブルが敷設された。オブラスツォフ研究員は次のように指摘する。

   -ルースキー島は重要な経験になりました。高圧電力を十分に供給する必要がありましたから、海底ケーブルのほかに選択肢はなかったのです。日本の技術が使われ、問題はありませんでした。欧州の技術もあります。違いはケーブルの防御性にあります。水から防御するために複雑な保護機能を備えています。気密性の鉛膜のほかに、さらにポリマー性の膜を使って気密性が高められます。そして最後にワイヤーでねじれないように加工するのです。重要なのはそれらがすでに長い間実績を持っているということです。

   他の問題も解決できる。セチン代表は投資フォーラムで「日本の消費者の利害が信頼を持って守られるように法律や基準を整備することは可能だ。」と指摘している。

以上は「the voice of russia」より
このような協力は良いことです。もうそろそろロシアと平和条約を結ぶ時と考えられます。「3.11テロ」についてもロシアのプーチン大統領はその真相を良く知っておりこの点でも日本に協力的であります。それを生かさない手はありません。     以上

« 被爆甲状腺障害の初期症状 | トップページ | 消費税増税の陰で国家公務員の給与が4月より8%アップ、安倍内閣が昨年11月に決めていた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本とロシアを電力ケーブルが結ぶ:

« 被爆甲状腺障害の初期症状 | トップページ | 消費税増税の陰で国家公務員の給与が4月より8%アップ、安倍内閣が昨年11月に決めていた »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ