カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« プーチンは何故アメリカの標的なのか?(その2) | トップページ | 山梨・院内の隠蔽体質を指摘 »

2014年5月15日 (木)

太陽の近くに「惑星x」とUFO?

  

偶然なんですが・・以下の「ロシアの声」の記事を読んで、ロシアのマスコミの
サイトを探していましたら、上の動画を発見してしまいました。発見した人も驚い
ていますが、太陽観測衛星LASCOを見ていたら惑星X(本人はニビルと言って
います)とUFOが映っていたようです。まぁ、27日には「ホームズ彗星」が地球
に最接近しますので、そのような現象があってもオカシクないかもね~?

それにしても・・イエローストーンが眠りから覚めた?穏やかではありません。
ウクライナ情勢批判で頭にきたロシアのアメリカ恫喝作戦か?!(笑)
確かに、イエローストーンは昨年あたりからその兆候があるにはありましたが。

人類の破滅を招いた米イエローストーン火山、眠りから覚める

北米大陸のイエローストーン火山は7万3千年前に大噴火を起こした。
この噴火は恐ろしい破壊力を発し、この結果、地球上の人口は1万5千人たらず
となった。そのイエローストーンが長い眠りから覚め始めた。

    イエローストーン
        ナショナルジオグラフィックより

当初、火山活動の再開は2075年頃になると予想されていたが、2003年イエロ
ーストーン国立公園では噴火が予定より50年は早まる兆しが確認されている。
イエローストーン火山は噴火した場合、最近起きたエトナ火山の噴火の2500倍
もの威力を発揮すると予想される。米国西部では噴火によるガスで人間はたった
5-7分で窒息死してしまうほか、米国の大部分の領域が火山灰に埋まってしまう
恐れがある。

これにとどまらない。イエローストーンから流れ出た溶岩は世界全体に流れ出し、
破壊力の強い津波が発生するほか、大気圏に放出された何百万トンもの火山灰で
太陽光線がさえぎられてしまう。この結果、緯度50度までが南極圏と化してしまう。
噴火後、数ヶ月で地球上の3分の1の人口が死に絶え、唯一生き残るのはユーラ
シア大陸の中央部だけとなる。 (ロシアのマスコミ報道から)

以上は「MUのブログ」より

太陽の近くの惑星は、2年前に太陽から生まれ出た新しい惑星だと思われます。この惑星は約Ⅰ億年ぶりに生まれた太陽のこどもです。この前に生まれたのは今地球上にある月がそうです。この発見は今ロシアの科学アカデミーに在籍している日本人の佐野千遥博士です。           以上

« プーチンは何故アメリカの標的なのか?(その2) | トップページ | 山梨・院内の隠蔽体質を指摘 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の近くに「惑星x」とUFO?:

« プーチンは何故アメリカの標的なのか?(その2) | トップページ | 山梨・院内の隠蔽体質を指摘 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ