カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« オランダ議会はすべてのネオニコチノイド系農薬の使用禁止を票決 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第20回、迷路① »

2014年6月 9日 (月)

日本に住めなくなる日、 2015年3月31日

とうとう言っちゃった武田先生・・・でもそれが現実

2012年05月01日 | 原発
武田先生のブログで「あと3年・・・日本に住めなくなる日 2015年3月31日」という記事が掲載された。

http://takedanet.com/2012/04/32015331_272e.html

武田先生宛てに寄せられた三重県の放射線量のデータの推移から科学的に分析した結果を元に

記事の題名の記事になっている。

全くの同感だ。

3年後には、東京湾に放射性物質が集まり、東京湾内の貝をはじめとする魚介類は、食べるどころか

触ることすら出来ない状態になることは、政府・東京都は既に把握しているのだが・・・

対策を立てるどころか、東京都直下型地震に国民・都民の関心を引き付けて、不安を煽っている始末だ。

首都である東京・・・国の機関が集中しているにも関わらず、何の手立ても講じていないのだ。

東京周辺の各県は、押して知るべしで、何もやっていないし、やる気もない。

既に環境にばら撒かれた80京ベクレルにも登る放射性物質は、今でも日本国内に存在し、その値に比較すれば

無視できるほどかもしれないが、現在も放射性物質は、事故原発から放出され続けている事を忘れては

いけないのだ。


地上に落ちた放射性物質は、地下に沈降するものと再度巻き上がるものがあるが、それは、雨水と同じで

循環しているだけで、決して無くならない。

除染という言葉でまた「安心」を植えつけようとしている政府!

一国も早く、根本的な対策をしなければならない。

モチベーション持続の為にご協力お願いします・・ポチっと・・・役にたってますか?
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ココ押シテネ!
事件・事故ニュース ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへにほんブログ村
以上は「がんばれ福島原発」より
後1年です、既に健康被害が激増していますので、死にたくない方は移住が一番です。以上

« オランダ議会はすべてのネオニコチノイド系農薬の使用禁止を票決 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第20回、迷路① »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本に住めなくなる日、 2015年3月31日:

« オランダ議会はすべてのネオニコチノイド系農薬の使用禁止を票決 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第20回、迷路① »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ