東京電力は5日、福島第一原発の港湾外にある5、6号機放水口北側の海水で、セシウム137(法定放出基準90ベクレル)が1リットル当たり22ベクレル検出されたと発表した。

同港湾外の南放水口付近でも同12ベクレルを検出。いずれも法定放出基準を下回るが、前回計測結果の約33倍から13倍に急上昇した。

東電は、4日未明の大雨で放射性物質を含んだ土砂が港湾内外に流出したとみている。

港湾外セシウム濃度急上昇

福島民報( 2014/04/06 08:14 カテゴリー:主要 )
http://www.minpo.jp/news/detail/2014040614946
========================================================
Twitterで画像を見る

港湾外セシウム濃度急上昇 2日前の13~33倍 福島第一原発:福島民報 http://www.minpo.jp/news/detail/2014040614946  http://fb.me/3im8GUNt7  港湾外にある5、6号機放水口北側の海水で、Cs137が22Bq/L…